クレジットカード 上手い使い方。 楽天カードと楽天銀行カードの違いが分かる3大要素。これで自分に適したクレジットカードが分かります。

エポスポイントの上手な使い道やお得な貯め方

クレジットカード 上手い使い方

記事の目次• 楽天カードで貯めたポイントの使い方 は使うほど楽天スーパーポイントというポイントがたまっていきます。 楽天市場なら100円につき3ポイント、ポイント加盟店なら2ポイント、加盟店以外のお店であれば1ポイントが付与されるので知らぬ間に多くのポイントがたまっていることもあるでしょう。 しかし、楽天スーパーポイントの使い方は、色々あり、中にはあまり知られていないものもあります。 代表的なものからあまり知られていないポイントの使い方をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 楽天スーパーポイントの楽天市場での使い方はカンタン! 楽天市場で購入する際に、楽天スーパーポイントは1ポイントで1円分の買い物ができ、カード、現金と合わせて使うこともできます。 楽天市場で購入する場合の使い方は、これといって難しいことはありません。 楽天スーパーポイント1ポイントにつき1円として普通に使えます。 もし、1000ポイント持っているなら、ポイントだけで1000円分の買い物ができますので、1000円以下の商品の購入であればポイントだけで支払いが済み、実質0円で購入することができるのです。 現在貯まっている楽天スーパーポイントの確認方法ですが、楽天市場にログインすると、トップ画面右側に会員情報とともに「総保有ポイント」として表示されるので、ひと目で確認することができます。 詳しくは、の記事で解説しています。 そして、楽天スーパーポイントを使用しての商品購入は以下のことに注意が必要となります。 総保有ポイントのみ利用できる• 取り消し、変更ができない• 代金引換以外を指定する(支払い方法)• 購入手続き画面での変更が必要 ですから、購入手続きを完了する前にしっかりと画面を確認することが大切です。 実際の使い方ですが、購入する商品をかごに追加し、購入手続き画面まで進みます。 もし、保有しているポイントを利用する場合には、ポイントの欄を全てのポイントを使うか、使いたいポイント数に変更し、更新ボタンを押しましょう。 また、楽天スーパーポイントのみで購入する場合には、現金を払わないので支払い方法で「代金引換」を選択してはいけません。 (普段、代引きを利用される方は気をつけましょう) そして、「注文確定する」ボタンを押して確定すると、ポイントを利用して商品が購入できます。 楽天カードの限度額や、ポイントの付与のタイミングについて、下記の記事で解説しています。 楽天市場• 楽天POINTCLUB• (アプリ、カード共通) ポイントの紐付け方法は、の記事で詳しく書いていますので参考にしてください。 勘違いしやすいのは楽天カードの種類となります。 楽天カードにはポイント機能があるものとないものがあり、カードに「白い四角の中にRと書かれたマーク」があるものが、楽天ポイント加盟店でポイントでの支払いに対応しているので注意しましょう。 実際に楽天ポイントカード加盟店で楽天スーパーポイントを使って支払う際には、店員さんに「ポイントで支払う」と告げて、カードを渡すかスマホアプリの画面を見せます。 しかし、注意しなければいけない点は、楽天ポイントカード加盟店であってもポイントによる支払いには対応していない場合もあるということです。 楽天ポイントカード加盟店には以下の3つの種類があります。 楽天市場で使うなら、購入時に「ポイントで支払う」を選択すればOKだよ! 楽天ペイ加盟店でアプリに楽天カードを登録してポイントを使う! 楽天ペイのスマホアプリに楽天カードを登録することで、全国の楽天ペイ加盟店で楽天スーパーポイントを使って支払うことができます。 楽天ペイのアプリで支払いに楽天スーパーポイントを利用する使い方ですが、まず、楽天ペイというアプリを少し説明いたします。 