ストロベリー プリンス フォーエバー。 <歌詞和訳>Strawberry Fields Forever

《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》

ストロベリー プリンス フォーエバー

サンキュー フォーエバー 「 永遠にありがとう」という意味です。 感謝の気持ちがいつまでも残るという意味でしょう。 元の英語は " Thank you forever"。 "Thank you forever" で検索すると次のような用例(聖書の一文)が見つかりました。 "I will thank you forever, because you have done it. (私はあなたに永遠に感謝しよう。 なぜならあなたはそれを為したのだから)" グッバイ フォーエバー 「 永遠にさよならだ」という意味でしょう。 原語は " Goodbye forever"。 ラブ フォーエバー 「ラブ フォーエバー」は " love forever" をカタカナで表記した言葉です。 意味は特定できません。 「 愛よ永遠に」かもしれませんし「 愛、ばんざい」かもしれませんし、"I love forever( 私は永遠に愛する)" を省略した表現かもしれません。 フォーエバー ラブ 「フォーエバー ラブ」は " forever love" をカタカナで表記した言葉で、「 永遠の愛」という意味でしょう。 "forever" には「永遠の」という形容詞としての意味はなく、伝統的な辞書は "forever" に「永遠の」という形容詞の意味を記載していません(「永遠の愛」と言いたければ "eternal love" や "everlasting love" などの表現がある)。 しかし、 によると、最近では「永遠の」という意味でも "forever" が使われるようになっています。 Wiktionary に記載される用例が 2009年と 2012年のものなので、"forever" が形容詞として使われだしたのはごく最近のことでしょう。 現状では "forever" に形容詞としての意味を認めない人のほうが多いかもしれません。 フォーエバー フレンズ 「フォーエバー フレンズ」は " forever friends" をカタカナにしたもので、「 永続的な友人」という意味です。 一時的な友人ではない、長期間の友人ということです。 この "forever" も 形容詞として使われています。 ストロベリー フィールズ フォーエバー 原語は " Strawberry fields forever"。 ビートルズの曲のタイトルですね。 これも意味がイマイチ掴めませんが、「イチゴ畑ばんざい!」という意味ではないでしょう。 「 イチゴ畑よ永遠に」あるいは「イチゴ畑は永遠なり」といったところではないでしょうか。 一説によると、「イチゴ畑(strawberry fields)」は、この曲の作詞者であるジョン・レノンの子供時代を象徴しています。 ベストフレンド フォーエバー " best friend forever" をカタカナで表記した言葉で、これ全体で1つの言葉(名詞)として扱われます。 "best-friend-forever" とハイフンでつないで表記されることもあります。 "best friend forever" は「 特に親密で信頼できる長年の友人」という意味です。 頭文字を取った " BFF" という略語で使われることもあります。 "BFF" の複数形は "BFFs"。 似たような言葉に "best friend for life(生涯の友人)" があり、こちらは "BFFL" と略されます。 "best friend" だけだと「親友」という意味です。 フォーエバー ヤング 「 永遠に若い」という意味です。 原語は " forever young"。 "forever young" は歌の歌詞では次のように使われます:• I want to be forever young. (ボクは永遠に若くありたい)• May you stay forever young. (あなたがいつまでも(永遠に)若くありますように).

