ミニマ リスト しぶ 彼女。 敷き布団も冷蔵庫もない!月6万円で生活する「ミニマリスト」に一日密着した話

ミニマリストしぶさんも愛用したコイズミの炊飯器が衝撃的。5つの口コミ。

ミニマ リスト しぶ 彼女

目次 裕福なマキシマリスト家庭に育った少年時代 1995年、福岡県北九州市生まれ。 デイトレーダーの父、専業主婦の母、妹、そしてしぶさんという4人家族で育った。 父より前の代には医者が多い、いわゆる「エリート家系」。 父は、一族の間ではアウトローな存在であったが、巨額の遺産を元手に資産を成していた。 バブル崩壊後の生まれだが、幼少期の思い出は「裕福」そのもの。 広大な家の庭には、毎月雑草を刈る業者が入っていた。 車は2〜3台、物置も2〜3個置かれ、かまどやバーベキュー台も完備。 関門海峡が見える山の上に立地し、家から花火大会を眺めた思い出も。 「『自分が恵まれている、めちゃくちゃ金持ちだ』という認識は普通にありました。 親が『税務署に毎年チェックされる』とか話していたのを、よく覚えています。 新作のゲームもすぐ買ってもらえるので、よく友達が僕の家に集まって遊んでいました」 風向きが変わったのは2008年。 リーマンショックだ。 しぶ少年は、中学入学と前後して家の中に現れつつあった変化の兆しを、敏感に感じ取っていた。 「実は、その頃の記憶は曖昧だったりもするのですが、ひとつはっきり覚えているのは、旅行に行く回数が減ったこと。 小学校の頃は月に2回はディズニーランドへ行っていたのに、それがまったくなくなりました。 40〜50回は行ったかな。 今でもランドの地形はしっかり頭の中に入っています」 極貧暮らしで培われた「幸せに必要なのは金」という執念 毎日のように行っていた外食の頻度が減る、食卓にもやしが増える……などのじわじわとした変化を経て、父が自己破産。 ほどなくして、両親は離婚した。 父が家に残り、しぶさんは母に引き取られ、妹と3人でアパート暮らしをスタート。 シングルマザーとなった母との暮らしは、貧しく、苦しかった。 「ショックだったけれど、『一般家庭はこんな感じか』と冷静に思う自分もいました。 でも、自分以外の友達がちやほやされているのを見て、『昔は僕のほうが金持ちだったのに』と思ったりすることもありました」 金持ちと貧乏、人の持ち物や生活水準—すべてを手にしている「上」と、すべてが奪い取られた「下」の両方を知る経験をしたことで、さまざまな差異に敏感になっていった。 とはいえ、泣き寝入りしたり、世を羨んでばかりいたわけではない。 「月に1〜2万円とかは利益があったので、中学生が遊ぶ分には困らなかったです。 5000〜6000円のスマホ代も自分で支払っていたし、意外に不便は感じなかったんですよね」 「幸せな人生に必要なのは金。 そのためにはいい大学、いい企業に入るしかない」と執念を燃やし、地元では知られた中高一貫の進学校に高校から進学。 学費は、奨学金と母のパート代から捻出された。 ここで、しぶさんは「至って普通の学生生活」を送る。 「学力順にクラス分けされるのですが、高2までは下のほうのクラスでした。 だけど、あるとき、めちゃくちゃ勉強するようになって、突然成績が伸びたんです。 『バカクラスだけど、1番』みたいな(笑)。 浪人が決まった。 「母のパートでは無理なので、受験にかかる費用も自分で出すように言われました。 なんと、日雇いでテキ屋の屋台のトラックに乗り込み、桜前線を追いかけて全国をまわったという。 「僕だけひとり10代で、朝から夜まで働いて、みんなでごはん食べに行って、大浴場のお風呂に入り、駐車場でトラックの荷台に布団を敷いて寝る、という生活を1カ月ぐらい続けました。 店番をしているときには意外と暇な時間もあって、受験勉強もできるいいバイトだったんですよ」 春先のそのバイトで20〜30万円を貯め、本格的な浪人生活へ入ったしぶさん。 しかし、アイドルグループHKT48の追っかけや、そのための費用を捻出するためのアルバイトに時間を取られ、勉強にまったく身が入らない。 しかも、「浪人するからには」とプライドはどんどん高くなり、「みんなに自慢できる慶應以外は行かない」と決意。 