楽天ペイとは、スマートフォンに楽天会員情報とクレジットカード情報を入れることで、クレジットカードを出さずに、クレジット決済ができるというアプリです。 そして、楽天ペイに登録するクレジットカードは楽天カードである必要はありませんが、楽天カードを登録すると以下のメリットあります。 JCBブランドが登録できる• 付与されるポイントがアップ 楽天カードならどのブランド(VISA、MasterCard、JCB)でも登録できますが、 それ以外だとVISA、MasterCardブランドのクレジットカードしか登録できないので、注意しましょう。 そして、付与されるポイントは楽天カードを登録した場合、購入額100円につき1. 5ポイントですが、その他のカードの場合は200円で1ポイントですから、楽天カードの方が断然お得です。 楽天ペイでは、購入手続きの際にスマホに保有している楽天スーパーポイントが表示されるため、使い方は簡単でスマホ上に使いたいポイントを入力するだけで利用することができます。 楽天スーパーポイントをEdyに交換してコンビニなどで使う 楽天スーパーポイントの使い方の1つとして、電子マネーの楽天Edyに1ポイント1円として交換し、コンビニなど多くの店舗でポイント払いをするということがあります。 楽天ポイントカード加盟店や楽天ペイ加盟店は増えてはいますが、都市部以外ではまだ使える店舗が限られているため、コンビニやドラッグストアなど広い範囲で使える電子マネーに交換するというのも1つの手です。 しかし、楽天スーパーポイントから楽天Edyへ交換した場合、楽天Edyの受け取り先は以下のものとなります。 Edy機能付き楽天カード• おサイフケータイ• Edyカード、ストラップ• そして、初めて楽天スーパーポイントから楽天Edyを交換する際には、交換申請した日から1週間は1日の上限が500円となり、申請から受取まで2日必要になる制限がかかる場合があるのも注意点です。 おサイフケータイで利用する際に、初回の交換申請時の制限がかかることが多いので、スマホや携帯電話を変えた時は特に注意してください。 そのため、楽天Edyに交換して利用しようと思ったら、早めに最初の申請を終えておいて、無事に交換申請が通ることを確認しておきましょう。 無事に交換申請が通れば、最初の申請から1週間後には以下の条件で、楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換することができるようになります。 提携先から交換したポイント 提携先から交換したポイントというのは、例えば、オリコカードのポイントやマツモトキヨシのポイントを楽天スーパーポイントへ交換した分のポイントとなります。 楽天Edyに交換してからの使い方ですが、楽天Edyが使える店舗で支払いの際に「楽天Edyで支払う」ことを告げて、電子マネー専用端末にかざせばポイント払いが完了です。 これは、Edy付き楽天カードの場合でも、アプリの場合でも変わりません。 最初の手続きは少し面倒ですが、それを終えてしまえば楽天Edyはコンビニやドラッグストアで広く利用できますし、10ポイント以上から1ポイント単位で交換できるので半端なポイントが消費できて便利です。 【楽天ポイントカード加盟店などでのポイントがつく条件】• 楽天市場のキャンペーンなどで、ポイントが倍増している場合などに付与されるポイントは期間限定のものが多く、期間内に使わないと消えてしまうため、こまめにチェックすることが大切です。 そして、期間限定のポイントは、楽天Edyなど提携先への交換ができないことも不便な点となります。 ここからは、損しないためのポイントの上手い使い方、得する方法を解説していくので、ポイント消費の参考にしてください。 楽天市場でお得にポイントを稼ぐ使い方 楽天市場では定期的にポイント倍増キャンペーンをやっているので、ネットで確認してポイントが沢山つく時に購入しましょう。 ポイントが多くつく日は以下の通りです。 