かげふみ ポケモン。 ポケモンBW2特性「かげふみ」ヒトモシについて

ポケモンBW2特性「かげふみ」ヒトモシについて

かげふみ ポケモン

「キョダイゲンエイ…… かげふみだよ 逃げられない…… 逃がさない……!」 概要 『』に登場する、の一人。 キャッチコピーは 「サイレントボーイ」。 背番号は「291」で、憎い(にくい)と掛けていると思われる。 海外版の名前は Allister。 のジムリーダーで、の使い手。 『シールド』版でのみ挑戦できるジムリーダーで、『ソード』版のみで挑戦できるのジムリーダー・とは対になっている。 『』のとのように、バージョンによって異なるジムリーダーの前例はあったが、使用タイプまで異なるのは今作が初となる。 幼くしてジムリーダーをつとめる優秀なトレーナーだが、かなり内気なため、人目を恐れ顔をで隠している。 いつどこで仮面が外れても大丈夫なように、同じ仮面のストックを100個は用意しているらしい。 人前では絶対に仮面を外さない彼だが、 性格のためか口数が少なく、のように常にふらふらとした独特な挙動をしている。 ほとんどのトレーナーが片手で投げるも、彼の場合は両手で掬い上げるように投げる。 と同じように左右の腰にモンスターボールを提げているが、手持ちのポケモンを繰り出す際はを使用する。 と同様グローブとダイマックスバンドを左手側に装着しているのを確認でき、設定画でであることが明言されている(握手を交わす時は右手で行っている)。 リーグカードによると、4歳の頃に事故に遭い、生死を彷徨うほどの状態になったことをきっかけに、死んだゴーストタイプのポケモンも視えるようになったとインタビューで答えたようだが、本当かどうかは謎であるという。 設定画では、頭のはらしい。 公式サイトによると、普段は遺跡や墓場に一人でいるという。 また、前髪に隠れた仮面の上部分にはと同じ模様があり、彼らが進化する際遺される殻から作られている可能性が高い。 背中もよく見ると、着用しているサスペンダーがをイメージしたものになっているのが分かる。 ジムチャレンジ 彼のジムチャレンジはピンボールのような構造になっており、玉に見立てた遊園地のコーヒーカップのような乗り物に自分が乗り込み、Rスティックを操作して傾斜を下っていく必要がある(これは『ソード』版のサイトウの場合も同様)。 この操作はRスティックを「右回りにぐるぐる回す」と右方向に、左に回すと左方向に進むのだが、説明を聞き逃して普通に操作しようとしてもRスティックを倒すだけでは何も起こらないため注意。 そしてジムトレーナーが、 オニオンとは対照的の老人ばかりであるのもまた個性的である。 手持ちポケモン ジムバトル• CV:。 月夜の墓場に一人でいたところを、入院中の親友・ジョンと喧嘩してしまったトミーから、仲直りのためにチャンピオン・の試合に招待して欲しいと懇願される。 試合への招待は断ったが「仲直りしたいなら直接言いに行けばいい」と提案し、病院への道中に同行する。 