あわよくば 漢字。 「あわよくば」って、何がよければなの?

「あわよくば」の意味と使い方・類語・漢字・語源・対義語・敬語

あわよくば 漢字

日本語は、和語、漢語、カタカナ語の3つを組み合わせた言葉です。 和語は日本で元から使われていた言葉、漢語の由来は古代の中国語で、2世紀以前、邪馬台国の時代より前に日本に伝わったと言われています。 カタカナ語は 世紀、日本がオランダやポルトガルなどヨーロッパの国と交易するようになって以降使われるようになりました。 普段何気なく使っている日本語が実は外国語由来だったり、新しい印象の言葉が実は昔から使われていたりと、少し掘り下げてみただけでも思いがけない発見があります。 今回のエキストラ特集では、日本語の意外で面白い語源や由来をランダムにご紹介しましょう。 阿吽(あうん) 宇宙の始まりから終わりまでを表す言葉 2人の人が何も言わずとも解り合ったり、呼吸まで合わせるように行動するさまを「阿吽の仲」「阿吽の呼吸」と言います。 「阿吽」は古代インドで使われていたサンスクリット語(梵語)の仏教の真言が由来です。 サンスクリット語の阿(a)は、何の妨げもない状態で口を大きく開いたときの音を表し、吽 m は口を完全に閉じたときの音を表しています。 また、サンスクリット語の文字配列の始めは阿、最後は吽であることから、「阿吽」は「宇宙の始まりから終わりまで」を表す言葉とされました。 そのほか、阿には真理や求道心、吽には智慧や涅槃という意味があります。 仏教に関わる像にも阿吽が取り入れられており、神社の狛犬やお寺の仁王像、沖縄のシーサーなどは、対の片方が口を開けた阿形(あぎょう)、もう片方が口を閉じた吽形(うんぎょう)の形をしています。 兵庫県明石市岩屋神社の狛犬。 通常、神社に向かって左に吽型、右に阿形が置かれる。 あわよくば 漢字で書くと「間よくば」 「あわよくば」を漢字で書くと「間よくば」になります。 「間」には「あわい」という読み方があり、何かの折や機会という意味が含まれます。 「あわいよくば」で「機会があれば」という意味になり、それが連語に変化して「あわよくば」になり、「好機があれば」という意味になったと言われています。 板につく 経験を積んだ舞台役者の比喩 積み重ねの結果として態度や物腰などが似合ってくる様子のことを「板につく」と言います。 経験を積んだ役者の足は板張りの舞台につき、安定した演技ができるようになるということから「板につく」という表現が生まれました。 うだつが上がらない 「うだつ」は防火壁のこと 「うだつが上がらない」はご存知の通り「いつまでも出世しない、生活が良くならない」という意味です。 この表現の由来には諸説あるようですが、ひとつは日本の古い商家の間にある屋根付きの防火壁「うだつ」から来ているというもの。 江戸時代、屋根の部分に上げるうだつには装飾的な意味もあり、金持ちの商家の象徴でした。 そこで、貧乏で出世しない人のことを「うだつが上がらない」と言うようになったとされています。 美濃和紙で有名な岐阜県の美濃市には、「うだつの上がる町並み」と呼ばれるうだつ付きの商家が並ぶ場所があります。 もうひとつの説は、家の屋根の一番高い場所に使う木材「棟木」と、柱の上にある屋根を支える横木の「梁」との間に立てる短い柱を「うだつ」と呼んでいたことが由来というものです。 この短い柱、うだつは屋根に押さえつけられているように見えることから、「いつまでも出世しない、生活が浮上しない」という意味になったと言われています。 そのほか、「転婆」という言葉が先にあり、それに接頭辞の「お」がついてお転婆になったという説も。 Kapalaには「覆う」「頭蓋骨」などの意味があります。 さようなら 別れを受け入れるあきらめの言葉 さようならの語源は接続詞「さらば(そうであるならば)」「左様ならば」であるとされています。 「そういうことならば(別れも)仕方ない」という、別れをそのまま受け入れるあきらめのニュアンスを持ちます。 かつての日本では「稲妻形」と呼ばれていました。 Juponは女性がスカートの下にはくペチコートを指します。 サバを読む 魚の鯖のこと 年齢を若く言ったり、自分のために数をごまかす行為を「サバを読む」と言いますが、その語源はやはり魚の鯖という説が有力です。 冷蔵庫などがなかった昔、魚屋は傷みやすい鯖をできるだけ早く売る必要がありました。 そのため速く数えながら売っていて、実際の鯖の数と魚屋が言う鯖の数がずれることが多かったのだそうです。 魚屋が言う鯖の数はいい加減な数字だったということから、数をごまかすことを「サバを読む」と言うようになりました。 ちなみに、相撲の技のひとつ「鯖折り」は、鯖を釣った直後にエラから指を入れ、頭を上に折り曲げて鯖の鮮度を保とうとしたことに由来します。

