えらてんチャンネル。 えらてんの宗教(創価学会等)やバーが話題!大学や本名,年齢とは?

えらてんの宗教は顕正会?経歴や年収、バーについても調査!

えらてんチャンネル

大学卒業後は、ボランティア活動などに費やし、特定の就職はせずに、経営者・経営コンサルタント・文筆業、そしてYouTuberとして多角的に活躍しています。 プライベートでは、既婚、男の子と女の子の 2児を設ける父親としての側面も持っています。 謎の多い人物だといえそうです。 えらてんの宗教は顕正会? 自身が宗教家まがいのことをしていた経歴がある故、 宗教系の動画には、リアリティや見識の深さから、必然的に動画再生数も高くなっているという傾向があります。 特に、 オ〇ム真理教・創価学会・幸福の科学・顕正会に関する動画は、世間的にタブー視されている内容だったため、老弱男女問わず視聴している人が多いです。 宗教学者の島田先生や、イスラム研究の中田先生を招き、かなり本格的な題材を子どもでも分かるような表現や切り口で、理解しやすく動画をまとめてくれています。 そんな中、 「入ってはいけない宗教」とえらてん本人が豪語していた 「顕正会」の勧誘に会い、修行本部に連れていかれるまでを克明に録音した実録動画をUPしバズらせました。 えらてんの年収は? 多角的に商売しているえらてん。 YouTuberとしての純粋な年収は、登録者数13万6千人(2019年5月7日現在)の一般的なYouTuberなら 1000万円前後になると予想されます。 しかし、えらてんの場合、サブチャンネルも3つ以上あるは、執筆本の印税も入ってくるは、学生のコミュニティバー「エデン」の権利収入は入ってくるは、シェアハウスの経営にも絡んでいるは、と、いろいろ闇の部分が多いので、トータル的な年収になると、YouTubeからだけの収入の、 軽く2倍は稼いでいるんじゃないかと想像できます。 えらてんのバーについて えらてんといえば、その名称の通り、もとは 「えらいてんちょう」つまり、 バーの店長(というか経営者ですが)をしていたことからビジネスに開眼し、今に至ります。 その、バーは 「イベントバー エデン」といって、えらてんの地元・ 豊島区千早2-18-4に今もある店舗になります。 学生を中心に、店長 その日の店番 が日替わりで(ほぼ無給)、自分の提案したイベントを開催したり、学生同士のコミュニケーションの場にしたり、という新しい試みを展開していました。 ところが、執筆業やYouTuberとしての活躍を広げていきたいという要望から、2018年秋に店長の座を人に譲りました。 新しい店長は、 東京大学4年生かつ 学術系YouTuberである 「論文YouTuber いさお」さん。 えらてんとは異なり、就職希望とのことでしたので、現在は就職してしまい継続して働いているかどうかは不明です。 スポンサーリンク えらてんと松本人志との関係は? 1月13日放送の 「ワイドナショー」(フジテレビ系)での一幕。 メインキャスターのダウンタウン松本人志に関して、NGT48・山口真帆の「暴行被害告白騒動」のニュースに関するトークの中でこんなことがありました。 メンバーの安全対策について 「偉い人が仕切っても何もできない。 私が立ったとしても、何もできないと思う」 と語ったゲストの 指原莉乃に対して 松本人志が「それはお得意の体を使ってなんとかするとか」と発言したといいます。 その放映をテレビ越しに見ていたえらてんは、それまで特にフェミニスト的な発言は一切なかったにもかかわらず、直後の動画で 「古市憲寿、松本人志、てめえらみたいなセクハラおやじは恥を知れ!表舞台から消え去れ!」的な発言を動画にし公開したことで話題になりました。 その動画は1日経たずして 削除されてしまいましたが(おそらく 本人によって)。 これを見た視聴者は、最初 「おー!えらてんバッサリと斬ったなー」「最近のえらてん、尖りすぎてない?」などと、やや炎上しかけていたのですが、その炎上の予感を恐れたのか、削除してしまったので、視聴者からはまたまたコメントで 「意気っておいて怖気づいたか?」「意外と小心者」などと揶揄されてしまいました。 今までの 「宗教系YouTuber」で通っていたイメージが、急に 「尖った社会派もの申す系YouTuber」に変わっちゃったか?と多くの視聴者を心配させていましたが、すぐに削除し、自分の定着したイメージを変えずに済みました。 まとめ えらてんは新興宗教を中心とした現代宗教を解説したり、潜入したりしている「宗教系YouTuber」の一人です。 実生活では既婚で子供が二人います。 慶応大学出身者で、高学歴系YouTuberとしても通用する学歴の持ち主です。 時々炎上するのが得意なえらてん。 これからも目が離せないYouTuberといえるでしょう。 以上になります。 ご精読ありがとうございました。 引き続き他の記事もどうぞお楽しみください。

