インク カートリッジ 捨て 方。 日本HP HP 純正カートリッジの回収について

インクカートリッジの出し方:新宿区

インク カートリッジ 捨て 方

こんにちは、ゆんつです。 僕の家には捨てるに捨てられないものがあります。 それがこの詰替え用のインク。 純正品のインクでは無く、インクカートリッジに穴をあけてブチューッと補充するやつです。 封も切っていない未使用のものもあります。 このインクに適合するプリンターは1年前に壊れて捨てています。 なのでこのインクはもう家にあっても使えない物なのです。 プリンターが壊れた時に一緒に捨てていれば良かったのですが、捨てられなかったのです。 理由は「MOTTAINAI」からです。 わざわざローマ字で書く必要もないですが。 全部使いかけなら捨てられるのですが、未使用のものもあるので余計に捨てられないのです。 誰か引き取ってくれる人はいないかと知人や同僚をあたってみたのですが、適合する機種を持ってる人がいませんでした。 オークションに出すことも考えたのですが、未使用品の出品はありますが、こんな使いかけは出品されていませんし、もし売れるとしてもタダ同然の値段でないと売れないでしょうから送料で赤字になってしまいます。 あれこれ考えグズグズしているうちに1年が経ってしまったのです。 捨てます 何かの後押しがないと、僕はこの先もずっと使いみちのないインクを持ち続けてしまいます。 こんな記事をブログに書いたのは、 「捨てる!!」という決断を揺るがないものにするためです。 1年間捨てられなかったこの替えインクを捨てます。 インク達よ、さよなら!! ・・・ちょっと待てよ。 インクの詰替えボトルってどうやって捨てたらいいんだ? インクカートリッジであれば電気屋などにあるリサイクルの回収ボックスに入れてしまえばいいですが、詰替え用のインクボトルは捨てたことがありません。 というわけで僕が住んでいる下関市役所のクリーン推進化に電話して聞いてみました。 捨て方(下関市の場合) 電話で聞いた結果 インク・・・紙や布に吸わせて、吸わせた紙や布は燃えるゴミへ。 ボトル・・・プラマークがついていれば資源ごみ、ついていなければ燃やせないゴミへ。 穴あけ機などの付属品・・・燃やせないゴミ との事でした。 これで心置きなく捨てることが出来ます。 捨てよう ビニール袋にちぎった新聞紙を入れてインクを吸わせます。 インクをブチューっと絞り出ししていきます。 ああ・・・もったいない・・・でも仕方ない。 このインクを吸った紙ごみは燃えるゴミに出します。 全てのボトルからインクを絞り出しました。 ボトルを確認するとプラマークがついていないので、このボトルは燃やせないゴミということになります。 付属品とともに燃やせないゴミに出します。 1年以上も捨てられなかった詰替えインクを、ようやく処分することが出来てスッキリしました。 持っていても使えない物は貰ってくれる人がいなかったら直ぐに捨てないといけませんね。 断捨離断捨離。 今回のインクボトルやインクの捨て方は下関市のルールです。 ごみの捨て方は各自治体ごとに独自のルールがあるので、全ての自治体が同じでは無い事をご了承ください。 それでは、またですー。

次の

名古屋市:家庭ごみ・資源の分別早見表<あ行>(暮らしの情報)