意固地になるばかりで言行はまったく一致せず、気づけば2浪。 いつしか大学進学も断念し、人生あきらめモードになっていた。 「冷蔵庫 なし」で検索したことで、ミニマリズムと出会う 目的意識のないフリーターだった19歳の頃、しぶさんの心に「このままでは嫌だ。 まずは一人暮らしがしたい」という願望が芽生え始める。 しかし、お金はないから、なるべく初期投資は抑えた形で家を出た。 いろいろと情報を調べる中で、ふと「冷蔵庫 なし」とGoogle検索したことが、彼の人生を大きく変えることになる。 「たどりついたのは、冷蔵庫を持たないどころか、電子レンジや洗濯機、テレビなど、一般的に必要とされる家具や家電をいっさい持たずに生活している人のブログでした。 『こんなに少ない持ち物で、こんなに幸せそうに生活できるなんて』と衝撃を受けました」 これが、しぶさんとミニマリズムの出会いだった。 その思想は、「とにかくお金を稼いで、物質的に豊かになれば幸せになれる」と思い込んでいた彼に、「物では幸せになれない」ということを気づかせてくれた。 そして、自分の持ち物をどんどん処分し、必要最小限の物だけで暮らすように生活を変えていく。 僕が暮らす4畳半、家賃2万円の部屋。 冷蔵庫もテレビもないし、テーブルもベッドも収納もない。 しぶさんの人生を大きく変えたもうひとつの要素が「ブログ」だ。 フリーター時代にも趣味でブログをやっていたが、ある記事が注目を集めたことで20万円程度の収入を手にし、「このままアルバイトを辞められないか」と思うようになっていた。 そこで選んだのが、身辺雑記のブログをやめ、「ミニマリストブログ」へと大きく舵を切ること。 信頼できる仲間の勧めでもあった。 「ブロガー仲間の八木仁平くん( yagijimpei)が、僕の家に遊びに来たときのことを彼のブログに書いたら、その記事がめちゃくちゃハネたんです。 『しぶの家何もないじゃん、これはおもしろいから絶対ブログに書いたほうがいいよ』と言われて、自分の強みに初めて気づきました。 彼は恩人ですね」 ローンを組んでまでMacBookを購入したのは、「ミニマリストを仕事にする」という決意の表れでもあった。 そして、「職業:ミニマリスト」を名乗り、本格的に活動を開始。 半年ほどはアルバイトも並行して行っていたが、当時のブログ収入は9万円。 しかし「6〜7万円あれば生きていける」こともあり、すぐに辞めることができた。 カーテンのない部屋で、日の光で起床。 朝食兼昼食のプロテインを1杯飲んだら、仕事場となるカフェやコワーキングスペースへ徒歩で移動。 ブログなどの記事を集中して執筆し、まだ日のあるうちに帰路へ。 お風呂代わりのジム、スーパーや商店街で買い物を済ませ、自宅へ。 「1日1食」の夕飯を丁寧にとり、あとは自分の好きなことに時間を充てる。 これがミニマリストとしての、なんでもない1日の過ごし方だ。 余計なものは何もない、そぎ落とされた暮らし。 見栄は張らない、人の目は気にしない。 これが1日1食の定番メニュー。 サツマイモor玄米、サーモン・マグロなどの鮮魚orサバ缶、アボカド、野菜スープ。 「僕の何もない部屋、ルーティンな生活を見た人にはよく『悟ってるね』とか『達観してるね』とか言われますが、ここにたどり着くまでに実は3年かかっています。 でも、迷って悩んで、自分にとって大切なものを選び抜いてきたことで、見栄っ張りでもクズでもない、少しは人に胸を張れるようになった自分になれました」 乱立するミニマリストブログ界の中で、若さもいかした独自の視点でめきめきと頭角を現したしぶさん。 いまや月間PV数は100万を超え、その勢いはまさに快進撃と言ってもいいだろう。 2018年5月には、初の書籍『手ぶらで生きる。 見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』を出版した。 「昔から本が好きだったので、編集者から声をかけてもらったときは純粋にうれしかったです。 サンクチュアリ出版は、僕も愛読している四角大輔さんの本を出している会社でもあるので、めぐり合わせを感じました。 