ご査収くださいますよう。 【例文あり】もう間違えない!「ご査収」の正しい意味と使い方

『ご査収』の意味とは

ご査収くださいますよう

ビジネスメールや文書で良く見受けられる「ご査収くださいますよう」の読み方や意味をご存知でしょうか。 「ご査収くださいますよう」は「ごさしゅう」と読みます。 意味は中身や内容をよく確認し受け取ってください。 といったメッセージが込められており、書類など相手が確認する必要がある場合に使うのが一般的な使い方です。 ご査収くださいますようお願い申し上げます 「ご査収くださいますよう」は尊敬語になります。 また、「お願い申し上げます」は謙譲語になります。 そのため「ご査収くださいますようお願い申し上げます」は尊敬語と謙譲語を使用した言い回しになります。 どちらも、ビジネスでよく使用されています。 こういった尊敬語と謙譲語が入り混じった言葉は、目上の方や取引先の方だけではなく、万人に通用する言葉です。 ご査収くださいますよう宜しくお願いいたします 尊敬語と敬語が入り混じった表現が「ご査収くださいますよう宜しくお願いいたします」になります。 先ほどの「ご査収くださいますようお願い申し上げます」より少し軽い感じになります。 こうして比較すると、軽い印象ですが、目上の方に使用しても問題はありません。 しかし、相手によって使い分ける必要があると言えます。 「致します」と「申し上げます」の違い 「致します」には漢字とひらがながあります。 ひらがなで使用する場合は印象が柔らかくなるといった意味合いがあると聞いたことがありますが、違います。 漢字の「致す」は動詞で「いたす」は補助動詞になります。 そのため、「ご査収くださいますよう宜しくお願いいたします」の場合は「お願い」の補助動詞になるため、ひらがなで「いたします」が正しい使い方となります。 また、相手に問いかける際は「どういたしますか」ではなく「どうなさいましたか」が正しい使い方です。 「申し上げます」の例文 「申す」を使用した言葉で注意が必要なのは「申しております」の使い方です。 「申し上げる」は相手の立場をたてる表現になります。 そのため、自分がどの位置にいるかで使い分ける必要があります。 例えば上司に「社長が申しておりました」は間違いとなります。 「社長がおっしゃっておりました」が正しくなります。 しかし、相手が先方の場合は「弊社の社長が申し上げたとおりです」は正しい使い方となります。 「ご査収くださいますよう」の使い方 「ご査収くださいますよう」や「ご査収いただきますよう」など敬語や丁寧語に尊敬語、謙譲語など、同じ意味を表す言葉であるものも存在しているのに、正直ややこしいのがビジネスマナーです。 面倒だと感じることもありますが、仕事をしていく上で必要なスキルのひとつでもあります。 いざという時に恥をかかないように、「ご査収くださいますよう」の使い方について例文を交えてご紹介していきます。 送付状 送付状とは主に郵送で送られてくる資料や書類の中に別紙でついている文書です。 送付状には同封されている内容が簡単に記載されています。 これらは、受け取り先に何を送ったのかお知らせ、案内するといった意味があり、一目で確認できるようになっています。 また、送付状には中身の内容だけではなく、連絡先や担当者の明記や日付、そのほか必要事項なども記入されており、ただの紙切れではありません。 送付状が添付されていることで、届いてない。 入っていないといったトラブルを予防する役割もあります。 請求書 請求書はどこの会社にも存在します。 支払いに関わる書類です。 請求書を送付する際には必ず「ご査収くださいますよう」と表記しておきましょう。 後から中身を確認していないなど言われたりすることのないように、送付状のコピーをとるなどして証拠として残しておくのもおすすめです。 