まぶた の 裏 白い 出来 物。 眼瞼の腫瘍

【医師監修】 ものもらい(麦粒腫)の原因、治し方

まぶた の 裏 白い 出来 物

目の粘膜に、痛いニキビ(のようなもの)ができることがあります。 白い脂肪の塊という感じのもので、 痛い場合もあれば、まったく痛くない場合もあります。 どちらにせよ、目の粘膜にプツッとしたデキモノがあるのって気になりますよね。 目の粘膜にできたニキビの正体は、多くの場合「麦粒腫 ばくりゅうしゅ 」、または「霰粒腫 さんりゅうしゅ 」と呼ばれるものです。 麦粒腫 ばくりゅうしゅ と霰粒腫 さんりゅうしゅ なんて・・・漢字がちょっと難しいですね。 ちなみに、目の粘膜ではなくて、目元にできるニキビのようなものは、 と呼ばれます。 今回は、目の粘膜にできた痛いニキビの正体、麦粒腫と霰粒腫の2つについてご説明しましょう。 目の粘膜の痛いニキビの正体(1)麦粒腫(ばくりゅうしゅ)の原因と治し方 まず、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)ですが、これは一般的には「ものもらい」や「めばちこ」などと呼ばれる目の疾患です。 麦粒腫は、まつ毛の毛包の皮脂腺や汗腺にできる急性の 「化膿性炎症」です。 麦粒腫の主な原因は、「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」による細菌感染です。 症状としては、 まぶたの一部が赤く腫れ上がって痛いんですよね。 麦粒腫がまだ初期の場合は、赤みが目立たないことがありますが、指の平で軽く押すと強い痛みがあります。 そこから症状が進行すると、まぶた全体が腫れ上がり、目から 目ヤニが出ることもあります。 さらに、そのまま放置すると、表皮の下層に肉眼でも見えるほどの 膿(うみ)が溜まります。 そして、さらに放置し続けると、皮膚が破れて膿(うみ)がドッと流れ出てきます。 この外側に膿が流れる麦粒腫のことを「 外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)」と言います。 一方、まぶたの裏側に膿が溜まり、内側に膿が流れ出る麦粒腫のことを「 内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)」と言います。 症状としては、外麦粒腫よりも内麦粒腫の方が激しく痛みます。 麦粒腫の治し方ですが、初期の段階ならば、抗生剤の 「点眼薬」で完治するでしょう。 ただし、症状が酷い場合は、 麻酔点眼薬を使用して、膿を排泄させるといった処置を行う場合があります。 できれば早い段階で治しておきたいものですね。 目の粘膜の痛いニキビの正体(2)霰粒腫(さんりゅうしゅ)の原因と治し方 目の粘膜にできるニキビ(のようなもの)のもう一つが 「霰粒腫 さんりゅうしゅ 」です。 女性なら1度は経験があると思いますが、まつ毛のラインに「白ニキビ」のようなものができたという経験はありませんか? それは、多くの場合、この「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」です。 霰粒腫(さんりゅうしゅ)の症状としては、まぶたのカユみや痛みについては麦粒腫と同じです。 しかし、霰粒腫と麦粒腫は、原因がまったく異なる目の疾患なのです。 霰粒腫とは、まつ毛のラインにある「マイボーム腺」に脂肪が詰まることで、ぷっくりとした白いデキモノが出来たり、腫れたりする目の病気です。 このマイボーム腺は、まつ毛のラインに油分を分泌し、涙の成分と合わせて「油膜」を作り、涙の蒸発を防いでくれています。 霰粒腫は、初期段階では、コリコリとした感触だけで痛みはありません。 ただし、それが化膿すると麦粒腫のように激しい痛みを伴うようになります。 霰粒腫は、そのまま放置していたとしても、体内に吸収されることが多いです。 