ネット 購入 宝くじ。 ネットでジャンボ宝くじ購入しよう!メリット多し!購入方法ガイド!

ネット購入 当せん金の受取方法|宝くじ会員サービス ご利用ガイド【宝くじ公式サイト】

ネット 購入 宝くじ

ジャンボ宝くじ• 通常宝くじ• ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)• ナンバーズ• toto• BIG• ブロックくじ ネットで買える宝くじは、ジャンボ宝くじ、通常宝くじ、ロト、ナンバーズ、toto、BIG、ブロックくじなど、スクラッチなどを除くと基本的には発売されている宝くじをすべてネットから買うことができます。 ジャンボ宝くじ ジャンボ宝くじは一番有名な宝くじで、年末ジャンボ宝くじをはじめ、ドリームジャンボ、サマージャンボ、グリーンジャンボ、オータムジャンボ宝くじがあります。 当選金は10億円を超えることもあり、夢を見るならジャンボ宝くじですね。 ネットではみずほ銀行のオンラインバンキングサービスのみずほダイレクトに登録をして、「みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン」で購入することができます。 通常宝くじ ジャンボ宝くじ以外にも宝くじがあります。 スクラッチはネットで購入することができませんが、通常宝くじはネットで購入することができます。 みずほ銀行ダイレクト ラッキーラインで購入することができます。 ロト(ロト6・ロト7・ミニロト) ロト6、ロト7、ミニロトは40ほどの数字から5から7の数字を選び、当選番号があえば当たりです。 当選確率は低く、当選者がいないとキャリーオーバーして次回の抽選に当選金を繰り越します。 みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン以外に 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。 ナンバーズ ナンバーズは3桁のくじ(ナンバーズ3)と4桁のくじ(ナンバーズ4)があり、好きな数字を自分で選んで数字が合っていると当選です。 10万円から100万円が当たる比較的当たりやすい宝くじとして人気です。 みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン以外に 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。 toto totoはスポーツ振興くじのことで、サッカーJリーグの試合結果を勝ち・引き分け・負けから予想します。 試合結果がすべて当たれば1等で、1試合外すと2等、2試合外しで3等となります。 当選者がいないとキャリーオーバーされ、最高で5億円が当選します。 みずほ銀行、 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。 BIG 基本はtotoと同じくJリーグの試合結果を当てるくじですが、こちらは機械が自動的に試合結果をランダムに予想してくれます。 サッカーに詳しくなくても気軽に買うことができて、最高6億円があたる夢のあるくじです。 toto、BIGともにサッカーを見る楽しみが出るのも良いですね。 みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行で購入することができます。 ブロックくじ ブロックくじは地域ごとに販売される宝くじです。 「東京都」、「関東、中部、東北」、「近畿」、「西日本」の各地方ごとに宝くじが販売されます。 みずほ銀行ダイレクト ラッキーラインで購入することができます。 ネットで買える宝くじ(銀行ごと) みずほ銀行(みずほ銀行ダイレクト ラッキーライン)• ジャンボ宝くじ• 通常宝くじ• ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)• ナンバーズ• toto• BIG• ブロックくじ みずほ銀行の提供しているラッキーラインでは、スクラッチを除くすべての宝くじを購入することができます。 さすが宝くじの発売元であるみずほ銀行ですね。 みずほ銀行ダイレクト ラッキーラインには、みずほ銀行の口座開設後、オンラインバンキングサービスのみずほダイレクトに登録の上、ラッキーラインに登録することで利用できるようになります。 