クマノミ イソギンチャク。 カクレクマノミと相性のいいイソギンチャク|飼育を始める際の注意点

カクレクマノミと相性の良いイソギンチャク!サンゴでの代用のコツ

クマノミ イソギンチャク

もくじ• 体色は鮮やかなオレンジ色に三本の白いラインが発色していて、尾びれや背びれ腹びれには 縁取られたようにくっきりと黒く発色して、愛嬌のある丸々とした体系に目を引きます。 カクレクマノミは泳ぎ方にも特徴があり、体を上下にクネクネとひねりながら泳ぐ 「ワッキング」と 呼ばれる面白い泳ぎ方をするのも人気の高い理由の一つです。 オスがメスになる!?カクレクマノミの性転換 カクレクマノミは性転換する独自の特徴もがあります。 生まれてきた個体は全てオスで生まれ成長し成魚になると大きい個体がメスになり小さい個体がオスになります。 カクレクマノミは群れで行動をし、 その中で一番大きい個体がメスになり二番目に大きい個体が オスになり、この二匹がペアになると他のカクレクマノミ達はオスにもメスにもならず繁殖行動もしません。 ペアになった相手のメスの死後、オスが性転換し他のオスとペアになります。 このように最初にオス、次にメスに性転換することを 「雄性成熟」といいます。 カクレクマノミのメス(左)カクレクマノミのオス(右) カクレクマノミは何故イソギンチャクに刺されないのか? イソギンチャクは 刺胞毒という毒をもっておりクマノミ以外の魚が触手に触れると毒をもつ刺胞で麻痺をさせて食べてしまいます。 なぜクマノミは触れても大丈夫なのか? それは、 カクレクマノミの体表はイソギンチャクと同じ成分の粘液を出すことで刺胞毒に反応しない体になっていると言われてきました。 2015年、クマノミがイソギンチャクに刺されない謎を、愛媛県の女子高校生が解明しました。 この謎についての論文を書いた重松夏帆(しげまつなつほ)さんと山本歩美(やまもとあゆみ)さんのお二人。 在学していた愛媛県大洲市の長浜高校「水族館部」の研究班員として活動していた際の発表です。 その「水族館部」では、 1000匹以上ものカクレクマノミを飼育しています。 過去に先輩達が行った実験で、カクレクマノミ(その他クマノミ類も含めて)が体 表から出すタンパク質の粘液が関係している事までは判っていたといいます。 そこから二人は更に実験を行います。 海水がどのようなコンディションの際にイソギンチャクが刺胞毒を含んだ針を出すのか。 イソギンチャクの触手をさまざまな成分の溶液に浸し、顕微鏡で観察を行います。 その結果から、 カクレクマノミの体表の粘膜を調べると、マグネシウムの濃度が飼育している海水より濃く、スズメダイの約10倍のマグネシウムを含んだ粘液を纏(まと)っている事が判明しました。 この二人の研究で明らかになったこの詳細な刺胞の働きは、実は初めての事でした。 その研究に助言を行っていた愛媛大学の教授は 「すぐにでも学術論文として発表できるレベル」だと賞賛し、高く評価された論文は「第58回日本学生科学賞高校の部」で最も優秀な内閣総理大臣賞を受賞しました。 意外にも最近になって発見されたメカニズムだったのですね。 カクレクマノミとイソギンチャクが共生している姿 共生について 共生とは全く無関係である生物同士が共に生活をしている事を言います。 カクレクマノミとイソギンチャクの共生は、双方にメリットがあって見ていて癒されるケースと言えますね。 カクレクマノミがイソギンチャクと共生するメリット カクレクマノミはハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクを好んで住処にします。 イソギンチャクは餌を捕ったり自分の身を守るために、体表にある触手から「刺胞毒」という毒を持った小さな針を出します。 素手でイソギンチャクの触手に触れないようにしなければ、 イソギンチャクの刺胞毒で私達人間の手は刺胞毒によって赤くなったり、刺された跡がつきますのでくれぐれも手袋を装着するなどの工夫が必要です。 特にハタゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクの刺胞毒は強く、手に貼り付いたらなかなか取れないほどです。 カクレクマノミはイソギンチャクと共生することで大型魚などの天敵から身を 守っています。 、またイソギンチャクにもカクレクマノミと共生することでメリットがあります。 イソギンチャクは動きがすごく遅い分行動範囲が狭いためカクレクマノミが 変わりに餌を運んでくれます。 またイソギンチャクの排泄物なども遠くまで運び常に綺麗な状態に掃除してくれます。 そしてカクレクマノミがイソギンチャク内で動き回ることでイソギンチャクの触手のマッサージにもなりイソギンチャクがリラックスすることが出来ると言われています。 クマノミの仲間は全ての種がイソギンチャクと共生し、種類によって好むイソギンチャクの種類も変わってきます。 カクレクマノミが最も好むイソギンチャクは「ハタゴイソギンチャク」や「センジュイソギンチャク」で、自然界ではハタゴイソギンチャクと良く共生していて一株に6~10匹くらいがまとまって住んでいます。 カクレクマノミに関連する記事.

