ラトビア 神道。 歴史民俗資料学研究科講演会

スピリチュアル好きは必見! 帯の文様から自分の守り神を探す、ラトビアの占いとは?|海外旅行情報 エイビーロード

ラトビア 神道

先ほど記事の重複内容との指摘を受けている。 ディエヴトゥリーバの記事で元々、引用されている二件の参考文献からして、自然発生的宗教であるラトビア神道とは違う、あたかも創始宗教かのようなのイメージが与えられ、ラトビア神道の中興の祖であるエルネスツ・ブラスティンシュをゼロからの創始者として、それがあたかも新興宗教かのように描かれている問題点が挙げられる。 其々の狭義用語である国家神道、神社神道、教派神道、制度化されていない民俗神道を全て包括する広義用語「日本神道」と同様である。 この記事の内容を狭義用語ディエヴトゥリーバの記事の中に組み込んでしまえば、本末転倒と歪んだ印象が与えられる恐れがある。 従って、ラトビア神道の記事内容を分離統合することなく独立記事として現状維持することを提案する。 --() 2019年1月29日 火 23:41 UTC• まず、記事についての質問ですが、出典の「ウギス・ナステビッチ 2019年. 次の節の出典となっている「今智子 2017年. Discover Japan 69: 89-95. 」ですが、 Discover Japan の69号の該当ページは日本の孤島の特集ページであり、ラトビアの民間信仰とは特に関係ありませんでした。 単なる誤りであれば出典を付けなおすか同名の資料なのであれば、判るようにしてください。 その次に「ラトビア神道20%」としている情報の出典は旅行会社のブログであり、出典には不適当であり信頼できません。 YouTubeの動画が出典とされていますが、これは日本語で解説されているものではなく、「スカンダワ神社(Skandava)」という訳語がどこから出てきたのか不明です。 文献のほうは最初で述べた通りです。 「Latvijas Dievturu sadraudze」のサイトオーナーがウギス・ナステビッチなのが気になっているのですが、日本語で「ラトビア神道本庁」と主張する宗教団体と密接な関係があるのでしょうか。 (おそらくラトビア神道という日本語を考え出したのもナステビッチであろうなあと思うのですが…) 一般的に「ディエヴトゥリーバ」として知られている信仰活動の中に「ラトビア神道」という団体があるのではないかと考えています。 作家の河添恵子『日本とラトビアを結ぶ「神道」』に「新潮45 431」とありましたので、当該の「新潮45 2018年3月号」を確認しました。 ナステビッチへのインタビュー記事であるpp. 110-117のうち、ラトビア神道について触れられているのはpp. 115-116の箇所でした。 これを読むと「ラトビアは古来から「ラトビア神道」と呼ばれる、自然崇拝に基づく多神教信仰だった」とあります。 現在のように単に民間信仰として説明するのであれば統合したほうが良いと考えますが、ナステビッチが関連するラトビア民間信仰を基にした宗教団体や制度化した「ラトビア神道」ないし「ラトビア神道本庁」の記事としてなら多少は理解できるので、冒頭の定義で宗教法人ないし宗教団体とするのであれば、独立した記事としても良いかもしれません。 --() 2019年1月30日 水 12:20 UTC• ご質問ありがとうございます。 同論文でも「Latvijas Dievturu sadraudze」公式ホームページ でも「ラトビア神道本庁」が日本語における公式名称として採用され、明記されています。 二)今智子著の記事が69号ではなくその次の70号にあることを改めて確認して、番号の誤りだったので、ご指摘のとおり更新すべき点です。 三)スカンダワ神社(Skandava)に関しては、該当文章の引用元のもう一つとしてある前述の論文でも でも記述があります。 「Latvijas Dievturu sadraudze」のサイトオーナーは宗教法人であり、個人ではありません。 「ラトビア+神道」からなる複合語の由来につき諸説があるようですが、ラトビア人の民族宗教の名称の定訳として、(ネット上では少なくとも2010年から、例えば: )、永らく定着し通用されているものです。 四)431号もその他の号もこちらでは通巻の表記であり、ご指摘のとおり2018年3月に当たるものです。 --() 2019年1月30日 水 18:10 UTC ご回答有難うございます。 以下、確認した内容です。 29』 p. 1402 のウギス・ナステビッチ『ラトビア神道とは』を確認しました()。 