渋野 日向子 渋沢 栄一。 渋沢栄一の子孫、渋沢莉絵留「追いついて」暫定2位

渋野日向子

渋野 日向子 渋沢 栄一

このページの目次 CLOSE• 渋野日向子プロは、2019年5月のメジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」でツアー初優勝した女子プロゴルファー。 (当時、20歳178日での優勝は大会史上最年少優勝) また、同年7月の「資生堂アネッサレディス」で2勝目を飾った渋野日向子プロ。 そして、渋野日向子プロが最も話題になったのが、同年8月に開催された女子ゴルフ 海外メジャー選手権「AIG全英女子オープン」に初出場で優勝したことだろう。 この「AIG全英女子オープン」では、平均260ヤードを超えるドライバーショットの飛距離を武器に、最終日にはグリーンの手前に池が待ち受ける12番のパー4で "1オン" を決めるなど、渋野日向子プロの強気なラウンド姿勢も賞賛されている。 日本人ゴルファーとしては、1977年の「全米女子プロゴルフ選手権」での樋口久子プロ以来、42年ぶり2人目のメジャー大会制覇となった。 今、黄金世代のニューヒロインとして、もっとも期待されている渋野日向子プロ。 その渋野プロのスイングが、PGAツアー屈指の飛ばし屋として有名な2016年の全米オープンの優勝者でもある「」と似ているといい、本人もそれを認識しているようだ。 渋野日向子 ゴルフクラブセッティング 渋野日向子 ゴルフクラブセッティング 2019年現在 ドライバー G410 プラス ドライバー 藤倉コンポジット 569 スピーダーエボリューション6 44. 75インチ、硬さSR FW&UT G410 LST フェアウェイウッド 3番14. 5度 G410 フェアウェイウッド 5番17. 5度 G410 ハイブリッド 3番19度、4番22度 アイアン i210 アイアン 5番〜PW ウェッジ グライド フォージド ウェッジ 52度、58度 パター シグマ2 アンサー パター ボール プロ V1 ボール 契約 クラブ:PING ボール:タイトリスト ウェア:ビームスゴルフ 渋野日向子 ゴルフクラブセッティング 2018年現在 ドライバー G410 プラス ドライバー 10. 5度 スピーダー エボリューション 5 44. 75インチ、硬さSR FW&UT ピン G410 フェアウェイウッド LST 3番14. 5度 G410 フェアウェイウッド 5番17. 5度 G410 ハイブリッド 3番19度、4番22度 アイアン i210 アイアン 5番〜PW ウェッジ ピン グライド フォージド 52度、58度 パター シグマ2 アンサー パター ボール プロ V1 ボール 契約 クラブ:PING ボール:タイトリスト ウェア:ビームスゴルフ.

次の

新1万円札肖像・渋沢栄一と縁戚の美人アマチュア渋沢莉絵留が大健闘

渋野 日向子 渋沢 栄一

1.昨年は、スポーツの世界では、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催や ゴルフの渋野日向子の全英女子オープンでの優勝等、明るい話題に事欠かない1年 であった。 しかし、政治や経済の世界では、大国のエゴ丸出しの行動や全世界的な経済の停滞等 好ましからざることが次々と出現した。 就中当局の発表やマスコミの記事におけるフェイク・ニュースの横行は、世界の劣化を 如実に顕わしたものであり、オーバーにいえば、この世の中はどんどん悪化して行き、 やがて滅亡するのではないかという感じさえ抱かせるものであった。 特に、年末から年初にかけての中東における戦争紛いの事象は、心胆を寒からしむるに 充分なものであった。 2.こうした中にあって、この方面において、我が国のある意味でささやかではあるが 明るいニュースとしては、現在の1万円札の表紙となっている福沢諭吉の肖像が、 渋沢栄一に近々変わるという決定が昨年にあった。 いうまでもなく、それぞれの国の紙幣の表紙を飾る人物はその国を代表する人であり、 その人の地位や功績のみによるものではなく、その国の文化や価値観をも表すものである。 福沢と渋沢についていえば、約150年前、極東の眇たる小国であった日本が、現在は やや衰えたといいながら、世界の大国に何とか渡り合っていき、豊かな社会を築くと ともに、ある程度の尊敬を受ける存在となっているのはこの二人に負うことが大きい。 福沢の場合は、教育・言論や複眼主義という新しいものの見方や考え方において、 渋沢の場合は、合本主義を通じた民間の営利会社による近代産業の興隆や民間外交・ 公益活動により、両者が日本を物心両面から豊かにする基礎を作ったといっていいで あろう。 3.福沢諭吉と渋沢栄一は、略々同年齢といってよく、前者は1834(天保5)年、 後者は1840(天保11)年生まれであった。 下級武士と上層農民という出自の違いはあるが、明治維新前後の一身にして二世を 経るが如き激動の時代の中で大きな活躍をしたが、共通する点は次の三点であろう。 (1)一度は幕府乃至は新政府に就職するものの、自分の考えや理想を実現するために 敢然と官を辞し、民間の一市民として生涯を全うしたこと。 (2)私の利益を省みず、世の中のためを専ら考えて行動するとともに、正論であれば 政府や世間を慮ることなく主張したこと。 (3)理屈のための理屈に固執することなく、物事に対し柔軟な対応を行い、嘘をついたり (フェイクを流したり)権謀術数を弄さなかったこと。 4.上記のような思想と行動の背景には、二人が幼少の時から勉学に励んだ儒教の影響が あると考えられる。 福沢の場合は「門閥制度は親の敵で御座る」という反面教師として、そして渋沢の 場合は「論語と算盤」に象徴される経済と道徳の合一の教えとしてである。 この辺りについては、各種の書物や学者の解釈も色々あり、筆者などが言及する 限りではないが、逆に二人に共通する儒教に由来するものとしては、人間の道義乃至は 人に対する恕(愛)が存在し、それを生涯にわたり一貫したことが、日本における 好ましい指導者の人物像として万人が認めることとなったのではないかと思われる。 道義乃至は恕(愛)なしでは世は立たずということであり、殺伐とした現在の世の中に おいては、一段と心暖まることである。 *本稿については下記の著作を参考にしました。

次の

渋沢栄一ゆかり 井原PR 官民組織発足へ、大河ロケ誘致も:山陽新聞デジタル|さんデジ

渋野 日向子 渋沢 栄一

国内女子ツアー開幕戦アース・モンダミンカップ(25~28日、千葉・カメリアヒルズCC)を前に、渋野日向子(21=サントリー)の師匠、青木翔コーチ(37)が15日、オンラインで取材に応じた。 渋野に先立ち、会見。 渋野の仕上がりについて「今は正直、20%。 初日に60%で入って、最終日に100%に近いぐらいになってくれたら」と明かした。 2月からアジア開催の米女子ツアー2試合を経て、3月の国内開幕を目指していたが、当時は「本当に100に近い状態だった」という。 しかし、新型コロナウイルス感染拡大でツアーが休止、さらに長期化が予想された段階で「あの調子をずっと維持するのは無理。 スケジュールも不透明でモチベーションを保つのも難しい。 そこで1度落とした」。 直接指導は昨季シーズン中の3~4分の1ほどに減ったが、同コーチが渋野の地元岡山方面に出向く機会を増やした。 将来的に考えていたスイング改造にも着手。 広めのスタンスを狭め、再現性を高める動きように指導するなど、プランを変更した。 「スイングは今年中に(マスター)できれば、という感じ。 それもあって、ゴルフの練習は(開幕後の方が)めっちゃハードになります」と話した。

次の