次の

環境省_串本海域公園_クマノミとアジサイイソギンチャクの共生

クマノミ イソギンチャク

カクレクマノミ (出典:PhotoAC) イソギンチャクとは イソギンチャクは、刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目に属する無脊椎動物の総称です。 見た目はまるで植物のようですが、触手を沢山持っており、刺胞動物に分類されているのでクラゲやサンゴの仲間になります。 口の周りのひらひらとした部分は柔らかそうで触りたくなってしまいそうですが、実はその触手には毒があります。 触手の先端に刺胞と呼ばれるものが無数にあり、その針と毒で身を守っています。 美しい見た目とは裏腹に、中には強力な毒による死亡例もあるほどです。 美しい花にはトゲがあるとは言いますが、美しいイソギンチャクには毒があると覚えておきましょう。 イソギンチャク (出典:PhotoAC) どうしてカクレクマノミは平気なのか イソギンチャクの非常に強力な毒を前に、どうしてカクレクマノミは平気な顔をして触手のベッドで生活が送れるのでしょうか。 本来、イソギンチャクの触手には無数の「刺胞」と呼ばれる毒の入ったカプセルを魚などに打ち込むことで毒を与えます。 しかし、最近になってカクレクマノミを含むクマノミ類の体表を覆う粘液の化学組成がイソギンチャク類の粘液の化学組成に似ていることが分かりました。 これにより、イソギンチャクはクマノミ類を外敵とは認識せず、刺胞を発射しません。 他のサカナがイソギンチャクに触れることができないなか、クマノミ類だけが平気な顔をして生活を送れるのです。 それぞれのメリット クマノミ類はイソギンチャクのまわりに自分の縄張りを持ちます。 イソギンチャクに住むことで、自分よりも大きい肉食の魚が近付いてきたときにイソギンチャクの中に隠れて身を守ります。 また、イソギンチャクを食べようと近づいてくる魚も自分の縄張りに侵入してきた敵と判断しクマノミが追っ払ってくれます。 クマノミを住ませることでイソギンチャクも守られているのです。 食事においてもそれぞれにメリットがあります。 クマノミは大きなエサを見つけた場合は、一度に食べきらず口にくわえてイソギンチャクの触手の間に備蓄します。 するとイソギンチャクはそのエサを家賃のように自分のエサとします。 クマノミはイソギンチャクに身を守ってもらい、イソギンチャクは敵を追っ払ってもらったり、エサの一部をもらったりして一緒に生きていくのです。 これを【相利共生】と言います。 サカナは相利共生するものが多い 皆さんの中には、大きなサカナが体をエビや小魚に掃除されている姿を見たことがありませんか? まさにあれも相利共生です。 大きなサカナは小魚やエビに掃除させるによって不快感を取り除いたり、寄生虫を食べさせて健康を維持しています。 一方の小魚やエビたちはしっかりと食物を確保できるので、一緒に生活を送ることで双方に大きなメリットがあります。 また、共生という言葉でイメージするものに水族館で人気のジンベイザメとコバンザメがいるかもしれませんが、あれは相利共生ではないと言われています。 コバンザメにとっては体を運んでもらえる、エサのおこぼれがいただける、など大きなメリットがありますが、ジンベエザメにとってはコバンザメをくっつけていることによって、あまり大きなメリットはありません。 このように片方にのみメリットがある関係を【片利共生】と言います。 一緒に生活を送っている生き物がいたときはその関係が【相利共生】なのか【片利共生】なのかを考えてみると面白いかもしれませんね。

次の

クマノミがイソギンチャクに刺されない理由とは!?