ジャンボ宝くじを買えるのはみずほ銀行だけですので、宝くじを買うならまずみずほ銀行ダイレクトのラッキラインには登録しておく必要があります。 ジャパンネット銀行• ロト(ロト6・ロト7・ミニロト)• ナンバーズ• toto• BIG ジャパンネット銀行ではロト6やロト7などのロトシリーズと、ナンバーズなどの数字選択式の宝くじを購入することができます。 またサッカーJリーグの試合結果で当選くじが決まるスポーツ振興くじを買うことができます。 ジャパンネット銀行はコンビニATMからの出金が3万円以上であれば手数料が無料になるので、うまく利用することでATM手数料を完全に無料にすることができます。 3万円以内の出金でも月に1回は無料になるので、いざという時に少額の引き出しをしても手数料はかかりません。 競馬、競輪、競艇などもネットで買うことができ、インターネットサービスとも相性の良い銀行です。 自宅や外出先から簡単に購入できる• 売り場に並ぶ必要がない• 当選金は自動的に入金• 換金忘れがなくなる 自宅や外出先から簡単に購入できる 宝くじをネットで買えるメリットは何と言っても、自宅のパソコンや外出先でスマホなどから簡単に宝くじを買える点です。 わざわざ宝くじ売り場に行く必要がなくなりますし、長時間売り場に並ぶ必要がなくなります。 管理人は最初は宝くじ売り場で並ぶのも醍醐味で好きだと思っていましたが、一度ネット購入の快適さを覚えたら、ほとんど売り場で買うことはなくなりましたw 思っていた以上に快適ですので、まだネットで買ったことがない人はぜひ体験してほしいです。 ネットで買える環境は用意しておいても、宝くじ売り場で宝くじが買えなくなるわけではないので、買えるようにしておくと人から頼まれたり、急遽宝くじを買う必要が出た時に便利です。 当選金は自動的に入金 またネットで宝くじを買うと、当選金は自動的に購入した銀行口座へ入金されます。 宝くじでよくある換金忘れや確認ミス、紛失などをすることがなく、確実に当選金を受け取ることができます。 宝くじの換金忘れと思われる支払期限切れとなった宝くじの当選金は年間160億円以上にもなるそうです。 高額当選の換金忘れ、チェック漏れや300円当選の交換忘れなど様々でしょうが、せっかくの当選金を換金漏れするのは非常にもったいないです。 そうはいっても300円のためだけに宝くじ売り場で換金するのも面倒ですので、ネットで自動入金は非常に便利なサービスです。 売り場に行かずに宝くじが買えて、当選金の入金も自動でしてくれる宝くじのネット購入は非常に便利で、宝くじを買うならネット一択と言えるほど大きなメリットがあります。 まとめ ネットで買える宝くじを見てきました。 内容をまとめると以下のようになります。 ほぼすべての宝くじはネットで買える• みずほ銀行の口座があればすべての宝くじが買える• 換金忘れもなく便利 スクラッチを除くほぼすべての宝くじはネットで買うことができます。 ネットで宝くじを買うことで、売り場で並ぶ必要なく自宅から宝くじを買うことができますし、当選したら自動的に当選金が口座に入金しますので換金忘れもなく便利です。 ネットから宝くじを買うには購入に対応した銀行口座を作る必要があります。 ジャンボ宝くじを含めたほとんどの宝くじを買えるのは、みずほ銀行です。 インターネットバンキングに登録する必要がありますが、簡単な登録でほとんどの宝くじをネットから購入することができます。 年末ジャンボ宝くじなど、とにかく宝くじをネットですべて買いたい人はみずほ銀行の口座を持っておくのがおすすめです。 ネット銀行だとジャパンネット銀行、楽天銀行がロトとナンバーズに対応しています。 ネット銀行は入出金の手数料や振込手数料がお得なので、ロトやナンバーズしかしない人であればネット銀行がおすすめです。 またジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行は宝くじだけでなく、競馬、競艇、競輪など様々な公営競技をネットから購入できます。 宝くじだけでなく、その他のギャンブルもやる人はジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行のいずれかの口座を持っていると便利でしょう。 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひから気になるページをご覧ください。 当サイトのおすすめネット銀行.