脂肪の塊ですから、初期段階ならホットタオルなどで温めてしばらくすれば消えることもあります。 しかし、ポリープ状に変化する危険性があるので、長期間放置するのは避けましょう。 霰粒腫の治し方は、「自然治癒、点眼剤、切開による治療」の3パターンがあります。 ちなみに、ものまねメイクで人気沸騰中のざわちんさんも、麦粒腫などの目の疾患には頭を悩ませているそうですね。 麦粒腫も霰粒腫も、原因は濃い目のアイメイクによる場合が多く、 マスカラやアイライナーを使用する場合は注意が必要です。 普段から気を付ける点としては、化粧品がマイボーム腺に入り込まないように配慮し、就寝前は必ずメイクを落としましょう。 ホットタオルで目元を温めたり、常に目の粘膜を清潔に保つことも大切ですよ。 目元にニキビのようなデキモノがある方は の記事を参考にしてください。 関連ページ ニキビが痛い!と、おでこ(額)ニキビに悩む方は多いでしょう。 今回は、痛いニキビがおでこに出来た場合の原因や対処法についてご説明します。 こめかみにできたニキビが炎症を起こして痛いというケースがあります。 ここでは、そんな「こめかみ」にできる痛いニキビの原因や対処法についてご説明します。 目元に白ニキビのようなものが複数できたことはありませんか?もしかしたらそれは「稗粒腫 はいりゅうしゅ 」かもしれません。 ここでは目元の痛いニキビについてご説明します。 鼻にできたニキビが痛いというケースがあります。 鼻にできたニキビは恥ずかしくて嫌ですよね。 ここでは、鼻にできた痛いニキビについてご説明します。 痛いニキビが、小鼻や小鼻の脇にできてしまう経験は誰にでもあるでしょう。 ここでは、そんな小鼻に痛いニキビができる原因と対処法についてご説明します。 鼻の下のニキビって痛いし、目立つし、顔の中でも特にカッコ悪くてイヤなものですよね。 ここでは、痛いニキビが鼻の下にできた場合の原因や対処法についてご説明します。 痛いニキビは、頬(ほお)にできることも良くあります。 頬にできたニキビが痛いという場合は注意が必要です。 ここでは頬にできた痛いニキビについてご説明します。 痛いニキビは、口にできることが良くあります。 その場合は口が突っ張って痛いというケースも多いですね。 ここでは口の周囲にできる痛いニキビについてご説明します。 痛いニキビが口の周りにできてしまうケースは良くあります。 今回は、痛いニキビが「口の周り」にできた場合の原因や対処法についてご説明します。 ニキビが唇にできて炎症で痛いとすごく憂鬱ですよね。 ここでは、そんな痛いニキビが唇にできる原因や対処法についてご説明します。 痛いニキビは、顎にできることも良くあります。 典型的な大人ニキビと言われていますね。 ここでは顎(あご)にできる痛いニキビについてご説明します。 痛いニキビは、頭にできることも良くあります。 シャンプーをする時などに見つけることが多いですよね。 ここでは頭にできる痛いニキビの原因についてご説明します。 痛いニキビは頭にできることも良くあります。 シャンプーをする時などに見つけることが多いですよね。 ここでは頭にできる痛いニキビの治し方、改善法についてご説明します。 痛いニキビはUゾーンにできることも良くあります。 典型的な大人ニキビですね。 ここではUゾーンにできる痛いニキビの原因についてご説明します。 痛いニキビはUゾーンにできることも良くあります。 典型的な大人ニキビですね。 Uゾーンにできる痛いニキビの2つの原因についてご説明します。 耳にできたニキビは非常に痛いことで有名です。 ここでは、耳の中・耳たぶ・耳の付け根などにできる耳ニキビについてご説明します。 痛いニキビが、うなじにできてしまうケースがあります。 ここでは、痛いニキビがうなじに出来た時の原因や対処法についてご説明します。 内側にできたニキビというと、どこの部位を想像されますか?一番多いのが鼻の中でしょう。 ここでは内側のニキビについてご説明します。

