ウルフルズ メンバー 死亡。 【ウルフルズ】4年半ぶり復活の真相は!? メンバー全員座談会で赤裸々に語る

ウルフルズのベーシスト ジョンBチョッパーさんは一度脱退してま...

ウルフルズ メンバー 死亡

1988年、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)のバイト仲間、ウルフルケイスケとトータス松本のセッションがきっかけとなり結成。 バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来する。 1992年5月13日にシングル『やぶれかぶれ』でデビュー。 1995年のシングル『ガッツだぜ!! 』、翌年の『バンザイ 〜好きでよかった~』でブレイク。 アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録! 1996年と2001年、二度のNHK紅白歌合戦出場を果たす。 1999年にジョンB突然の脱退、そして2003年には奇跡の復活があり、再び4人で日本を代表とするワンダフルロックバンド「ウルフルズ」として唯一無二の存在となる。 自身の全国ツアー、夏の恒例野外ライブ「ヤッサ」はもちろんのこと、夏の野外フェスティバルでもそのライブパフォーマンスは圧巻で、多くの人を魅了してきた。 2009年、大阪・万博記念公園での野外ライブ「ヤッサ09FINAL!! 」をもって、惜しまれつつもウルフルズとしての活動を一旦休止したが、2014年2月25日、4年半の休止を経て再始動! デジタルシングル「どうでもよすぎ」を同日に配信、5月21日に12枚目のオリジナルアルバム『ONE MIND』発売。 8月に恒例のワンマン野外ライブ「ヤッサ」、秋には全国ツアーを開催し、完全復活を果たした。 2015年秋にはアルバム『ボンツビワイワイ』をリリース後、全国ツアーを2016年1月まで展開。 ツアー最終日は8年ぶりとなる日本武道館公演開催。 2017年、デビュー25周年イヤー。 2月22日には女性アーティストによるトリビュート企画盤『ウルフルズ Tribute ~Best of Girl Friends~』がリリースされる。 5月20日に日比谷野外音楽堂でフリーライブ開催。 5月24日にはアルバム『人生』をリリース。 6月から「ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~」を全国12会場で行い、続けて9月23日には25周年イヤーの集大成として「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 〜ウルフルズ25祭!!〜」を成功させる。 2018年2月、ウルフルケイスケがソロ活動に専念するためバンド活動を休止することを発表。 9月29日には恒例のワンマン野外ライブ「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2018 ガッチューOSAKA!」を成功させる。 10月3日には「変わる 変わる時 変われば 変われ」を配信限定リリース。 2月「リズムをとめるな」、4月「センチメンタルフィーバー 〜あなたが好きだから〜」、6月「ワンツスリー天国」と怒涛の配信シングル・リリースに続き、2019年6月26日には15枚目となるオリジナル・アルバム「ウ!!! 」をリリース。 10月16日には「リアルゴールド ドラゴンブースト」TVCMソングとして新曲「続けるズのテーマ」を配信リリース。 11月27日にリリースされた井上陽水のデビュー50周年を記念したトリビュート・アルバム『井上陽水トリビュート』に参加。

次の

志村けんの伝説 逸話 エピソードまとめました

ウルフルズ メンバー 死亡

1988年、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)のバイト仲間、ウルフルケイスケとトータス松本のセッションがきっかけとなり結成。 バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来する。 1992年5月13日にシングル『やぶれかぶれ』でデビュー。 1995年のシングル『ガッツだぜ!! 』、翌年の『バンザイ 〜好きでよかった~』でブレイク。 アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録! 1996年と2001年、二度のNHK紅白歌合戦出場を果たす。 1999年にジョンB突然の脱退、そして2003年には奇跡の復活があり、再び4人で日本を代表とするワンダフルロックバンド「ウルフルズ」として唯一無二の存在となる。 自身の全国ツアー、夏の恒例野外ライブ「ヤッサ」はもちろんのこと、夏の野外フェスティバルでもそのライブパフォーマンスは圧巻で、多くの人を魅了してきた。 2009年、大阪・万博記念公園での野外ライブ「ヤッサ09FINAL!! 」をもって、惜しまれつつもウルフルズとしての活動を一旦休止したが、2014年2月25日、4年半の休止を経て再始動! デジタルシングル「どうでもよすぎ」を同日に配信、5月21日に12枚目のオリジナルアルバム『ONE MIND』発売。 8月に恒例のワンマン野外ライブ「ヤッサ」、秋には全国ツアーを開催し、完全復活を果たした。 2015年秋にはアルバム『ボンツビワイワイ』をリリース後、全国ツアーを2016年1月まで展開。 ツアー最終日は8年ぶりとなる日本武道館公演開催。 2017年、デビュー25周年イヤー。 2月22日には女性アーティストによるトリビュート企画盤『ウルフルズ Tribute ~Best of Girl Friends~』がリリースされる。 5月20日に日比谷野外音楽堂でフリーライブ開催。 5月24日にはアルバム『人生』をリリース。 6月から「ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~」を全国12会場で行い、続けて9月23日には25周年イヤーの集大成として「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 〜ウルフルズ25祭!!〜」を成功させる。 2018年2月、ウルフルケイスケがソロ活動に専念するためバンド活動を休止することを発表。 9月29日には恒例のワンマン野外ライブ「クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2018 ガッチューOSAKA!」を成功させる。 10月3日には「変わる 変わる時 変われば 変われ」を配信限定リリース。 2月「リズムをとめるな」、4月「センチメンタルフィーバー 〜あなたが好きだから〜」、6月「ワンツスリー天国」と怒涛の配信シングル・リリースに続き、2019年6月26日には15枚目となるオリジナル・アルバム「ウ!!! 」をリリース。 10月16日には「リアルゴールド ドラゴンブースト」TVCMソングとして新曲「続けるズのテーマ」を配信リリース。 11月27日にリリースされた井上陽水のデビュー50周年を記念したトリビュート・アルバム『井上陽水トリビュート』に参加。