次の

面白い日本語の語源と由来

あわよくば 漢字

公開日: 2018. 07 更新日: 2018. 07 「なかんずく」「よしんば」の意味と使い方、語源、類語、英語表現 「なかんずく」と「よしんば」という言葉をご存知でしょうか。 「なかんずく好きだ」「よしんば何か起きても」などと使います。 日常会話ではあまり使わない言葉のため、聞いたことないという人も多いかもしれません。 確かに「なかんずく」「よしんば」と聞くと、古めかしい感じがしますよね。 なんとなく難しいイメージがしますが、意味をしっかりと知っておけばすぐにでも使えるようになります。 そこで今回は「なかんずく」と「よしんば」の意味について解説していきます。 それぞれをきちんと覚えて、正しく使えるようにしましょう! 「なかんずく」の意味・使い方・類語・語源 意味 「なかんずく」の意味は 「たくさんの事柄の中から、特に一つを取り上げるさま」です。 「なかんずく」= 「取り分けて。 その中でも」ということになります。 「なかんずく」は漢字だと「就中」と書きますが、ひらがな表記が一般的です。 使い方と例文 数多くある物事の中から、一つの事を取り上げるという場合に「なかんずく」を使います。 例えば、「映画はジャンルを問わず何でも見るが、なかんずく見ていてドキドキするスリラー映画が好きだ」と言えます。 これは、「映画はコメディーやアクションなど数多くあるが、中でもスリラー映画が一番好き」ということを表します。 このように、「なかんずく」は他の物事よりも優れている・好む・素晴らしいなどと、プラスなことを評価する場合に使うのが適します。 「映画のジャンルが様々だが、なかんずくロマンス映画が一番嫌いだ」といったように、 悪いことをあれこれと指し示すという意味では使いません。 「なかんずく」は少々堅い表現なので、日常会話というよりも、手紙などの書き言葉として用いることが多いです。 例文 ・このドラマは全シリーズ面白いが、なかんずくシリーズ4が好きだ。 ・昔のことはほぼ頭に入っているが、なかんずくあの事件については鮮明に覚えている。 ・実験の授業はとてもワクワクするが、なかんずくカエルの解剖が楽しかった。 ・美味しいものだったら何でも好きだが、なかんずくケーキやアイスなど甘いのものを好む。 ・音楽はジャンルを問わず何でも聞くが、なかんずくテンションが上がるパンクミュージックが好きだ。 ・彼は理科を得意としていて、なかんずく動物の生態についてとても詳しく知っている。 ・A監督が作る物語は全て面白いが、なかんずくバッドエンドで終わる傾向がある。 ・料理をする際はいろいろな調味料を使うが、なかんずく塩をよく使う。 ・全学年に言えるが、勉強であったらなかんずく英語が大事である。 類語 中でも (意味:多くの中でも特に) 「何でも好きだが中でも釣りが好きだ」 殊に(ことに) (意味:他のものと比べて目立っているさま) 「今日の雨は殊に強い」 特に (意味:多くの物事の中で際立っているさま) 「一つ足らなくても特に問題ない」 取り分け (意味:同じような物事の中でも、際立っているさま) 「取り分け野菜が好きだ」 格段に (意味:程度がはるかに超えているさま) 「前よりも格段に良くなっている」 ひときわ (意味:他と比べて一段と) 「彼女はひときわ目立っている」 殊更(ことさら) (意味:特に抜き出ているさま) 「いつもより殊更元気そうで安心した」 一入(ひとしお) (意味:一段と際立っているさま) 「こんな結果になるとは感慨も一入だ」 取り立てて (意味:多くのものの中で特に取り上げる) 「取り立てて彼のオーラはすごい」 数ある中で (意味:たくさんある中でも) 「数ある中で君の考えた案が一番良い」 語源 上記でも説明したように、「なかんずく」は漢字だと「就中」と書きます。 