次の

ストロベリーパフェのプロフィールで〜す(*^_^*)

ストロベリー プリンス フォーエバー

「」 B面• 「 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」• 「」 ミュージックビデオ - 「 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」(: Strawberry Fields Forever)は、の、の楽曲。 2月に「」との両A面シングルとして発売され、の期における傑作として評価されている。 名義となっているが、実質的にはの作った楽曲である。 レノンが幼少期に暮らしていた家の近くにあった救世軍の孤児院「」をモチーフに、同孤児院の庭園で遊んでいた幼少期の思い出をモチーフとしている。 1966年11月にレコーディングを開始し、スタジオで5週間に渡って異なる3つのバージョンを制作し、最終的にテンポやキー、使用される楽器の異なる2つのバージョンを繋ぎ合わせて完成した。 ビートルズがアルバム『』完成後に初めてレコーディングした楽曲で、アルバム『』の収録される予定だった。 しかし、レーベル側が新しいシングルを要求したことにより、同時期に制作されていた「ペニー・レイン」と共にシングルとして発売され、アルバムからは省かれた。 なお、アメリカではシングルで発売された後に、キャピトル編集盤『』に収録された。 1980年のレノンの死後、の内に作られたの記念碑は、本作にちなんで「」と名付けられた。 (2010年版)では76位 に、誌による「NMEが選ぶ、ビートルズ究極の名曲ベスト50」では1位に選出された。 にあるの門柱には、世界中から訪れたファンによって名前や文字が書き込まれている。 本作は、リヴァプール郊外にあるジョンが幼少期に暮らしていた家の近くにあったが運営する戦争「」をモチーフにしており、レノンは幼少期に友人であったらと共にストロベリー・フィールドにある樹木が生い茂った庭園で遊んでいた。 当時のレノンにとって愉しみの一つとなっていたのが、夏毎にストロベリー・フィールドの地所で開かれる庭園パーティーだった。 レノンの伯母ミミは、「 ()が演奏を始めるところを私たちが耳にすると、すぐにレノンは飛び上がって、『ミミ、行こうよ。 遅れてしまうよ』と叫んだものです」と回想した。 歌詞は映画『』の撮影期間に書かれた 歌詞については、「『』 の影響を受けているのではないか」と推測している。 また、本作と同時期にマッカートニーはリヴァプールにあるを題材とした「」を書いており 、本作と共に幼少期の思い出に浸る楽曲となっている。 なおモチーフとなったストロベリー・フィールドは、ビートルズ・ファンの訪問が絶えない場所であったが 、入居する孤児が減少したことと、孤児のためには孤児院よりも里親制度のほうが好ましいとの運営側の判断からに閉鎖された。 しかし、その後もビートルズのファンの訪問は絶えず、正門及び赤い鉄製のゲートは残されていた。 にゲートはリバプールにある「Beatles Experience centre」に保管されることとなり 、ゲートがレプリカに変更されたものの、に救世軍は新しい建物の建築資金のため「Nothing Is Real」というフレーズが書かれたTシャツやマグカップを販売して資金を集め始めた。 その後2018年8月に学習障害を持つ若者たちのための研修施設として運営が再開された。 レコーディング [ ] この曲のレコーディングは、アルバム『』のレコーディング・セッションの初日となる1966年に開始された。 ちなみに、このレコーディングは、にアルバム『』を完成させて以来初のレコーディング・セッションであり、に最後の米国ツアー終了後バンドとしては初の仕事ともなっている。 レコーディングはEMIスタジオ(現)で、4トラック・レコーダーを使用して行なわれた。 製作当初のタイトルは「It's Not Too Bad」。 本作のレコーディングは5週間に渡って行なわれ、制作時間は45時間を要した。 本作は3つの異なるバージョンが作成されており 、リリース版ではキーとテンポが異なる2つのバーションを組み合わせて完成させている。 ちなみに、本作と「」と「」は、『サージェント・ペパーズ』の初期のテーマである「幼年時代」をモチーフとしている作品である。 第1テイク [ ] 1966年11月24日のセッションでは、のキーボーディストであるマイク・ピンダーを通して入手した が導入された。 メロトロンはによって演奏され 、残りの3人はとが 、がという編成となっている。 第1テイクにおけるメロトロンは、リリース版でイントロからメインで使用されているのに対し、こちらでは伴奏で使用されているのみとなっている。 第1テイクでは、「Living is easy with eyes closed」というフレーズから始まり、そのままコーラス部分にはいかず第2ヴァースに繋がるという構成になっている。 レノンのは、「Strawberry Fields Forever」というフレーズから処理が施されていて、最後のヴァースの「Always, no sometimes」というフレーズがレノンとマッカートニーとハリスンの3声のハーモニーになっている。 後にこの第1テイクに対して、ハリスンによるをコーラス部分にオーバーダビングし 、メロトロンをギターにセッティングして演奏したもの を加えたが、このバージョンは即座に破棄された。 現在第1テイクは、3声のコーラスがカットされたものが『』()に 、コーラスが加えられたものが『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念スーパー・デラックス・エディション』に収録されている。 第7テイク [ ] に1回目のリメイクが行なわれた。 第2バージョンでは、イントロからマッカートニーによるメロトロンがフィーチャーされている。 ベーシック・トラックは第1テイクと似ているが、こちらではが加えられている。 この時点では第4テイクがベストとされており、オーバー・ダビングするためのトラックが十分にあったことから、レノンによるボーカルとマッカートニーによるが加えられた。 に新たに2テイク録音され、ボーカルとベース 、そして がオーバー・ダビングされた。 