アピオス 栽培。 アピオス

アピオス魔法の芋の効果とは?超栄養の芋が人類を救う?

アピオス 栽培

アピオスは、丈夫で育てやすく育て方の難易度は低いです。 アンデスなどが生息地であるアピオスは極めて高い耐寒性があります。 日当りがよく水はけのよい肥沃な場所を好み、乾燥には弱いため日照りが続く時には水やりが必要です。 肥沃な土を好むため、堆肥、腐葉土、化成肥料を混入した培地で栽培します。 発芽までに長い時間を要するため、植え込んだ周辺の雑草の整理を行なうことが必要です。 寒い地域でも植え放しでも越冬します。 つる性植物で芋が土の中で育ち、花は芳香がある紫色の花を咲かせます。 根は1~2mと長く、数珠つなぎのように約3cm程度のラグビーボール形の芋を沢山つけ、つるは約2.5m程度は伸びるためグリーンカーテンにも向きます。 通常の栽培の場合、4月頃に定植して自然薯などと同じようにツルを伸ばします。 6月~8月頃に花をさかせます。 収穫は地上の葉が枯れてから、早いところで11月中旬から行ないます。 掘り起こさなければ越冬できるため、収穫は3月頃まで調整しながら行ないます。 葉が落ちたら収穫の時期と考えます。 1株で根に50個以上の芋が収穫できます。 1~2mの長く広がった根に芋が沢山つくため、 掘り上げた時に根を切らないように注意が必要です。 収穫できない芋は翌年芽を出すため注意します。 アピオスは地植えだけではなく、プランター栽培も可能です。 プランターで育てるとグリーンカーテンも目指すことが可能です。 発芽に2ヶ月程度かかるため、グリーンカーテンとして利用するには時期を考えて植えることが必要です。 栽培そのものは比較的簡単で、ジャガイモやさつまいもなどと同じと考えます。 栄養価が高いアピオスを作るには充分な土壌管理が必要で、土中ミネラルや成長要素を充分に吸収して、栄養価に優れた芋になる能力があります。 そのため、この能力を活かせる環境を用意する必要があるのです。 種まきは3~4月までに種芋を深さ5cm程度のところに植え込みます。 発芽には約2ヶ月程度かかります。 植えたまま冬を超すことができます。 種芋はいつ植えても問題はありませんが、3月に植えて芽が出てくるのは4月末から5月初めです。 畝は平畝で問題ありませんが、水が溜まらないように気をつけます。 地植えは酸性土を好むため、ピートモスを少量混入して、株間30cm間隔で植え込みます。 65cm深型プランターでは、2~3球を植えることが目安になります。 マメ科の植物なので根粒菌が窒素を固定するため、あまり多くの肥料を必要としませんが、元肥には化成肥料を混入して、 追肥は7~8月頃に1株につき50~70gを与えます。 リン酸、カリ、ミネラル肥料を多めに施します。 平畝100cm、株間15~20cm程度に種芋を1個ずつ植えつけます。 覆土は3~5cm程度です。 蔓性植物なので、支柱を立てるかネットを張っても良いです。 除草を兼ねて培土します。 中耕培土は3回行なって最終的には畝の高さが約25cm程度になるようにします。 水やりは、地植えの場合は乾燥に弱いため、こまめに水やりを行ないます。 鉢やプランターに植えた場合は、地表が白く乾いてきたら充分に水やりをします。 水のやり過ぎは根腐れの原因になるため、やり過ぎないよう注意します。 アピオスの増やし方は、種芋を切り離して植えることで増やすことが可能です。 花が7月頃に開花するため摘んでハーブティーとして飲用できますが、花は早めに摘むことでプランター植えをしている場合は芋が沢山とれるようになります。 種芋を手に入れる場合はウイルス病に感染していない清潔な種芋を手に入れることが大切になります。 11月中旬以降に食べる分だけを収穫します。 少し早い時期にツルが枯れる可能性がありますが、ツルが枯れてから暫く経ってから食べた方が食味が増します。 土の中にそのまま入れておくと春まで置いておくことができます。 春になると芽がでるため気をつけます。 