次の

ウルフルケイスケは脱退で解散も?活動休止理由はメンバーの不仲や金銭トラブルなのか調査した

ウルフルズ メンバー 死亡

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 1980年代中盤から90年代中盤までに音楽シーンを塗り替えたバンド、ザ・ブルーハールを掘り下げて行きます。 プロフィール• バンド名 ザ・ブルーハーツ• 活動開始 1985年• カテゴリー ロックバンド• 所属レコード会社 イースト・ウエストジャパン 現在。 メンバーは何してる?解散の理由は?「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」の誕生秘話は? 2015年にバンドは結成30周年を迎え、復活気運は高まりましたが実現せずに現在に至っています。 まあバンド再開についてはメンバーの誰かが再結成に閃きを感じてやろうと言うことにならなければ恐らく無理です。 続いてはメンバーは現在何をしているのかについて書いて行きます。 ボーカル 甲本ヒロト 甲本ヒロトさんは、ソロでの活動はしておらずザ・ブルーハーツ解散後は、ハイローズを結成、解散。 現在はクロマニヨンズを組んで活動しています。 また、甲本ヒロトさんについては何かの病気を患っているのでは無いか?と言う事や何かの薬と結び付いているのではという噂が常にあります。 ギター 真島昌利 ザ・ブルーハーツ解散後はボーカル甲本ヒロトと共にハイローズ、クロマニヨンズに参加し現在もクロマニヨンズの活動が続いています。 また、ザ・ブルーハーツ在籍時代から作詞作曲センスには定評があり、当時アイドル歌手だった近藤真彦に『アンダルシアに憧れて』を提供、現在も氣志團やのん(能年玲奈)などに楽曲提供をしています。 ベース 河口淳之介 現在の音楽活動については不明、またザ・ブルーハーツの解散原因とされる人です。 ドラム 梶原徹也 ザ・ブルーハーツ解散後いくつかのバンドを経由して現在、THUNDERBEATというバンドで活動しています。 ここまではバンドメンバーの現在について書いてきました。 ギターの真島とボーカルの甲本が現在もJ-POPの最先端で活動しており、他のメンバーについても音楽に関わっていると言う事で安心しました。 スポンサーリンク 続いてはザ・ブルーハーツの解散理由について書いて行きます。 ベース河口淳之介氏が幸福の科学に魅了され傾倒して行ったため解散したというのが理由らしいです。 その傾倒ぶりは、凄いものでベースに幸福の科学のロゴを入れてライブビデオにそのまま映っていたりとバンド周辺のスタッフ達が困惑したようです。 また、ザ・ブルーハーツに在籍していた時は宗教入信は公言されることはありませんでした。 また、当時甲本ヒロトさんがより高い音楽を目指して自身がバンド脱退を考えており、中心メンバーである彼が抜けるなら解散という流れもあったという噂もあります。 色々な複合的な理由が重なった部分があったのだろうと思います。 続いてはザ・ブルーハーツの楽曲「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」について書いて行きます。 TRAINTRAINは6枚目のシングルでTBSドラマはいすくーる落書の主題歌に起用されて大ヒットを記録しました。 当時TBSで放送していたザベストテンにもランクインしましたが、一度も出演する事はなくブレイク当時からライブを大切にしていました。 続いては「情熱の薔薇」は9枚目のシングルでレーベル移籍第一弾シングルでした。 この頃屈折していた音楽活動状況であったようです。 まとめ 確かにザ・ブルーハーツの曲は歌詞と言うよりパッションを感じるものが多かった様な気がしますね。 TRAINTRAINにしても歌詞の中で使っている言葉は誰にでもわかりやすいように書かれているがその言葉で説明できない部分があの曲になった感じだと思います。 これ位のほとばしる情熱をぶつけているミュージシャンが今の時代にいるだろうかと考えるときがあります。 今はロジカルに曲を書いてこう書いたら喜ぶだろうと考えて書く事はあっても理屈じゃなくて感情だというぐらいの楽曲は少なくなった気がします。 それを考えると、活動期間は短かったけどザ・ブルーハーツに色んな物を貰ったというリスナーは沢山いすぎる程だと思いますね。 今後このようなバンドはあまり出てこないという感じは確かにありますね。

次の