そこでナステビッチは「「ラトビア神道」とも称されるDievtriba(ディエヴトゥリーバ)は、…」と明確に述べています。 それに続く内容は「ラトビア神道」=ディエヴトゥリーバとしたうえでの解説でしょう。 『Discover Japan 70 2017年8月号 』 pp. 89-95 でウギス・ナステビッチ監修(文=編集部となっています。 今智子名義は見当たりませんでした)による「ラトビア神道」を紹介する記事を確認しました。 ちょっと気になったのですが、ナステビッチ以外にディエヴトゥリーバをラトビア神道と言い換える例はあるのでしょうか。 とはいえ、雑誌記事を2つ確認しましたので、ディエヴトリーバの訳例として「ラトビア神道」があることは納得しました。 「ラトビア神道本庁」についてはその詳細が(公式サイトがblogspotなのも??となっていることもあり 不明なのですが、単独で立項できるほどの特筆性はないように思えます(二次資料が明らかになればその限りではありません)。 (訳語を考えたであろう)ナステビッチ自身がラトビア神道をディエヴトゥリーバの別名としておりますし、ディエヴトゥリーバと統合した上で、記事名を改名するか併記とするか議論した方が良いのではないでしょうか。 私はラトビア語がわからないので翻訳や辞書に頼っていますが、この記事とWikidataでリンクしているでは(不正確な訳でしょうが)概ね次のように書かれています。 (中略)1930年代終盤、ラトビア社会ではこの概念の理解と整理が進められ、国家の成長の要素の一つとして統一され、ラトビア文化に関わる職業人や学者がラトビア文化史や民族芸術、工芸品や詩文、音楽の研究を行った。 宗教に加えて、詩歌や古典や工芸品をひっくるめて「ラトビア神道」としてしまうのは少々強引ではないでしょうか。 --() 2019年2月25日 月 07:50 UTC Unfortunately I do not speak Japanese, but I will try to respond based on the things I was able to understand with Google Translate. Also it is not a good style to use other Wikipedia pages as references. I cannot directly comment on the parts that are in Japanese, but the aforementioned mix-up makes me suspect that it also might not completely accurate. —() 2019年2月25日 月 19:09 UTC 返信 Im not sure you caught my japanese comment. but now its not. Of course I would not like to use another wikipedia page as references. You changed this page and used Latvian page as a source on history comment. I explained the difference between the japanese article and the Latvian article. It was the comment the reason for reverting. --() 2019年2月26日 火 01:29 UTC 横から失礼します。 日本語版のを最初に翻訳した者です。 ディエヴトゥリーバというのはあえて(当事者の意図を無視して)意訳するなら「ラトビア神道復興運動」とでもいうようなもので、宗教そのものとは別物を指すものではないでしょうか。 その意味では両者を分離するべきというのは正しいでしょう。 ただ、もしそうするならディエヴトゥリーバの宗教面の内容を完全に削ってこちらに移さなければいけません。 結局のところ、現代の「ラトビア神道」はディエヴトゥリーバ運動の支持者の主張以外にソースがあるわけでもありません。 だからラトビア語版を除くほとんどの言語版では「ディエヴトゥリーバ」に情報を集約し、に対応するページは作ってこなかったのでしょう。 これが世界的な「ディエヴトゥリーバ」と「ラトビア神道」に対する認識ではないでしょうか。 ところで、以前Strangesnowさんが提起しているように、私も「ラトビア神道」という訳語に疑問を持っていました。 