楽天イーグルスが勝った翌日• ヴィッセル神戸が勝った翌日• 楽天イーグルスかヴィッセル神戸勝った翌日にはポイントが2倍になります。 両方が勝った翌日には3倍になるので、かなりお得にポイントを貯めることが可能です。 また、対象商品が最大半額になる楽天スーパーセールでは、各ショップでポイントアップ対象の商品を用意しているので、最高で20倍の楽天スーパーポイントを獲得することができます。 その他にも、定期的にポイントがアップするセールやクーポンが貰えるキャンペーンを、楽天市場では開催していますので、楽天市場のポイントアップカレンダーや、楽天からくるメールをチェックしておきましょう。 楽天市場以外では楽天ペイでもポイントが多くつく 楽天スーパーポイントでの支払いでポイントがつく他の使い方が、楽天ペイで200円につき1ポイントつくので、非常にお得です。 楽天ペイ加盟店舗での支払いに、楽天スーパーポイントを使うとさらに楽天ポイントがつきます。 楽天ペイはクレジットカード情報と、楽天会員情報をスマホに入力することで、スマホのみでカード決済ができるシステムです。 街の店舗だけではなくネット払いにも対応している加盟店が多いのも便利な点です。 おすすめのオンラインショップ加盟店を紹介しておきましょう。 DMM. com• レコチョクMusicストア• ローソンフレッシュ• 無印良品• TOHOシネマズ• ユナイテッドシネマズ• ドミノピザ• コミックシーモア• UNITED ARROWS この他にも沢山ありますが、食品関係からファッション、映画館まで使えるジャンルが幅広いので、余っているポイントを使う際に活用してみてはいかがですか。 現金化するために絶対に知っておくべき裏ワザ ポイントが沢山余っている場合には、楽天市場で商品券を購入し、それを金券ショップに売って現金化するということも可能です。 特に期間限定ポイントが大量にある場合は、期限内に使い切れないということもあります。 また、 期限が迫っているから仕方なくいらないものを購入するのも損ですから、楽天市場で商品券に変えてしまうのが手っ取り早いです。 楽天ポイントで商品券を購入すると平均して一割程度高くなってしまいますが、商品券に変えてしまえば、利用期限がなくなるのであせって使う必要がなくなります。 楽天市場にはJCB、VJAギフトカードから、図書カードなど様々な商品券が売られているため、自分が使いたいものがあればそのまま使うこともできますが、金券ショップに売る場合には以下のことをやっておきましょう。 百貨店共通商品券など使える店が多い• JCB、VJA(VISA)などのカードブランド• シワや折れ目がないもの• 汚れていないもの そして、楽天市場で金券を購入するショップですが、評価の高いところを選ぶと失敗がありません。 梱包が雑でシワになっていたり、雨などで汚れていると買い取り金額が下がってしまいますので、購入するショップの評価も確認しましょう。 楽天ポイントを換金する方法について、更に詳しくの記事で書いているので、参考にしてください。 楽天ポイントカード加盟店で利用するとそのままポイントが使える 楽天ポイントカード加盟店では、楽天ポイントが1ポイント1円で使えるので、お近くに店舗がある場合には買い物や食事の代金の支払いがポイントで行えます。 代表的な加盟店を紹介しておきましょう。 マクドナルド• ツルハドラッグ• ミスタードーナツ• くら寿司 他にも対応店舗は沢山ありますので、お近くの店舗で利用しましょう。 楽天ポイントカード加盟店でポイント払いに対応している店舗であれば、面倒な手続きは必要なく、楽天スーパーポイントでそのまま支払うことができるので非常に楽チンです。 ただ、初めて使う場合には、楽天ポイントカード機能付き楽天カード以外は、事前にネットで楽天ポイントカード、楽天ポイントカードアプリの利用登録が必要となるので注意してください。 初めて使う際の利用登録さえ済ませてしまえば、あとは支払いが楽チンなので期間限定ポイントが余ってしまった場合に便利な使い方ですね。 