このテイクはミックスダウンされて第7テイクとされ、リリース版では冒頭から1分間だけ使用されている。 第26テイク [ ] 第2バージョンのレコーディング後、レノンはプロデューサーのに対し、「を加えた違うラインナップで録音し直したい」と要求 され、マーティンは4本のと3本ののスコアを書いた。 とに第2バージョンのベーシック・トラックが録音された。 なお、この第2バージョンでは従来のテイクよりも速いテンポで演奏されている。 リズムトラックはパーカッションを多く多用しており、マッカートニーとハリスンによるボンゴのほか、、、によって多数のパーカッションが加えられている。 また、スターは「」でハリスンが逆回転ギターソロを加えたように 、逆回転を加えた。 12月9日のセッション開始時に15テイク録音されたうちの2つのパートを組み合わせたものをミックスダウン。 第24テイクでは、エンディング部分でドラムとパーカッションが激しく演奏されている中で、レノンが「Calm down, Ringo」「Cranberry sauce」としゃべっている。 なお、このエンディング部分には逆回転させたピアノとフルートにセッティングされたメロトロンの音、ジョージによるもオーバー・ダビングされている。 にトランペットとチェロのオーバー・ダビングが行なわれ、ミックスダウンが施されて第26テイクとなった。 この第26テイクにジョンによるボーカル とコーダ部分にポールによるシタールの音色を彷彿させるギターソロがオーバーダビングされた。 にジョンによるボーカルが録り直され 、ピアノとが追加された。 リリース版 [ ] 第26テイクと第7テイクのアセテートを再生した後、レノンはマーティンに「元のシンプルなテイクも激しいテイクも気に入ったから 、両方を使いたい」と告げた。 それに対し、マーティンは「キーもテンポも違うから無理だ」と言うと 、レノンは「君ならできるよ。 」と返した。 、マーティンとレコーディング・エンジニアのは第7テイクと第26テイクのキーとテンポが異なる2つのテイクを繋ぎ合わせるという困難な作業を行なった。 エメリックは、可変速度コントロールで、第7テイクの速度を上げ、第26テイクの速度を下げることにより、キーと速度の違いを補正した。 2つのテイクの繋ぎ目は、2コーラス目の冒頭の歌詞、"Let me take you down, 'cause I'm going to"の、"I'm"と"going"の間 である。 なお、終盤のジョンの2回の言葉が"I buried Paul"(ポールを埋めた)と聞こえると話題になり、「ポール死亡説」を裏付ける一因とされたが 、ジョンによれば"Cranberry Sauce"()と言っているだけとのことだった。 実際『』収録のこの曲のアウト・テイクでもはっきりと2回"Cranberry Sauce"と言っているのが聴くことができる。 ステレオ・ヴァージョン [ ] 「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはオリジナル・フォームではリリースされなかった。 ただしアメリカでは11月にリリースされたアルバム『』ステレオ盤に収録された。 英国では4月リリースの『』が最初となる。 ただしアメリカで発売されていたものとはミキシングが異なっていた。 では8月にリリースされたアルバム『』に収録された。 シングル盤 [ ] 本作は「ペニー・レイン」との両A面シングルとして、米国では1967年にから 、英国ではにからリリースされた。 当時のイギリスでは、シングル盤はどのアーティストも同じ柄のレコード・スリーヴ(レコード盤を入れる紙製の袋。 レーベルの部分に穴が開いており、そこからどのレコードであるかを見分ける事ができる。 もちろんデザインは各レコード会社によって異なっている)だったが、このシングルでは、初めてビートルズのメンバーの写真を使ったオリジナル・スリーヴが使われた。 裏面には各メンバーの幼年期の写真が使われており 、当時のイギリスでは大きな話題となったがヒット・チャートの1位にはならなかった。 その時1位になっていたのはが発表した「リリース・ミー」である。 アメリカではB面扱いで、付ので最高位第8位を獲得 で、1967年年間ランキングは第92位。 誌では最高位10位 、年間ランキング100位以内には入らなかった。 アメリカでは100万枚以上のセールスを記録し、イギリスでは50万枚以上のセールスを記録している。 尚、1990年には、キャンディ・フリップのカヴァー・ヴァージョンがシングル・リリースされ、全英最高位第3位を記録している。 バリエーション [ ] に発売された『』には、これまで未発表となっていた1966年にレノンの自宅で録音されたデモ音源、テイク1、第7テイクに12月9日に録音されたコーダのドラムとパーカッションを繋ぎ合わせた3つのパターンが収録された。 に発売された『』には、さまざまなビートルズの楽曲やアウトテイクとマッシュアップした音源が収録された。 同作に収録のものは、が所有し提供したデモ音源を冒頭に置いて、第1テイク、第7テイクと第26テイクと繋ぎ合わせてあり、エンディング部分に「」の、「」のピアノソロ、「アイム・オンリー・スリーピング」の逆回転ギターソロ、「ペニー・レイン」のトランペットソロ、「」の、「」のコーラスが加えられている。 2015年に発売された映像作品集『』(『ザ・ビートルズ1』デラックス・エディションに付属)にミュージック・ビデオが収録された。 なお、音源はによって作成された2015年最新ステレオ・ミックスが使用されている。 この音源は、2017年に発売された『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション 』の2枚組とスーパー・デラックス・エディションに、厳選されたアウトテイクと共に収録された。 プロモーション・フィルム [ ] はで制作されており、当時としては珍しく演奏シーンの全くないもので、映像内では逆再生やモーションアニメーションなどが使用されている。 なお、レノンはこのミュージック・ビデオで初めて丸眼鏡を着用している。 撮影は1967年とにセブンノークスのノール・パークにて行われた。 同じ場所で「ペニー・レイン」の撮影も行われた。 パーソネル [ ] クレジットはによるもの。 