クマノミ イソギンチャク

カクレクマノミとイソギンチャクには相性がある カクレクマノミは、外敵から身を守るために自然界ではイソギンチャクの近くで見つけることが出来ます。 しかし 水槽では「外敵」がいないため、イソギンチャクのそばで生活する必要がありません。 そのため、おなじ水槽にいてもカクレクマノミがイソギンチャクに近寄らないことがあります。 特に水槽で繁殖したカクレクマノミ(ブリーダー)はイソギンチャクと触れ合ったことがない個体が多いので、イソギンチャクに近寄らない傾向があります。 そのため、カクレクマノミとイソギンチャクが戯れる水槽を作りたい場合は、 すでに共生している状態のカクレクマノミとイソギンチャクをセットで購入することをお勧めします。 ハタゴイソギンチャクは共生できる定番 沖縄でダイビングをする際にはカクレクマノミを観察するためにハタゴイソギンチャクを探すほど、カクレクマノミは自然界ではハタゴイソギンチャクの側で生活しています。 カクレクマノミにとって一番好ましいイソギンチャクなんですね。 ハタゴイソギンチャクは、粘り気の強い触手をもち、強い毒性のあるイソギンチャクです。 ハタゴイソギンチャクを触るときには、ビニール手袋で手を保護し、触手になるべく触らないようにしましょう。 出典: 基本は1つの水槽に1ペア1種類 カクレクマノミの面白い生態の一つに「性転換」があります。 なんと、 カクレクマノミは生まれたときは全部オスなのに、自分が群れの中で一番大きい!と思うとメスになってしまうのです。 広い海の中では、繁殖期に普段住んでいるイソギンチャクを独占されても他のイソギンチャクに住みかを変えるので、カクレクマノミの群れでも問題はありません。 しかし、 狭い水槽ではイソギンチャクを巡ってカクレクマノミ同士がけんかを始めてしまいます。 水槽でカクレクマノミを飼う際には、カクレクマノミを2匹までとすることをお勧めします。 毒性が強いためカクレクマノミ以外の魚を攻撃する• イソギンチャクにとって住みやすい場所を目指して移動する• 死んだとき毒と体液をまき散らし水をひどく汚す それらの特徴があるため、飼育には細心の注意が必要です。 さらに、イソギンチャクはマリンアクアリウムの生物の中でもかなり高価な部類の生物です。 イソギンチャクの飼育をすこしでも簡単にするために購入する個体は慎重に選びましょう。 色が濃い個体を選ぶこと• しっかりと活着(かっちゃく:底砂などに定着した状態)している• 口が閉じている• 発色がいい 健康なイソギンチャクは、しっかりと底砂や岩、ブロックなどに自立しています。 また、 不健康になればなるほど口を開いた状態になります。 よって 避けるべき個体は、水中を漂っているものまたは口が開いているものです。 さらにイソギンチャクは、水槽に当たる光源によって色が変化します。 そのためおなじハタゴイソギンチャクでもグリーン、パープル、ブラウンなど様々な色の個体がいます。 おなじ水槽の中の同色のイソギンチャクの中でも 発色がよい個体は、その水槽の中でもたっぷりと光を浴びた個体で頑丈なイソギンチャクです。 採種地で丈夫さが変わる イソギンチャクを購入するときは「国産(沖縄産)」を選ぶことをお勧めします。 外国産のイソギンチャクは薬物採取という採取法をとられているため、採取時から弱っている個体が多いです。 さらに、外国産のイソギンチャクは輸送距離や時間が長いため、それだけイソギンチャクが弱っていることが多いです。 また、 外国産のイソギンチャクの悪影響(薬物採取や輸送距離の問題)が出始めるのは、水槽に投入してから1か月ほどです。 専門店の水槽の中で元気にしているイソギンチャクでも、外国産のものはこれから弱っていく可能性が高いので、避けることをお勧めします。 珊瑚でも代用できる種類 前段でも述べましたが、イソギンチャクは飼育がしにくい生物です。 特に、住みやすい場所を求めて気楽に移動してしまうため、ろ過フィルターなどに巻き込まれる事故を誘発してしまいます。 そのため一度置けば移動することが無く、カクレクマノミも住む場所に選ぶ可能性のある同じ刺胞動物の 珊瑚をイソギンチャクの代わりに飼育することがあります。

次の