ロシア フッ 化 水素。 韓国企業が99.99999999%超高純度フッ化水素の特許を6年前に取得 → 商用化断念で頼みの綱が無くなる

日韓対立で話題のフッ化水素 なぜ大阪の企業が独占?:朝日新聞デジタル

ロシア フッ 化 水素

日本政府の韓国に対する半導体材料であるフッ化水素輸出規制(ホワイトリストから除外)の影響で韓国は大混乱だ。 フッ化水素が無ければ韓国企業の製造業は痛手を食らい工場が停止するだけでなく倒産する会社も出てくる。 それに対して韓国は日本に代わってロシアからフッ化水素を供給してもらうとしている。 これを真っ先に報じたのは韓国メディアのハンギョレ新聞で、「ロシアが最近、自国産フッ化水素を、 私たちの企業に供給できることと政府側に伝えてきた」と報じた。 これに関しては編集部でも取り上げたのでそちらの記事を参照してほしい。 しかし別の韓国メディアである国民日報の報道によると気になる一文が書かれていた。 それは次の通り。 ————— 韓国政府関係者は、懇談会で「ロシアがフッ化水素を提供しようとしている」とはは、明確な言及が出なかったが、 ロシアとの協力の可能性とこれによる材料供給先の多角化について議論が行われた」とした。 ————— このようにあフッ化水素の供給にはロシア側は述べていなかった。 まだ提案段階にもなっておらず、 仮にロシアが供給してくれることになったとしても、試験期間が経なければならない。 そのほか、特許問題や純度など問題が山積みのようだ。 ロシアがフッ化水素供給を提案するのはあり得ない話ではないが、現時点ではロシア側はこれについては具体的に述べていないようだ。 ましてやプーチン大統領は何もコメントしていない。 91 ID:yToBg77u0. 65 ID:1QHVzzFK0. 08 ID:iJl3maXE0. 67 ID:UG3BJQy90. net 露「そんな事言ってない」.

次の

ロシアは何を輸出しているか?