フリーマーケットアプリのラクマでお得に欲しいものをゲット 楽天フリーマーケットアプリのラクマで購入する際に、楽天スーパーポイントを使うと期間限定ポイントから使用されるので、ラクマを使うのも1つの手です。 また、ラクマはアプリではもちろん、パソコンでもホームページ上からの購入が可能となっています。 中古品だけではなく新品も出品されており、中には出品者が送料を負担してくれる商品もあるため、ポイントがあまってしまった場合には一度のぞいてみると、良い品があるかもしれませんよ。 ラクマはオークションと以下のような違いがあります。 販売価格が決まっている• 確実に購入できる 価格があらかじめ出品者によって決まっているので、オークションよりも実際の値段が分かりやすいのはメリットですね。 オークションのように時間とともに値段が釣り上がっていくということもないので、落ち着いて購入ができます。 出品者にメッセージを送って値引き交渉をすることもできるので、常識の範囲で聞いてみると価格が安くなる場合があるので試してみましょう。 ただ、むやみに値引き交渉をするのではなく、出品された商品にキズがついていたり、保存状態が悪く見た目が悪い場合など、購入に迷った際に聞くのが基本的なマナーです。 楽天ポイントを更に便利に、お得に使う方法を下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。 おすすめ関連記事• 楽天カードを持っていると得する加盟店 楽天ポイント加盟店で買い物をすると通常100円に付き1ポイントなのが、最高で3ポイントもらえるのでお得です。 楽天ポイント加盟店では、楽天カードで支払いをするともらえる楽天スーパーポイントが多くなるので、積極的に使っていきましょう。 それぞれ、ポイント付与の条件や、もらえるポイントが違うので代表的なものを紹介していきます。 引っ越しで楽天ポイント3倍をゲットする! アリさんマークの引越社で、見積もりを出してもらい楽天カードで支払いをすると、通常の3倍ポイントが貯まるのでお得です。 アリさんマークの引越社は楽天カードポイント加盟店でも、特にポイントがたまりやすい会社となります。 引っ越しは、一度にかなりまとまったお金がかかるので、100円につき3ポイントもらえると、かなり大きいですよね。 ただ、アリさんマークの引越社で楽天ポイント3倍をゲットするには以下のことを忘れずに行ってください。 見積もりの時に楽天カードを持っていることを伝える• 支払いに楽天カードを使う もう1つ注意するべき点は、楽天カードで引っ越し費用を支払ってからポイントがもらえるまで少し時間がかかることでしょう。 ポイントがもらえるのは、楽天カードで支払った次の月の10日または、翌々月以降になる場合もあります。 ENEOS、JOMOではポイントが2倍たまる! ガソリンスタンドのENEOS・JOMOでは、楽天カードで支払うとポイントが2倍になります。 車に頻繁に乗る方は、月々のガソリン代も相当なものになるので、ポイント2倍はかなり嬉しいですね。 そして、ENEOSのDr. Drive車検を扱っている店舗では、車検も楽天ポイント2倍の対象となるので、非常にお得となります。 ENEOS・JOMOでは特に条件はなく、楽天カードで支払うだけでポイントが2倍つくので簡単です。 しかし、対象となる店舗とそうでない店舗があるので、事前に確認しておく必要があります。 楽天カフェなら楽天カードで支払うと毎日お得! まだ店舗数は限られていますが、楽天カフェではコーヒー、紅茶が楽天カードで支払うと半額になるので非常にお得です。 楽天のカフェなので、楽天カード利用者にはかなりお得な割引をしています。 もちろん楽天ポイントもたまるので、お近くにある方は利用しない手はないですね。 楽天カフェで提供されているメニューの多くは楽天市場で購入することもできるので、美味しかったらたまったポイントを使って自宅に取り寄せるというのも便利な使い方だと思います。