少し手間がかかりますが、普段から癖づけしておくことで、トラブルを防ぐこともできます。 また、逆に受け取る側に立った時に、「ご査収くださいますよう」とメッセージが添えてあった場合は内容を把握している場合であっても、確認不足とならないよう一度は目を通しておきましょう。 確認はビジネスの基本です。 しっかりと身につけておきましょう。 メール 最近は郵送より、メールを活用した資料のやり取りも増えてきています。 メールも送付状と一緒で「ご査収くださいますよう」お願い申し上げます。 「ご査収くださいますよう」よろしくお願いいたします。 と表記するのが基本です。 特に、メールの場合は添付資料をファイルとして開く必要があるので、中身の確認がおろそかになったり、文面だけ読む傾向が高いです。 確認不足は、トラブルに発展するきっかけになることもあるので、必ず「ご査収くださいますよう」と伝えましょう。 また、メールは利便性はありますが、送信したら削除することはできません。 宛先やアドレスの間違い、誤字脱字がないかなど十分に確認してから送信しましょう。 先方から、「ご査収くださいますよう」とアクションがあった場合、「了解いたしました」「かしこまりました」「承知いたしました」「了承いたしました」など、返事にはかなり多くの表現があります。 ひとつひとつの意味を理解して、実際に使いわけるのは難しいと言えます。 簡単にそれぞれシチュエーションや相手ごとに、正しい使い方についてまとめましたので参考にして下さい。 了解いたしました 「了解」とは、「理解する」「分かる」という意味があります。 また、「相手の気持ちを汲み取る」といった意味を持ちます。 そのため、上司や目上の方には使用するべき言葉ではありません。 上司の気持ちを汲み取ることは、上から目線になってしまいます。 同僚や友達から、「ご査収くださいますよう」と言われた場合は、「了解」と返答しましょう。 目上の方に使用するのはやめておきましょう。 かしこまりました 承知いたしました 「承知」とは聞き入れること、許すこと、勘弁することなどの意味を持っています。 意味からもわかるとおり、目上の人や上司の言うことを、許す立場で返事をするのは失礼にあたります。 ただ、人の話を聞き入れるという姿勢の意味での「承知」であれば問題ないと言えそうですが、受け取り手の価値観により異なるため、安易に使わない方が無難です。 了承いたしました 「了承」とは「了解」と同じく「相手の気持ちを汲み取る」といった意味を持ちます。 「了承」のあとに「いたしました」を付け加えることで丁寧語にはなりますが、上司や目上の方には好ましくない表現となります。 「くださいますよう」と「いただきますよう」の違い 中身をよく確認して受け取るという意味を持つ「査収」ですが、「ご査収くださいますよう」と「ご査収いただきますよう」の違いはあるのでしょうか。 「ご査収」にはその他に「ご査収の程」といった表現もあります。 また、「下さい」や「いただきます」の違い、「ご査収」の後につく表現方法の違いについても、まとめました。 ビジネスマンとして相手に失礼のないように、参考にして使いわけてみて下さい。 「くださいますよう」と「いただきます」 普段からよく使い、聞きなれている「下さい」ですが「ください」にも漢字とひらがなでは意味が違うことをご存知でしょうか。 漢字の「下さい」は基本的にお願いする時に使用される尊敬語で、敬意を表す時に使用されます。 一方ひらがなの「ください」は誰かに動作を頼む時に使用します。 「書類を下さい」は漢字で問題ないのですが「書類を出して下さい」は正しくありません。 正しくはひらがなで「書類をだしてください」が正しい使い方となります。 ご査収いただきますようの後.