「就中」を漢文訓読すると 「中に就く(なかにつく)」で、だんだんと「なかんづく」となりました。 さらに「なかんづく」の「づ」が「ず」と混同されたことから、「なかんずく」も徐々に用いられるようになったのです。 古くは「なかについて」という形でも使われていましたが、「なかについて」が先に使われていたか「なかにつく」の方が早く使われていたかについてははっきりとしていません。 「なかにつく」から「特に。 取り分けて」という意味が生まれたのではなく、漢語の「就中」自体が「特に。 主に」を表します。 このように「なかんずく」は漢語「就中」を読み下したものが、そのまま使われるようになった語となります。 「よしんば」の意味・使い方・類語・語源 意味 「よしんば」の意味は 「究極の事態を仮定するさま」です。 「よしんば」= 「たとえそうでも。 仮にそうでも」ということになります。 「よしんば」は漢字だと「縦しんば」と書きますが、ひらがな表記が一般的です。 」「よしんば、そうなっても... 」という形で用います。 このように、「よしんば」の後は本当の話ではなく、仮の話を続けます。 例えば、「よしんば明日台風が来たとしても、予定は変わることはない」と言えます。 「よしんば明日台風が来たとしても、予定は変わる」とは言えません。 例文 ・よしんば一人揃わなかったとしても、何も困ることはない。 ・よしんば雨が降ってきたとしても、屋内開催なので問題ない。 ・よしんば泥棒に入られたとしても、防犯ブザーが鳴るようになっているから安心して寝られる。 ・よしんばスピードをもっとも早く出したとしても、時間には間に合わないだろう。 ・よしんばお金が多くあったところで、その問題が解決するわけではないよ。 ・よしんば都合が悪いとしても、別の日にすれば良いから不安に思うことはないよ。 ・よしんば彼に裏切られたとしても、君の味方はたくさんいるんだから気にする必要はない。 ・よしんばその時は逃げられたとしても、ゆくゆくは捕まってしまうに違いない。 ・よしんば彼がやって来たとしても、私達の所には来ないだろうから特に支障ない。 類語 万が一 (意味:物事の実現の可能性が低いことを想定するさま) 「万が一参加できなかったら、私の代わりに頑張って」 たとえ (意味:ある物事が生じた場合でも、事は問題なく進むさま) 「たとえそこまで行ったとしても、彼女には会えないよ」 仮に (意味:もしものことがあった場合) 「仮に行けなくなったら連絡するよ」 もしも (意味:はっきりとは分かっていないことを想定するさま) 「もしも大事な物が消えてしまったら、落ち込んでしまう」 仮定 (意味:念のために想定すること) 「物事を仮定してみる」 想定 (意味:ある物事を仮に考えてみること) 「本番を想定してリハーサルを行う」 最悪の場合でも (意味:物事が上手くいかなかったケースを考えるさま) 「最悪の場合でも逃げることはできる」 ものともせず (意味:問題にしないで進めるさま) 「怪我をものともせず参加する」 そうであっても (意味:ある物事が起こると想定するさま) 「そうであっても無事に済むだろう」 語源 上記でも説明したように、「よしんば」は漢字だと「縦しんば」と書きます。 「縦し」は「納得はいかないが、仕方ない。 想定する」を意味します。 このように、「縦」は「たて」という意味以外にも、仮定を表す場合にも用います。 仮定を表す「縦し」+条件を表す「んば」とすることによって、今現在使われている「かりに。 たとえ」という意味になります。 方言だと思っている方が多いですが、「よしんば」は「大和言葉」に当てはまります。 「大和言葉」は日本独自の言葉遣いで、ある決まった地域のみではなく、幅広く使われています。

