笹の葉折り紙。 【折り紙で七夕飾りを簡単制作】ペンも定規も不要! かわいい立体の星飾り&笹の葉&天の川 切り方・折り方・作り方を写真で解説

【笹の葉の折り紙】作り方をていねいに解説するよ【簡単】 | 教えたがりダッシュ!

笹の葉折り紙

【一覧】・彦星 ・織姫 ・笹の葉 ・着物 ・牛 ・鶴 ・星のリース ・金魚 立体感がある折り紙は笹の葉に飾るには少し不向きです。 しかし 壁に貼ったり玄関などに飾ることで、 七夕らしさを味わうことができます。 物語のなかで、彦星は牛飼いを、織姫は機織りを仕事にしています。 そのため 牛は彦星と、着物は織姫とセットで飾るのも良いですね。 折り紙をフォトフレームに貼って、季節感のあるフォトスタンドを作るのも素敵ですね。 折り紙でフォトスタンド 【初級】1枚で作れる七夕飾り 七夕飾りを作るなら、お子さんも一緒に楽しみたいですよね。 そこで 折り紙1枚で作る七夕飾りをご紹介します。 小さなお子さんも挑戦できるので、ぜひ参考にしてください。 何個か作って、連なって飾りにするのもかわいいですよ。 【中・上級】2枚以上で作る七夕飾り 続いて、2枚以上の折り紙で作る七夕飾りをご紹介します。 ちょっとレベルアップしますが、そのぶん華やかになりますよ。 織姫と彦星 それぞれ顔の折り紙と着物の折り紙が必要です。 着物は織姫がピンク、彦星が青が定番。 最後に顔をペンで書いて、ぜひインテリアと一緒に飾ってみてください! 星つづり 5枚の色の違う折り紙とノリ、ハサミが必要になります。 笹の葉に飾ると映える、おしゃれな七夕飾りです。 同じものを5つ作るだけなので、挑戦しやすいですよ。 もし、大量生産をしたいなら 幼稚園や小学校、イベントなどで七夕飾りが大量に必要ならプロに依頼してみませんか? おすすめのサイトは。 ココナラでは比較的安く、折り紙を発注することができます。 今回はそんなココナラから、注目したいクリエイターさんをご紹介します! 元幼稚園教諭がお手伝い 折り紙代行 大量生産お任せください 折り紙が苦手なあなたに かわいい折り紙で、七夕を彩ろう 1年に1度の七夕の日。 お子さんも一緒に楽しめるイベントです。 ぜひ、親子でコミュニケーションを取りながら折り紙を折って、素敵な1日にしてくださいね。