インク カートリッジ 捨て 方

プリンターのインクカートリッジってすぐになくなりますよね。 なくなったときに、あ、しまった買い置き忘れてたとか、慌てて買うこともありますよね。 そんなあなたにすぐに手に入るのは通販がおすすめです。 通販なら、すぐに届けてもらえるし、多めに買っておけば買い置きもできます。 インクカートリッジ互換タイプおすすめ商品のご紹介です。 互換タイプなら正規品よりもかなり安いです。 捨て方と回収方法についても説明させてもらいますね。 インクカートリッジのおすすめ商品を知りたい人や、インクカートリッジの捨て方はどうなんだろうとか回収してもらえるのかなとか疑問に思っている人のための記事です。 印刷機は、種類としては、インクジェットプリンターとレーザープリンターがあります。 インクジェットプリンターはその名のとうり、インクジェットを使って印刷する方法、レーザープリンターはトナーインクを使って印刷する方法です。 インクジェットプリンターのほうが発色はいいのですがたくさんの枚数を印刷するのには向いておらず、レーザープリンターは発色はジェットプリンターほどよくはありませんがたくさんの枚数印刷するのに向いています。 ここでは、インクジェットプリンターのインク、インクカートリッジをご紹介したいと思います。 インクカートリッジには正規品(純正品)と互換タイプ(非純正品)とリサイクルインク(非純正品)があります。 インクカートリッジは互換タイプの商品なら、正規品よりもかなり安く手に入ります。 例えば、こちらの商品です。 型番と欲しい色が8個まで選べて1080円でおすすめです。 インクカートリッジの正規品を買ったことのある人なら、かなり安いのに驚くのではないかと思います。 安いから、品質が悪かったりとかプリンターに合わなかったりとか心配になる方もいるかもしれませんが大丈夫です。 今のインクカートリッジの互換タイプの商品は品質も性能もかなり良くなっていて正規品とほぼ変わらなく使えおすすめです。 そもそもインクカートリッジの互換タイプの商品とは正規品とどう違うのでしょうか。 正規品のメーカーが作ったインクカートリッジを正規品のインク、正規品のメーカー以外が作ったインクカートリッジを互換タイプといいます。 ただし、インクカートリッジの互換タイプの商品の使用には注意が必要です。 メーカーは互換タイプのインクカートリッジの商品をおすすめしているわけではありません。 メーカーによっては互換タイプのインクカートリッジの商品を使っていて故障した場合は修理を受け付けていない場合もあります。 プリンターは機械ですので正規品を使っていても壊れる場合もあれば互換タイプのインクカートリッジの商品を使っていても壊れる場合もあります。 なので、どうしても心配な場合は正規品をおすすめします。 でも、多くの人が互換タイプのインクカートリッジの商品を使っていることからもわかるように、やっぱり安いし色の選び方も臨機応変にできると互換タイプの商品のほうが便利なことは確かです。 だから、互換タイプの商品のマイナス面も踏まえて正規品よりも互換タイプの商品を使うというのであればおすすめします。 こちらの商品はセットで買うと使わないインクの色が余ってしまうという方にもおすすめです。 色もメーカーも型番も選べます。 とても便利なのでおすすめします。 交換方法は正規品と一緒です。 そして、正規品と合わせても使えます。 直接海外の工場から仕入れるので高品質高機能、低価格が実現しています。 万が一を備えて1年間の保証もついてます。 互換タイプのインクカートリッジの商品はおすすめの部分とおすすめでない部分とがあることをわかったうえで使われるのが一番ベストかと思います。 