次の

あわよくばの名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

あわよくば 漢字

日本語は、和語、漢語、カタカナ語の3つを組み合わせた言葉です。 和語は日本で元から使われていた言葉、漢語の由来は古代の中国語で、2世紀以前、邪馬台国の時代より前に日本に伝わったと言われています。 カタカナ語は 世紀、日本がオランダやポルトガルなどヨーロッパの国と交易するようになって以降使われるようになりました。 普段何気なく使っている日本語が実は外国語由来だったり、新しい印象の言葉が実は昔から使われていたりと、少し掘り下げてみただけでも思いがけない発見があります。 今回のエキストラ特集では、日本語の意外で面白い語源や由来をランダムにご紹介しましょう。 阿吽(あうん) 宇宙の始まりから終わりまでを表す言葉 2人の人が何も言わずとも解り合ったり、呼吸まで合わせるように行動するさまを「阿吽の仲」「阿吽の呼吸」と言います。 「阿吽」は古代インドで使われていたサンスクリット語(梵語)の仏教の真言が由来です。 サンスクリット語の阿(a)は、何の妨げもない状態で口を大きく開いたときの音を表し、吽 m は口を完全に閉じたときの音を表しています。 また、サンスクリット語の文字配列の始めは阿、最後は吽であることから、「阿吽」は「宇宙の始まりから終わりまで」を表す言葉とされました。 そのほか、阿には真理や求道心、吽には智慧や涅槃という意味があります。 仏教に関わる像にも阿吽が取り入れられており、神社の狛犬やお寺の仁王像、沖縄のシーサーなどは、対の片方が口を開けた阿形(あぎょう)、もう片方が口を閉じた吽形(うんぎょう)の形をしています。 兵庫県明石市岩屋神社の狛犬。 通常、神社に向かって左に吽型、右に阿形が置かれる。 あわよくば 漢字で書くと「間よくば」 「あわよくば」を漢字で書くと「間よくば」になります。 「間」には「あわい」という読み方があり、何かの折や機会という意味が含まれます。 「あわいよくば」で「機会があれば」という意味になり、それが連語に変化して「あわよくば」になり、「好機があれば」という意味になったと言われています。 板につく 経験を積んだ舞台役者の比喩 積み重ねの結果として態度や物腰などが似合ってくる様子のことを「板につく」と言います。 経験を積んだ役者の足は板張りの舞台につき、安定した演技ができるようになるということから「板につく」という表現が生まれました。 うだつが上がらない 「うだつ」は防火壁のこと 「うだつが上がらない」はご存知の通り「いつまでも出世しない、生活が良くならない」という意味です。 この表現の由来には諸説あるようですが、ひとつは日本の古い商家の間にある屋根付きの防火壁「うだつ」から来ているというもの。 江戸時代、屋根の部分に上げるうだつには装飾的な意味もあり、金持ちの商家の象徴でした。 そこで、貧乏で出世しない人のことを「うだつが上がらない」と言うようになったとされています。 美濃和紙で有名な岐阜県の美濃市には、「うだつの上がる町並み」と呼ばれるうだつ付きの商家が並ぶ場所があります。 もうひとつの説は、家の屋根の一番高い場所に使う木材「棟木」と、柱の上にある屋根を支える横木の「梁」との間に立てる短い柱を「うだつ」と呼んでいたことが由来というものです。 この短い柱、うだつは屋根に押さえつけられているように見えることから、「いつまでも出世しない、生活が浮上しない」という意味になったと言われています。 そのほか、「転婆」という言葉が先にあり、それに接頭辞の「お」がついてお転婆になったという説も。 Kapalaには「覆う」「頭蓋骨」などの意味があります。 さようなら 別れを受け入れるあきらめの言葉 さようならの語源は接続詞「さらば(そうであるならば)」「左様ならば」であるとされています。 「そういうことならば(別れも)仕方ない」という、別れをそのまま受け入れるあきらめのニュアンスを持ちます。 かつての日本では「稲妻形」と呼ばれていました。 Juponは女性がスカートの下にはくペチコートを指します。 サバを読む 魚の鯖のこと 年齢を若く言ったり、自分のために数をごまかす行為を「サバを読む」と言いますが、その語源はやはり魚の鯖という説が有力です。 冷蔵庫などがなかった昔、魚屋は傷みやすい鯖をできるだけ早く売る必要がありました。 そのため速く数えながら売っていて、実際の鯖の数と魚屋が言う鯖の数がずれることが多かったのだそうです。 魚屋が言う鯖の数はいい加減な数字だったということから、数をごまかすことを「サバを読む」と言うようになりました。 ちなみに、相撲の技のひとつ「鯖折り」は、鯖を釣った直後にエラから指を入れ、頭を上に折り曲げて鯖の鮮度を保とうとしたことに由来します。

次の