春までに掘らずに、そのまま芽を出させて2年目として栽培すると玉が大きくなる傾向があります。 ただし、さまざまなところから芽がでるため、注意が必要になります。 アピオスは殆ど発芽しますが、 種芋を入手したら、春まで待たずにすぐに植える、種芋を春まで保管するなら土の中へ埋める、ポットで苗床を発芽させてから植えるなど、複数の方法で栽培することで発芽不良や発芽遅れのリスクは軽減できます。 また、植えた後は発芽まではしっかり水やりをして乾燥などに注意をします。 発芽してしまえば、後は難しいことはありません。 病気にもかかりにくくいです。 気をつける害虫はアブラムシです。 アブラムシ対策には、ツルの伸び始めに牛乳スプレーで退治するだけで大丈夫です。 万が一、アブラムシの被害にあった場合は殺虫剤が効果的です。 食品成分を使用した殺虫殺菌剤を使用すれば、収穫前日まで使用することが可能です。 アピオスは食材で、北アメリカは北西部が原産地のマメ科のつる性植物で肥大した根茎を食べます。 アピオスは芋でありながらマメ科に属する珍しい植物です。 日本には明治時代にリンゴの苗木をアメリカから輸入してた際に、アピオスはその土に混じって日本の青森に来ました。 当時はホドイモと呼ばれていました。 日本には古くから自生していたホドイモとは別種であるため、アピオスはアメリカホドイモといって区別されています。 アピオスは原産地の北アメリカでは古くから食べられていました。 インディアンが戦いの前に食べたと言われスタミナ源として栄養価が高い食材です。 カルシウム、鉄分、タンパク質などを豊富に含んだアピオスは、現在では肥満、糖尿病などの成人病などに効果が期待できる健康食品としても注目されています。 日本でもアピオスは各地で栽培されていますが、伝来の地でもある青森県が日本でトップクラスの生産量を誇っています。 離農や放棄農地が増えており、このような場所には枯れ草などによる火災や土砂崩れなどの災害が心配されます。 アピオスはこのような土地でも救荒作物としても利用できます。 支柱を立てない平面作付けなら栽培に手間がかからず雑草を抑え、地力を保持することができ、 土砂崩れを防ぎながら栄養豊富な芋も同時に収穫することができるのです。 根茎の芋を食べるだけではなく、7月頃に紫色の花を咲かせますが、その花はお茶として使用することが可能です。 その効能は血統値の上昇を抑える効果が期待できるのです。 古くからネイティブアメリカンが食用としていただけあって非常に高い栄養価がある注目の野菜です。 アピオスは食用で、肥大した根茎を食べます。 根茎は根が伸びる合間に数珠のように連なってでき、肥大した部分はサツマイモなどと同じように翌年種芋として、ここから発芽します。 アピオスは芋でありながらジャガイモと比較して鉄分は4倍、繊維は5倍、タンパク質は3倍、カルシウムは30倍です。 エネルギーはサツマイモの1.6倍、ジャガイモの2.6倍で、ビタミンCや芋類には含まれていないビタミンEも含まれているため栄養価の高い食物です。 葉は複葉で、長さは約5cmから約7cmで、7月から9月にかけて深い紫色の蝶のような形をしたスミレに似た濃厚な香りをもった花をつけることが特徴的です。 アピオスは食物なので、選んで購入する時はしっかりと栄養を蓄えて丸くふっくらとしているものを選びます。 また、アピオスは1つの株に大きいものや小さいものが混じって収穫され、味は変わらないのですが、火の通り加減や用途によって変わってくるため、なるべく大きさが揃っているものを選ぶと使いやすいです。 保存は乾燥しすぎないように、新聞紙などにくるんで冷暗所に置いておくと数日間は保存できます。 さらにビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておくとより日持ちがします。 長期間保存したい場合は、3~4分程度ゆでるか蒸してから冷凍してます。 生のまま冷凍すると味が損なわれるため注意します。 冬であれば種芋と同じように土に埋めておくと、春までは保存することが可能になります。