そこにTuraidsさんがコメントしてくれたおかげで、その疑念の原因が分かったような気がします。 日本の「神道」は他との境目が曖昧であるとはいえ一つの宗教グループであり、必ずしも「日本古来の信仰」と同義ではないと思うのです(「日本神道」という言葉は「日本の神道という宗教」という意味であって「世界中にある神道のうち日本にあるもの」という意味はありません)。 ですから「ラトビアの民族宗教」を「ラトビアの神道」と呼ぶのは奇妙ですし、「八百万の神」「氏子会」「神社本庁」といった神道用語をそのまま用いるのも違和感があるのです。 比較宗教学的には面白い試みですが、当事者たちがわざわざその語を選んだ例がない以上、あまりよろしいことではないと思います。 Excuse me for cutting in. I'm the first editor of. Thus I don't oppose dividing those two articles, but we should remove religious description from to. By the way, I have my doubts about the word "Latvian Shinto" ラトビア神道 as Strangesnow said above and I might found the cause of the question in Turaids's comment. First of all, Shinto means just one religious group in Japan, so it isn't always the synonym of "Japanese traditional faith". Though there is a word "Japanese Shinto" 日本神道 , it means "a religion, which is believed in Japan" so the understanding "Shinto means whole traditional animistic religion type, so Latvian Shinto should exists as Japanese Shinto" is incorrect. --() 2019年2月26日 火 02:04 UTC コメント McYataさん。 コメントありがとうございます。 McYataさんの意図としては、という活動のなかで復興されたのが「ラトビア神道」と呼ばれる復古宗教という意味で受け取りましたが、合っていますか?ただ、民族宗教復古運動で復興されたのか「ラトビア神道」 だけならばやはり2者が分離しているのは不自然じゃないかなあと思っています。 McYataさんの仰るとおり、統合しないとしても整理が必要なのは間違いないでしょう。 ラトビア以外の近隣で「ディエヴトゥリーバ」と呼ばれる神道ないし宗教が復古していないなら(そもそもラトビアにしか存在しなかった民族宗教なのかもしれませんが)、やはりそれは「ラトビア神道」ではなく「ディエヴトゥリーバ」として民族宗教を説明するのが適当ではないかなと思うのですが・・・・・・。 まず歴史上の前提として「キリスト教化以前のラトビアに何かしら別の信仰があった」ことは事実だと思います。 その時には神殿や独自の神々がいたのでしょうし、実際にそれが信仰されていたのでしょう。 しかしそれがキリスト教などと対等な「宗教」であるという認識は後世作られたものです。 この点では確かに日本の「神道」とは似た概念と経緯を持つ語なのだと理解しています。 ただ日本の神道と決定的に違うのは、ラトビアの信仰は中世のキリスト教化でいったん息絶えてしまっているという点です(当記事を執筆された方には受け入れがたい説かとは思いますが)。 )はっきり言って、両者を区別するか否かは「ディエヴトゥリーバ」の正統性を認めるかどうか、「ディエヴトゥリーバ」の主張を全面的に受け入れるかどうかという根本的な宗教議論にかかっていて、日本にいる我々部外者の手に負えない問題ではないんじゃないかと思うのです。 特に、ディエヴトゥリーバと関係が深そうな方が日本語版にいらっしゃってる現状では・・・--() 2019年2月26日 火 15:32 UTC 返信 何となくですが理解できてきました。 ありがとうございます。 主題についての資料が少なく、日本語の資料が有ってもほぼウギス・ナステビッチに関連するものばかりなので少々諦めかけていますが、気長に資料を探してみたいと思います。 --() 2019年2月27日 水 00:54 UTC.