ビートルズ• - 、、、(エンディング部分)• - メロトロン(テイク7)、、 、(エンディング部分)、、• - リードギター(テイク7)、、、ティンパニ、• - 、• 演奏者不明 - その他ミュージシャン• - 管楽器編曲• () - マラカス• トニー・フィッシャー -• グレッグ・ボーエン - トランペット• - トランペット• スタンリー・ロデリック - トランペット• ジョン・ホール -• () - チェロ• ノーマン・ジョーンズ - チェロ 収録アルバム [ ]• 『』 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• DeRogatis, Jim 2003. Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock. Milwaukee, WI: Hal Leonard. Doggett, Peter 2015. Electric Shock: From the Gramophone to the iPhone — 125 Years of Pop Music. London: The Bodley Head. 373. Philo, Simon 2015. Frith, Simon 1981. Available at subscription required. Carr, Roy; Tyler, Tony 1978. The Beatles: An Illustrated Record. London: Trewin Copplestone Publishing. 500 Greatest Songs of All Time. Penske Business Media 2011年4月7日. 2020年5月31日閲覧。 BandLab UK Limited.. 2020年5月31日閲覧。 2000. The Beatles Anthology. San Francisco, CA: Chronicle Books. 237. 2005. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties 2nd rev. edn. Chicago, IL: Chicago Review Press. 216. Mersey Beat 2006年. 2016年3月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年4月24日閲覧。 ハンター・デイヴィス『増補完全版 ビートルズ』上巻、小笠原 豊樹、中田 耕治(訳)、、2010年。 ハンター・デイヴィス『増補完全版 ビートルズ』下巻、小笠原 豊樹、中田 耕治(訳)、、2010年。 2000. The Beatles Anthology. San Francisco, CA: Chronicle Books. 231. 1997. Paul McCartney: Many Years From Now. Everett, Walter 1999. The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. Lewisohn, Mark 1992. The Complete Beatles Chronicle. New York, NY: Harmony Books. 235. BBC News staff 2011年5月10日. 2019年5月11日閲覧。 Telegraph staff 2005年1月13日. 2019年5月11日閲覧。 2019年5月12日閲覧。 ニューズウィーク日本版 株式会社CCCメディアハウス. 2018年8月7日. 2019年5月12日閲覧。 1999. The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. 2019年5月11日閲覧。 Fontenot, Robert. 2015年4月4日時点のよりアーカイブ。 2019年5月11日閲覧。 2005 [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962—1970. London: Bounty Books. Rodriguez, Robert 2012. Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll. Milwaukee, WI: Backbeat Books. 192• Everett, Walter 1999. The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. 76, 78-79. MacDonald, Ian 2005. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties 2nd rev. edn. Chicago, IL: Chicago Review Press. 215. Gould, Jonathan 2007. Can't Buy Me Love: The Beatles, Britain, and America. New York: Harmony Books. Dunn, Brian. 2007年6月20日時点のよりアーカイブ。 2019年5月11日閲覧。 Babuik, Andy 2002. Beatles Gear: All the Fab Four's Instruments, from Stage to Studio. Milwaukee, WI: Backbeat Books. 164-65. The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. Kozinn, Allan 1995. The Beatles. London: Phaidon. 148. thebeatles. com 2017年4月. 2019年5月11日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク株式会社 2017年4月6日. 2019年5月11日閲覧。 