次の

ときめきポイントのお得な使い方は?商品券への交換もおすすめな使い道!【初心者向け クレカ基礎講座】 |Gポイント

クレジットカード 上手い使い方

ANAの飛行機に搭乗したり、ANAと提携したクレジットカードを利用したりすることで貯めることができる ANAマイル。 マイルの使い方というと 航空券との交換が基本だが、ANAマイルはそれ以外にもさまざまな使い道がある。 本記事では、ANAマイルのお得な使い方についてわかりやすく解説していく。 航空券との交換以外の使い道がいまいちわからない、旅行や出張などで飛行機を利用する機会がなくマイルが有効期限を迎えそうといった場合に、ぜひ参考にしてほしい。 ANAマイルの もっともお得な使い方は、国際線の航空券との交換だ。 また、 国際線の座席のアップグレードや、 国内線の航空券との交換にも使うことができる。 しかし、飛行機の利用機会がないという場合、 ANA SKYコインや提携ポイントに交換することで、有効期限を延ばし、使い道を広げることができる。 その他にも、ANAマイルは ホテルクーポンや レストランクーポンと交換したり、 ANAセレクションで利用したりでき、ちょっとした贅沢をお得に楽しむことができる。 これらの使い道を知ることで、ANAマイルを無駄なく使うことができ、マイルを貯めることがさらに楽しくなるのではないだろうか。 ANAマイルの 有効期限は3年間なので、有効期限内に上手に活用してほしい。 ANAマイルのお得な使い方8選 マイルの基本的な使い方は特典航空券に交換することだ。 しかしANAマイルには、 航空券に交換する以外にもさまざまな使い道がある。 以下に、航空券との交換を含めた、ANAマイルの使い方を9つ紹介する。 これらの使い道を知ることで、有効期限までに飛行機に乗る予定がない場合でも、マイルをお得に使うことができる。 国際線特典航空券に交換する ANAマイルをもっともお得に利用できるのが、 国際線の特典航空券に交換することだ。 往復12,000マイルから利用でき、路線によっては 1マイル=20円もの価値になる。 エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスすべての座席の航空券と交換することができ、 座席のランクが上がるほど1マイルの価値は高まっていく。 たとえば、レギュラーシーズンに羽田空港からロンドンへの直行便、ファーストクラス航空券を購入するとしよう。 普通に購入した場合は、 往路が1,359,670円、復路が1,386,920円、合計2,746,590円(税抜)となる。 以上より、1マイルあたりの価値を計算すると 16. 646円もの価値になることが分かる。 コツコツとマイルを貯めていけば、通常であれば中々手の届かないファーストクラスの航空券を購入することができる。 これだけお得に国際線航空券に交換できるなら、マイルを貯めるモチベーションも上がるだろう。 国際線の座席をアップグレード 国際線の場合、ANAマイルを利用して座席をアップグレードすることができる。 片道12,000マイルから利用でき、 エコノミークラスの料金でビジネスクラスの搭乗することが可能だ。 しかし、アップグレード対象枠には上限があるため、必ずアップグレードできるという保証はない。 利用する場合は、下図のように 「アップグレード対象」と記載されている航空券を予約する。 アップグレードに必要なマイルは、片道の距離(区間基本マイル)とアップグレード利用クラスによって変動する。 羽田空港からロンドンまでの区間基本マイルは 「6,214」のため、エコノミークラスからビジネスクラスにグレードアップする場合は 片道28,000マイル必要になる。 マイルを利用してお得に贅沢な気分を味わいたい場合に、おすすめの利用方法だ。 国内線特典航空券に交換する ANAマイルは、国内線の特典航空券に交換することもできる。 片道5,000マイルから利用可能で、 国際線よりも少ないマイルから利用できる。 ただし、国内線の場合は 旅割や 特割など様々な割引サービスが適用されるので、マイルを利用するよりも割引金額で航空券を購入した方がお得になる場合もある。 国内線特典航空券は搭乗60日前から予約できるので、それ以前から飛行機を利用する予定が決まっているのであれば、 旅割75の方が安く購入できる可能性が高い。 国内線でマイルを利用する場合は、 航空券の値段設定が高い直前での予約で利用するとお得になると言えるだろう。 ANA SKYコインに交換する ANAの航空券や旅行商品の支払いに利用できる、ANA SKYコインに交換するのもおすすめだ。 1マイル=1コインに交換することができ、交換マイル数やANAマイレージクラブ会員のステイタス、ANAカードの種類に応じて 交換率は1. 2倍~1. 7倍にもなる。 コインは 10コイン単位から利用することができ、 航空券だけでなく 燃油サーチャージの支払いにも対応可能だ。 空席がある限り航空券や旅行商品を予約することができるので、 特典航空券の枠がいっぱいになってしまっていた場合でも、お得に航空券を購入することができる。 また、ANA SKYコインで購入した航空券で搭乗しても、マイルを貯めることが可能。 ANA SKYコインの有効期限は、マイルから交換した月から1年間となっている。 