トランペット 基礎。 史上最高の トランペッター TOP50(試聴/動画あり)

史上最高の トランペッター TOP50(試聴/動画あり)

トランペット 基礎

トランペットの基礎練習について 吹奏楽部でトランペットをやっています。 うちの学校は夏のコンクールはいつも銅か銀で、 金はここ数年取っていません・・・。 それで、この間、午前中だけの練習の最後のミーティングの時に、 うちの学校の吹部のパーカッションにいつも教えに来て下さっている地域の人に、 「いつもコンクールで金賞とか取ってる学校は、 こんぐらいの練習時間の日はずーっとロングトーンやってる。 今日、10:30ぐらいに来たけど(うちの学校に) どこのパートもロングトーンやってなかった。 こんなんやったら、万年銅賞やで」 と言われてしまいました・・・。 でも、トランペットの講習会とかに行くと、 「トランペットは無理して吹き過ぎたら、 アンブシュアが悪くなっちゃうからよくない」 と言われます。 どうすればいいんでしょうか・・・・ 汗 本当に、いっつも金賞取ってるような学校は トランペットみたいな楽器でも1日中ロングトーンやってるんでしょうか? 回答よろしくお願いします。 私の学校は、夏休みや冬休みに一日10時間くらい練習しますが。。。 一日中ロングトーンなんてことはありません。 私もトランペットなので。。。 私のメニューですが... 参考にして頂ければと思います。 テンポは四分音符=60くらい、8拍。 テンポは同じ。 2つとも往復です。 回数は練習時間にもよりますが、私の場合、3~10往復です。 練習後、必ずクールダウンで低音や、中音域をなるべく小さく吹きます。 後は、お風呂で顔をマッサージしたり、 唇がかさかさしないように、ビタミンを摂ったり、リップクリームをこまめに塗ったり、 アフターケアも心がけていますよ(^u^) 金管は、バテる楽器なので、大会前や、コンクール前には、コンディションを調整します。 (調整するのは1stの人が多いですが。 これは顧問の先生【指揮者】の考えなくちゃいけない課題だと思います。 音楽を表現する感情は個々に違うと思います。 それをまとめるのが指揮者です。 外国の方が演奏を聴いた後の言葉があります。 言い換えれば、どんなに上手な演奏者がいても、それをまとめる力や個々の力を引き出せないと下手な演奏ということになります。 それだけ指揮者の影響は大きいです。 私は海外に2年間住んでたときに同じオーケストラの演奏会を週に2度聞きに行ってましたが、時にマンネリになった感がある感動もない演奏を聴くこともありました。 全員プロなのに・・・ 結論:ロングトーンよりもっと音楽を表現することが大事であると言うことです。 金賞バンドと万年銅賞バンドの違いは、 「練習の計画性の有無」というのもあるんじゃないですか? アンブシュア云々はともかくとして、 「万年銅賞だ」と言われるのは 練習計画が全くないような状態だからでしょう? 練習に対する計画性もなければ意欲も感じてもらえないあなた方にも問題はありますが、 あなた方の顧問にも熱意や意欲がないんじゃないですか? 「金賞を獲りたい」気持ちだけはどうにでも持てますが、 それを実行に移せなければ全く意味がりません。 ロングトーン一つでも、基礎練習の一つとして計画を立てて行い、 練習スケジュールの中で時間と内容を決めてやれないようであれば、 あなたのようなつまらぬことで悩まなければならなくなるし、 万年銅賞と言われても仕方がないでしょう。

