コロナ 重症 化し やすい 人。 コロナが最大6倍も【重症化しやすい】特徴ランキング

[B! 医療] 薄毛の人はコロナが重症化しやすい?(忽那賢志)

コロナ 重症 化し やすい 人

高齢者は? 人は加齢に伴いさまざまな体の機能が低下していきます。 それは、免疫機能も同様で、免疫系に関わる細胞を生み出している臓器の機能も低下するため、免疫系に関わる細胞の数も低下し、免疫力が低下するといわれています。 また、 高齢者は症状が顕著に出にくいという特徴もあります。 少し体がだるいと感じる、咳が少し出たけれど問題ないと思っていたと放置していて、症状が出ないまま体内でウイルスが増殖、気が付いた時には重症化しているということもあります。 中国、武漢などでの感染状況を基に行った研究データを見てみると、新型コロナウイルスはおよそ8割の方が軽症で経過、 重症化したのは14%程度としています。 この割合は日本においても同程度であろうと考えられています。 しかし、死亡率を見てみると10代から40代までの方は1%以下であるのに対して、 50代で1. 3%、60代で3. 6%、70代で8%、80代以上となると14. 8%と急に死亡率が高くなります。 高齢者は心肺機能がもともと低下しているということもあり、一気に重症化しやすく、肺炎等にかかり、死亡してしまう方も少なくないのです。 もちろん、全ての高齢者がコロナウイルスにかかったら重症化して死に至るというわけではありません。 基礎疾患がなく健康状態が良好な方など感染しても症状が出ずに経過する方もいらっしゃいます。 現在、緊急事態宣言が出された都市もあり、全国的に外出自粛傾向となっています。 外出自粛なので家にいる時間が増えていきますが、実は、 高齢者の場合ひきこもっておとなしく過ごすということも感染したときに重症化させてしまう原因になるのです。 自宅に引きこもり、運動などもせずに過ごす、いわゆる生活不活発な状態になると虚弱が進み、心身や脳の機能が低下していきます。 そうすると、感染したときに重症化しやすくなるのです。 外出自粛で自宅にいられる方も、 自宅の中で可能な限り体を動かしてみたり、人が少ない時間や場所を選んで少し散歩をされることをおすすめします。 散歩をされる際にはマスクを着用し、帰宅後の手洗いうがいは忘れずに行いましょう。 最近では0歳児や妊婦さんが感染したというニュースを聞くことも増えてきました。 子どもの場合、まだまだ感染した人数は少ないものの、 感染のしやすさは大人と同じということが分かってきています。 症状としては熱が出たり乾いた咳など軽い風邪のようなものを認めることが多いとされます。 肺炎にまでいたる割合や、重症化する割合は大人よりも少ない傾向にあるとされています。 しかし年齢の低い乳児や、喘息など呼吸器系の病気を持っている子供は重症化しやすい可能性があるとされており、注意が必要です。 また、もしも母親が感染した場合、授乳は感染予防の観点から控えることがベターとしていますが、これについては現在研究中です。 妊婦も免疫力が下がり新型コロナウイルスに感染しやすい方に分類されます。 妊婦は、ホルモンバランスの乱れや、子どもに栄養が持っていかれることによる栄養不足、睡眠不足などさまざまな要因が重なって免疫力が低下しやすくなるとしています。 また、妊娠後期は子宮が増大することによって、 呼吸器の機能が妊娠していない時に比べて約20%低下するとされていることもあり、妊娠後期には呼吸器系の感染症は重症化しやすいという情報もあります。 さらに妊娠初期のコロナウイルス感染症の場合は、現時点では直接、胎児の先天奇形のリスクとなることは考えにくいとされています。 また妊婦、胎児のコロナウイルス感染症が死産や早産を起こしやすいとする報告もありません。 現段階では妊娠中だからといって過度に心配せずに、他の方と同様の対策を行うことが重要です。 どんな持病を持っている人が重症化しやすい?喫煙者は? 成人であっても持病がある方の中には新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性がある方がいます。 新型コロナウイルスが重症化しやすいのは 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。 特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく 持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。 持病のある方のコロナウイルスによる死亡率を見てみると、心血管疾患が10. 5%、糖尿病が7. 3%、慢性呼吸器疾患が6. 3%、高血圧が6%、悪性腫瘍が5. 6%としています。 そのため持病のある方にとって重要なことは、コロナウイルスの感染予防だけでなく、持病の管理をしっかり行っておくことも重要です。 また、病気に罹患していない方であっても、コロナウイルス感染症で重症化しやくなる可能性を高めるのが 喫煙です。 喫煙は電子たばこを含むすべてのたばこにコロナウイルス感染症の重症化リスクを高めることが報告されています。 アメリカの医学誌によると 人工呼吸器を必要とする患者や亡くなった方などのうち25%以上が以前もしくは現在喫煙をしていたなど喫煙と関連していたというデータもあり、WHOでは現在喫煙者の禁煙を勧めています。 クリニックフォアグループのオンライン診療について より便利に診療を受けていただくために、 初診から受診可能なオンライン診療を始めました。 自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。 クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。

