関西 吹奏楽 コンクール 2019。 第60回記念 3000人の吹奏楽

関西吹奏楽コン、高校Aの部で3校が全国へ:朝日新聞デジタル

関西 吹奏楽 コンクール 2019

アッペルモント) 上村二三子 6 銅 北陸 富山県 高岡市立芳野中学校 I ブリュッセル・レクイエム (B. 風と海との対話 (C. ストラヴィンスキー/R. チルチェンセス IV. 主顕祭 (O. 風と海との対話 (C. ボロディン/M. 悲歌 II. 間奏曲 III. 華麗なるアンダンテ、フーガと終曲 (J. アーノルド/ ()) 瀬尾宗利 部門 団体 金賞受賞回数 中学校 前半 仙台市立向陽台中学校 初受賞 豊中市立第十一中学校 2年ぶり3回目 福岡市立城南中学校 初受賞 柏市立酒井根中学校 6年連続13回目 北斗市立上磯中学校 5年連続6回目 中学校 後半 生駒市立生駒中学校 8年ぶり9回目 鹿児島市立武岡中学校 初受賞 防府市立桑山中学校 3年連続8回目 高等学校 前半 玉名女子高等学校 6年連続7回目 東海大学菅生高等学校 2年連続2回目 埼玉栄高等学校 2年連続20回目 東海大学付属高輪台高等学校 3年連続10回目 高等学校 後半 大阪府立淀川工科高等学校 9年連続32回目 東海大学付属札幌高等学校 8年連続23回目 岡山学芸館高等学校 3年連続6回目 東京都立片倉高等学校 5年ぶり6回目 大学 文教大学吹奏楽部 5年連続19回目 東海大学吹奏楽研究会 4年連続7回目 龍谷大学吹奏楽部 3年ぶり11回目 職場・一般 前半 大津シンフォニックバンド 4年連続14回目 川越奏和奏友会吹奏楽団 2年連続14回目 創価グロリア吹奏楽団 2年連続13回目 光ウィンドオーケストラ 初受賞 職場・一般 後半 川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団 4年連続19回目 ブリヂストン吹奏楽団久留米 5年連続35回目 グラール ウインド オーケストラ 12年ぶり3回目 名取交響吹奏楽団 2年連続9回目 東京隆生吹奏楽団 3年連続7回目.