次の

トランペットの基礎練習のやり方・メニュー

トランペット 基礎

なお、管長が半分なので基音は通常のトランペットよりも高いが、高次倍音が出しやすくなるわけではない。 高音を低次倍音で出せるおかげで高音域で音程が安定したりコントロールが容易になるのが特徴である。 コンパクトで携帯に便利だが、吹奏に多少の抵抗感がある。 長いものは、 (管長2 m前後)や (管長3 m)と呼ばれる。 機構による分類 [ ] トランペットはバルブの構造によって分類できる。 ピストン・トランペット により管長を変化させる。 日本、、などで最も一般的に使用されているトランペット。 軽快な音色で、ジャズにはこれが好まれる。 ヨーロッパではジャズトランペットと呼ばれることもある。 C管のロータリー・トランペット により管長を変化させる。 、、、などでよく用いられる。 重厚な音色なので、日本やアメリカのオーケストラでも演奏曲目によって用いられることがある。 スライド・トランペット と形状が似ており、主に19世紀のイギリスで用いられた。 やを効果的に使いたい場合に用いられる。 ダブル・ベル・トランペット(ツイン・ベル・トランペット) 2つ以上の楽器の役割を1つにまとめた楽器を意味する「複合楽器」(duplex)として考案された楽器。 トランペット本来のベルと上方に飛び出たベルの2つのベルを持ち、音色より音の方向性を大切にする。 異なる種類のに付け換えることによって音色を瞬時に変化させることもできる。 バルブによって音の出るベルを切り替える。 にもこの例がある。 ナチュラル・トランペット バルブの機構が1815年頃に発明される以前のトランペットで、円筒形の直管にベル(朝顔)が付いただけのシンプルな楽器である。 単なる1本の管なので、基本的にはしか出せない。 したがって、音階すべてを吹奏できず、主に軍事的な信号楽器として使われた。 その歴史は紀元前7世紀のアッシリアやヘブライ語聖書(いわゆる旧約聖書)、ギリシア、古代ローマまで遡ることができ、今日でもヨーロッパ以外の地域で同族の楽器が使用されている。 ヨーロッパにおいてはの頃に管を曲げる技術が加わり、持ち運びの容易なS字型のトランペットが現れた。 また、スライド・トランペットも開発され教会内で使用された。 両端を180度折り曲げ環状にした一般的なナチュラル・トランペットの形状はセバスチアン・フィルディングの『音楽論』(1511年)の挿絵にその初期の姿を見ることができる。 その他の形状としては、渦巻き状にしたものやハンドストップ・トランペットのようにベルに手が届くように反り返らせたものなどがある。 歴史 [ ] 原初(中世まで) [ ] 頃の陶製トランペット。 ・のLarco博物館蔵 の祖先はの型にさかのぼり、王朝時代には金属製の軍用ラッパがすでにあった。 この時期までの楽器はともトランペットとも分類できず、むしろ単にラッパの祖先と解した方が適切である。 歴史上最も古いものは、およそ3千年前のエジプトの出土品の中に見られる。 材質は金、銀、青銅のほか、土器、貝、象牙、木、樹皮、竹、瓢箪などで、形や長さも様々であり、初期のトランペットにはやバルブ機構などはなかったので、出せる音は倍音のみに限られていた。 ホルン(角笛)から分かれて、はっきりトランペットの祖先といえる楽器は、・時代になって初めて出現する。 ギリシアでは サルピンクス salpinx 、ローマでは tuba あるいは リトゥス lituus と呼ばれた。 この楽器は管長がすでに 1mを超え、管は角と金属を継ぎ合せて作られ、マウスピースはカップ型であった。 さらに青銅器時代に北欧には ルーレル lurer と呼ばれる2本1組として使われるラッパもあった。 この楽器の管は円錐形で、むしろの祖先に見えるが、管がS字型に曲がっていることが形の上でトランペットあるいはの先駆とも言える。 中世・ルネサンス時代 [ ] 10世紀頃ヨーロッパ各地においては、 Zink が作られるようになっていた。 この楽器は象牙または木の管に穴を開けて、倍音以外の音も出せるようにしたものである。 このシステムはペルシアからヨーロッパに流れてきたといわれている。 当時は2〜4つの穴が開けられていたものであったが、15から18世紀の間に、フルートからヒントを得て、表に6つと裏に1つ、計7つの穴が開けられ、音階の演奏が可能になった。 ツィンクは19世紀まで用いられていた。 12世紀に入ると管を接続することが可能になる。 チューバ、リトゥスはを通っての影響を受け、非常に長い楽器が作られるようになり、管形が円筒に近づいていった。 中世初期のこの円筒形のトランペットは、 クラーロ claro あるいは ブイジーヌ buisine と呼ばれていた。 1240年には、イタリアのが トゥベクタ tubecta という楽器を作らせた記録があり、この言葉が トロンベッタ trombetta あるいはその後の詩に初めて現れる トランペット trumpet という語の起こりである。 