次の

今注目のバルト三国 、素朴な美しさを残すラトビアの魅力5つ

ラトビア 神道

ラトビアは、美しい北欧の国のバルト3国の一つです。 日本と同じ自然を崇拝する神道の国でもあります。 古来から、自然を神様とし、信仰の対象とし、井戸やかまどといった様々な物体に女性の神様の存在を見出してきたそうです。 神様は、文様化されて、衣装や帯などにも文様として織られています。 文字を持たなかった古代のラトビアの人達は、その文様や歌で、ラトビア神道の物語や意味を今まで伝えてきたそうです。 自然の神々を模様にして織り込んだものが、民族衣装の帯につかわれています。 その名前は、リエルワール帯といいます。 ラトビアの伝統的衣装は、地域や村によって色の組み合わせや手法、着方などが、異なっています。 帯には、白いリネンと赤いウールを使われていて、一人一人守り神が違うので、一人一人模様が違います。 特別な日に、その守り神を知るための儀式を2人一組で行います。 リエルワール帯の両端を2人に、持ってもらい、一人 守り神を知りたい人 は、目をつぶって帯の上に手をかざしながら歩きます。 歩いていると、手が少し暖かい温もりを感じる場所があるそうです。 それが、自分の守り神で、暖かく感じたら、人に伝えてそれを身につける帯にしてもらいます。 織られるのは、その人の神様なので、この帯を織る人も織る時に、感謝や幸運などいろいろな思いを込めながら織るそうです。 この頃、北欧セレクトショップなどで、よく見るようになった、藁に糸を通して作られた三角が重なったオーナメント、プズリス。 三角形は、Dievsという神様の印で、接面を中心に地下、地上、天空、過去、未来という意味が込まれています。 4つの面の四角は、東西南北、季節の意味も込まれ、それぞれのパーツは、1つの細胞であり一個人を表していて、小さな細胞から成り立っているこの世界を表しています。 細胞から作られるのが、宇宙。 個人が家族を形成し、親戚を形成し、人の輪が広がっていくことを表しているそうです。 正八面体を作るのに十二本の麦わらを使うことから、一つのパートが十二ヶ月を意味するなど、地域によって、異なった意味や物語があります。 冬至祭やイースターなどのお祭りに合わせて作られますが、特別な日でなくても、お部屋の中や赤ちゃんのベットの上についていたりします。 新生児には、ニンニクを入れて送られることもあるそうです。 ラトビアに恋をした日は、森の中で冠を被った子ども達が、走りまわっているところを見たときでした。 女性は、花で作った冠、男性は、葉で作った冠を被ります。 樫は、男性の象徴、菩提樹は、女性の象徴とされていることもあり、男性は、樫の葉の冠をしていることが多い。 円形に作る冠は、太陽やそのエネルギーを受け取ることを意味している。 夏至祭で使った冠は1年間御守りとして家に飾り、翌年の夏至祭で焚火に投げ入れて燃やします。 ラトビア神道について、まだまだ知らないことがたくさんありますが、日本と共通する感覚や考えも絶対に、あると思います。 ラトビア神道について、まだまだ知らないことがたくさんありますが、日本と共通する感覚や考えも絶対に、あると思います。 また次に、ラトビアへ行けることを楽しみにしながら、もう少し勉強してみます。

次の

<お知らせ>経済学部チャペル「キリスト教とラトビア神道の共存」[6//15]

ラトビア 神道

古くからの伝統 ラトビア神道には独自の紋様があります。 文様は信者を守り、力や美を与えるとされています。 一方、民謡やおとぎ話、伝統は昔の生活を描いています。 その慣習の最たるものは夏至祭、2月に行われるメテニ祭、そして春分祭に行う卵の絵付けなどです。 ラトビアの歴史、伝統的な儀式や工芸品について学ぶ絶好の場所は、リガ郊外にあるラトビア民俗野外博物館です。 別名歌の民とも呼ばれるラトビア人。 その歌に対する情熱に触れるのなら、5年に1度開催される、「ラトビア歌と踊りのフェスティバル」(無形文化遺産)がお勧めです。 そこでは最高の合唱と、息をのむようなフォークダンスを鑑賞することができます。 マーケット 夏至祭、クリスマス、その他のお祭りに先立ち、ラトビア各地では毎年ハンドクラフト・フェアが行われます。 そこでは伝統工芸(ハンドクラフト)のワークショップが行われ、織物、陶芸、カゴ編み、ジュエリー作り、木彫りなどの職人が集まります。 このような昔からの伝統工芸品作りを自分の手で体験することができます。 民族と文化のフェスティバル 3年に1度、国際バルト民族フェスティバル、「バルティカ」が開催されます。 フェスティバルではラトビアやその近隣諸国の古代の慣習や儀式を感じることができます。 昔からの伝統が現在の形になったものは、「バルティヤス・サウレ」(バルトの太陽)の祭りで見ることができます。 この祭りは1236年に起きたサウレ(太陽)の戦いに捧げられます。 毎年リガで開催され、本格的な衣装での剣闘から民族ロックコンサートまで、様々な催物が行われます。

次の