次の

アピオス(ほど芋)の栽培方法は?

アピオス 栽培

アピオスはマメ科のつる性植物になります。 北アメリカの北西部の原産と考えられています。 日本にアピオスが伝わったのは明治時代です。 明治時代にアメリカから輸入したリンゴの苗木の土に混じってはいってきたと考えられています。 アピオスは肥大した根茎です。 肥大した根茎はサツマイモと同じように翌年は種芋として発芽します。 根茎は数珠のように連なって出来きます。 明治時代にアメリカから伝わったアピオスは、青森県では帰化しているようです。 青森県では、アピオスのことを「ほどいも」と呼んでいます。 日本に古くから自生していた「ホドイモ」とは別種になります。 在来種の「ホドイモ」と区別するために、アピオスは「アメリカホドイモ」と呼ばれています。 アピオスと「むかご」を間違える人もいます。 「むかご」は、ヤマイモ科・ヤマイモ属の蔓になる肉芽です。 次に、アピオスの旬・アピオスの栄養・アピオスの食べ方・アピオスの選び方と保存方法・などを紹介します。 アピオスの旬 アピオスはインディアンのスタミナ源として古くから食べられていました。 アメリカでは栄養価が高い食材として知られています。 日本でのアピオスは青森県の特産品です。 最近は、日本各地で栽培されるようになりましたが、現在でもJAゆうき青森が「全国トップクラス」の生産量のようです。 アピオスの栽培が多いのは、千葉県・秋田県・長野県・高知県などです。 アピオスは6月~8月頃に花を咲かせます。 収穫は早いところで11月中旬辺りからになります。 アピオスは掘り起こさなければ越冬できることから、調整しながら3月頃まで収穫が行われています。 アピオスの旬は11月下旬~2月頃になります。 次に、アピオスの栄養・アピオスの食べ方・アピオスの選び方と保存方法・アピオスと「むかご」との違いなどを紹介します。 アピオスの栄養 アピオスの旬は11月下旬~2月頃になります。 アピオスに含まれている栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類と食物繊維などです。 アピオスにはミネラル成分のタンパク質・カルシウム・鉄などが多いですね。 アピオスに含まれているミネラル類は、ジャガイモと比較するとカルシウムが30倍・鉄分が4倍・タンパク質が6倍です。 食物繊維も5倍程度含まれています。 生活習慣病・便秘・新陳代謝・アレルギー症状・肌荒れなどの改善が期待できそうです。 アピオスの食べ方は塩茹でや焼き物をおススメします。 ジャガイモと薩摩芋を中間的なイメージで食べられます。 基本的には皮付きのまま調理して食べます。 アピオスの選び方と保存方法 アピオスは旬が美味しいですよ。 アピオスにはミネラル類などの栄養成分が豊富に含まれています。 アピオスの食べ方は皮付きのまま塩茹でや焼いて食べます。 アピオスの選び方は、栄養分を蓄えて丸くふっくらしているものです。 調理を考えると大きさが揃っているものを選ぶと使いやすいですね。 アピオスの保存方法は乾燥対策がポイントになります。 新聞紙などに包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。 数日であれば、新聞紙で包んでから直射日光が当たらない風通しの良い冷暗所で常温保存できます。

次の

アピオス(ほど芋)栽培☆収穫時期と芋の干し方・保存方法

アピオス 栽培

北米原産で、和名は「アメリカホドイモ」。 「芋ができるのに・・・マメ科?」 一般的なマメ科(サヤエンドウやサヤインゲンなど)は、 ツル性で地上に花を咲かせ、莢がつきその実の部分を食べますが~ この「アピオス」は地上で花を咲かせますが、地中に実がなるんです!! 同じくマメ科なのに地中に実がなるものは他にも・・・ 「落花生」や「シカクマメ」などがあります。 アピオスは、マメ科の植物ですが・・ 形は豆ではなく、ネックレスのように繋がった塊根を食べるんです。 じゃぁ~~ん!!これが、アピオスだぁ~! 芋にしては小ぶりですが、アピオスはとても栄養価が高く、 食べると精力がつく!元気が出る!など~昔から滋養強壮の効果が認められていました。 <アピオスの栄養価> ジャガイモと比べると、カルシウムが30倍、鉄分が4倍。 繊維が5倍、タンパク質が6倍、エネルギーが2.5倍。 これに加えてビタミンEを含んでいるという。 近年では「高血圧によい食べ物」健康食品として注目されて人気急上昇中なんです!! <種まき・芽だし作業時期> 3月上旬~5月中旬 *3月頃に園芸店にて、種いもが販売されます。 その後、支柱をたて、ネットなどを張りツルを誘引して成長を見守ります。 アピオス栽培は、ツルが長く伸びるので支柱を立てたり、 ネットを張り誘引しながら~育ててあげるのが、ポイント!! 葉は複葉で、長さは5~7センチくらい。 7月から9月にかけて深い赤紫色の蝶のような形をして、 すみれに似た濃厚な香りを持った美しい花をつけるのが特徴です。 <開花・摘花時期> 6月~9月 でも、お花を咲かせたままにしておくと・・養分が花にとられてしまい、 地下のイモが太らなくなってしまうので・・早めにお花は摘んでしまいます。 また、地中にそのまま置いておけば、冬場も保存しておくことが可能。 イモは株元だけではなく、広範囲に着くので取り残しのないように注意します。 途中で根を切らないように掘るのがポイント! <アピオスの調理法> 1.シンプルに塩茹で。 2.油で揚げて塩やマヨネーズ、チーズなどで味付けして・・ 3.煮物にしたり~コロッケにしたり~。 <アピオスの食べる場合の注意事項> アピオスはとても栄養価が高い為, 大きさによって1日に2~3個程度食べるだけで,十分その効果が得られます。 (食べすぎると~鼻血が出ちゃう場合もあるとか・・・・笑) <アピオスの味は?> ジャガイモとサツマイモを合わせた感じとか,栗っぽいと言われています。 調理方法によっても味の感じ方が変わるようです。 <アピオスの保存方法> 収穫後のアピオスは、表面の乾燥に弱いので~ 乾燥しないように湿らせた新聞紙で芋を包み、ビニールで保湿して室内保存。 (そのままの状態で大体1ヶ月ほど持つようです。 ) また一度下茹でし、冷凍保存も可能です。 電子レンジで1~2分程チンして軽く塩をふれば、簡単に食べることができます。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の