香典 領収 書。 電車代・香典代などの領収書の出ない経費の落とし方【出金伝票】

香典の領収書

香典 領収 書

「出金伝票」として経費に計上します サラリーマンでも電車代など領収書のない少額の交通費はまとめて精算しているはずです。 個人事業主の場合、交通費の他、自動販売機でお客様用に買ったジュース代、取引先関連のお葬式の香典など、領収書がない場合でも、支払い内容が明確なら経費として計上することができます。 その場合、「出金伝票」に内容を記入しておき、帳簿にはその内容を入力します。 日付、支払い先、金額、支払い内容を具体的に記入します。 出金伝票は文房具店で売っているものがそのまま使えます。 領収書やレシートをなくしたり、もらい忘れた支払いのときにも出金伝票が使えます。 POINT 出金伝票はこんなときに使える 出金伝票は何らかの理由で領収書がないときの支払いを証明するためのものですが、基本的に具体的な証拠はありません。 あまりにも乱発したり、高額な支払いの場合、税務署に怪しまれることもあります。 たとえば、結婚祝いなどの場合は結婚式の招待状などもいっしょに保管しておくと信頼度が上がります。 電車代、バス代などの交通費• 結婚祝いや香典などの慶弔費• 自動販売機のジュース代• 領収書をなくしたとき• 接待交際費の割り勘費用.

次の

領収書がない香典は・・|助け合い掲示板|経理初心者おたすけ帳

香典 領収 書

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 葬儀でお渡しした香典に対して領収書は発行されるのかどうかという点は、気になったことのある方もいるでしょう。 ここでは、香典に領収書が出るのかどうかについてご説明いたします。 一般的に領収書は出ない 結論から先に書けば、 一般的な葬儀では香典に対して領収書が出ることはありません。 もともと香典は、身内の方を亡くしたご遺族を援助するために、故人にゆかりのある方がお渡しする金品という性格を持っているためです。 このため、売買やビジネスでのやり取りをした証明である領収書を出してもらえるという点には期待しない方がよいでしょう。 北海道の葬儀では香典に領収書が出る 一般的に発行されることのない葬儀の香典に対する領収書ですが、実は 北海道だけは例外で香典領収書が発行されます。 具体的には葬儀会場の受付で香典をお渡しする際に、受付係がその場で香典袋を開封し、金額を確認したうえで、領収書を発行するという流れです。 なお領収書は香典返しとともに渡されます。 ちなみに、香典に対して領収書を発行する風習は、北海道のほか本州でも千葉県の一部地域にも見られるものです。 香典は領収書がなくても経費になる ここまで、香典に対する領収書は、全国のほとんどの地域で発行されないことを説明してきました。 事業を営んでいる方にとっては、経費計上の際にどうすればよいのかと不安になる方もいるでしょう。 実は 香典は領収書がなくても経費として計上できます。 具体的には、一般常識に照らして妥当とみなされる金額の範囲内であれば経費にすることができ、より正確な数字では10万円以内であれば大丈夫です。 ちなみに香典の場合は勘定科目が、お渡しした相手によって交際費や福利厚生費などになります。 ただ逆にいえば、10万円以上の香典を経費にする場合は、税務署による税務調査の際にきちんと理由を説明できるようにすることが必要です。 それでも証明になる書類がないと不安という場合は、葬儀の際に受け取る 会葬礼状に香典の金額・相手方の名前・お渡しした年月日をメモしておいてください。 メモは領収書の代わりとして、香典をお渡しした証明とすることができるためです。 あるいは、ご自身が持っている出金伝票や領収書に記入して保管するのも1つの方法といえます。 特に5万円以上のお金を香典として包むのであれば、領収書は必須といってよいでしょう。 領収書の書き方・テンプレート 領収書をご自身で作成して残すという方法をご紹介しましたが、具体的な方法について気になる方も多いでしょう。 ここでは、香典に対する領収書の書き方やテンプレートについても見ておきましょう。 領収書の但し書きは? 領収書の項目の中でも、どのような内容の費用であるのかを示す役割を持っている但し書きですが、香典についてはどのように書けばよいのでしょうか? 香典に対する領収書に但し書きを記す場合は、 香典代としてと記すとよいです。 似たようなものにお品代というものもありますが、こちらは香典代に比べると抽象的である分、怪しまれる場合もあるので、あまり使わないようにします。 領収書に書く内容 基本的に領収書は書式について厳格な決まりはありません。 しかし、最低限の項目を満たしていないと、領収書として認められないこともあります。 ここでは、香典に対して領収書を発行する際に、 最低限必要な項目をご紹介しましょう。 香典はもともと身内の方を失ったご遺族を援助するためのお金という意味があるため、一般的には領収書は発行されない。 ただし北海道など一部地域では香典に対して領収書が出る場合もある。 香典は領収書がなくても経費として扱われる。 具体的には香典の金額が10万円以内であれば経費として認められるが、10万円以上の場合は税務調査できちんと説明できるように工夫が必要である。 なお領収書が発行されないことが一般的であるため、会葬礼状にお渡しした年月日や相手、金額などをメモして保管しておく。 香典で領収書を書くときは、まず但し書きは「香典代として」とする。 実際に発行するときは、香典をお渡しした年月日と実際に包んだ人の名前・金額・但し書き・香典を受け取った人の名前を明記する必要がある。 なお金額によっては、収入印紙も必要となる。 全国のほとんどの地域で、葬儀の際に香典の領収書が発行されるということはありません。 ただし、北海道のように香典の領収書が発行される風習もあるため、事前に確認するというのもありです。 領収書が発行されないということであれば、会葬礼状にメモをしたうえで、出金伝票や領収書も発行して保管しておくとよいでしょう。 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、香典の数字の書き方や香典袋の選び方について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