次の

まぶたの裏に白いできものができる原因とは?

まぶた の 裏 白い 出来 物

マイボーム 腺梗塞 ( せんこうそく ) まぶたのふちの小さな白いできものはマイボーム腺梗塞です。 まぶたの中にはマイボーム腺という、涙を構成する成分の一つである油(脂質)を分泌する腺が数十個並んでいます。 このマイボーム腺の管はまぶたのふち、まつ毛の付け根の内側に開口しています。 通常マイボーム腺梗塞は無症状ですが、大きなものでは異物感を生じることがあります。 またマイボーム腺梗塞があると麦粒腫や霰粒腫ができやすくなったり、マイボーム腺から分泌される脂質が減ることでドライアイになったりします。 1.原因 マイボーム腺の分泌物である脂質が固まり、マイボーム腺が詰まることで生じます。 マイボーム腺の脂質や角化物が固まると白色や透明の固形物となります。 開口部にこの固まりが出来ると、まぶたのふちに白いぷちっとしたものが見られるようになります。 2.治療 マイボーム腺梗塞が飛び出して異物感がある場合や、見た目が気になる場合は、これを除去します。 まぶたのふちを圧迫して固まりを押し出しますが、なかなか出てこない場合は切開して摘出することもあります。 まぶたを蒸しタオルで温めてマッサージをしたり、まぶたのふちをきれいに洗浄したりすることも大切です。 毎日続けて行うことでマイボーム腺の詰まりをとり、マイボーム腺梗塞をある程度予防することができます。 油っぽい食事や、アイメイクがマイボーム腺梗塞の原因になることもあるといわれているので注意しましょう。 麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ ) 麦粒腫は、俗に「ものもらい」、「めばちこ」、「めぼ」、「めいぼ」などと呼ばれるものです。 まぶたのふちの一部が赤く腫れ、痛みを感じます。 炎症が強いとまぶたが大きく腫れたり、白目が充血したりすることもあります。 進行すると中に膿が貯まりますが、ほとんどの場合は自然に潰れて膿が出たのち、時間をかけて治っていきます。 ただし、まれに感染が周りに広がり 眼瞼膿瘍 ( がんけんのうよう )や 眼窩蜂窩織炎 ( がんかほうかしきえん )という重篤な状態になることもあるので、麦粒腫ができたら早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたに存在する腺に細菌が感染することで起こります。 皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)にできたものを外麦粒腫、マイボーム腺にできたものを内麦粒腫といいます。 原因菌の大部分は、まぶたの常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌です。 2.治療 細菌感染が原因なので、基本的には抗生剤で治療します。 点眼や軟膏の塗布、内服が行われます。 膿が貯まっている場合は、針で刺したり切開したりして排膿すると、治りが早くなることもあります。 霰粒腫 ( さんりゅうしゅ ) 霰粒腫は麦粒腫と同様に、まぶたにある腺の炎症によりまぶたが腫れる病気です。 麦粒腫が細菌感染による急性 化膿性 ( かのうせい )炎症であるのに対し、霰粒腫は非感染性の慢性 肉芽腫性 ( にくげしゅせい )炎症といわれています。 典型的なものではまぶたにしこりが出来て、押しても痛みはありません。 ただし、霰粒腫でも感染を合併すると急性霰粒腫や化膿性霰粒腫と呼ばれ、赤く腫れて痛みを生じる場合もあります。 霰粒腫は放置するとしこりとなって残ることがあるので、早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたにあるマイボーム腺が詰まり、貯留した分泌物が変性し、炎症反応を起こした結果として生じます。 マイボーム腺とは、まぶたの中に数十個並んでいる油を分泌する腺で、まぶたのふちに開口しています。 鏡で自分のまぶたのふちをよく見てみてください。 うっすらと丸いものが見えると思います。 2.治療 霰粒腫の治療には一般的にステロイド点眼や軟膏が使われます。 ステロイドの注射が行われることもあります。 化膿していれば抗生剤を投与します。 それでもなかなか治らない場合や、繰り返し霰粒腫ができる場合は、手術で霰粒腫の摘出を行います。 まぶたの皮膚を切開することもあれば、まぶたの裏を切開することもあります。 いずれも貯留した組織をすべて摘出します。 中年以降に繰り返しできるものは悪性腫瘍の可能性もあるので注意が必要です。 摘出したものを病理検査に提出し診断します。 まぶたのふちにできる 腫瘍 ( しゅよう ) まぶたのふちに腫瘍ができることもあります。 腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。 良性腫瘍には 母斑 ( ぼはん )や 脂漏性角化症 ( しろうせいかくかしょう )、脂腺腺腫、乳頭腫などがあり、悪性腫瘍には基底細胞癌、扁平上皮癌、脂腺癌などがあります。 脂腺癌は霰粒腫との鑑別が重要です。 脂腺癌 脂腺癌は脂腺(マイボーム腺、Zeis腺)から発生する悪性の腫瘍です。 初期の段階では霰粒腫と見分けがつかないことがあり、霰粒腫の再発と診断されて何度か切開や摘出手術を施行されていることもあります。 霰粒腫と比べ、脂腺癌は高齢者に多く、黄色や黄白色で、霰粒腫よりも固いといった違いがあります。 そのため中年以降の霰粒腫の手術では、念のため摘出したものを病理検査に提出する必要があります。 のお話です。

次の

下の瞼の裏に粒ができたのですが?