行き先はベトナム・ホーチミン。 「結果として、日本のよさを実感した旅でした。 日本は治安もいいし、トイレもきれいだし、接客のおもてなしもすごい。 ベトナムのお店の人って、客がいてもYouTube見たり、世間話したりしてるんですよね。 あと、公共交通機関がないから、バイクの数がすごい。 そして特筆すべきは、初の海外旅行でありながら、体調を崩すようなことが1度もなかったということ。 「ベトナムのいいところは、フルーツや野菜が充実しているところ。 食べるものをきちんと選べば、旅先の海外でも健康でいられる、ということがわかったのは収穫でした。 日本で同じクオリティを保とうと思ったら、もっともっとお金がかかるでしょう」 海外旅行の魅力にハマったしぶさん。 早くも次の旅行先として、地元・福岡からすぐに行ける韓国を挙げる。 「将来的には、海外生活もいいなと思います。 ビザが下りる限界までいて、また福岡に帰ってくるとか。 僕はキャリーケースひとつで日本中を旅した経験がありますが、宿や交通費のことを考えると、日本はコスパが悪いんですよね。 それは、恋愛や結婚について。 会うのは週1でいいです(笑)。 毎日会っていると疲れるし、僕はLINEも用がないと送りません。 会ったときに話せばいいと思っているので……」 両親が離婚した姿を見ていることもあってか、結婚観にも独特なものがある。 「書類に縛られるのは嫌なので、事実婚がいいです。 離婚するときに『財産を持っているほうが損をする』という仕組みに納得がいきません。 いまや3分の1が離婚する時代なのに、制度が追いついていないように思います。 『結婚は一生に1回』という価値観は、あまりにもリスキー。 面倒くさいことなしに、もっと気楽に別れたりくっついたりできればいいのに、と思いますね」 そんなしぶさんが注目しているのが、「カップル同士が小屋と小屋に住む別居婚」。 世界中で徐々に流行りつつあるスタイルだという。 「家族になって距離が近くなりすぎるから、うまくいかない。 少し前に『逃げるが恥だが役に立つ』というドラマが流行ったのも、こうした違和感を感じている人が多いからではないでしょうか」 ちなみに、初回デートは「食事・2時間だけ」と決めているという。 気分が高まれば、その後イルミネーションや季節の行事に足を運ぶこともあるが、基本的には「2時間きっかり」で終了。 「だらだら一緒にいてもいいことはありません。 『2時間でお別れ』という縛りがあるからこそ、次のデートも楽しみになる」 「ミニマリスト」の本質をシンプルかつ鮮やかに提示し、世間をあっと言わせ続けるしぶさん。 弱冠23歳、いささか「極端」とも思えるそのライフスタイルは今、大きな共感と賞賛をもって、世の中に受け入れられ始めている。 これからは、ブログや本という枠組みさえ超え、新たな仕掛けで私たちに「ミニマリズム」のよさを説いてくれるのだろう。 (取材/文 中田千秋、写真 榊智朗) ミニマリストしぶ/澁谷直人(しぶやなおと) 自身の生活や考えを綴った「ミニマリストしぶのブログ」は、月間100万PVを超える人気ブログ。 1995年生まれの福岡県北九州市出身。 「ほしいものが買えない自分は不幸」と毎日お金のことばかり考える思春期を過ごす。 フリーターだった19歳のときに、ひとり暮らしをしようと思い立ち、Googleで「冷蔵庫 なし」と検索した瞬間から人生が一変。 必要最小限での生活に目覚める。 現在もなお、福岡で家賃2万円・4畳半の小さな家に住み、生活費7万円で幸せに暮らす。 財布を持たず、服は同じ物を複数購入して毎日同じコーディネート(私服の制服化)。 時間も思考も人間関係も必要最小限。 お金や物だけでなく、人生のあらゆる局面において、よりストイックに、よりミニマルに自分を研ぎ澄ます。 「ミニマリズムの魅力を広める」を目的に事業を展開する「Minimalist」の 代表。 ・ミニマリストしぶのブログ: ・Twitter: ・Instagram:  ミニマリストしぶ(著) 1,200円+税 最小限の生活コストを知り、自由な時間としがらみのない人間関係を手に入れる! 新世代ミニマリストが教える50のコツを公開!•

