チンチラ バイオレット。 【 春ペポニ 】バイオレットのチンチラとたっぷりのうさぎが入荷です♡

激かわペット「チンチラ」の種類まとめ!値段、販売店、注意点は?│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

チンチラ バイオレット

スタンダード Standard ダークブルーグレー。 ベージュ Beige ・明るいクリーム色からダークベージュまで。 ・ピンクまたは赤い目。 (シャンパンとして知られる) ブラックベルベット Black Velvet ・マットな黒から美しい光沢のある黒まで。 ブラウンベルベット Brown Velvet ・茶。 赤い目。 ホワイト White ・クリーム色からブルーホワイトまで。 黒い目。 ・頭や身体にグレーのパイド柄のあるものや、グレーとホワイトのミックスになっているものもいる。 (モザイクやシルバーとして知られる) ピンクホワイト Pink White ・クリーム色からブルーホワイトまで。 ・ピンクの耳とピンクまたは赤い目。 ・頭や身体にベージュのパイド柄があるものもいる。 (ベージュ/ホワイトモザイクやスターライトとして知られる) ブラックホワイトクロス Black White cross ・ベース色や目の色はホワイトと同じ。 ・パイド柄は黒がはっきりしており、前足に黒のストライプがある。 ブラウンホワイトクロス Brown White cross ・ベース色や目の色はピンクホワイトと同じ。 ・パイド柄は茶がはっきりしており、前足に茶のストライプがある。 ホモベージュ Homozygous Beige ・とても淡いクリーム色で、毛先がピンク。 ・目は薄いピンクで、虹彩が微かに白く見える。 ブロンドとして知られる ホモベージュブラッククロス Homozygous Black cross ・毛色はキャラメル色。 ・目はホモベージュと同様。 ホモベージュホワイトクロス Homozygous White cross ・見た目は非常にピンクホワイトに似かよっている。 ・目はホモベージュと同様。 ホモベージュブラックホワイトクロス Homozygous Black White cross ・私の知る限り、今のところ出産例が無い。 バイオレット Violet ・ライラック色からライトブルーまで。 ・腹側は白。 サファイヤ Sapphire ・シルバーブルーの毛色で、非常に珍しい。 ・腹側は白。 エボニー Ebony ・腹側も含め、全身が漆黒で、とても美しい。 *バイオレット・サファイヤ・エボニーに関しては、後記の「組み合わせによる出現率表」にはでてきません。 かなりの希少種だと思われます。 【 致死率について 】 下記の表中の「致死 Fatal 」とは、死産や奇形での出産を意味しません。 これは、あくまでも致死遺伝子のために生存不可能な毛色の組み合わせが起こる確率のことです。 生存不可能な毛色には、ホモホワイトとホモブラックがあり、受精しても出産されません。 つまり25%の致死 Fatal の場合、実際は4匹が受精しても、そのうち1匹は生まれてこないことになります。 受精による細胞分裂が始まった後に死亡するのではないか、いや細胞分裂すら始まらないのではないのか、については意見の分かれるところです。 (筆者Mike氏は後者の考えです。 )しかし、いずれにしろかなり早期段階での事柄ですので、母体には一切影響がありません。 chin. buffnet. html で以前、公開されていました。 この和訳にあたって、快諾してくださったMike氏に感謝いたします。 内容において一部、Mike氏にEmailで伺った事も書き足してあります。 原文制作: Mike Thurston 転 載 :不可.

次の

【チンチラの生体販売価格】毛色(カラー)や毛の長さ、なつき具合によって販売価格が違う!?一体チンチラっていくらなの?