トゥベクタもローマ時代のチューバという語の縮小形である。 この楽器がどのような形であったか不明であるが、現在のトランペットにかなり近づいたS字形の管を持つ楽器は、1400年に最古の資料が残っている。 それから30年後には現代と同じ巻管のものが現れた。 当時巻管のものは クラリオン clarion 、直管のものは トロンバ tromba との古文献の記載があるが、前者は高音域用のトロンバ(トランペット)のことで、楽器の構造が異なるところはない。 長い楽器は基音(第1倍音)が低くなるので、高次の倍音が出しやすく、バロック時代に至ると簡単なメロディーが演奏できるようになった。 近世 [ ] 作 頃 16世紀に入って、 トロンバ・ダ・ティラルシ(Tromba da Tirarsi, 独:Zugtrompete)という楽器ができた。 これはスライド・トランペットのことで、18世紀後半までドイツの教会内で使用されたが、音程は長3度までしか下げられなかった。 なお、19世紀の英国でよく用いられたトロンボーン型のスライド・トランペットとは動く部分が異なる。 また、この頃には戦場トランペット等の信号業務以外に、宮廷のトランペット楽団が各音域に分かれ、音楽的に合奏されるようになってきた。 1511年の木版画には、 フェルト・トランペット felt-trumpet と クラレータ clareta という2種の音域用のトランペットが描かれている。 前者は低次倍音で信号業務を行う戦場トランペットであり、後者は高次倍音で野外トランペット楽団においてトップパートを担当する。 高音域は音階における倍音の間隔が狭いため、協奏曲などの旋律を吹奏することができ、ドレスデンでは20人程のトランペット奏者でミサやテ・デウムが演奏されていた。 この音域は17世紀には「 クラリーノ Clarino 」と呼ばれるようになり、高音域用の楽器やそのパートを指す意味にも使われることがある。 近代 [ ] 初頭、ドイツのブリューメルが、 カステン・ヴェンティル Kasten Ventil を発明した。 ヴェンティルとはドイツ語で弁のことである。 この楽器は2つのバルブから出来ていて、第1バルブは1音、第2バルブは半音下げることが出来た。 1825年にシェスターが作ったカステン・ヴェンティルは、すでに3つのバルブが付いている。 さらににはフランス人のラバイェによってピストンが発明された。 また、ウィーンではウールマンによってウィンナー・ヴェンティルが発明された。 1832年にウィーンで、ヨセフ・リードルがカステン・ヴェンティルを改良し、初めてロータリー式を発明した。 そして1839年にパリにおいて、ペリネが現在のものとほとんど同じ3本ピストンのトランペットを発明し、形の上では一応完成されたが、まだ問題点が残っており、やは、この楽器の発明後もあえてナチュラル・トランペットを使い、旋律的な部分はコルネットを使用している。 19世紀のバルブを持つトランペット(F管が一般的)は、管長が現代のトランペットよりも長く、現代のヘ調(F管)のアルト・トランペットと同じ長さでありながら音域はその1上の領域であった。 ナチュラル・トランペットにバルブ装置を付けたという発想の楽器で、引き続き高次倍音を用いていたために旋律を奏する際の音の的中率は低次倍音を使用しているコルネットに及ばなかった。 今日のトランペットは低次倍音を使用しているコルネットにその範を求めて改良開発されたものである。 著名な奏者 [ ] クラシック 「」を参照 その他• NARGO() 主なメーカー [ ] 日本• Brasspire アメリカ• (ヴィンセント・バック)• Calicchio(カリキオ)• KING(キング)• Benge(ベンジ)• Holton(ホルトン)• GETZEN(ゲッツェン) スペイン• Stomvi(ストンビ) イギリス• (ベッソン) ドイツ• Monke(モンケ)• Berndt C. Meyer(マイヤー)• Lechner(レヒナー) ルクセンブルク• BSC(ブラスサウンドクリエーション) スイス• INDERBINEN(インダービネン) 台湾• JUPITER(ジュピター)• XO(エックスオー)• Marcato(マルカート)• Schagerl ドイツ• レヒナー 教則本 [ ] (アーバン)による「アーバン金管教本」が古くから標準的な教則本として用いられてきた。 日本ではエチュード、小曲と独奏曲、独奏曲のピアノ伴奏譜の3巻に分けて全音楽譜出版社から出版されている。 アーバン著、E. ゴールドマン、W. スミス編 『アーバン金管教本1』• アーバン著、E. ゴールドマン、W. スミス編 『アーバン金管教本2』• アーバン著、E. ゴールドマン、W. スミス編 『アーバン金管教本3』 脚注 [ ] []• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