次の

えらてん(宗教YouTuber)の本名や大学,年齢などプロフィール!経歴は?

えらてんチャンネル

本記事の目次• 脱社畜サロン運営者である 正田圭さんの経歴詐称疑惑を、えらてんさんが提起したことがきっかけのこの事件。 Twitterの『ブロガー界隈』や『オンラインサロン界隈』をチェックしている方なら、この事件を知らない方はいないでしょう。 この件については、えらてんさんが正田圭さんに『経歴本当ですか?』と、 質問しただけで勝手に大炎上しちゃったということでした。 当時参加者が3,000人以上いた脱社畜サロンですが、 炎上後は参加者が1,500人程度になったということで、凄まじい炎上の規模が伺えますね。 実際えらてんさんは過去に、ジモティというサイトを活用してリサイクルショップの集客を行い、収益を確保した経験があるとのこと。 80万円で飲食店経営!? ここで株本氏は、『 具体的にいくらぐらいあれば、スモールビジネスができる?』と質問しました。 えらてんさん曰く、例えば飲食店なら 1店舗80万円~100万円ほどの初期費用で経営できるそうです。 内訳は、以下の通りです。 店舗の貸代が50万円• さらに、えらてんさんが経営していた「エデン」というバーでは、 日替わりバーテンダーという形態をとっています。 これにより 固定給を減らすことができるので、さらにリスクを下げることができているんだとか。 原価をとにかく抑える 飲食店であれば、店舗代や水光熱費以外にも、 実際に販売する商品の代金が必要になります。 ここで株本氏は『 扱う商品は原価率が低い商品ですか?』という質問を投げかけました。 これに対しえらてんさんは、『 仕入れをして売るという概念がほぼない』と言います。 例えばリサイクルショップでは、廃品回収をして、それを商品として売るので 原価0円。 バーに関してはそもそも 原価がとてつもなく安いので、ほぼ原価0円状態なのだそうです。 こういったほとんど 原価がないものを取り扱うことによって、経営上のリスクを減らしているのですね。 えらてんさんの店舗はどこにあるの? 実はえらてんさん、 現在は自身で店舗経営はしていないのだとか。 スモールビジネスの経験を生かして、 フランチャイズビジネスを行ったり、 店舗のコンサル等をして収益を上げているそうです。 フランチャイズであれば、 1店舗ダメになっても他の店で利益を出せば良いので、よりリスクが低いですよね。 失敗した際のリスクを下げて挑戦する 株本氏もえらてんさんも起業する際には、 スモールビジネスで利益を出す感覚を身につけることが大切だ、と考えています。 『起業は5%だけが成功して95%は失敗する』といった話がありますよね。 失敗しても繰り返せば、徐々に感覚が身につき成功する確率が上がるので、失敗を繰り返すことが大切だということですね。 えらてんさんは、 出来るだけ失敗した際のリスクが少ない商売の始め方を、コンサルティングしているということでした。 さて今回は、えらてんさんに、しょぼい起業論を中心にお話を伺いました。 次回は、 そもそも経営者に向いている人は?といった疑問を中心に、えらてんさんにお話しして頂きます。 貴重な就活と年収に関わる情報。 では実際に起業した際には、本当にそこまで失敗率が高いのでしょうか? 失敗=廃業と定義して、失敗率がどれくらい高いのかを調べてみました! 現実は果たして…!? 起業はそんなに甘くない・・・ さて上記は、 中小企業の生存率と廃業率のグラフになります。 結論としては、 2年目で約半数、10年目には約9割が廃業を余儀なくされています。 しかし、失敗をしても正しいチャレンジを繰り返せば成功確率は上がります。 できるだけ失敗した時のリスクが小さくなるように、 試行錯誤しつつ繰り返し挑戦することが大切ですね。 失敗した際のリスクヘッジには、 えらてんさんの著書が役に立つのではないでしょうか。 もちろん再起不能レベルで失敗すると、次のチャレンジもできなくなるので、ご注意を… まとめ:スモールビジネスでリスクを下げて失敗しよう いかがでしたか? 今回はえらてんさんに、本のタイトルにもなっている『 しょぼい起業』、つまりご自身のビジネスモデルについて伺いました! えらてんさんはインターネットビジネスについて、 新規参入するにはハードルが高すぎると考えています。 えらてんさん自身、ジモティというサイトを活用して、リサイクルショップの集客を行い、収益を確保した経験があります。 また、『 具体的にいくらあればスモールビジネスができる?』という質問がありました。 えらてんさん曰く、飲食店なら 1店舗80万円~100万円ほどの初期費用で経営可能とのこと。 内訳は、以下の通りです。 店舗の貸代が50万円• えらてんさんの経験に共通することは、初期費用と運転資金を抑えることで、 失敗した際のリスクを軽減している点です。 失敗した際のダメージが少なければ、 成功するまでチャレンジを続けられますよね。 それがえらてんさんの、『しょぼい起業論』の第一歩、とのことでした。 さて今回は、えらてんさんに、しょぼい起業論を中心にお話を伺いました。 次回は、 そもそも経営者に向いている人は?といった疑問を中心に、えらてんさんにお話しして頂きます。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