「えっ香典に領収書?」北海道のお葬式でビックリ連発

香典 領収 書

香典に領収書出すってあるんですか? 会社から香典貰ったから領収書が欲しいと言われました。 普通はお引き物をお返しするので、領収書はお出ししませんが・・・・ 当ホールが頂いた訳ではないので、ホールからの領収書はお出しできない。 そうお答えしましたが、「普通は出しますよね。 こっちでは出さないんですか?」と言われました。 その方がお住まいの所出身の人にも聞いてみましたが、そんな話は聞いた事がない!そんな事したら笑われるでしょ。 との事。 私も長年生きてますが、葬儀の香典に領収書って聞いた事ありません。 結局、ご自分で用意すると言う事になりましたが・・・ そんな会社あるんですか? 補足東京都内、中でも商社等が立ち並ぶ某有名な場所の会社にお勤めです。 ですが、そんな所も有るのかと大変勉強になりました。 北海道内では領収証を提出してくれます。 企業会計の中の現金出納に関する業務ですので、現金支払いを した場合の証憑 しょうひょう 会計の用語です。 証拠書類のことです。 ) と照合して支出の正当性を確認します。 この場合、会計上の仕訳科目としては『交際費に計上』することが 一般的ですので、会社内部の処理としては、葬儀参列者が交際費連絡票 を記載して、その証憑として会葬御礼状のコピーを添付することで、実務上 は解決します。 通常の商取引では、領収証の提出を要求しなくても提出してくれますが、 葬儀のような場合は、相手が個人であることに加え、特殊な現金の 渡し方 袋に入れて相手にその金額を告知しない ことから、領収証の発行 には不向きなものですので、過去からの慣習で領収証を提出しません。 したがって、あなたのように領収証をもらうこともありませんし、領収証を 請求したこともないはずです。 また、この葬儀会場の立場になってみると、葬儀の会場を一時的に使用させた だけの相手ですし、この設立主体となる会社が領収したのではありませんので 領収証の発行義務もありません。 ただ、いくら長生きしても 長年生きたと記載してあります 、意外に自分の周囲 以外の葬儀の経験はありません。 まして、新幹線や航空機の利用の葬儀 自体経験も少ないでしょうし、道内の葬儀の経験もないでしょう。 道内の冠婚葬祭は、明治時代の開拓時代から非常に合理的なやり方です。 今では内地 本州 でも一般的となった結婚式の会費制のようなことです。 多分、この参列者は道内に本社を置く会社勤務か、道内の出身者です。 このような説明を知らない人が対応すると、相手を非常識と思ったり してしまいますが、その人の立場になれば受領するのがあたりまえで、 かつ領収証を出さない葬儀を初めて経験しただけのことです。 お互いに遠隔地の葬儀の慣習を知らないだけのことです。 《補足を見て》 補足の内容が、東京都内勤務という情報ですので、道内本社の 会社の東京支店や営業所のような場所勤務を想像しましたが、この場合は 本人の出身地を記載することやその会社本社所在地を記載することで、 あなたの疑問の解消になる回答になったような気がします。

次の