次の

ミニマリストしぶさんに30の質問 前編

ミニマ リスト しぶ 彼女

どうも皆さん、はじめまして。 札幌が生んだスーパー美女、ほなみん と申します。 横から見てもスーパー美女 私ごとで恐縮ですが…去年11月にフリーランスとなってからというもの、どんどん変わった友人が増えていきました。 「 その辺の草を食べながら暮らす村長」「 奢られて生きるプロ」をはじめ、常識にとらわれないライフスタイルを送っている人がたくさんいるんですよね。 そんな彼らのような人間に出会うと『この人たちはどんな恋愛観を持っているのだろうか?』と疑問を抱いてしまうんです。 だって、お付き合いして同棲して結婚して…という一般的な恋愛・結婚ができなさそうじゃないですか? 彼らは恋愛についてどう考えてるんだろう?って気になりませんか? 気になりますよね? ということで、私は 変わった生き方をする男性たちの恋愛観を調査することに決めました。 変わった男性たちの恋愛観を知ることで価値観を広げることができて、デート中の彼らの姿まで知ることができるという女性ファンは必見のデート企画となっております。 それではさっそくいってみましょう! 記念すべき1人目のデート相手は今話題のこちらの男性です。 彼の名は ミニマリストしぶ。 年齢は23歳、福岡在住。 職業は ミニマリストの専門家 です。 「持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人」のことを指す。 新しく生まれたライフスタイルと言われている。 ミニマリストの専門家であり、月間100万PVのブログを運営するブロガーであり、最近話題の書籍「」の著書。 グッズ販売を手がけるなど、今もっとも注目されているミニマリストなんです。 今回ミニマリストしぶを選んだ理由ですが、彼の生活がこんな感じだからです。 ミニマリストしぶの部屋 ・4畳半の部屋に住んでいる ・家にベッドやソファーなどの家具を置かない ・食事は常に外食 ・ファッションは常に同じ服・同じ靴 (同じ服を何着も購入し着まわす) 家に家具はおろかベッドさえないなんてよくわからないし、思想が強そうだし、価値観が違えば弊害が生まれること間違いなしだし、一般的な恋愛はかなり難しそうですよね。 いったい彼は、どんな恋愛観を持っているの? 今日はたっぷり恋愛について話を聞いてみようと思います。 「気軽にって…夫婦って一生助け合って生きるものなんじゃないの?健やかなるときも、病めるときもさ。 」 「そういう 「結婚したら一生添い遂げるもの」っていう風潮が強いから、結婚・離婚のハードルが高くなるんだよ。 実際に婚姻件数は減少しているわけだし。 」 「うーん。 気軽に離婚するくらいなら、恋人同士とか事実婚ってかたちで付き合っていたいけどな。 」 「そこは本人たちが幸せなら何でもいいと思うけどね。 結婚しなければいけないわけではないし、結婚=幸せではないから。 」 「なるほど…私は世間体を気にしすぎているのかもしれないなぁ…」 「結婚については 何度も結婚している人のほうが経験を重ねているわけだし、むしろ賞賛されるような価値観になってほしいとも思う。 バツイチじゃなくて「マルイチ」になったらいいのに。 」 「しぶちゃんと話していると価値観が崩壊していくよ。 」 奢りたくなる女の子としかデートはしない ミニマリストしぶの恋愛観について ミニマリストしぶが選択した居酒屋、福岡天神の「」 ミニマリストしぶの恋愛観、いかがでしたでしょうか?• デ ートは手ぶら• お酒は年下の女の子と飲むときだけ• 結婚は成功率の低いギャンブル• 結婚は生涯に複数回して当たり前になってほしい• 近すぎず遠すぎず、ちょうどいい距離感が理想• 奢りたくなるような女の子とデートをする 私自身、結婚に関して一般的な考え方を持っていただけにかなり衝撃を受けたのですが、「恋愛・結婚とは何なのか」を再確認する機会となりました。 最近はLGBTやポリアモリーなど、少しずつ恋愛の多様性が可視化されてきています。 ミニマリストしぶが語るような恋愛スタイルも、これから浸透していくのかもしれないですね。 皆さんはどう思いましたか? もしよかったら、ご意見聞かせてくださいね。 ほなみん(ライター) ツイッター: ブログ: ミニマリストしぶ(出演) ツイッター: ブログ: 中野2. 5@しゅんたろす(撮影) ツイッター: デート企画第2弾のお知らせ ここで次回予告だよ〜! 次回デート企画のお相手は、なんと!人気Webライターの ジャンプ力に定評のある前田さんです。 彼が指定したのは「 ドライブスルーデート〜全てのものをスルーするデート〜」。 いったいどんなデートになっているのでしょうか…? 当記事が 5000PVを達成した時点で公開となります!乞うご期待!.