創価学会の今【現役幹部信者が暴露】

えらてんチャンネル

えらてんさん 「えらてん」さんと「メンタリスト DaiGo」さんのバトルを皮切りに、 (興味のある方は Youtubeで検索、ご視聴ください) 自分の知っている YouTuberさんだけでも、かなりの広がりを見せています。 配信者それぞれの価値観と考え方を知ることができるので 非常に面白く、興味深く、大変勉強になります。 えらてんさんの意見はとても鋭く、 「ホリエモンと鴨頭さんと DaiGoが N国の立花さんを持ち上げるのは N国信者(あえて支持者ではなく)を自分の潜在顧客とみているからだろう」との知見は、 物事の本質をついていると感じ、思わずひざをうちました。 また、「夜のつかしょうチャンネル」のつかしょうさんは、 その意見にまっこうから反対していました。 もちろん、それも間違っていません。 その意見を指示する人も多数いるでしょう。 このように、 自分の意見を自由に発信できる Youtubeは、 情報の多様化、多様な価値観にふれることのできる大きな土俵です。 今更ですが、新しい時代の幕開けが間違いなくやってきたといえるでしょう。 ただ、「どの情報」が自分のアンテナに引っかかり、 「どの情報」を取り入れるかは自分の現在の理解力にかかってきます。 そんな意味では、 大量の情報に触れている「情報弱者」が 大量生産されているといえる時代の幕開けだといえるかもしれません。 そんな大変な世の中で、自分が情報弱者とならないためには 自分の価値観を確立させる必要があります。 動画を見るたび、えらてんさんは視聴者に 「自分の価値観を持て」とメッセージを送っています。 一方、「自分で考えろ」といいつつ視聴者の頭の中を、 自分の言葉や思想で満たそうとする配信者もいます。 それを見極めるのは、自分の経験から構築した価値観しかありません。 その大切さを訴えているのがえらてんさんだと思うのです。

次の