声をかける、手を差し出すといったトミーの行動にいちいち怯えてすくみ上るなど、臆病な面が強調されている。 反面、病院の警備員の前にゴーストを頭に乗せて現れて彼を絶叫させたり、いつの間にかアーマーガアタクシーの座席に乗り込み、驚く運転手の背後から手持ちのゴーストポケモンを近づかせてさらに追い打ちをかけたりと、 他人を驚かせることは好きなようである。 作中では、ゴース・ゴースト・ゲンガーの三匹を連れている。 彼らはオニオンの手持ちであると同時にボディガードのような役割を果たしているらしく、トミーを驚かせて追い返そうとしたり、なおもオニオンに近づこうとする彼の前に立ちはだかったりしている。 ただし、ジョンとの仲違いの話を聞いた時には悲しげな表情をしており、心優しい面もある。 第6話の主要キャラではあるが、作品のテーマがトミーとジョンの仲直りであるため、ストーリー上の立ち位置としては脇役といえるかもしれない。 余談 名前の由来はそのままの英名「」(Onion)。 ちなみに男性のゴーストタイプの使い手は『』の以来である。 彼に勝利すれば技マシンとトレーナーウェアを貰えるが、『剣』版ではショップで購入するしか入手出来ない。 同じく両バージョンで対となっている&が親子であることが判明しているのに対し、 サイトウとオニオンに関しては明確な関係性について特に語られておらず、両者がどういった関係にある存在なのかは不明となっている。 まで強化したニャースにキョダイコバンを3回撃たせれば1試合当たり99999円という大金ががっぽり手に入るため、これを使えなくなってしまうというのは資金集めの効率の面から見れば案外馬鹿にならないロスとなる。 もちろん、や等で無理やりノーマル技を通すという芸当もできなくはないが、ゴーストタイプのポケモンは耐久が低い者が多く、最悪の場合最大強化したニャースのキョダイコバン一発で即退場なんてことも珍しくないため、やはり現実的とは言えない。 このため、資金集めのためにトーナメントを周回しているの中には、オニオンが参加しないorこちらとマッチングしない組み合わせ(ホップやダンデ等 確実に勝ちあがってくるトレーナーに打ち負かしてもらえる組み合わせ)になるまでリセットを繰り返しているという者も少なくないようだ。 関連イラスト タグ付けの注意 pixivでは「オニオン」だけで検索すると「玉葱」や「」や「」などの作品まで引っかかるため、「ポケモンのキャラクターのオニオン」の作品にタグを付ける場合はなるべく「オニオン トレーナー 」と付けるのを推奨。 関連タグ• :よく似たデザインのマスクをつけている。 彼らがマスクをつける理由は「恥ずかしがり屋」だからであり、英語名は"Shy Guy"。 :やはりマスクがそっくり。 :イギリス出身の神秘学者・作家で、黒魔術師としても知られる。 海外版名の元ネタになったと思われる人物だが、こちらの名前の綴りは"Aleister"であり、若干異なる。 他のゴーストタイプの使い手 関連記事 親記事.

