ひぐらし ライト ミドル。 Pひぐらしのなく頃に~廻~219ver.|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 感想 タイプ 継続率 出玉

【新基準のみ】おすすめパチンコ甘い機種ランキング2019年

ひぐらし ライト ミドル

機種情報 2002年に頒布された同人ゲームを源とし、その後、コミック連載、アニメ、映画など様々な分野に拡がっていった「ひぐらしのなく頃に」をモチーフにしたミドルタイプのV確変ST機。 通常時は大当たりの55%、電サポ時は100%で130回のSTに突入する。 ST継続率は約65. 通常大当たり後には 100回の時短が付く。 引き戻し率は約32. 13年に『CRひぐらしのなく頃に頂』が発表されている。 払い出し出玉2400個比率が75%(電チュー入賞時)というスペック、狂気と恐怖に特化した液晶演出、あらゆるタイミングで出現する可能性があるL5発症演出などが特徴。 潜確や小当たりは搭載していない。 大当たりになれば必ず出玉がある。 液晶左右から出現する鉈役物を搭載している。 液晶手前には導光板がある。 大当たり時、電サポ時は右打ちする。 盤面右下に引っ込むことで開放するスライドタイプのアタッカーを配置。 初代『CRひぐらしのなく頃に頂』にも搭載されていた運命分岐ゲートはこの機種にも受け継がれている。 ST中の図柄揃い後に玉を通すことでラウンドが告知される。 ST中は即当たりと緊迫感溢れる演出の前・後半に分かれている。 通常時や電サポ終了時など、萌え系キャラが登場するモードも用意されている。 予告演出 ゆる梨花保留変化予告 液晶下部に表示されている保留アイコンが変化したらチャンスだ。 綿流し祭りゾーン 保留の先読みのゾーンで、突入すればチャンス。 運命の日モード これも先読みのモード。 モード中専用で発生するステップアップ予告などもある。 ひたひた予告 ひた…ひたひた…と増加していく先読み予告。 ミニキャラ疑心予告 液晶画面右下にミニキャラが出現し、様々なことを教えてくれる。 狂気連続予告 連続するにしたがって背景の色も変化していく。 「まだ終わってないよ!」。 フレデリカ連続予告 画面が暗転した後に、文字が流れる。 嘘だ連続予告 「嘘だ」という言葉とともに連続していく。 画面左上に連続回数が表示される。 ノーマルリーチハズレ後に発生。 名言ステップアップ予告 名言が表示され、ステップアップしていく。 発狂予告 はははははは……の文字に囲まれた内部で演出が行なわれる。 月の満ち欠け予告 月が満ちながら画面中央に移動してきて……。 L5発症演出 雛見沢症候群と呼ばれる原作の風土病をモチーフにした演出で、発症レベルが高くなればなるほど期待度もアップする。 最高レベルのL5で激アツ! 次回予告 リーチ後に出現。 発展するスーパーリーチを示唆するとともに信頼度もアップする。 圭一出現で大当たり濃厚!? 重要演出 オヤシロチャンス 通常時に大当たりになるとラウンド中はオヤシロチャンスとなり、羽入覚醒でお持ち帰りチャンスGETとなる。 失敗した場合は時短100回の身隠しモードへ移行する。 右打ちする(以下、大当たり中、電サポ中は右打ち)。 刻明しモードではボタン演出や鷹野演出が出現することがある。 身隠しモードではレナから逃げ切ったり息を潜めて隠れたり自分の痕跡を消したりする。 身隠しモード ST130回転の後半100回転、もしくは時短100回転中のモード。 前者は確変、後者は時短だ。 確変&ラウンド昇格 大当たり直後、ラウンド中に昇格するチャンスがある。 出典:パチンコビレッジ•

次の

「Pひぐらしのなく頃に〜廻〜」219ライトverは5/11リリース!「ひぐらし甘デジ」「ダイナマイトキング極」も近々登場か!?

ひぐらし ライト ミドル

タイプ種別は同じ初当り確率の機種が集まると誕生する! MAXタイプや甘デジタイプなど、初当り確率によってタイプ種別が異なるわけですが、 タイプ種別が初めから存在していたわけではありません。 例えば甘デジタイプは、今は無くなってしまいましたが奥村さんが初代黄金ハンターを出すまでは、存在していませんでした。 最近は1種2種タイプも登場し、初当りからV入賞させて大当りさせるタイプもありますが、 大抵は小当り確率とV入賞率から初当り確率が計算できてしまうため、やはり上記のどれかには分類されているかと思います。 今まで主流ではなかった初当り確率が登場したので、ご紹介したいと思います。 ヘソ1個賞球の強ミドルスペックが最近鎮座していた初当り確率ですが、 ヘソ賞球は4個以上でないといけなくなった今、もう強ミドルが登場する可能性は0となりました。 ポッカリと空いてしまった確率帯なのですが、2016年は多く登場したように思います。 ランキング(特に一撃性能)を大きく乱してしまうのですが、今までよりもリリースの機会が多かったように感じます。 ミニミニモンスター3. 今年2016年だけで7機種がリリースされています。 初当り確率が混沌としている原因は、初当り確率と継続率の幅が狭まったから! 今までは、分母がおよそ50~100程度差があっても、幾つかのグループを構成することができましたが、そもそもの上限が制限されてしまったことにより、今までの様に右ならえ的な初当り確率の構成が難しくなってしまいました。 さらに継続率も65%がリミットとされてしまったことにより、単純に連チャンに頼ることが出来なくなったのも原因の1つだと思います。 以前のままの手法では、見た目が違うだけで金太郎飴のようなパチンコばかりになってしまいます。 それを避けるため、いろいろな確率やゲーム性にチャレンジしているのが現状です。 小当りスペックや戦国恋姫のような1種2種を用いた高継続タイプ、天下一閃のような一発台といったように、ゲーム性を新たに産みだしている機種もあります。 どんどん市場の規模が小さくなり、倒産するメーカーが出てきている現状ですが、何とか打破してパチンコも盛り上げて欲しいなというのが率直な感想であります。 Sponsored Link カテゴリー•

次の

【パチンコ新台2020】Pひぐらしのなく頃に~憩~119ver.(ライトミドル)スペック・導入日

ひぐらし ライト ミドル

00円 21. 9 23. 1 3. 57円 23 24 3. 33円 23 24 3. 03円 24 25 2. 50円 25. 6 26. 00円 17. 5 18. 5 0. 92円 18 19 0. 89円 18 19 0. 76円 19 20 0. 60円 20. 8 21. 通常時の先読み予告 保留変化予告 保留入賞時~SP中までに変化する可能性あり。 赤くなればチャンス。 当該変動で「A」と表示されればチャンス。 保留入賞時セグ予告 パターン 信頼度 A チャンス チャンス目 同色のバラケ目停止でチャンス目。 赤色ならチャンス。 その後の展開に注目。 3回継続すればチャンス。 嘘だ擬似連ならチャンス。 リーチに発展すれば大チャンス。 ルーレットで選択されたリーチに発展。 内容で発展先を示唆。 タイトル・テロップ・ボタンなどにチャンスアップあり。 タイトル・テロップ・ボタンなどにチャンスアップあり。 チャンスアップが複合すればチャンス。 リーチ後ボタン押しなどから発展。 引きずりより押し合いのほうがチャンス。 押し合いならチャンス。 保健室ならチャンス。

次の