チンチラ バイオレット

知れば知るほど可愛いチンチラ。 以前、チンチラがどんな動物なのかについて書きました。 ただでさえ可愛いその風貌ですが、 様々なカラー(毛色)と毛の長さ(短毛・長毛)にもよってその見た目も変わってきますます。 最初にチンチラをお迎えしようと思った時、 自分の中で情報が少なかったため、とにかくいろんなペットショップに足を運んだり、問い合わせをしました。 すると、毛色や毛の長さだけでなく、お店によってはなつき具合で金額が変わるところも。 このページに辿り着いたということは、これからチンチラのお迎えを検討している中で、金額や生態について気になる方かと思います。 今回は私自身が実際に聞いたこと、体験したことを交え記載していきます。 ・・・・・・。 電話での問い合わせ時、明らかに金額が違いすぎて聞き間違いかと思い、二度聞きなおしました。 笑 間違いなくうん十倍にも金額が違います。 この長毛種である 「ロイヤル・ペルジアン・アンゴラ」は品質を保つことが非常に難しく、アンゴラ同士を交配させても体が小さかったり、思ったより毛が伸びなかったりと育つまでの過程や、そもそもの数自体が少なく、大変希少で珍しい種類です。 とくに 「バイオレット」や 「ブラックベルベット」は レアカラーとされていて、なかなかお目にかかれません。 (私が探してた時は ロイヤルチンチラさんにバイオレットのアンゴラがいました) そもそもこの長毛種、 2005年に発表されてから世界中で輸出されるようになり、 日本で初公開されたのは2015年。 (チンチラフェスティバルにて) 歴史がとにかく浅い種類です。 取り扱い店舗も少なく、1匹いれば大変珍しく、チンチラを取り扱っているペットショップでも1年に1匹入ってくるか来ないかだそうです。 なので、その珍しさ、品質保持の関係から高めな金額設定になっているんですね。 なんといってもふわもこな触り心地がたまりません。 ただでさえ真ん丸なボディですが、毛が長いことにより、さらに真ん丸に。 ロイヤルペルジアンアンゴラの生体販売価格基準は以下の通りです。 ・カラー(毛色) ・毛の長さ、もしくは将来的に毛が長くなる見込みがあるか ・顔立ち ・その他 私が問い合わせ、訪問した中で一番高いチンチラは スタンダードカラー 「108万円」でした。 (実際に見ていないので毛並み等はわかりませんが、スタンダードカラーでこの金額からするに、からだも大きく相当ふわもこなのでしょう。 ) チンチラのカラー(毛色) スタンダードグレー(ナチュラル) スタンダードカラー。 野生で生息していた毛色の子です。 品種改良などしていないため、からだも一番丈夫な種類ともいわれています。 インターネットで写真検索すると 「この色はグレー?バイオレット?」と、見分けがつかないことがあります。 ポイントは 背中が濃いグレー、お腹は真っ白です。 白に近づけば近づくほど希少で金額が上がります。 全身のほとんどが白。 ところどころに灰色が混じります。 ペットショップでも入荷するとすぐお迎えが決まると言われているのがこのカラーです。 YouTubeの実況者の動画を観ると、この色が多いことからも人気なのが伺えます。 何と言っても高級感溢れる 青紫色の毛に人気が集まっています。 もともとトトロのモデルにもなったというチンチラですが(あくまで噂で、スタジオジブリでは公式発表されていません)この色が一番トトロに近いかも。 また、 バイオレットのアンゴラ(長毛種)はとくに希少種扱いされてます。 本当にきれいな毛色で、画像で見るよりも実物で見るとあまりのキレイさに感動します。 こちらも 希少カラーでなかなかペットショップで見かけることがないので、見かけたらラッキーです。 耳はピンク。 際立って薄いチンチラは 「ホモベージュ」と言います。 その名の通り ベルベット調の毛並みでブリーダーに重宝されるそうです。 アンゴラとしてもかなり希少でなかなか見つかりません。 エボニーのアンゴラ(長毛種)は本当に品があって、美しいです。 真ん丸で確かに可愛いのですが、同時に凛々しい。 少しシックなチンチラが良いという方にはオススメです。 個人的に二匹目をお迎えするのであればこのエボニーが良いな、と考えています。 こちらに記載してる価格はあくまで平均となっています。 お迎え準備の際の参考にしてください。 なつき具合で価格が変わる なつき具合とは 「人間に慣れている」「環境に慣れている」ことを表します。 やはり、生き物なので人と遊ぶのが好きな子や少し怖がりな子など、性格に個体差があります。 とはいっても、もともとなつっこい動物なので、早い遅いはあるみたいですが、みんな総じてなつくそうです。 ただ、最初から人を怖がらない、人の手に慣れている、肩に乗ってくる、などスキンシップをとってくれる子は通常の金額より少し上がる傾向にあります。 「生後〇ヶ月」はあまり価格に比例しない チンチラは 「赤ちゃんだから高い」「生後1年以上経っているとなつきにくいから安い」、は 関係ないようです。 チンチラは、 「店頭に出すのが早ければ早いほど良い」という決まりはないとのこと。 3ヶ月で出てくる子もいれば、半年になって出てくる子もいるそう。 これは生まれてばかりだと、まだ日本の気候に慣れいなくて体調を崩す子、生後すぐに販売しても問題ない子の個体差が大きいためです。 生後半年未満のチンチラはからだが小さいためケージの高さが登れなかったり、ケージの網でケガをする危険性があったりと、飼育難易度が高めです。 ですので、逆に1年以上経っている方が日本の気候、生活環境にも慣れて飼いやすかったりもします。 とてもかしこい動物のなので、 生まれた年月に関係なく、愛情を注げば総じてなつくのがチンチラです。 成長を見込んだ期待値が価格に上乗せされていることもある 「成長見込み」、つまり 将来の成長を予想した期待値が価格に含まれて い る ことがあります。 今はまだからだは小さいし、色もボヤっとしているけれど、1年後、2年後には鮮やかな毛色で、しかも超絶ムチムチボディになる。 これは ・両親がムチムチボディ ・両親の毛が長い ・今はまだ若いが成長するともっとはっきりした毛色になる など、その期待値から価格加算されていることがあります。 逆も然りで、「この子はこれ以上大きくならない」という場合には安めの価格設定になる場合もあります。 まとめ 面白いことに、価格基準はお店によって様々でした。 チンチラのカラー、毛並みや顔立ち、飼育環境や、店員さんとの関係性、判断基準になるところは本当に沢山あります。 ただ、一番大事なのは 「自分が家族としてお迎えしたい」と思える子を選ぶことだと私は思います。 お互い生き物なので相性もあるでしょう。 私はある程度の予算を決めて探していましたが、伊万里に出会った瞬間一目惚れ。 予算を大幅にオーバーしましたが、その場でお迎えすることを決めました。 その時間をこれから一緒に過ごすことになるのです。 で、あれば一緒に過ごしたいと心から思える子を迎え入れてあげましょう。 チンチラの生体販売があるペットショップについてもまとめた記事がありますので、こちらも合わせて参考にご利用ください。