使用済みのインクカートリッジの互換タイプの商品は燃えないゴミとして出すことも可能ですが、各メーカーでは、環境のことを考えて回収・リサイクル活動を行っています。 環境のためにもリサイクルの捨て方に協力したいものですね。 こちらのインクカートリッジ互換タイプの商品なら、やはり、好きなメーカー、型番、色が10個選べて1280円という安さです。 そして、品質保証はやはり1年間ついています。 ここで、インクカートリッジの互換タイプの商品をまとめ買いした人のために保管方法について説明します。 未開封なら直射日光に当たらないところに通常保管してもらえば二年間は品質は安全に使えます。 開封してからは半年間で使いきってください。 だから、通常の1年間の品質保証で充分に保証がきくので安心です。 捨て方も燃えるゴミや資源ごみでは回収してくれません。 捨て方も普通にゴミに出しては持って言ってくれません。 インクカートリッジは捨て方に特徴があるのです。 小さいから燃えるごみとして捨ててもいいように見えるかもしれませんが、それはちゃんとした捨て方ではありません。 正規品もそれは同じです。 互換タイプの商品だから捨て方が違うというのではなく、インクカートリッジ全体について言えることなので捨て方には要注意です。 地球温暖化が騒がれている中、捨て方についてもよく考えたほうがいいかもしれません。 考えなしに捨ててしまう捨て方では、その1歩が地球温暖化につながってしまいます。 インクカートリッジは 捨てるのではなく、回収してもらいましょう。 普通のごみとして捨てるのではなく、地球温暖化のためにも家電量販店の回収に協力したいですね。 また、インクカートリッジの互換タイプの商品を売っている店舗では個数によっては回収してくれるところもあるので一度聞いてみるといいかもしれません。 こちらのインクカートリッジは互換タイプの商品への不安を少しでも軽減してくれようと、なんと、初回購入者限定で99円で販売しています。 購入上限数もないことからお得に買えます。 送料も無料で通常販売している商品と変わりません。 こちらの店舗では回収はしていません。 だから、 ごみに出すときは家電量販店に回収してもらうといいでしょう。 その他に、インクカートリッジ里帰りプロジェクトとして、全国の郵便局でも回収しています。 ネットで回収している郵便局(全国で3500ほど)を探すことができます。 近くの郵便局で回収しているなら、持ち込んで回収してもらってもいいかもしれません。 回収箱が置いてあり、回収してくれています。 地球に対するエコのためです。 また、インクカートリッジの種類は、正規品、互換タイプのほかにリサイクル商品もあります。 リサイクル商品はその名のとうり、正規品をリサイクルしたものです。 互換タイプの商品は新品、リサイクル商品はリサイクルしたものという違いがあります。 互換タイプよりはリサイクル商品のほうが割高になるのですが正規品よりは安くなっています。 インクカートリッジ 互換 のまとめ インクカートリッジの互換タイプのおすすめ商品を見てきました。 互換タイプの商品は正規品よりも安くお得に買えることがわかりました。 捨て方や回収についても説明しました。 地球のエコのためにも気をつけたほうがいいことがわかりました。 あなたも環境に気をつけながら、よかったらインクカートリッジの互換タイプの商品、試してみてくださいね。 おすすめですよ。 その場合、捨て方と回収方法も守ってくださいね。 最近のコメント アーカイブ• 20 最近の投稿• 2020年4月18日• 2020年3月26日• 2020年3月16日• 2020年1月2日• 2019年12月25日• 2019年12月21日• 2019年12月11日• 2019年12月10日• 2019年11月30日• 2019年11月25日.