次の

新型コロナ、重症化しやすい人は「血液型A型で薄毛男性」説

コロナ 重症 化し やすい 人

新型コロナウイルスの集団感染が起きている大型クルーズ船の感染者のうち、4人が重症だと明らかになった。 肺炎はどんな病気で、どのような人が重症化しやすいのか。 肺炎は、細菌やウイルスなどの病原体が空気の通り道である気道を通じ肺の中に入り、炎症を起こした状態だ。 感染する病原体が新型コロナウイルスというのが今回のケースだ。 初期ではかぜやインフルエンザのようにせきや発熱、関節痛の症状がでる。 悪化すれば肺炎になり、呼吸困難や胸の痛みがおきる。 ウイルス増殖 抑える薬なし 肺炎球菌が病原体の場合はワクチンもあり、抗菌薬も効く。 新型コロナウイルスでは、ワクチンや有効とされる薬はまだない。 熱を下げたり安静にしたりするといった対症療法をし、感染者を他の人と接触させないなどの対策をとる。 機械で酸素濃度が高い空気を肺に送ったり、点滴で血中の水分を補ったりしても改善しないと重症化することもある。 東京医科歯科大の瀬戸口靖弘特任教授(呼吸器内科)は「血中の酸素濃度が低下すると、他の臓器にも障害が出てくる」と話す。 重症化しやすいのは、糖尿病やがんなどの病気で免疫力が落ちている人や、慢性の呼吸器疾患がある人。 中国で報告されている重症例の多くは糖尿病、高血圧、心臓の病気などの持病がある人や高齢者とされる。 クルーズ船で重症と判明した4人も60代1人、70代3人で、いずれも持病があるという。 X線検査「判断難しい」 肺炎をどう判別するか。 第一種感染症指定医療機関の京都府立医科大病院の藤田直久・感染対策部長によると、胸部X線検査で肺に炎症があり白い影が写れば、肺炎とわかる。 その後、粘膜やたんなどを調べ、どの細菌やウイルスが原因か特定する。 X線検査をするかどうかは、患者の症状や行動の履歴から判断する。 藤田さんは「症状が軽く、中国・武漢市に絡む情報がわからなければ、X線検査までする判断は難しい」と話す。 見えにくいこともある。 瀬戸口さんによると、肺胞である程度ウイルスが増殖して炎症がおきないとX線やCTをとっても影が見えないという。 患者が最初に取り込んだウイルス量や増殖の速度はまちまちなので「症状や影が出るまでの日数がずれてくる」という。 またウイルスが殺した細胞を栄養にして肺炎球菌が増殖することで細菌性の肺炎が複合して起こることがあるという。 中国で重症例が多い理由について、瀬戸口さんは「ウイルス性肺炎のあとに細菌による肺炎が起こっている可能性もある」と話す。 2018年の人口動態統計によると、肺炎は日本人の死因の5位で、年間約9万4千人が亡くなっている。 食べ物が誤って気管に入ることがきっかけで発症する誤嚥(ごえん)性肺炎は統計上、別カウントで年間3万8千人が亡くなっている。 誤嚥性肺炎も肺炎球菌の感染によるものが多い。 症状がはっきり表れない高齢者の患者も多く、重症化して初めて診断される場合もある。 (三上元、).