次の

チンチラの種類|毛色(カラー)・販売価格・特徴は?

チンチラ バイオレット

知れば知るほど可愛いチンチラ。 以前、チンチラがどんな動物なのかについて書きました。 ただでさえ可愛いその風貌ですが、 様々なカラー(毛色)と毛の長さ(短毛・長毛)にもよってその見た目も変わってきますます。 最初にチンチラをお迎えしようと思った時、 自分の中で情報が少なかったため、とにかくいろんなペットショップに足を運んだり、問い合わせをしました。 すると、毛色や毛の長さだけでなく、お店によってはなつき具合で金額が変わるところも。 このページに辿り着いたということは、これからチンチラのお迎えを検討している中で、金額や生態について気になる方かと思います。 今回は私自身が実際に聞いたこと、体験したことを交え記載していきます。 ・・・・・・。 電話での問い合わせ時、明らかに金額が違いすぎて聞き間違いかと思い、二度聞きなおしました。 笑 間違いなくうん十倍にも金額が違います。 この長毛種である 「ロイヤル・ペルジアン・アンゴラ」は品質を保つことが非常に難しく、アンゴラ同士を交配させても体が小さかったり、思ったより毛が伸びなかったりと育つまでの過程や、そもそもの数自体が少なく、大変希少で珍しい種類です。 とくに 「バイオレット」や 「ブラックベルベット」は レアカラーとされていて、なかなかお目にかかれません。 (私が探してた時は ロイヤルチンチラさんにバイオレットのアンゴラがいました) そもそもこの長毛種、 2005年に発表されてから世界中で輸出されるようになり、 日本で初公開されたのは2015年。 (チンチラフェスティバルにて) 歴史がとにかく浅い種類です。 取り扱い店舗も少なく、1匹いれば大変珍しく、チンチラを取り扱っているペットショップでも1年に1匹入ってくるか来ないかだそうです。 なので、その珍しさ、品質保持の関係から高めな金額設定になっているんですね。 なんといってもふわもこな触り心地がたまりません。 ただでさえ真ん丸なボディですが、毛が長いことにより、さらに真ん丸に。 ロイヤルペルジアンアンゴラの生体販売価格基準は以下の通りです。 ・カラー(毛色) ・毛の長さ、もしくは将来的に毛が長くなる見込みがあるか ・顔立ち ・その他 私が問い合わせ、訪問した中で一番高いチンチラは スタンダードカラー 「108万円」でした。 (実際に見ていないので毛並み等はわかりませんが、スタンダードカラーでこの金額からするに、からだも大きく相当ふわもこなのでしょう。 ) チンチラのカラー(毛色) スタンダードグレー(ナチュラル) スタンダードカラー。 野生で生息していた毛色の子です。 品種改良などしていないため、からだも一番丈夫な種類ともいわれています。 インターネットで写真検索すると 「この色はグレー?バイオレット?」と、見分けがつかないことがあります。 ポイントは 背中が濃いグレー、お腹は真っ白です。 白に近づけば近づくほど希少で金額が上がります。 全身のほとんどが白。 ところどころに灰色が混じります。 ペットショップでも入荷するとすぐお迎えが決まると言われているのがこのカラーです。 YouTubeの実況者の動画を観ると、この色が多いことからも人気なのが伺えます。 何と言っても高級感溢れる 青紫色の毛に人気が集まっています。 もともとトトロのモデルにもなったというチンチラですが(あくまで噂で、スタジオジブリでは公式発表されていません)この色が一番トトロに近いかも。 また、 バイオレットのアンゴラ(長毛種)はとくに希少種扱いされてます。 