The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962—1970. London: Bounty Books. Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. 71, 72. Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962—1970. London: Bounty Books. San Francisco, CA: Backbeat Books. 157. Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962—1970. London: Bounty Books. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties 2nd rev. edn. Chicago, IL: Chicago Review Press. 219. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962—1970. London: Bounty Books. Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll. Milwaukee, WI: Backbeat Books. 194• Unterberger, Richie 2006. San Francisco, CA: Backbeat Books. 157-58. Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. 75-76. ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 35ページ• Cunningham, Mark 1998. Good Vibrations: A History of Record Production. London: Sanctuary. 147-48. 1969年. Digital. library. unt. edu. 2019年5月11日閲覧。 Cunningham, Mark 1998. Good Vibrations: A History of Record Production. London: Sanctuary. 148. Can't Buy Me Love: The Beatles, Britain, and America. New York: Harmony Books. Womack, Kenneth 2014. The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. 875. Unterberger, Richie 2006. San Francisco, CA: Backbeat Books. 157. Castleman, Harry; Podrazik, Walter J. 1976. All Together Now: The First Complete Beatles Discography 1961—1975. New York, NY: Ballantine Books. 61-62. Miles, Barry 2001. The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. 257. Rodriguez, Robert 2012. Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll. Milwaukee, WI: Backbeat Books. 199• Womack, Kenneth 2014. The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. 694, 723-24. Rodriguez, Robert 2012. Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll. Milwaukee, WI: Backbeat Books. 198-99• Philo, Simon 2015. 162. cashboxmagazine. com. 2012年9月5日時点のよりアーカイブ。 2019年10月5日閲覧。 Badman, Keith 2001. The Beatles Diary Volume 2: After the Break-Up 1970—2001. London: Omnibus Press. 553. PopMatters 2006年12月15日. 2019年5月11日閲覧。 Wawzenek, Bryan 2017年3月12日. 2019年5月11日閲覧。 Miles, Barry 2001. The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. 255. Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. Miles, Barry 2001. The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. 255-256. MacDonald, Ian 2005. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties 2nd rev. edn. Chicago, IL: Chicago Review Press. 212-20. Guesdon, Jean-Michel; Margotin, Philippe 2013. All the Songs: The Story Behind Every Beatles Release. Everett, Walter 1999. The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. 関連項目 [ ]• () - 到着前と発車直後の車内放送で、名産のイチゴに因み同曲をアレンジしたチャイムが鳴らされる.