まぶた の 裏 白い 出来 物

マイボーム 腺梗塞 ( せんこうそく ) まぶたのふちの小さな白いできものはマイボーム腺梗塞です。 まぶたの中にはマイボーム腺という、涙を構成する成分の一つである油(脂質)を分泌する腺が数十個並んでいます。 このマイボーム腺の管はまぶたのふち、まつ毛の付け根の内側に開口しています。 通常マイボーム腺梗塞は無症状ですが、大きなものでは異物感を生じることがあります。 またマイボーム腺梗塞があると麦粒腫や霰粒腫ができやすくなったり、マイボーム腺から分泌される脂質が減ることでドライアイになったりします。 1.原因 マイボーム腺の分泌物である脂質が固まり、マイボーム腺が詰まることで生じます。 マイボーム腺の脂質や角化物が固まると白色や透明の固形物となります。 開口部にこの固まりが出来ると、まぶたのふちに白いぷちっとしたものが見られるようになります。 2.治療 マイボーム腺梗塞が飛び出して異物感がある場合や、見た目が気になる場合は、これを除去します。 まぶたのふちを圧迫して固まりを押し出しますが、なかなか出てこない場合は切開して摘出することもあります。 まぶたを蒸しタオルで温めてマッサージをしたり、まぶたのふちをきれいに洗浄したりすることも大切です。 毎日続けて行うことでマイボーム腺の詰まりをとり、マイボーム腺梗塞をある程度予防することができます。 油っぽい食事や、アイメイクがマイボーム腺梗塞の原因になることもあるといわれているので注意しましょう。 麦粒腫 ( ばくりゅうしゅ ) 麦粒腫は、俗に「ものもらい」、「めばちこ」、「めぼ」、「めいぼ」などと呼ばれるものです。 まぶたのふちの一部が赤く腫れ、痛みを感じます。 炎症が強いとまぶたが大きく腫れたり、白目が充血したりすることもあります。 進行すると中に膿が貯まりますが、ほとんどの場合は自然に潰れて膿が出たのち、時間をかけて治っていきます。 ただし、まれに感染が周りに広がり 眼瞼膿瘍 ( がんけんのうよう )や 眼窩蜂窩織炎 ( がんかほうかしきえん )という重篤な状態になることもあるので、麦粒腫ができたら早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたに存在する腺に細菌が感染することで起こります。 皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)にできたものを外麦粒腫、マイボーム腺にできたものを内麦粒腫といいます。 原因菌の大部分は、まぶたの常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌です。 2.治療 細菌感染が原因なので、基本的には抗生剤で治療します。 点眼や軟膏の塗布、内服が行われます。 膿が貯まっている場合は、針で刺したり切開したりして排膿すると、治りが早くなることもあります。 霰粒腫 ( さんりゅうしゅ ) 霰粒腫は麦粒腫と同様に、まぶたにある腺の炎症によりまぶたが腫れる病気です。 麦粒腫が細菌感染による急性 化膿性 ( かのうせい )炎症であるのに対し、霰粒腫は非感染性の慢性 肉芽腫性 ( にくげしゅせい )炎症といわれています。 典型的なものではまぶたにしこりが出来て、押しても痛みはありません。 ただし、霰粒腫でも感染を合併すると急性霰粒腫や化膿性霰粒腫と呼ばれ、赤く腫れて痛みを生じる場合もあります。 霰粒腫は放置するとしこりとなって残ることがあるので、早めに眼科を受診しましょう。 1.原因 まぶたにあるマイボーム腺が詰まり、貯留した分泌物が変性し、炎症反応を起こした結果として生じます。 マイボーム腺とは、まぶたの中に数十個並んでいる油を分泌する腺で、まぶたのふちに開口しています。 鏡で自分のまぶたのふちをよく見てみてください。 うっすらと丸いものが見えると思います。 2.治療 霰粒腫の治療には一般的にステロイド点眼や軟膏が使われます。 ステロイドの注射が行われることもあります。 化膿していれば抗生剤を投与します。 それでもなかなか治らない場合や、繰り返し霰粒腫ができる場合は、手術で霰粒腫の摘出を行います。 まぶたの皮膚を切開することもあれば、まぶたの裏を切開することもあります。 いずれも貯留した組織をすべて摘出します。 中年以降に繰り返しできるものは悪性腫瘍の可能性もあるので注意が必要です。 摘出したものを病理検査に提出し診断します。 まぶたのふちにできる 腫瘍 ( しゅよう ) まぶたのふちに腫瘍ができることもあります。 腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。 良性腫瘍には 母斑 ( ぼはん )や 脂漏性角化症 ( しろうせいかくかしょう )、脂腺腺腫、乳頭腫などがあり、悪性腫瘍には基底細胞癌、扁平上皮癌、脂腺癌などがあります。 脂腺癌は霰粒腫との鑑別が重要です。 脂腺癌 脂腺癌は脂腺(マイボーム腺、Zeis腺)から発生する悪性の腫瘍です。 初期の段階では霰粒腫と見分けがつかないことがあり、霰粒腫の再発と診断されて何度か切開や摘出手術を施行されていることもあります。 霰粒腫と比べ、脂腺癌は高齢者に多く、黄色や黄白色で、霰粒腫よりも固いといった違いがあります。 そのため中年以降の霰粒腫の手術では、念のため摘出したものを病理検査に提出する必要があります。 のお話です。

次の