次の

【折り紙で七夕飾りを簡単制作】ペンも定規も不要! かわいい立体の星飾り&笹の葉&天の川 切り方・折り方・作り方を写真で解説

笹の葉折り紙

七夕とは?意味・由来を解説 七夕とは7月7日のことですが、この日の 夕方という意味を持っています。 七夕行事の由来は、中国から織姫と彦星のストーリーが、奈良時代に日本に広まったことが起源です。 このストーリーと手芸や芸能の上達を祈願する中国の行事「乞巧奠 きっこうでん 」というものが合わさって、日本固有の行事となりました。 スポンサードリンク 何故、七夕というの? 日本の旧暦の7月には、織り布を先祖にささげたり、税として納める風習がありました。 この旧暦の7月はお盆や稲・麦の開花期にあたります。 そこでお盆に供えるものとして乙女たちが布を織っていたと言われています。 水の上に棚を作って織っていたことから「棚機 たなばた 」と呼び、織る乙女たちを「棚機つ女 たなばたつめ 」と呼んでいました。 やがてこの行事が乞巧奠と混じり合い現在のような形に変化し、 7月7日の夕方を表し七夕 たなばた と呼んでいたものが棚機にちなんで「七夕 たなばた 」という読み方に変わっていったと言われています。 織姫と彦星さん 七夕伝説のお話 七夕と言えば織姫と彦星のストーリーです。 子ども時代には馴染みのあった話かと思いますが、ここで改めてご紹介します。 機織りが上手な神様の娘「織姫」と働き者の牛飼いである「彦星」は、結婚して仲良く過ごしていました。 しかしあまりにも毎日が楽しく、仕事をせずに遊んでばかりいると神様は怒りました。 そんなに遊んでばっかりならば引き離す!そうして神様によって天の川を挟んで2人は引き離されてしまい、離れ離れになり心底悲しむ2人を見かねた神様は、年に1度だけ2人合わせることにしました。 この 許された2人が会える日が7月7日、というストーリーです。 スポンサードリンク 本物の笹が無かったら折り紙で笹つづりを作ってみよう 7月7日は七夕。 短冊に願い事を書き、飾りとともに笹につるします。 七夕に笹を使うようになった理由 力強い生命力と神秘性をもった笹は、古くから神聖なものとして大切にされてきました。 そのことから、七夕には笹を飾るようになったと言われています。 幼稚園や保育園に通う子供がいると、手作りのかわいい七夕飾りがついた笹を持ち帰って来てくれることが多いですね。 でも、それ以外のご家庭では、竹林がある家でもない限り笹を買ってくることになります。 スポンサードリンク 本物の笹は枯れやすく処理しにくい 七夕の前になると、花屋の他、スーパーやホームセンターなどでも七夕用にカットされた笹を販売しています。 しかし、 笹は枯れやすいので、毎日その日の分しか入荷しない可能性もあり、遅い時間には毎日売り切れているかもしれません。 また、枯れると葉が丸まってとがってしまうので、あたると少し痛かったり。 そして葉は枯れたあとも、軸となる部分は細くてもかなり固く、長いものは処分の際に折るのが一苦労です。 もちろん本物の笹に飾ると、見た目にも風情がありますし、葉と葉が触れ合う時のさらさらとした音も、他では聞くことができないなんとも気持ちのいい音ですが、 本物の笹が手に入りにくい場合は、折り紙で笹つづりを作ってみませんか? スポンサードリンク 七夕飾り~笹つづりの作り方 緑の折り紙を用意したら、笹の葉をたくさん折って、つなげて笹つづりを作りましょう。 笹の葉はとても簡単に作れます。 単色よりも、黄緑や濃い緑の折り紙を混ぜるとおしゃれですよ。 スポンサードリンク 笹は造花でも代用できます! 本物の笹の代わりに、造花を使ってもいいでしょう。 最近の造花は、色や形、風合いもとてもよく出来ており、小さいサイズなら100均ショップでも売っています。 虫もいないし、枯れて落ちないし、部屋にちょっと飾りたい時は小ぶりなものでも可愛くていいですね。 造花の笹は、100均ショップやホームセンターの他、ショッピングセンターの学用品などを扱っている売り場(夏休みの作品キットや、虫かごなどを売っているところ)で手に入れることができます。 スポンサードリンク 【簡単】手作りでおしゃれ!折り紙で作る七夕飾りまとめ15種類 その他にも簡単にできる折り紙の七夕飾りについて15種類をご紹介します。 写真で七夕飾り製作をまとめてチェック 七夕の折り紙飾りには、このようなものがあります。 これまでに作ったことのあるものはありましたか?それぞれ難易度や使う紙の枚数も異なるので、好みの飾りを作ってみてください。 スポンサードリンク まとめ 七夕飾りって、記憶をたどると子供の頃からあまり変わっていないような気がして、何故かちょっと嬉しくなります。 いつの時代も、短冊に願い事を書き、折り紙で飾りを作り…。 造花の精度は高くなったかもしれませんが、それ以外はとても素朴で 人の手で造られたあたたかさが伝わる飾りだと思います。 本物の笹、折り紙の笹つづり、造花…笹はライフスタイルや家族に合わせて選び、今年も星に願いごとをしましょう。 スポンサードリンク.

次の

七夕の笹の葉『ささつづり』を折り紙で作ろう!子供と楽しく折り方の紹介

笹の葉折り紙

笹作りのアイテム一覧• 折り紙• 緑のマスキングテープ• 園芸用針金• ハサミ 今回は笹の葉を折り紙で作りますので、緑系の折り紙は最低3枚くらいはほしいところです。 七夕の笹作り2 笹の葉の工作 必要な物が準備できた方は、 笹の葉から作っていきましょう! まずは、緑色の折り紙を半分にカットします。 次は、半分にカットした折り紙を、縦に5等分します。 ここは大体で問題ありません。 むしろ、大きさが多少バラバラな方が、自然な笹に近いので目分量のほうが良いです! このような細い折り紙が完成したら、真ん中に折り目を付けます。 こうすることで、後で笹っぽくなるので、 この工程は絶対に飛ばさないように注意が必要です! 次に、折り目を入れた笹の葉を、画像のように細長い流線型に切っていきます。 それぞれのハリガネ同士をクルクルとねじっていきます。

次の