次の

かげふみ (かげふみ)とは【ピクシブ百科事典】

かげふみ ポケモン

技名 命中 効果 とおせんぼう — 相手を逃げられない状態にする。 くろいまなざし — 相手を逃げられない状態にする。 たこがため 100 相手を逃げられない状態にし、 その間、相手の防御と特防が 毎ターン1段階ずつダウン。 はいすいのじん — 自分の全ての能力ランクが 1段階ずつ上がり、 自分が 逃げられない状態になる。 2回目からは失敗する。 逃げられない状態にする特性 かげふみ かげふみは、相手を逃げられない状態にする特性です。 ただし特性かげふみ同士の場合は、お互いにかげふみが無効になります。 ほろびのうたを使ってからこれらのポケモンに交代することで、相手を交代させずに倒す戦法や、 ゴチルアントと呼ばれるハメ技のような戦法が存在します。 この特性のポケモン:ソーナンス、ゴチルゼル ゴチルアントとは? アイアントの特性は はりきりが主流ですが、隠れ特性で、2ターンに1度しか行動できない特性 なまけがあります。 1ターン目:相手を自分と同じ特性にする技 なかまづくりで写し、相手をなまけにします。 さらにアイアントは だっしゅつボタンなどで特性 かげふみのゴチルゼルに交代します。 2ターン目:相手はなまけで行動できず、ゴチルゼルは積み技で能力をアップします。 相手はかげふみにより交代できません。 3ターン目:相手の攻撃をまもるで防ぎます。 以降、 なまけに合わせて積み技を使い、 相手が行動するターンはまもるで防ぐという動きを繰り返し、十分能力が上がったら攻撃するという戦法です。 ゴチルゼル+アイ アントで「ゴチルアント」というわけです。 ゴチルアント対策 ゴーストタイプであれば、かげふみが無効です。 他には、 じばくなど、自力で退場できる技があれば、なまけにされてからゴチルゼルと対面した場合でも、ループから抜け出すことができます。 (おきみやげは、まもるで防がれると不発になります) また、 ダイマックスに対してはなかまづくりは無効になります。 ただし、すでに特性がなまけに変えられた場合は、ダイマックス中でもなまけは発動してしまいます。 ありじごく 地面にいる相手のポケモンは、交代することができなくなります。 特性かげふみ同士の場合はお互いに交換ができますが、ありじごく同士の場合だとお互いに交換ができません。 戦闘には無関係ですが、手持ちの先頭にいると、 野生ポケモンと出会いやすくなる効果があります。 この特性のポケモン:ダグトリオ 原種 、ナックラー じりょく 相手の 鋼タイプのポケモンは、交代することができなくなります。 特性かげふみ同士の場合はお互いに交換ができますが、じりょく同士の場合だとお互いに交換ができません。 戦闘には無関係ですが、手持ちの先頭にいると、 鋼タイプの野生ポケモンと出会いやすくなる効果があります。 この特性のポケモン:メルタン 逃げられない状態の解除方法 使用者をひんしにする 逃げられない状態にする技を使った相手を倒せば、逃げられない状態は解除されます。 とんぼがえりなどの交代技 とんぼがえりやボルトチェンジ、バトンタッチ、すてゼリフなどの技なら、逃げられない状態でも交代することができます。 バトンタッチでも、 交代先に逃げられない状態は引き継がれません。 ゴーストタイプ ゴーストタイプのポケモンは、逃げられない状態でも交代することができます。 交代したら、逃げられない状態は解除されます。 きれいなぬけがら きれいなぬけがらを持っていれば、逃げられない状態でも交代することができます。 交代したら、逃げられない状態は解除されます。

次の

かげふみ (かげふみ)とは【ピクシブ百科事典】

かげふみ ポケモン

効果 ポケモンから必ず。 ただし、では、効果が弱まり、常に逃げられるわけではなくなる 説明文 せんとうから にげやすい ・・・・ やせいの ポケモンから かならず にげられる。 野生の ポケモンから 必ず 逃げられる。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - - - - - こんなときに使おう• 通常は自分より素早さの高い野生のポケモンからは逃げにくいが、にげあしのポケモンなら必ず逃げることができる。 自身のレベルが低いストーリー序盤で便利。 またそれを考慮しているのか、この特性をもつポケモンはストーリー序盤で捕まえられるポケモンが多い。 ではシナリオ序盤ので特に役に立つ。 野生ポケモンのレベルが比較的高い上に、いわゆる「とても強いポケモン」などまともに戦闘しては勝ち目のないポケモンもいるためである。 序盤からの広い範囲を比較的安全に探索できるため、やなど便利なわざマシンを拾うのに役立つ。 ただし、に生息するにはを出してにげあしを封じてくる個体もいるため、十二分に警戒するか、万が一のを用意しておこう。 トレーナー戦では全く効果が無い。 別の特性にするとよい。 時は、状態・状態・状態や相手の・・、場の状態の影響を受けない。 する場合は影響を受ける• も上記の状態変化やとくせいの影響を受けず成功する。 発動時、までは「は にげあしを つかって にげた」というメッセージが流れる。 からは特性バーが現れることで代用され、通常と同じ「うまく にげきれた」のメッセージが流れる。 では効果が異なり、HPが減るとになり勝手に逃げ出してしまうという、デメリットのみの特性になっている。 該当ポケモンが依頼人の場合は注意したい。 同様の効果をもつアイテムにがある。 各言語版での名称 言語 名前 にげあし Run Away Angsthase Fuite Fugafacile Fuga 도주 逃跑 逃走 Run Away.

次の