次の

関西吹奏楽コン開幕 加古川南、履正社などに金賞:朝日新聞デジタル

関西 吹奏楽 コンクール 2019

今回は 吹奏楽コンクール全国大会の出場回数・金賞受賞回数ランキング、高校の部編、2017年版です。 吹奏楽民の中で、吹奏楽の強豪校や名門校の名前は浮かぶものの、 実際の出場回数や、金賞受賞回数について、何回くらいか?どこか一番多いか?などはご存知ない方も多いのではないでしょうか。 吹奏楽コンクール全国大会(全日本吹奏楽コンクール)の出場数は野球に置き換えると、「甲子園出場回数」みたいなもの!笑 吹奏楽コンクールの花形部門、高校の部についてランキングをまとめていきます。 強豪校の全国大会初出場はいつなのか?直近の成績でのランキングは?金賞受賞率は?といった気になる情報も合わせてご紹介します! 【Special Thanks】 今回の記事作成に あたり、のデータを参照させていただきました。 貴重なデータの利用をご快諾いただいたMusica Bella管理人様に、あらためて感謝申し上げます。 吹奏楽コンクール全国大会通算出場回数ランキングベスト30 まずは吹奏楽コンクール全国大会 「通算出場回数」ランキングから!括弧内の数字は初出場年です。 1位: 40回 愛知工業大学名電高等学校(1966年) 2位: 38回 大阪府立淀川工科高等学校(1974年) 3位: 35回 天理高等学校(1956年) 3位: 35回 東海大学付属札幌高等学校(1978年) 5位: 31回 福岡工業大学附属城東高等学校(1964年) 5位: 31回 習志野市立習志野高等学校(1981年) 7位: 30回 富山県立富山商業高等学校(1960年) 7位: 30回 富山県立高岡商業高等学校(1977年) 9位: 29回 秋田県立秋田南高等学校(1974年) 10位: 28回 柏市立柏高等学校(1984年) 11位: 26回 埼玉栄高等学校(1985年) 12位: 24回 愛媛県立伊予高等学校(1984年) 13位: 22回 島根県立出雲高等学校(1968年) 14位: 21回 精華女子高等学校(1990年) 15位: 20回 北海道札幌白石高等学校(1983年) 15位: 20回 秋田県立花輪高等学校(1969年) 17位: 19回 埼玉県立伊奈学園総合高等学校(1995年) 17位: 19回 常総学院高等学校(1989年) 19位: 18回 福島県立磐城高等学校(1981年) 20位: 16回 光ヶ丘女子高等学校(1993年) 20位: 16回 東海大学第一高等学校(1980年) 20位: 16回 東邦高等学校(1956年) 20位: 16回 福岡県立嘉穂高等学校(1970年) 24位: 15回 就実高等学校(1979年) 24位: 15回 岡山学芸館高等学校(1984年) 26位: 14回 明浄学院高等学校(1998年) 26位: 14回 東京都立片倉高等学校(1998年) 26位: 14回 洛南高等学校(1981年) 29位: 13回 安城学園高等学校(1995年) 29位: 13回 春日部共栄高等学校(2000年) 栄えある 1位は「愛工大名電」の名で愛される名門、愛知工業大学名電高等学校です。 初出場年は1966年ですので、長期にわたって活躍しているからこその1位と言えます。 また、同じく上位ベスト10の初出場年は1970年代以前が8校と古豪が多く、80年以降は2校。 その2校は5位の習志野高校と、10位柏高校。 現在の吹奏楽界でも非常に有名な2校が、凄い勢いで出場回数を伸ばしているのが分かりますね。 吹奏楽コンクール全国大会直近10年出場回数ランキング 次に、吹奏楽コンクール全国大会 「直近10年の出場回数」ランキング。 1位: 9回 大阪府立淀川工科高等学校 1位: 9回 東海大学付属札幌高等学校 1位: 9回 習志野市立習志野高等学校 1位: 9回 柏市立柏高等学校 1位: 9回 埼玉県立伊奈学園総合高等学校 1位: 9回 光ヶ丘女子高等学校 1位: 9回 春日部共栄高等学校 2位: 8回 愛知工業大学名電高等学校 2位: 8回 埼玉栄高等学校 2位: 8回 愛媛県立伊予高等学校 2位: 8回 精華女子高等学校 2位: 8回 福島県立磐城高等学校 2位: 8回 岡山学芸館高等学校 2位: 8回 明浄学院高等学校 2位: 8回 東京都立片倉高等学校 2位: 8回 大阪桐蔭高等学校 2位: 8回 福島県立湯本高等学校 3位: 7回 富山県立高岡商業高等学校 3位: 7回 玉名女子高等学校 3位: 7回 東海大学付属高輪台高等学校 3位: 7回 出雲北陵高等学校 (2012年までは3出制度があったため10回という学校はありません) こちらのランキングも超名門の強豪校が並びます。 赤文字は、先ほどの「通算」出場回数ランキングにはなかった学校。 ここ近年台頭してきた「新興強豪校」がわかりますね! 吹奏楽コンクール全国大会金賞受賞回数ランキング 次に、吹奏楽コンクール全国大会 「金賞の受賞回数」ランキング。 金賞受賞回数10回以上のランキング、まさに名門中の名門、強豪校中の強豪の証です。 1位: 30回 大阪府立淀川工科高等学校(関西) 2位: 23回 習志野市立習志野高等学校(東関東) 3位: 22回 天理高等学校(関西) 4位: 21回 東海大学付属札幌高等学校(北海道) 5位: 18回 埼玉栄高等学校(西関東) 6位: 17回 柏市立柏高等学校(東関東) 7位: 16回 愛知工業大学名電高等学校(東海) 8位: 15回 埼玉県立伊奈学園総合高等学校(西関東) 9位: 14回 福岡工業大学附属城東高等学校(九州) 9位: 14回 常総学院高等学校(東関東) 11位: 12回 精華女子高等学校(九州) 12位: 11回 北海道札幌白石高等学校(北海道) 1位は、丸谷先生率いる「淀工」こと大阪府立淀川工科高等学校。 その後も、習志野、天理と、吹奏楽民なら知らぬ人はいない有名校が並びます。 ちなみにこのランキングは、支部もつけてみました。 ランキングに入っている支部は、 東関東、西関東、東海、関西、九州、北海道の6支部のみ。 東関東支部は3強と呼ばれる、習志野・柏・常総が揃ってランクイン。 激戦支部は、全国大会でも好成績を収めていることがわかりますね! 吹奏楽コンクール全国大会金賞受賞率ランキングベスト10(15回出場以上) 最後に吹奏楽コンクール全国大会 「金賞の受賞率」ランキングベスト10。 15回以上出場している学校の中での金賞受賞率のランキングです。 1位: 78. 1位は同率で淀工と伊奈学園。 その後は、 激戦区東関東、西関東の超名門校が続きます。