本当にきれいな毛色で、画像で見るよりも実物で見るとあまりのキレイさに感動します。 こちらも 希少カラーでなかなかペットショップで見かけることがないので、見かけたらラッキーです。 耳はピンク。 際立って薄いチンチラは 「ホモベージュ」と言います。 その名の通り ベルベット調の毛並みでブリーダーに重宝されるそうです。 アンゴラとしてもかなり希少でなかなか見つかりません。 エボニーのアンゴラ(長毛種)は本当に品があって、美しいです。 真ん丸で確かに可愛いのですが、同時に凛々しい。 少しシックなチンチラが良いという方にはオススメです。 個人的に二匹目をお迎えするのであればこのエボニーが良いな、と考えています。 こちらに記載してる価格はあくまで平均となっています。 お迎え準備の際の参考にしてください。 なつき具合で価格が変わる なつき具合とは 「人間に慣れている」「環境に慣れている」ことを表します。 やはり、生き物なので人と遊ぶのが好きな子や少し怖がりな子など、性格に個体差があります。 とはいっても、もともとなつっこい動物なので、早い遅いはあるみたいですが、みんな総じてなつくそうです。 ただ、最初から人を怖がらない、人の手に慣れている、肩に乗ってくる、などスキンシップをとってくれる子は通常の金額より少し上がる傾向にあります。 「生後〇ヶ月」はあまり価格に比例しない チンチラは 「赤ちゃんだから高い」「生後1年以上経っているとなつきにくいから安い」、は 関係ないようです。 チンチラは、 「店頭に出すのが早ければ早いほど良い」という決まりはないとのこと。 3ヶ月で出てくる子もいれば、半年になって出てくる子もいるそう。 これは生まれてばかりだと、まだ日本の気候に慣れいなくて体調を崩す子、生後すぐに販売しても問題ない子の個体差が大きいためです。 生後半年未満のチンチラはからだが小さいためケージの高さが登れなかったり、ケージの網でケガをする危険性があったりと、飼育難易度が高めです。 ですので、逆に1年以上経っている方が日本の気候、生活環境にも慣れて飼いやすかったりもします。 とてもかしこい動物のなので、 生まれた年月に関係なく、愛情を注げば総じてなつくのがチンチラです。 成長を見込んだ期待値が価格に上乗せされていることもある 「成長見込み」、つまり 将来の成長を予想した期待値が価格に含まれて い る ことがあります。 今はまだからだは小さいし、色もボヤっとしているけれど、1年後、2年後には鮮やかな毛色で、しかも超絶ムチムチボディになる。 これは ・両親がムチムチボディ ・両親の毛が長い ・今はまだ若いが成長するともっとはっきりした毛色になる など、その期待値から価格加算されていることがあります。 逆も然りで、「この子はこれ以上大きくならない」という場合には安めの価格設定になる場合もあります。 まとめ 面白いことに、価格基準はお店によって様々でした。 チンチラのカラー、毛並みや顔立ち、飼育環境や、店員さんとの関係性、判断基準になるところは本当に沢山あります。 ただ、一番大事なのは 「自分が家族としてお迎えしたい」と思える子を選ぶことだと私は思います。 お互い生き物なので相性もあるでしょう。 私はある程度の予算を決めて探していましたが、伊万里に出会った瞬間一目惚れ。 予算を大幅にオーバーしましたが、その場でお迎えすることを決めました。 その時間をこれから一緒に過ごすことになるのです。 で、あれば一緒に過ごしたいと心から思える子を迎え入れてあげましょう。 チンチラの生体販売があるペットショップについてもまとめた記事がありますので、こちらも合わせて参考にご利用ください。

次の