次の

使用済みインクカートリッジの回収

インク カートリッジ 捨て 方

トナーカートリッジを使うコピー機や複合機をお使いの場合、トナーが無くなれば当然廃棄しなければなりません。 しかし、 トナーはそのままの燃えないゴミとして捨てることはNG!決められ方法で処分しなければなりません。 現在では、産業廃棄物として有料で処分する方法とは別に、 無料でトナーカートリッジを回収してくれるサービスも増えているのです。 ここからは、使い終わった使用済みトナーカートリッジの捨て方の主な4つの方法について分かりやすくご説明いたします。 1.トナーカートリッジは一般ゴミで絶対に捨ててはいけません! コピー機の使用済みトナーカートリッジの処分に悩む方も多いのですが、 絶対に一般ごみとして捨てることだけは止めておきましょう。 「なぜ?」、それは 火災や粉じん爆発が起こる危険があるためです。 トナーは炭素の粉末です。 使い切って印刷・コピーができなくなった状態でも、カートリッジの内部には粉が少々ですが残っているのです。 処理する段階で粉が発生する危険があり、もし熱が加わってしまうと火災が発生したり、 最悪のケースでは粉じん爆発する危険性が大なのです。 また、残ったトナーが空気中に舞い散る可能性もあり、作業員の方の健康を害することも考えられます。 基本的に、 トナーカートリッジは「産業廃棄物」という扱いになり、有料で専門の産廃業者に引き取ってもらう必要があります。 ですが、前延のような危険性が伴うため、 産廃業者によっては断られることも多々あるようです。 では、どのような捨て方をすれば良いのか?それに関しては、次の項で詳しく。 2.トナーカートリッジの捨て方は4つの方法がある! 使用済みのトナーカートリッジを捨てる場合、 と、主に4つの方法があります。 どれも 無料で行っているサービスとなり、詳しくは以下のような特徴があります。 その方法は、メーカーによって異なり、回収拠点まで持ち込んだり、専用の回収箱を取り寄せてメーカーに送付する方法が一般的なものになります。 リコー(RICOH)、シャープ(SHARP)、富士ゼロックス(FUJI Xerox)、キヤノン(Canon)、エプソン(EPSON)といった大手のメーカーでは積極的に回収サービスを行っています。 最近では銀行にも回収ボックスが置かれていることもありますが、主にインクカートリッジを対象にしていますので、トナーカートリッジも捨てられるかは確認が必要です。 純正品であればメーカーが回収してくれますが、メーカーの純正品でない非純正でも、販売業者が引き取ってくれます。 回収している業者は、サイトに回収方法が記載されています。 通常は インターネットまたはファックスで回収の申し込みをします。 基本的な流れは、ベルマーク専用回収箱をメーカーに請求したのち、カートリッジが一杯になったら、カートリッジ回収センターへ回収依頼をします。 最終的には、「ベルマーク点数証明書」が送られてきます。 ちなみに点数は、 使用済みトナーカートリッジは50点です。 以上、主に4つの無料サービスがあります。 全く手間が掛からないので、トナーカートリッジは正しい捨て方で処分していきましょう。 先程の「エコリカ回収ボックス」もインクカートリッジを処分できますが、その他に以下の2つのサービスがあります。 インクカートリッジ里帰りプロジェクト 自治体と ブラザー(brother)、キヤノン(Canon)、デル(Dell)、エプソン(EPSON)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の5社が協力して、インクジェットプリンターの使用済みカートリッジを共同で回収するサービスをおこなっているものです。 回収箱は 全国約3600の郵便局、および一部の自治体の施設などに設置してあり、回収後はメーカーごとに仕分けを行い、各メーカーが責任を持ってリサイクルしています。 インクカートリッジ里帰りプロジェクト回収箱の設置場所はホームページに公開されています! 出典: ジット回収ボックス インクカートリッジは、一般ゴミとして焼却や埋め立てられてしまいます。 インクカートリッジは焼却すると、1つのインクカートリッジでは、約58~110gのCO2が排出されます。 ジットはこの問題に取り組み、使用済みカートリッジを回収して、独自の技術で再生して繰り返し使う 「インクカートリッジ再生事業」を行っています。 回収ボックスは製品取扱店舗、学校、公共施設等に設置されています。 3.使用済みトナーカートリッジはリサイクルが基本! まず、 回収されたトナーカートリッジは基本的に「リサイクル」をされています。 メーカーや業者が回収した後は、分別解体し、洗浄、検査、そして加工組み立てして、リサイクルトナーとして再利用することができます。 リサイクルトナーであれば、新しくカートリッジを作る必要がなく、資源の節約につながります。 基本的に、使えなくなったカートリッジは粉がないだけなので、部品交換等のメンテナンスを行い、 トナーを充填すれば再度使えます。 材料を無駄にすることがないので、コストの面でも地球環境への配慮という面でも現在注目されています。 使えるものは再利用しようという「リサイクル」という文化も広がり、 技術力のある日本では多くの物がリサイクルされ再利用されています。 インクカートリッジやトナーカートリッジは、その代表といえるものであり、 限りある資源を大切にするためにも、再利用できるものは再利用することが求められています。

次の