クエン酸 効果なし。 クエン酸の疲労軽減効果、国の研究所が否定…「有効性のデータない」

「クエン酸は効果なし」は嘘です。疲労回復やあらゆるメリットあり

クエン酸 効果なし

「Thinkstock」より みかんやレモンなどのかんきつ類に多く含まれる クエン酸は、一般に「疲れをとる」といわれています。 そのため、みかんを多く食べるようにしたり、クエン酸を含む飲料を飲んだり、あるいはクエン酸そのものを摂取したりしている人もいるでしょう。 しかし、本当にクエン酸には疲れをとる効果があるのでしょうか。 人間の体内では、エネルギーを発生する代謝経路のひとつにクエン酸回路があり、これはクエン酸が重要な役割を果たしています。 また、クエン酸は、運動後や ストレスなどによって蓄積されていく疲労物質の乳酸を分解するといわれています。 そのため、「クエン酸を摂ると疲れがとれる」という通説が広まったようです。 最近では、「疲労感軽減」をうたったクエン酸入りの機能性表示食品も売り出されています。 クエン酸に疲労回復効果は望めない? しかし、 国立健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」には、このように書かれています。 「 クエン酸は 俗に、『疲労回復に良い』『筋肉や神経の疲労予防によい』『ダイエット効果がある』『痛風に効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性については、信頼できる十分なデータが見当たらない」 これが事実だとすると、いくらクエン酸を摂っても無駄ということになります。 一方で、クエン酸が疲労感を軽減するという研究もあります。 そのひとつは、医学専門誌「薬理と治療」(vol. 35 no. 7)に掲載された「『レモンクエン酸配合飲料』の疲労を感じやすい健常者における抗疲労作用」という文献です。 ちなみにこの文献は、ある食品企業が国内および海外の文献テータベースを検索し、見つけ出したものです。 この研究は、大阪市立大学の研究者を中心としたグループが行ったものです。 有償ボランティア男女24名を対象とし、対象者を2つのグループに分けて、それぞれのグループにレモンクエン酸2700mgを配合したレモン果汁飲料100ml 被験食 およびレモンクエン酸を配合していない果汁飲料100ml プラセボ を1日1回・8日間飲んでもらい、さらに被験食とプラセボを逆にしてそれぞれのグループに8日間飲んでもらったうえ、疲労感や血液、尿などを調べたというものです。 なお、これらはすべてダブルブラインド 二重盲検 で行われました。

次の

クエン酸の効果・効能8選【疲労回復や体臭改善】摂取量と飲み方も解説

クエン酸 効果なし

ミカンやレモン、グレープフルーツといった柑橘系フルーツや梅干しを食べると、酸っぱさを感じますよね。 これがクエン酸の成分。 つまりクエン酸とは、 柑橘類や梅干しなどに含まれる「酸味成分」です。 クエン酸は、身体に欠かせないミネラルを体内に吸収しやすい形に変える作用(キレート作用)があります。 ミネラルは生きていくために必要で、美容や健康にも必要不可欠な栄養素です。 そのほか、摂取した食べ物をエネルギーへと変換するのに欠かせない成分であるほか、飲料や洗顔剤、入浴剤などに多く利用されています。 また、汚れ落としに効くとして、掃除・洗濯用洗剤などにも用いられています。 幅広いシーンで活躍している汎用性の高い成分なのです。 まず、ここでの注意すべき点がひとつ。 尿酸値に対しての期待は「クエン酸」そのものではありません。 クエン酸ナトリウム、クエン酸カリウムという化合物になります。 クエン酸ナトリウム、クエン酸カリウムは体内のクエン酸回路というところで重炭酸塩となり、これが尿をアルカリ性に近づけることで尿酸の排泄を促進させることが期待できます。 通常、尿は弱酸性の状態にあるのですが、尿が酸性に傾いている状態だと尿酸が尿に溶けにくく、よって排尿による尿酸排出がうまくいきません。 結果、尿酸値が上がるとともに、溶けない尿酸が関節液で結晶化してしまうことで痛風が発症してしまいます。 つまり、 尿酸を効率的に体外へ排出するには、尿をアルカリ性に近付ける必要があるのです。 そこで役に立つのが、クエン酸ナトリウムやクエン酸カリウムといった成分。 尿をアルカリ性に近付ける働きを持っているため、尿酸が尿に溶けやすくなり排泄を促します。 この作用によって尿酸値上昇を防いでくれるわけです。

次の

酢の健康効果とは?飲み過ぎのデメリットと注意点をご紹介

クエン酸 効果なし

「Thinkstock」より みかんやレモンなどのかんきつ類に多く含まれる クエン酸は、一般に「疲れをとる」といわれています。 そのため、みかんを多く食べるようにしたり、クエン酸を含む飲料を飲んだり、あるいはクエン酸そのものを摂取したりしている人もいるでしょう。 しかし、本当にクエン酸には疲れをとる効果があるのでしょうか。 人間の体内では、エネルギーを発生する代謝経路のひとつにクエン酸回路があり、これはクエン酸が重要な役割を果たしています。 また、クエン酸は、運動後や ストレスなどによって蓄積されていく疲労物質の乳酸を分解するといわれています。 そのため、「クエン酸を摂ると疲れがとれる」という通説が広まったようです。 最近では、「疲労感軽減」をうたったクエン酸入りの機能性表示食品も売り出されています。 クエン酸に疲労回復効果は望めない? しかし、 国立健康・栄養研究所の「『健康食品』の安全性・有効性情報」には、このように書かれています。 「 クエン酸は 俗に、『疲労回復に良い』『筋肉や神経の疲労予防によい』『ダイエット効果がある』『痛風に効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性については、信頼できる十分なデータが見当たらない」 これが事実だとすると、いくらクエン酸を摂っても無駄ということになります。 一方で、クエン酸が疲労感を軽減するという研究もあります。 そのひとつは、医学専門誌「薬理と治療」(vol. 35 no. 7)に掲載された「『レモンクエン酸配合飲料』の疲労を感じやすい健常者における抗疲労作用」という文献です。 ちなみにこの文献は、ある食品企業が国内および海外の文献テータベースを検索し、見つけ出したものです。 この研究は、大阪市立大学の研究者を中心としたグループが行ったものです。 有償ボランティア男女24名を対象とし、対象者を2つのグループに分けて、それぞれのグループにレモンクエン酸2700mgを配合したレモン果汁飲料100ml 被験食 およびレモンクエン酸を配合していない果汁飲料100ml プラセボ を1日1回・8日間飲んでもらい、さらに被験食とプラセボを逆にしてそれぞれのグループに8日間飲んでもらったうえ、疲労感や血液、尿などを調べたというものです。 なお、これらはすべてダブルブラインド 二重盲検 で行われました。

次の