ドッカン バトル 極限 z エリア。 【ドッカンバトル】極限Zエリア「宇宙最凶の一族」の攻略

【ドッカンバトル】極限Zエリア「人間0計画」の攻略情報

ドッカン バトル 極限 z エリア

を『極限Z覚醒』させられるイベント・極限Zエリア『絶望への反抗!! 』ですが、こちらはZエリアイベント第2弾ということで、前回の『』と同じく、使用キャラ縛りの激しいイベントとなっています。 『イベントが見つからないんだけど…』という人は、まずはここをクリアしましょう。 このイベントでは『編成必須キャラ』4体が全員手に入るので、どの道このイベントをやり尽くさないと挑戦権はありません。 ・ ・ ・ ・ この4人は物語イベント『』で入手可能なドロップキャラなので、イベントをサボっていた人は挑戦することが出来ません。 まずはそちらのイベントを周回して、この4人を揃えることから始めましょう。 ちなみに、17号と18号は敵が混血サイヤ人なので特攻が発動し、鬼のような強さになります。 それから、今回は敵が知属性なので、キャラ枠を空にして『体属性の栽培マン』を出撃させる場合でも属性ガードが効くので、割とこれでもなんとかなります。 後述のサンプルデッキでは、実際に栽培マン入りデッキですし、クリアのハードルは前回より低いでしょうか。 実際、フレンドもこの悟飯ですから。 前述のように、今回は栽培マンの属性が敵と合うので数合わせのキャラすら必要ないという…。 特に17号・18号のどちらかが3ターン目とかに回り、全然並べられないような展開になると厳しいです。 とは言え、それでも巡り合わせが良ければこれでも全然勝てますから、育成したくないという人は地道に挑戦していきましょう。 ちなみに、17号・18号をガッツリ解放している人の場合、楽勝も楽勝でしょう。 それでも運次第で事故の可能性というのはありますが…。 『極限Z覚醒』に必要なメダルは、『 各ルートを3回ずつ進む』ことでコンプリート出来ます。 以下、必要枚数のメダルを集めるための一例です。 そういうことで、最多で12回クリア、?マス次第ではもっと少なくて済むので、サクッとクリアしていきましょう。 以上です。 前回同様、キャラ縛りの激しいイベント…ではありますが、今回は対象キャラ達のリーダースキルやキャラの貧弱さやも考慮してか、敵も随分弱く設定されているので、前回よりは楽に勝てそうな感じはあります。 実際、サンプルデッキのような編成なら育成リソースも全く不要ですし、『このイベントのためだけに潜在玉とか使いたくない…』なんて人でも、しっかりクリアは可能な難易度にはなっています。 まあ、肝心の極限するは同名カード問題がキツ過ぎて使える場所もそうそうない、というのが現実ではありますが、少なくとも大乱戦の知属性デッキの駒にはなれる存在ですし、取り敢えずはしっかりとクリアを目指して行きましょう。

次の

ドカバト『極限Zエリア HERO絶滅計画』ノーコンクリアデッキ編成はこれだ!【ドッカンバトル】

ドッカン バトル 極限 z エリア

ドッカンバトルのチャレンジイベント 『極限Zエリア HERO絶滅計画』のノーコンクリアデッキ編成を紹介します。 イベントに参加できるキャラにかなり限りはありますが、ほとんど潜在開放をしなくてもクリア可能な難易度になっています。 極限Zエリア HERO絶滅計画 参加条件• HERO絶滅計画、HERO絶滅計画~修羅の逆襲~の全ステージをクリアしている• サポートアイテムの使用不可• コンティニュー不可 報酬 ステージ開放日程 ステージ1 2019年10月31日~ ステージ2 11月7日~ ステージ3 11月14日~ 極限Z覚醒対象キャラクター 超サイヤ人孫悟空 超サイヤ人孫悟飯(少年期) ピッコロ ノーコンクリアデッキ編成 フレンドは誰でも選択できる超サイヤ人孫悟空。 編成必須キャラクターであるウイスとハッチヒャックはレベルをMAXにしただけ。 潜在開放は何もしてない状態です。 また、秘宝で獲得できるピッコロ、ドッカン覚醒した超サイヤ人2孫悟空も潜在開放はしてません。 リーダーにしたスーパーウーブと魔神ベジータは潜在開放している状態です。 かなり手薄に見える布陣ですが、十分クリア可能ですね。 ドラゴンボールZ ドッカンバトル攻略TOPページ•

次の

【ドッカンバトル】極限Zエリア「人間0計画」の攻略情報

ドッカン バトル 極限 z エリア

を『極限Z覚醒』させられるイベント・極限Zエリア『絶望への反抗!! 』ですが、こちらはZエリアイベント第2弾ということで、前回の『』と同じく、使用キャラ縛りの激しいイベントとなっています。 『イベントが見つからないんだけど…』という人は、まずはここをクリアしましょう。 このイベントでは『編成必須キャラ』4体が全員手に入るので、どの道このイベントをやり尽くさないと挑戦権はありません。 ・ ・ ・ ・ この4人は物語イベント『』で入手可能なドロップキャラなので、イベントをサボっていた人は挑戦することが出来ません。 まずはそちらのイベントを周回して、この4人を揃えることから始めましょう。 ちなみに、17号と18号は敵が混血サイヤ人なので特攻が発動し、鬼のような強さになります。 それから、今回は敵が知属性なので、キャラ枠を空にして『体属性の栽培マン』を出撃させる場合でも属性ガードが効くので、割とこれでもなんとかなります。 後述のサンプルデッキでは、実際に栽培マン入りデッキですし、クリアのハードルは前回より低いでしょうか。 実際、フレンドもこの悟飯ですから。 前述のように、今回は栽培マンの属性が敵と合うので数合わせのキャラすら必要ないという…。 特に17号・18号のどちらかが3ターン目とかに回り、全然並べられないような展開になると厳しいです。 とは言え、それでも巡り合わせが良ければこれでも全然勝てますから、育成したくないという人は地道に挑戦していきましょう。 ちなみに、17号・18号をガッツリ解放している人の場合、楽勝も楽勝でしょう。 それでも運次第で事故の可能性というのはありますが…。 『極限Z覚醒』に必要なメダルは、『 各ルートを3回ずつ進む』ことでコンプリート出来ます。 以下、必要枚数のメダルを集めるための一例です。 そういうことで、最多で12回クリア、?マス次第ではもっと少なくて済むので、サクッとクリアしていきましょう。 以上です。 前回同様、キャラ縛りの激しいイベント…ではありますが、今回は対象キャラ達のリーダースキルやキャラの貧弱さやも考慮してか、敵も随分弱く設定されているので、前回よりは楽に勝てそうな感じはあります。 実際、サンプルデッキのような編成なら育成リソースも全く不要ですし、『このイベントのためだけに潜在玉とか使いたくない…』なんて人でも、しっかりクリアは可能な難易度にはなっています。 まあ、肝心の極限するは同名カード問題がキツ過ぎて使える場所もそうそうない、というのが現実ではありますが、少なくとも大乱戦の知属性デッキの駒にはなれる存在ですし、取り敢えずはしっかりとクリアを目指して行きましょう。

次の