次の

「ご査収くださいますよう」の意味と用例・ご査収の程との違い

ご査収くださいますよう

「ご査収」という言葉はビジネス文書やメールでよく目にする言葉ですよね。 でも、意味を理解せずに何気なく使っている方も多いのでは?ビジネスシーンで使われる「ご査収」の意味や正しい使い方について解説します。 「ご査収」の読み方と意味、類語 ビジネス文書やメールでよく使われる「ご査収」は、「ごさしゅう」と読みます。 「ご」は尊敬語、「査」は「よくみて調べる、検査する」、「収」は「おさめる、取り入れる」といった言葉の意味があります。 つまり 「ご査収」とは、「内容をよく確認してお受け取り下さい」といった表現になります。 また、「ご査収」の類語として「ご検収」という言葉があります。 「検」にも「よく確認する、調べる」といった意味があります。 ただし、 「ご検収」は「納品されたものが、注文した通り間違いなくあるかをよく確かめた上で受け取る」ことなので、相手が受け取るものが異なってきます。 使い分けをする場合は下記を参考にしてください。 「確認」は「確かにそうであると認めること」という意味であり「受け取る」という内容は含まれていません。 相手が受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使いません。 「ご査収」の正しい使い方 「ご査収」の言葉の意味について説明してきましたが、ビジネスシーンではどのように使うべきなのでしょうか。 正しい使い方について解説します。 「ご査収」はどのような時に使うか 「ご査収」は、ビジネスシーンで下記のような場合に使用します。 ・内容をよく確認して欲しい 添付ファイルをつけたメールを送信する時 ・内容をよく確認して欲しい 書類や資料を郵送する時 前述している通り、あくまでも 「内容をよく確認して受け取るもの」がある時にしか使えません。 確認するものがないのに「ご査収」を使ってしまうと受け取った相手は何を確認すればいいのか分からず困惑してしまいますので注意しましょう。 入れ替えた後の表現に違和感がある場合は、「ご査収」の使い方に問題があると判断しましょう。 例として、「どうぞご査収ください」が正しい使い方なのかをチェックしてみます。 「査収」を「指導」に置き換えると、「どうぞご指導ください」と少し違和感がある表現になります。 そのため、この場合は正しい使い方ができていないと判断することができます。 目上の人や取引先にも使えるのか 「ご査収ください」は「よく確認してお受け取りください」という意味なので、 目上の人や取引先にも使用することができます。 ただし、使い方が合っているかどうかは事前にしっかり確認することが必要です。 「ご査収ください」だけでは目上の人や取引先に少しくだけた印象を与え、失礼にあたるのでは?と心配な場合は、「ご査収の程お願い致します」「ご査収くださいますようお願い申し上げます」などといった、より丁寧な言い回しをするとよいでしょう。 「ご査収」の例文 ここでは「ご査収」を使った例文を紹介していきます。 実際に仕事をしている時に使いやすいものをいくつかピックアップしていますので、是非参考にしてください。 ・明日の会議資料を添付致しましたのでご査収ください。 【郵送の場合】 ・領収書を同封致しますのでご査収ください。 ・先日の会議議事録を添付致しましたのでご査収願います。 【郵送の場合】 ・提出書類一式を同封致しましたのでご査収願います。 ・下記の書類を送付しましたのでご査収くださいますようお願い致します。 【郵送の場合】 ・請求書を同封致しましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。 目上の人や取引先に失礼にあたらないか心配な場合は、この使い方をするとよいでしょう。 【メールの場合】 ・ご依頼いただいたデータをまとめた資料を添付しております。 ご査収の程宜しくお願い致します。 ・訂正しました書類一式をお送りしますのでご査収の程宜しくお願い致します。 【郵送の場合】 ・契約書を同封しておりますのでご査収の程宜しくお願い致します。 (添付の請求書をご査収ください。 ) ・I am sending you the reference that you requested. Please check the contents. (ご依頼いただきました資料を送付致しますのでご査収ください。 ) 「ご査収ください」の返事のしかた 「ご査収ください」と記載されたメールや文書を受け取った場合、相手が自分に対し「よく確認してから受け取って欲しい」と依頼してきているものなので、 返事をする際にはしっかり確認した旨を伝えるようにしましょう。 具体的な返事のしかたをいくつか紹介します。 ・書類を確認いたしましたが、特に問題はございませんでした。 お忙しいところご対応いただきありがとうございました。 ・書類を確認いたしましたが、修正していただきたい箇所がございましたので、ご対応をお願い致します。 修正箇所につきましては下記の通りとなります。 いかがでしたか。 「ご査収ください」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、このような日常生活ではあまり使わない言葉がたくさんあります。 社会人として言葉の意味をしっかり理解し、正しい使い方をしていきましょう。