ロシア フッ 化 水素

気候変動により年々自然災害が拡大する中、CO 2排出量の増加が大きな要因であることを疑う余地はありません。 いまだに懐疑的な研究者もいますが、2015年開催の第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)にてパリ協定が採択、その翌年には異例ともいうべきスピードでパリ協定が発効されました。 2018年末には第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)にてパリ協定運用に向けた各種ルールが採択され、CO 2低減に向けた世界レベルでの活動が2020年より本格的に始まることになりました。 まさにCO 2低減は待ったなしの状況にあります。 各国、各地域、各セクターはこれまでの化石エネルギー依存から早急に脱却し、再生可能エネルギーへの転換を進める必要があります。 本稿では各国がパリ協定で掲げたCO 2削減目標達成に向けた動向、各セクターの今後の脱化石化のロードマップおよび水素化社会実現に向けての動きについて解説します。 各国がパリ協定で掲げたCO 2低減自主目標 図表1に各国の2018年までのCO 2排出動向を示します。 CO 2排出量のワースト5として中国を筆頭に、米国、インド、ロシア、日本と続く中、中国は2013年以降飽和状態、米国は2005年以降減少傾向、インドは飽和どころか増加を続けています。 図表2はCO 2排出量が多い主要国の、COP21(パリ協定)での自主目標とそれへの対応状況です。 パリ協定では国ごとに基準年が異なるため、目標を2013年比に換算してあります。 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次レポートで報告されたCO 2排出量は、2013年比で2050年に70%削減とあるため、それを達成するには少なくとも2030年では26%~28%低減が必須となります。 各国の2030年の目標設定としては妥当に思えますが、2018年時点での低減効果と総量への寄与度という観点では、インド、中国、カナダの順で早急に対策を打っていく必要があります。 (米国は2030年で見ると2013年比25%程度の削減目標。 ロシアは2000年時点で目標達成したことになっています) エネルギーの多様化 図表3は電力セクターおよび運輸セクターにおけるエネルギー多様化の状況と今後の道筋を示したものです。 電力セクターは従来から化石燃料、原子力、再生可能エネルギーとエネルギーの多様化を図ってきましたが、世界全体で見ると、2017年時点で化石燃料比率65%、原子力比率10%、再生可能エネルギー比率25%と化石燃料依存が依然高いです。 運輸セクター(自動車)に目を向けると、現時点では大半が石油を原料とするガソリン、軽油となります。 今後、CO 2低減に向け電力セクターは再生可能エネルギーの比率アップ、自動車は石油系燃料から脱却し天然ガス、カーボンニュートラル燃料(エタノール、バイオディーゼル)、カーボンフリー燃料(水素)、電気エネルギーと多様化を図っていく必要があります。 電力・エネルギーセクターの今後 再生可能エネルギーによる電力利用を社会全体で推進することが最重点課題の一つであることは間違いありません。 ですが、電力セクターはEVのために再生可能エネルギーに転換するのではなく、パリ協定の目標を達成するために脱化石燃料への転換を図らなければならないことを認識しておく必要があります。 図表4は世界の発電量の推移と再生可能エネルギー比率を整理したものです。 化石燃料による発電は2020年以降ピークアウトし、2050年にはなんと全体の85%の電力を再生可能エネルギーなどのCO 2フリーエネルギーでまかなう必要があります。 石炭火力発電の抑制と再生可能エネルギーの拡大において、日本は先進国の中で最も遅れており電力行政は新興国並みといっても過言ではありません。 電力構成を見ると、現時点で欧米主要国では再生可能エネルギー比率が30%を上回っています。 対する日本の再生可能エネルギー比率の目標値は2030年で22%~24%に過ぎません(2018年策定の日本政府の「エネルギー基本計画」)。 日本政府の同計画では、いまだに原子力の電力構成比率を2030年で20%~23%としています。 また国際石油資本(オイルメジャー)などのエネルギーセクターでは、自動車メーカーがパリ協定の目標達成に向けて電動車の導入、燃費改善や脱石油化を図るため石油系燃料の需要は確実に減っていきます。 図表5に示すとおり、今後、石油消費量は2015年の20. 3億トンから2020年にはピークアウトし2050年時点で10. 9億トンまで減少します。 国際石油資本は早急に石油から、バイオ/水素といった新エネルギーへの転換を図らなければ存続が危うくなるでしょう。 水素化社会実現に向けて 再生可能エネルギーの効率的活用として、再生可能エネルギーで発電された電気と水からの水素製造が注目されています。 図表6はエネルギーの貯蔵期間と貯蔵量を整理したものです。 再生可能エネルギー発電は電源の供給が不安定なため貯蔵が必要となりますが、電池の場合は貯蔵量がMWレベルで自然放電も伴います。 一方、水素に変換しておけば、季節を超えたギガワットレベルの電気エネルギー貯蔵法として、再生可能エネルギーの効率的活用が可能となります。 またバッテリーに比べ軽く輸送も容易です。 またこの水素と大気中のCO 2を反応器内で合成ガスに変換し、最終的にCO 2から合成燃料を生成する技術も独自動車メーカーが2019年中に実用化すると報じられています。 日本政府が水素化社会の実現を唱える中、日系自動車メーカーをはじめとする、世界の13社(自動車メーカー、重工業会社、エネルギー資本など)は2017年1月に水素協議会を設立しました。 水素エネルギーを活用する新たな社会システムに向け、ビジョンと長期目標を提唱し、2017年11月には第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)で以下の2点をアナウンスしました。 2次エネルギーとしての「水素」需要は、2050年までにあらゆる動力の20%を見込む。 産業セクターでも、原材料、熱源、動力源、発電用、貯蔵などさまざまな分野で利用されると想定。 2019年6月時点で参加企業は60社まで大幅に拡大し、水素化社会実現に向けた世界的な活動が始まっているのです。

次の

【願望だった】韓国メディア 「ロシアが日本に代わりフッ化水素を提供するとは言ってない」

ロシア フッ 化 水素

ロシアは韓国にとって、本当に日本の代わりに、フッ化水素の提供国になれるのだろうか?スプートニクは、ソ連の国家勲章受賞者で、著名な化学博士のユーリー・ゾラトフ氏に意見を求めた。 「ロシアからフッ化水素を提供するという提案は、ハッタリの類ではない。 ロシアにはフッ素を使った化学産業もあり、フッ化水素を作るための原料もじゅうぶんある。 日本は輸入原料、中国の蛍石からフッ化水素を生産している。 フッ化水素は強い侵食性があるため、輸送に対して特別な条件が必要だ。 この点で言えば韓国はおそらく、距離が近い日本と取引するほうが便利だろう。 」 電子製品の中のフッ化水素 ゾラトフ氏「全てのスマートフォンの中にはマイクロチップ、あるいは別の言葉で言えば電子プレートが入っていて、それらはたくさんの細かいエレメントからなっている。 それらひとつひとつに電極が搭載され、窪みがあったり、絵や図が描かれている。 フッ化水素はこれら複雑な半導体の生産のために必要で、この意味で現代社会において重要なものなのだ。 」 イメージ上の損失 これまで、韓国企業は日本から、製品生産にあたって必要な40%以上のフッ化水素と85%近くのフッ化ポリイミドを輸入してきた。 文大統領は、戦略的マテリアルの輸出規制を強化した日本を激しく非難し、この制裁によるマイナスは日本経済自身に損失を与えると主張している。 物質的な損失にとどまらず、両国のイメージがダウンしている。 韓国の調査会社「Gallup Korea」がごく最近に実施した世論調査によれば、日本に肯定的な感情をもっている回答者はわずか12%のみ。 調査開始した1991年以降で最も低い数字となった。 それに対応し、67%の回答者が、に賛成と回答している。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の