次の

ストロベリー・フィールズ・フォーエバー

ストロベリー プリンス フォーエバー

Contents• そして、そのすとぷりのファンのことを「 すとぷりすなー」といいます。 すとぷりは、リーダーの ななもりを中心に歌い手・ツイキャス主8人で構成されています。 結成日は2016年6月4日です。 顔出しはしていませんが、メンバーそれぞれにイメージイラストやイメージカラーをつけています。 メンバーそれぞれの顔が最も推測できるのは、この写真でしょうか・・・ 活動は主に、リアルでのライブイベント、公式のグッズ販売、ニコニコ動画やツイキャスへの動画投稿・生放送です。 通販でパーカーやチョーカーが売りに出されたときは、なんと30秒で完売するほどだったので、めちゃくちゃ人気があることが分かりますよね。 それでは、そんな現在絶好調のすとぷりのメンバーについて、紹介していきたいと思います。 すとぷりのメンバー紹介 すとぷりのメンバーと、それぞれのプロフィールも紹介していきます! ツイッターのフォロワー数などで推定した、メンバーの人気順で紹介していきます! ななもり(リーダー) 【関連記事】(さらに詳しくななもりについて知りたい方はこちら) 年齢:22歳 誕生日:6月23日 イメージカラー:赤 ななもりはすとぷりの発起人にして、リーダーです。 ファンからの人気も一番高いのがこのななもり。 イケボの持ち主で、年齢的にもすとぷりの中では年長組です。 最近ではキャスの芸風が変わってきましたが、昔はかなりの煽り・炎上系配信者でした。 詳しくは関連記事で紹介していますが・・・ sponsored link ころん 【関連記事】(さらに詳しくころんについて知りたい方はこちら) 年齢:20歳 誕生日:1996年5月29日 イメージカラー:青・水色 現在大学生の人気歌い手です。 主にニコニコ動画で活動していましたが、ななもりに声をかけられて すとぷりに加入しました。 「ななもりの弟」という体でゲーム実況の動画を出したりもしています。 関連記事で紹介していますがころんはお母さんととても仲がよく、LINEのやりとりの件は思わず笑ってしまいましたww かんなちゃろ 【関連記事】(さらに詳しくかんなちゃろについて知りたい方はこちら) 年齢:20歳 誕生日:2月15日 身長:167センチ イメージカラー:緑 かんなちゃろのファンは かんなっ仔と呼ばれ、すとぷりファンの中で 特段濃いとも言われています。 一方でアンチも強烈なのが付いている気がします・・・ かんなちゃろもころんと同じく現在大学生で、主に歌ってみた活動をしています。 るぅと 【関連記事】(さらに詳しくななもりについて知りたい方はこちら) 年齢:18歳 誕生日:10月25日 イメージカラー:黄色 すとぷりのメンバーの中でも、特にアイドル色の強いのがるぅとです。 中性的な声とイケメンヘアーの持ち主で、ファンからは「かわいい!」の声が絶えません。 笑 関連記事で紹介していますが、実は過去に顔出しした瞬間があります。 気になる方はそちらも読んでみてください。 sponsored link さとみ 年齢:24歳 誕生日:2月24日 イメージカラー:ピンク さとみは24歳と、すとぷりの中では年長のメンバーです。 他のメンバーとは少し毛色が違っていて、歌ってみただけではなく「演じてみた」というアフレコ動画なども積極的に配信しています。 そして、メンバーの中で一番積極的に顔出しをしているのもさとみです。 画像はこちら。 目元しか見えてないけど、イケメンなのは一瞬でわかりますね! 莉犬(りいぬ) 【関連記事】(さらに詳しく莉犬について知りたい方はこちら) 年齢:18歳 誕生日:5月24日 イメージカラー:赤・黒 すとぷりのメンバーの中で最も身長が小さいのが莉犬です。 なんと身長は149. 8センチ。 かわいいですね。 すとぷりメンバーの中でも、特に人気急上昇中なのが莉犬です。 メンバーによってアップされた写真でも、まるで子犬のようだと言われています。 笑 関連記事でも詳しく紹介していますが、莉犬に関してはいろいろな噂があります。 噂でしかないのに、ネット上にはまるで確定事項のように話す人も多く、噂ってこわいなあーと思いました。 人気も高いですが、アンチも多い感じですね。 sponsored link ジェル 年齢:20歳 誕生日:7月28日 イメージカラー:紫 【関連記事】(さらに詳しくジェルについて知りたい方はこちら) ジェルは20歳で、すとぷりメンバーの中では、ファンの年齢がやや高めな感じです。 