そのため、有効期限間近のマイルをANA SKYコインに交換し、 有効期限を先延ばしにするという手もある。 提携ポイントに交換する ANAマイルは、 Edyや 楽天スーパーポイント、 Tポイントといった提携ポイントに交換することができる。 1マイル=1円相当の価値になるので、航空券を購入するよりもお得度は低くなってしまうが、 マイルを無駄にしないためには賢い利用方法だ。 提携パートナーと、 10,000マイルで交換できるポイントは以下の通り。 ホテルクーポンに交換する ANAマイルをホテルクーポンに交換することも可能だ。 最小20,000マイルから変更可能で、日本やアジアの高級ホテルに宿泊することができる。 提携ホテルは以下となっている。 ザ・ペニンシュラホテルズ• シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ• ザ・リッツ・カールトン• セントレジスホテル&リゾート• ホテルナゴヤキャッスル• ヒルトン• オークラ ホテルズ&リゾーツ• サフィールホテルズ• ハイアットホテルズ&リゾーツ• プリンスホテルズ&リゾーツ• 東急ホテルズ KIZASHI THE SUITE 飛行機を利用して貯めたマイルで、 お得に名だたるリゾートホテルに宿泊できるのは大きな魅力的だ。 レストランクーポンに交換する ANAマイルをレストランクーポンに交換すれば、 ハイクラスな食事をお得に楽しむことができる。 提携先は以下の通り。 ザ・ペニンシュラホテルズ• シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ• ジョエル・ロブション• 東急ホテルズ• INTERSECT BY LEXUS — TOKYO• メルセデス ミー• プリンスホテルズ&リゾーツ• セントレジス ホテル & リゾート• ザ・リッツカールトン• グランド ハイアット 福岡• ホテルナゴヤキャッスル 飛行機に搭乗する予定がなければ、贅沢なコースランチやディナーを楽しんで素敵な思い出を作るのもよいだろう。 ANAセレクションを利用する 10,000マイルから、「ANAセレクション」でANAがセレクトしたおすすめ商品に交換することも可能。 和牛や鰻など高級グルメから高級ブランド財布、家具家電、実用性の高いキャリーバッグまであらゆる商品がラインナップされている。 ただし、10,000マイルの交換商品で5,000円相当の品物もあるため、マイルの交換率はあまり高くないという面もある。 出かける予定がなく、余ったマイルを有効活用したいという場合に活用することをおすすめする。 ANAマイルの有効期限 ANAマイルには有効期限があるので注意が必要だ。 有効期限は3年で、36か月後の月末に期限が切れることになる。 コツコツ貯めたマイルが有効期限切れで無駄にならないよう、常に期限には注意を払っておいてほしい。 期限までに使い切れないマイルは、 提携ポイントやクーポン、ANA SKYコインに交換するとよいだろう。 今回紹介した使い道を参考にして、マイルを有効活用してお得にサービスを受けよう。 ANAマイルを無駄なく活用しよう マイルというと航空券に交換するイメージが強いが、ANAマイルには実はさまざまな使い道がある。 もっともお得にマイルを利用できるのは国際特典航空券に交換することで、 1マイルあたり20円近くの価値になる。 しかし、国際線を利用する予定がないという場合は、日常生活でも気軽に利用できるサービスに交換すると良いだろう。 楽天Edyや Tポイント、 スターバックスカードなどの提携ポイントに交換すれば、日ごろの買い物でも頻繁に利用できるのでマイルを一切無駄にしない。 ホテルクーポンや レストランクーポンに交換すれば、日常では味わえない贅沢な時間を過ごすことができるだろう。 マイルの有効期限間近になった場合、直近で飛行機を利用する予定がなくてもいずれ利用する可能性があるのであれば、 ANA SKYコインに交換しておくとよい。 空席があればいつでも航空券をコインで購入することができるので、 マイルの有効期限を先延ばしする効果が得られる。 マイルの有効期限は3年間、ANA SKYコインは1年間となっているので、コツコツ貯めたマイルやポイントが無駄になってしまわないよう、有効期限には注意を払っておこう。

次の

dカードの活用が非常に上手いのに、致命的な損をしていたという話

クレジットカード 上手い使い方

年会費永年無料 大きいですよね。 自分も何枚かクレジットカードは持っていますが 一定金額以上使わないと年会費無料にならないカードとかも あるので、長く持っていても安心だと思います。 今ですとEdyが500円分付いてくるので、Edyの登録も忘れずに 今後、Edyを使用する場合は問題ありませんが、 使用しない場合は、オートチャージの設定も忘れずに変更しましょう。 じゃないと、指定金額でオートチャージされてしまいますからね。 楽天市場でのお買い物が多い方はもちろん、 普段のお買い物も100円で1ポイントですから還元率1%。 普通と言えば普通ですが…。 楽天ポイント加盟店ですと最大3倍ですから、 100円で3ポイント、還元率3%。 これはお得。 加盟店にはガソリンスタンドのエネオスや リラクゼーションサロンのてもみん等あります。 普段使っているお店が、楽天ポイント加盟店なら 楽天カードはお得に使えるでしょう。

次の