次の

新型コロナ 典型的な症状、経過、重症化のリスク、後遺症について(忽那賢志)

コロナ 重症 化し やすい 人

スポンサーリンク 新型コロナは男性の方が重症化しやすい 先日のでもご紹介しましたが、日本のデータからは男性の方が女性よりも入院する事例が多く、また重症化しやすい傾向が示されています。 他国でも同様の傾向があり、 ・日本の入院患者全体のうち男性は58. 8倍() ・女性は男性よりも病院内で死亡するリスクが0. 81倍() となっており、女性よりも男性の方が重症化しやすい、死亡しやすいということが世界中から報告されています。 ではなぜ男性の方が重症化しやすいのでしょうか? いくつか仮説が提唱されていますが、その中の一つ「アンドロゲン仮説」をご紹介致します。 薄毛の人に新型コロナの重症者が多い? この仮説はスペインから提唱されました。 これに続いて、やはり同じくが報告されました。 入院患者175人のうち122人が男性であり、男性のうち79%がAGAであったとのことです。 また女性でも42%がAGAと判定されており、特にこの集団では年齢が高い女性にAGAが多かったとのことです。 どちらの集団も、スペインの一般的な集団におけるAGAの頻度よりも高いことから、AGAがあることが新型コロナの重症化に寄与しているのではないか、と筆者らは述べています。 薄毛と新型コロナ、どういう関係があるのか? DHTとAGAとの関係(筆者作成) AGAは、アンドロゲンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモンが関与しているとされます。 DHTは毛髪の元となる細胞である毛母細胞のアンドロゲン受容体に結合し、毛母細胞の働きを低下させる作用があります。 AGAの方ではこのDHTが多く発現しています。 120. 046941より) 一方、新型コロナウイルスがヒトに感染する際には、TMPRSS2と呼ばれる酵素がウイルスのスパイク蛋白質を活性化することで、ACE2受容体を介してウイルスは細胞内に侵入することが分かっています。 TMPRSS2をコードする遺伝子は、男性ホルモン、特にDHTがアンドロゲン受容体(毛髪細胞だけでなく肺細胞などの細胞表面にも発現している)に結合すると活性化され、TMPRSS2が増加します。 つまり、DHTという男性ホルモンが多ければ多いほど、DHTはアンドロゲン受容体と結合し、TMPRSS2が増加することで新型コロナウイルスが侵入しやすくなるというわけです。 120. 046941をもとに筆者作成) まだ査読前論文ですが、が報告されています。 この報告によると、男性のアンドロゲンの濃度と新型コロナの重症化が関連しているとのことであり、これらをまとめると ・AGAではアンドロゲンの一種であるDHTが多く発現している ・DHTがアンドロゲン受容体に結合しTMPRSS2が増加することで新型コロナウイルスが侵入しやすくなる ・アンドロゲンの濃度が高ければ新型コロナが重症化しやすい ということになり、AGAの方は新型コロナが重症化しやすいのではないか、ということになります。 このアンドロゲン仮説は、男性が女性よりも新型コロナに罹患すると重症化しやすいのかを説明できる可能性があるだけでなく、思春期までは女児と同様に男児もアンドロゲンをほとんど産生しないため、10歳未満の小児が新型コロナでは重症化しにくいのかの理由の一つになるかもしれません。 この仮説が治療につながる可能性も アンドロゲンが諸悪の根源であるのならば、当然このアンドロゲンを減らせば新型コロナの治療につながるのではという発想が出てきます。 前立腺がんの治療としてアンドロゲン抑制療法(androgen deprivation therapy:ADT)という治療が行われることがありますが、したところ、ADTを受けている前立腺がん患者は、ADTを受けていない患者に比べて新型コロナ感染のリスクが4倍低かったという報告があります。 つまりアンドロゲンが低い方が、新型コロナへの感染リスクが低くなることを示唆する観察研究です。 すでにこのも開始されています。 現時点では結論は出ていませんが、アンドロゲンというホルモンへの介入による新たな治療薬の開発につながる可能性があります。 というわけで、今回ご紹介した「薄毛の人は新型コロナに罹ると重症化しやすいのか?」という命題はそれを裏付ける報告が複数出ているものの、BCG仮説などと同様、まだ結論が出ていません。 また現時点では有効な治療的介入や予防法もないことから、薄毛であっても特別な対応は必要なく、普段からできる手洗い、屋内でのマスク着用、3密を避けるといった基本的な感染対策が重要であることに変わりはありません。

次の