ピッコロトランペットの基礎練習?

トランペット 基礎

今回は半音階の練習フレーズです。 初心者の段階からこういう基礎的な練習を、しっかりやっておくと、上達にも役立ちますよ! 今回は半音階の練習フレーズを紹介します。 一見16分音符だらけで難しそうに見えますが、ゆっくりやれば必ずできるようになります。 また、いろんなジャンルの曲を演奏するときにも必ず役に立ちますので、焦らずに練習しましょう。 今回のようなフレーズはまったく練習したことがなかったので(あ、基礎的なことはほとんど練習していませんでした……)、曲を演奏するときにいつも苦労していました(汗)。 早い段階からこのような基礎的なことを、しっかりやっておくことをオススメします。 今回は気分を変えて、ドラムのバッキングも入っています。 必ずゆっくりからインテンポで練習するようにしてください。 こういった譜面を見るとどうしてもテンポよりも速く演奏してしまいがちです。 ドラムやメトロノームにしっかり合わせて、落ち着いて吹きましょう。 音域的には楽に吹けるはずですが、指をたくさん動かそうとすると突然吹くのがキツく感じたりします。 イメージとしては、ロング・トーンをしながらしっかりと指を動かして、音だけが変わっていく感じです。 注意しなくてはいけないのは、指を押すタイミングと押さえ方です。 最初は少し力が入っても良いので、しっかりとピストンを押すようにしましょう。 また、メトロノームや音源に合わせて、フレーズを最後まで演奏して、指を間違えても次へ進むようにしましょう。 音量的にはmfぐらいの吹きやすい感じで大丈夫です。 音が動くときに緩い感じにならずに、パキパキとハッキリ聴こえるようにしっかりと演奏しましょう。 時間がないときや、音だしができないときは頭の中で歌いながら楽器を持ってピストンを押す練習をしてもかなり効果的です。 1978年3月17日長崎県佐世保市生まれ。 大分県立芸術文化短期大学附属緑丘高等学校音楽科を経て、2000年国立音楽大学を卒業。 トランペットを北村源三、高橋文隆の両氏に師事。 これまでにDreams Come True、YUKI、福山雅治、角松敏生、槇原敬之、Mr. Children、東京事変、平井堅、渡辺美里、RIP SLYME等のライブやシカゴ、コーラスライン、ドリームガールズ、ウエスト・サイド・ストーリー等のミュージカルに多数参加。 その他、FNSうたの夏まつりや、ミュージックフェア等のバンドにも参加している。 また、Dreams Come True、YUKI、smap、角松敏生、いきものがかり、長渕剛、水樹奈々、小柳ゆき、矢島美容室、mihimaru GT、SOFFet等のCDやサウンドトラック、CMなど数々のレコーディングに参加。 自己のリーダー・バンドであるTHE BRASS THEATERや、オルケスタ・デル・ソル、バトルジャズ・ビッグバンドのメンバーとしてライブ活動も行っている。 Webサイト:.

次の