次の

ミニマリストしぶの結婚観を取材した

ミニマ リスト しぶ 彼女

先日、こんな記事を書きました。 に続き、ライターとして2作目の記事となります。 画像をクリックで記事が読めるよ 内容は『ミニマリストしぶの結婚観について』です。 ミニマリストしぶってどんな人? 福岡を拠点に活動するミニマリストの専門家です。 彼はテレビもベッドもない4畳半の家に住み、食事は全て外食するなど一般の生活とはかけ離れた生活を送っています。 月間100万PVのブログを運営するブロガーであり、今話題の書籍『』の著者でもあります。 彼に結婚話を聞いてみると、彼の口からは 『結婚は成功率の低いギャンブルだ』 『持ち物が多い人は自分に自信がなく、モテない傾向がある』 『結婚は生涯に複数回して当たり前って風潮になってほしい』 『何度も結婚している人のほうが経験を重ねているわけだし、むしろ賞賛されるような価値観になってほしい』 などなど、パワーワードが炸裂しました。 価値観が崩壊しました。 彼はかなり尖った結婚観を持っているので、やはりネット上ではいろんな意見が飛び交いました。 記事の反響の一部をまとめてみましたので、どうぞご覧ください。 僕もしぶくんの意見にかなり近くて、一生添い遂げておじいちゃんとおばあちゃんになるまで一緒だよってのは現実見えてないなぁ大丈夫かと思うけど、それを言うと嫌われるので言わないことにしてる。 — ふじさわ/イケメンはつくれる。 それでもなお、オンナ達は… ギャンブルしたいのよ・・・! 「結婚は成功率の低いギャンブルだ」ミニマリストしぶの衝撃の恋愛観とは? 暮らしの王子様 — あんじゅ先生 ジャックナイト主幹事 wakanjyu321 個人的なことを。 「この人に何かあったとき、1番に連絡がきて1番近くに寄り添える立場」であるために、結婚という形を選んだ。 というのが、私の結婚理由。 結婚するのもしないのも、個人ごとに理由がある。 だからそこについてあれこれ話すのは、そろそろやめてもいい気がする。 — こるり@凛と柔く koruri130 「結婚なんてのは、若いうちにしなきゃだめなの。 」 「ものごとの分別がついたらできないんだから」 という、樹木希林さんの名言を思い出した。 」 激しく同意だなー!! 愛情無くなって、我慢する毎日なんて嫌だしなあ。 両親不仲な家庭で育ったからよりそう思う。 仲良くなくなったら平和にさよならできるような社会だったら私も結婚願望湧く気がする。 でも超仲の良い友人じゃないと一生を共にするのは無理。 だから、異性として魅力的な人とも、まず友人関係を築く努力をするのが良いパートナーに巡りあう為の条件だと思う。

次の