ジェルは歌ってみたも出していますが、いちばん人気なのは立体音響録音のささやきボイスです。 特殊な録音技術で、耳元で話しているように聞こえる音声を出しています。 管理人は初めて聞いた時、リアルすぎてぞわぞわってしてそれ以上聴けませんでした。 笑 そういえば紫って欲求不満の色らしいですが、ジェルのイメージカラーにぴったりかもしれませんね。 しゆん 【関連記事】(さらに詳しくしゆんについて知りたい方はこちら) 年齢:22歳 誕生日:9月28日 イメージカラー:白 人気順で並べたらしゆんが一番最後になってしまいました・・・しゆんファンの方すみません。 とは言っても、単純に日常アカとすとぷりアカでフォロワーが分散してしまっただけかもしれません。 2017年に新社会人になる歌い手で、すとぷりを脱退してしまった けちゃっぷととても仲が良かったのがしゆんでした。 sponsored link すとぷりを脱退したメンバーについて すとぷりは、結成から約7ヶ月の間で2名のメンバー脱退がありました。 一人目は立ち上げメンバーの一人の けちゃっぷ。 けちゃっぷは人気歌い手として活動していましたが、リアルの社会人としての仕事が忙しく、ネット活動の時間が取れずにすとぷり脱退・引退してしまいました。 脱退時のコメントを見てとれるように、円満な関係のまま脱退ができたことは非常に良かったですね。 二人目の脱退者は、ゆうくという20歳の歌い手です。 以前、すとぷりはメンバー募集の公開オーディションを開催したのですが、その時にメンバー加入を勝ち取ったのがゆうくでした。 しかし、ゆうくはすとぷり加入後たった3ヶ月で脱退してしまいます。 ゆうく脱退の理由については様々な憶測がされています。 特に言われているのは、この2つの説です。 すとぷりのメンバーに馴染めなかった 2. ゆうくにはもともと固有ファンが付いていたため、すとぷりとして活動するメリットが無かった。 ゆうく本人は「方向性の違い」という説明をしていますけどね。 すとぷり結成の理由は? すとぷり所属のメンバーを過去所属含め10名紹介してきました。 しかし、そもそもすとぷりはどうして結成されたのでしょうか? その答えは、単純にメンバー個々の知名度と人気アップのためと言えそうです。 現に、すとぷりの結成無くして、ライブにあれだけ大勢のファンが駆けつけることはなかったでしょう。 個々のメンバーのファンが100人だったとしても、そのメンバーが8人でグループを組めば800人のイベントを開催することができます。 そういった思惑もあり、ななもりはすとぷりを結成したのではないでしょうか。 リーダーのななもりは学校卒業後、配信専業でやっていくという噂もあったりしますしね。 sponsored link すとぷりのオーディションについて ゆうくの紹介のときにも少し触れましたが、すとぷりは新メンバー募集のオーディションを開催していました。 その様子はYoutubeで現在も見ることができます。 結果的にゆうくが3ヶ月で脱退してしまったため、今後の開催は予定されていません。 しかし学生メンバーの卒業・就職等に伴い脱退者が出た場合、今後オーディションが再び開かれるというのは十分ありえる話ですよね! 公開オーディションは非常におもしろい取り組みだと思うので、今後もぜひ開催してほしいなあと思います。 すとぷりのアンチと雑談たぬきの反応 すとぷりには一定数のアンチが存在します。 顔出しをほとんどしないのにアイドル視されている点や、ぶりっ子的な売り方が気に食わない層から雑談たぬきなどのアンチ掲示板を中心に日々叩かれています。 アンチという存在の発生は、ネットの人気配信者たちであれば避けて通れません。 例えどんなイケメンでも美人でも、ヒカキンのような有名人にすら存在しています。 一点だけ心配なのは、今後すとぷりが何らかの炎上ネタを提供してしまった場合、数多く存在するアンチに噛みつかれ大炎上をする可能性があることです。 特に、過去にななもりは凸放送や喧嘩放送など、炎上芸や煽りをなりわいとしていました。 しかし、そういった配信スタイルは、すとぷりのようなアイドルグループのイメージとしてはそぐわない感じがします。 今後、ぜひアンチによる炎上には気をつけていただきたいですね! 以上、すとぷりメンバーの顔や年齢情報まとめや、誕生日についての情報の紹介でした! 【関連記事】 【関連記事】 【関連記事】 【関連記事】.

次の