次の

宝くじネット購入【VISAクレジットカード使えるか聞いてみた!】メリット&デメリットまとめ

ネット 購入 宝くじ

ジャンボ宝くじ• ロト7• ロト6• ミニロト• ナンバーズ4• ナンバーズ3 以上が対象のくじです。 ほとんどのくじが買えるようになりました。 販売中のくじはもちろん、販売前でも予約購入が可能です。 また、指定した購入期間や購入頻度で宝くじの継続購入ができます。 ジャンボ宝くじは販売終了日の23時50分まで購入可能です。 宝くじ公式サイトは 当たる? 当たらない? 一番気になるのは、このことかもしれません。 ただ個人的には、当たりやすさ、当たりにくさはどこで買っても同じだと思います。 とはいえ、それだと元も子もない話なので、参考までに自分の実績(2018年12月29日現在)を書いておきます。 毎回、ロト7は3口~5口、ロト6は5~6口程度を購入しています。 キャリーオーバーの時に少しだけ多めに買っています。 今のところ、まったく当たらないということはない印象です。 それでは、公式サイトへの会員登録、カード登録方法を説明していきましょう! 宝くじ公式サイトへの会員登録、カード登録方法 登録方法は簡単です。 氏名、住所などの登録• し、「ネット購入」を選択• 「ネット購入が初めての方へ」を選択• 「新規会員登録する」を選択• メールアドレスを登録• 仮登録メールが届く• 本登録を行う• 氏名 パスワード 秘密の質問の答え 生年月日 性別 電話番号 住所 ニックネーム プロフィール画像(テンプレあり) お知らせメール設定 以上を、それぞれ登録します クレジットカードの登録• カード番号、有効期限を入力• 当せん金受取口座の登録、金融機関の選択 クレジットカードは「3Dセキュア認証に対応したカード」でないと登録できません。 自分の場合は楽天カード(JCB)で登録しました。 クレジットカードの登録ができない 対応カードでないと、下記のエラーが表示されます。 各ブランド毎に名称は異なりますが、総称して「3Dセキュア」と呼ばれています。 各クレジットカード会社のサイトでパスワードを設定する必要があります。 詳しくは、 ・ ・ ・ の各サイトをご覧ください。 基本的には各カード発行金融機関にて設定する必要があります。 3Dセキュア対応のクレジットカードの場合、購入確定前にこの画面に遷移します。 次に、当選金受受取口座の登録方法です。 当せん金受取銀行口座の登録 いったん登録してしまったので、「マイページ>設定」の「当せん金受取口座の変更」から金融機関を選択したいと思います。 デフォルトで選択できるのは上記のメガバンクとゆうちょ銀行です。 僕は楽天銀行にしたかったので、「金融機関コードから検索」で探しました。 楽天の金融機関コードは「0036」です。 この番号を入力して「検索」。 出ました! 続いて銀行名をクリック。 店番、口座番号、口座名義(個人情報なので塗りつぶしています)を入力すればOKです。 簡単ですね! 宝くじ公式サイトでネット購入 すべて登録し終えれば、各種くじが購入できるようになります。 ちょうど年末ジャンボ宝くじの購入予約ができたので、さっそく20枚購入しました! こちらです! 予約購入後も予約キャンセル、また内容変更もできるので安心ですね。 あとは抽選日を待つのみです。 ワクワクします! なお、「マイページ」で宝くじポイント(下記「まとめ」で説明)、預かり当せん金、抽選待ち、抽選結果未確認、購入履歴を見ることができます。 予約したくじは発売前ということで「抽せん待ち」に表示されなかったので、追加でロト6を購入しました。 こんな感じに「抽せん待ち数」が表示されます! クリックすると、くじの種類と抽選日がわかります。 「ロト7」「ロト6」等の条件指定購入 継続購入 継続購入の場合、たとえば、• 週に1回 毎週金曜日に購入• 月に1回 毎月最初の抽せん日のくじを購入• キャリーオーバー発生時のみ購入 というように、条件が指定できます。 期間(自動延長あり)、「キャリーオーバー発生時の買い増し」も指定できる便利仕様になっています。 これで買い忘れたり、買いすぎたりということが防げますね! 予約購入 予約購入しておくと、購入当日の朝に以下のメールが届きます。 リマインドにもなるので、これは便利ですね。 なおロトとナンバーズは、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行の各銀行でも購入可能です。 宝くじネット購入の当せん金の銀行振り込み 「お預かり当せん金」は1万円以上となった場合または半期に一度の所定の振込予定日(3月、9月)に、登録した当せん金受取口座へ自動的に銀行へ振り込まれます。 そんなに待てない~、という方は手動での振り込みも可能です。 というわけで振り込んでみました! 