次の

【例文あり】もう間違えない!「ご査収」の正しい意味と使い方

ご査収くださいますよう

「よろしくご査収ください」 ビジネス用語にはたくさんのものがあり、その場に応じて使い分けないといけません。 時には耳にしたこともない言葉もありますが、日常的に使う言葉もあります。 そしてそれは知っていても誤った使い方をしているかもしれません。 その一つが 「ご査収」です。 ビジネス上では 「よろしくご査収ください」と言った言葉で使われるケースが多いです。 しかし使う機会も正しい意味・使い方を理解しておかないと恥をかいたりトラブルにつながりかねません。 「よろしくご査収ください」の意味 「よろしくご査収ください」という言葉はビジネス用語の一つとされており、相手に対して確認・受け取りをお願いする意味を持ちます。 「ご査収」の 「査」に関しては調べるという意味を含みます。 そして 「査収」の 「収」に関しては手元に収めるという意味を含みます。 そのため調べて自分で所有するとされます。 「確認してください」と意味を混同する非人も多いです。 しかし 「ご査収」はただ確認するだけとはちがい、調べることが必要という意味も込めています。 またより丁寧な用語となるため、ただ調べて受け取るだけではなく、 「しっかりとお願いします」と強調する意味合いも持ちます。 「よろしくご査収ください」の言葉の使い方 「よろしくご査収ください」という言葉は相手に対して確認・受け取りをお願いする時に使われます。 多くは添付資料やメール内容などを対象としています。 そしてただ送ったものを確認する時には使われません。 主には受け取り内容を調べたり確認してほしい時に使います。 そのためただ 「ご査収ください」と送るのではどこをどう調べたり確認すればいいかわかりづらくなります。 それを避けるうえでも具体的にどこを見ればいいかを明記したうえで使うことが望ましいとされています。 「よろしくご査収ください」を使った例文・短文 解釈 「よろしくご査収ください」は相手に調べたり確認をお願いする時に使います。 しかし類語も多く意味も混同されやすい言葉でもあります。 失敗を防ぐうえでもどのような使い方が適切か、例文とその解釈を紹介します。 「よろしくご査収ください」の例文1 「先ほど来週の会議に必要な資料をメールに添付させていただきました。 お手数おかけしますがよろしくご査収ください」 この場合、相手に会議資料を送り、その受け取り・中身の確認をお願いするために使われています。 ご査収と使うことでただのメール確認ではなく、資料の内容の確認が必要な旨を伝えています。 また 「来週の会議」と具体的に伝えることで何に使うか・いつまでに確認が必要かも合わせて伝える形となります。 「よろしくご査収ください」の例文2 「我が社の本年度の業績と来年度の予定・予算などをまとめました。 量はありますが、なにとぞよろしくご査証くださいませ」 この場合、長期間の会社データ・功績のまとめを渡し、その内容の確認をお願いしています。 予め資料の量が多いことを伝えることで 「相手に負担が欠けることを承知」ということを伝えています。 そのうえでより丁寧な 「ご査収」という言葉を使うことでより丁寧な対応・お願いとなり少しでも印象を良く見せることにつながっています。 「よろしくご査収ください」の例文3 「この前後輩が取引先に『よろしくご査収ください』と言っていたよ。 若いのにそんな言葉まで知っているとは驚かされたな」 この場合は過去に後輩が仕事上の会話で使っていたことへの驚きを示しています他者に対して後輩が知らなくても仕方ない言葉を知っており、ビジネス上で使いこなしていたことに対して褒める意味で会話中に使われています。 「よろしくご査収ください」の例文4 「地域ごとの顧客リストを送付いたしました。 お時間ある時でかまいませんので、よろしくご査収ください。 またもし不明点があればご連絡いただけたらと思います」 この場合、顧客リストの中身の確認をお願いするために用いています。 前置きに 「お時間ある時」とすることで急ぎではないこと・忙しい中にお願いしているという意味も含めています。 また不明点があったときに連絡してほしいと伝えることで 「しっかりと中身を確認してください」ということを重ねて伝えています。

次の