次の

コンクール結果

関西 吹奏楽 コンクール 2019

奈良県吹奏楽連盟事務局より吹連事業の速報や 加盟団体のみなさんへのお知らせを掲載しています。 お持ちのパソコンやスマートフォン等によっては、 以前に閲覧された古い内容のままで表示されてしまうことがあります。 更新(再読込)の上、最新情報をご確認いただきますようお願いします。 最終更新日<2020年6月3日 > TOPICS(「心の扉」テレワーク演奏)を更新しました。 2020. (緊急のお知らせ)「吹奏楽コンクール、マーチングコンテストの開催について」を掲載しました。 2020. (理事長より)「加盟団体のみなさまへ(pdfファイル)」を掲載しました。 2020. (緊急のお知らせ) 吹奏楽コンクール、マーチングコンテストの開催について 新型コロナウイルス感染症対策のため、全日本吹奏楽連盟・関西吹奏楽連盟より吹奏楽コンクール、マーチングコンテスト、小学生バンドフェスティバルの中止が発表されました。 それに伴い、 奈良県吹奏楽連盟では、関西大会の予選となるコンクールとマーチングコンテストは中止といたします。 ただし、本年度の部員等による発表ができる催しを持てるように検討を進めます。 なお、加盟団体の理事(顧問の先生方)の意見も伺いつつ、状況を考慮し、開催時期も含め、慎重に検討してまいります。 2020. 全日本・関西の発表は以下のそれぞれのホームページをご覧ください。 上記の内容について、奈良県吹奏楽連盟理事長より加盟団体のみなさまへのお知らせがございます。 なお、加盟団体へはこの文書ともにGUIDE BOOK等の発送を近日中に行います。 T O P I C S 奈良県吹奏楽連盟事業のいくつかでも収録を担当している森脇ビデオ企画ご募集されていた「心の扉」テレワーク演奏の第1弾が公開されました。 「心の扉」は、例年BrassAidにもボランティア出演してくださっている西浦達雄さんによる奈良県吹奏楽連盟60周年を記念した曲で、吹奏楽・音楽を愛する人のために書かれています。 今のこの辛い状況を励ます歌とも言えます。 (6月1日に公開されました。 40名を超える皆様にご参加いただきました。 ) ・西浦達雄さんもこの企画に賛同して、新しいメッセージを下さっています(映像の冒頭に流れます) ・さらに参加を募っておられますので、ぜひ演奏にチャレンジしてみてください。 (詳しくはリンク先のyoutube説明文をご覧ください。 ) 他にも、「風になりたい」や「宝島」の合奏もあります。 NHK奈良【ならナビ】(6月3日放送)のなかで「心の扉」が紹介されました。 でも紹介されています。 また、NHKラジオ第1放送でも、6月9日 火 午後5時台の【関西ラジオワイド】の中で放送される予定です。 2020年度 事業計画 を公開しました。 をご覧ください。 現時点での計画案を掲載しておりますが、新型コロナウイルス感染症対策のため、延期・中止・変更等の可能性もございます。 5月11日時点での中止事業は以下の通りです。 ・2020年度通常総会 ・ブラスエキスポ(関西吹奏楽連盟事業) ・ムジークフェスト〜あおぞら吹奏楽(奈良県事業) ・吹奏楽コンクール(奈良県・関西・全日本) ・マーチングフェスティバル(奈良県・関西・全日本) ・小学生バンドフェスティバル(関西・全日本) 一般部会による を実施しております。 積極的にご利用ください。 利用団体の金銭的な負担は不要です。 関西大会・全国大会などについては、それぞれ以下のページでご確認ください。 関西吹奏楽連盟 ホームページ( )をご覧ください。 関西吹奏楽連盟事業の一部は動画も公開されています。 ( をご覧ください。 ) 全日本吹奏楽連盟ホームページ( )をご覧ください。 since 2001.

次の