手動振り込みを選択すると、このような画面になります。 実はロト7も購入していて、6等の900円が当選していました。 それが赤枠の「お預かり当せん金」です。 この預かり金でも宝くじを購入できますが、 お預かり当せん金を使うより、一度銀行口座に移してからクレジットカードで購入したほうがクレジットカードのポイントがつくのでお得です。 僕はそうしています。 「振込する」をポチッと押します! サイト上では即座に反映されます。 これで「お預かり当せん金」はゼロに。 利用履歴はこんな感じになります。 ためてから自動振り込みを待ってもよし、手動ですぐに手元に振り込んでもよし。 なかなか使い勝手がいいですね。 ただし、銀行への振込が完了するまで長くて一週間はかかります。 ハラハラしそうですが、気長に待ちましょう。 土日や祝日を挟む等して反映されない場合も、しばらく待ってみましょう。 宝くじ公式サイト内のポイントの使い方 100円につき、「1ポイント」が付与されます。 これは通常購入時に利用できますので、ぜひ活用していきましょう。 このように、「通常ポイント」「期間限定ポイント」があります。 期間限定はトップページに表示されないので、知らないうちに期限切れになってしまわないよう、必ずチェックしましょう。 使い方は簡単で、購入を進めていくとポイント入力フォームが表示されます。 ポイントとお預かり当せん金があれば、このようなフォームが表示されますので、ポイントを使う場合は赤枠のところに手入力しましょう。 キャンペーンでもらった300ポイントがありましたので、ロト7を1口購入してみます。 これで、「お支払い金額」が0円になりました。 そして支払い内容の確認で、300ポイント利用で支払い金額0円を確認したら、「購入」ボタンを押します。 これで完了です。 なお、宝くじポイントとお預かり当せん金は、継続購入、予約購入、及び数字選択式宝くじの発券予約には利用できません。 数字選択式宝くじは抽せん日の場合18:20~翌8:00、抽せん日ではない場合は19:50~翌8:00の購入分が発券予約(この時間帯はポイントと預かり金は使えない)となり、翌8:00以降に決済となるので、注意が必要です 「宝くじの日 お楽しみ抽せん」は? 9月2日は「宝くじの日」。 この日に敗者復活の「お楽しみ抽せん」が行われます。 ネット購入したくじも対象となっており、自動的に判定される仕組みになっています。 外れたくじをうっかり捨ててしまったりすることなく、これで安心ですね! 当ブログではその時の結果もレポートしたいと思います。 仮登録、本登録できない場合は? スマートフォンからの登録がうまくいかない事象が報告されているようです。 PCからだとできたという場合があるようですので、もしスマホから登録できない場合はパソコンからお試しください。 もしそれでも登録されない場合は、から問い合わせてみてください。 メール、電話が選択できます。 宝くじネット購入で改善して欲しい点 結果反映が遅い ロト、ナンバーズ系はだいたい抽選当日の23時30分前後に反映されます。 これは三井住友銀行の21時30分前後、ジャパンネット銀行の22時過ぎに比べても遅すぎる時間帯です。 公式サイトなので、一番早く反映してほしいところです。 ジャンボ宝くじは日中に抽選が行われることから、夕方には反映されていました。 ジャンボは早めで良いですね。 トップページでネタバレしてしまう ロト系等は反映が遅いにもかかわらず、キャリーオーバーがあると先にトップページのバナーが更新されてしまいます。 そのため、「当たらなかったのか…」とわかってしまいます。 これも反映を早くして欲しいです。 ポイントを柔軟に使いたい 通常購入でしか購入できないポイントですが、予約購入、継続購入にも対応してほしいなと思います。 せっかくですから、もっと手軽に利用できると嬉しいですね。 宝くじ公式サイトでのネット購入まとめ• クレジットカードで購入可能に• 会員登録はいたって簡単• ただしカードは3Dセキュア認証が必要• ポイントで宝くじが購入できる• 予約購入が可能• 結果発表の時間が遅い といったとことでしょうか。 会員登録、カード登録から実際の購入までは約10分くらいで完了できました。 今まで宝くじはみずほ銀行のネットバンクを使っていたのですが、手数料を取られていたので、これは嬉しいですね。 ただ、調子に乗って買いすぎないよう注意です。 上記に記したように結果反映の点で不満はありますが、概ね満足いくサービスだとは思います。 今後も継続して利用していきます! そして、公式サイトで購入するとポイントがつきます。 ポイントは1ポイント1円として、宝くじ公式サイトでの宝くじの購入に利用可能。 宝くじ公式サイト内で宝くじを購入すると、100円につき1ポイントの宝くじポイントがゲットできます。 ぜひで申し込んでみましょう。 大きく当たりますように!.

次の

銀行のネット口座から購入できる宝くじを一覧比較

ネット 購入 宝くじ

こんにちは!ようです! 宝くじって普通に宝くじ売り場にいって購入するっていうイメージがありましたよね! ですけど今はネットで普通に購入できるようになりましたね。 ジャンボ宝くじもネットで購入できますからね。 年末ジャンボ宝くじなんかは人気の売り場は、土日ともなると長蛇の列ができて宝くじを購入するだけで数十分とか普通に待たないといけなかったりしますからね。 それくらい宝くじを購入する売り場を重視するということですよね。 実際に売り場に脚を運んで宝くじを買って、そして、自分で番号を確かめるというのが楽しみっていう人も多いと思います。 それが今はネットで簡単に購入できるようになりました。 ってなったからってすぐにみんなネットで購入するようになるとは思えませんけどね。 ネットの方が便利でポイントもついてお得だったりもしますけど、宝くじってそういうことだけじゃないんですよね! 僕もジャンボ宝くじは実際の売り場に行って購入していましたからね。 そこでネットでジャンボ宝くじを購入するメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。 ・ネットでいつでも簡単に購入できる ・購入~受取までネットで完結 ・ポイントがもらえる 宝くじ売り場でももらえるし使える ・キャンペーンがある ・共同購入・ギフト購入も可能 ネットでいつでも簡単に購入できる 24時間ネットで簡単に購入できます。 宝くじ売り場だと夜になると締まりますし、近くに売り場がないという方も多いと思います。 そんな方には便利ですね。 クレジットカードで購入できるので簡単です。 購入から受取までネット完結 購入した宝くじ番号もネットで簡単にチェックできますし、当せん金は、登録した受取口座に自動で振り込んでくれます。 正直何もしなくていいです。 ポイントがもらえる 宝くじを購入すると、100円につき1ポイントの宝くじポイントがもらえます。 1ポイント1円として、宝くじ公式サイトでの宝くじの購入に利用できます。 宝くじもポイントがもらえるようになっているんですね。 大量に宝くじを購入するという人には実はかなりお得ですね。 ・自分で宝くじを購入する売り場を選べない ・自分で宝くじの紙をみながらあたりハズレをチェックできない ・あじけない 自分で宝くじを購入する売り場を選べない ジャンボ宝くじの醍醐味と言えば、よく当たるといわれている売り場へ行って直接宝くじを購入するというのが良かったりもするわけですよね。 風水とか考えて方角とか調べて宝くじを購入する方もいるわけですよね。 そういったことをしているときが楽しいというのもありますね。 自分で宝くじの紙をみながらあたりハズレをチェックできない ネットだと実際に宝くじの紙もないですし、宝くじの紙を一つ一つ数字を照らし合わせてということはないですね。 ネットで購入する場合は当せん金は、登録した受取口座に自動で振り込んでくれますからね。 数字を一つ一つ自分で見ていくというのも楽しかったりするわけですけどそれがないということです。 まとめ 単純にお得に便利に宝くじを購入するということならネットがいいですよね。 簡単で時間もかかりませんからね。 ただ、宝くじって当たるのはもちろん嬉しいけど、それだけじゃなかったりもするんですよね。 当たってるかなとか思いながら一つ一つ宝くじの紙をチェックするのも楽しかったりするわけですね。 これは人それぞれどう考えるかですが、例えば地方の方で近くに宝くじ売り場がないという方には嬉しいかもしれませんしね。 何にしてもやっぱり高額当選してもらいたいですね笑 ネットでジャンボ宝くじを購入する方法 会員登録 まずはにいきます。 そうするといろいろな宝くじが購入できます。 ジャンボ宝くじ ロト7 ロト6 ミニロト ナンバーズ4 ナンバーズ3 などが購入できます。 宝くじをネットで購入するにはまずは登録をしないといけません。 まずはメールアドレスを入力します。 規約では20歳以上でないとダメなようですね。 氏名や住所、当選金振り込み金融機関などを入力します。 流れに沿って記入すれば完了です。 次はクレジットカード情報の入力ですが後からでも構いません。 とりあえず中をチェックしてみても良いと思います。 トップページの右側にマイページがあるのでいろいろチェックしてみると良いと思います。 ここでクレジットカードの設定ですが、利用可能なクレジットカードが結構少ないです。 利用可能なクレジットカード 実際に問い合わせたら他のクレジットカードでもJCB・本人認証サービス 3Dセキュア の登録が完了しているなどの条件をクリアしていたら問題ないということです。 定番の楽天カードやヤフーカードは使えないのと思うかもしれませんが、JCB・本人認証サービス 3Dセキュア の登録が完了しているクレジットカードなら購入できます。 条件をクリアしていない場合は上記のクレジットカードを利用してください。 宝くじの購入方法 次は宝くじの購入ですがトップページから購入ページへはいろいろつながっているのですが、トップページの左側のカテゴリーのネット購入というところにカーソルを合わせるといろいろな宝くじが出てくると思います。 その中から購入したい宝くじを選びます。 ではジャンボ宝くじで紹介していきます。 ここで通常購入と継続購入、連番、バラ枚数などを選びます。 そして選んだら次はカートに入れます。 そして、注文内容に問題がなければお支払い内容の確認へいきます。 そして、ここではポイントが貯まっていたらポイントを使うこともできますし、預かり当せん金を利用することもできます。 そして次にお支払い内容の画面に移動しますので内容を確認して必要項目にチェックを入れて購入を押せば完了です。 購入は流れにそってやっていくだけなので何も難しくはありませんね。 利用できるクレジットカードだけ注意していれば問題ないかと思います。 あとは購入も簡単ですし、ポイントも付くのでお得で便利だと思います。 ということでジャンボ宝くじをネットで購入するメリット・デメリット|ネットでジャンボ宝くじを購入する方法でした。

次の