記者 年収。 朝日新聞社の年収偏差値:92.6 年収ランキング:1位

記者(ライター)の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

記者 年収

の平均年収・給料の統計データ 新聞記者の給料、年収に関しては、大手と中堅、中小 で、かなり開きがあります。 また、記者の所属セクションによっても、大きく異なります。 というのも、新聞記者は一般のサラリーマンのように一日8時間労働といった形で決まった就業時間があるわけではなく、時間外労働が常態化しているからです。 また、新聞記者といっても、取材記者などの外勤記者か、校閲・紙面整理などの内勤記者かによっても給料に差があるようです。 新聞記者の平均年収・月収・ボーナス 賃金構造基本統計調査 厚生労働省の令和元年度賃金構造基本統計調査によれば、新聞記者の平均年収は39歳で792万円ほどとなっています。 ・平均年齢:39歳 ・勤続年数:13. 求人サービス各社の統計データ 職業・出典 平均年収 年収詳細 新聞記者 896万円 新聞記者 634万円~837万円 20代の給料:38万円 30代の給料:43万円 40代の給料:55万円 初任給:20~万円 各社のデータより、新聞記者の年収は630万円~890万円の間となる実態が見えてきます。 新聞記者の手取りの平均月収・年収・ボーナスは 厚生労働省の統計調査より、ボーナスが年間でおよそ3ヶ月分となっていることから、年収700万円の場合は月額総支給額は46万円、ボーナスは年間140万円ほど支給されていると考えられます。 独身の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は42~43万円ほどになると見込まれます。 一般のサラリーマンの年収が38歳の場合平均400万円~500万円といわれているのに比べると、かなり高いことがわかります。 ただしこれらはあくまで全体の平均で、地方の中小新聞社やあるいは業界専門新聞社の記者の場合は、大手新聞社の5割~6割程度といわれます。 新聞記者の初任給はどれくらい? 新卒で採用された場合、新聞記者職は20万円から25万円が相場のようです。 大手の新聞社になると基本給が高くなる傾向にあり、朝日新聞の場合、職種別で公開はしていませんが、一般的な大卒初任給は月給246,730円、大学院卒初任給は月給265,380円で、このほかに時間外手当が支給されます。 共同通信社の場合、一般記者・英文記者・技術職員ともに新卒の場合の月給は255,700円です。 このほかに基準外給与(残業代)や諸手当が支給されます。 40代から年収は1,000万円を超えています。 平均年収は837万円となっています。 10人〜99人規模は437万円、100〜999人規模は728万円、1000人以上規模は960万円、10人以上規模平均は792万円となっています。 新聞記者の福利厚生の特徴は? 一般的な新聞社に就職した場合、各種社会保険、有給休暇、懐妊・育児休職制度、各種休職・休暇制度などがあります。 また新聞記者は残業が多いことから給料全体に占める残業の割合が非常に高くなっているため、新聞社やセクションごとに、超過勤務の限度額を定めているところが多いようです。 新聞記者の給料・年収の特徴 長時間労働が多い 新聞記者の年収が、一般のサラリーマンより高いといわれるのは、仕事の内容が極めてハードで、勤務時間が長いためです。 事件記者といわれる社会部記者の場合、勤務時間は平均12時間~15時間といわれます。 政治部や経済部の記者でも、12時間を超える勤務は日常茶飯事です。 そのため超過勤務の扱いに関しては、各部によって、超過勤務限度額を社内規定で定めているところが多く、それ以上の勤務はサービス残業となってしまいます。 スクープで報奨金が出ることも 新聞記者には、営業マンやセールスマンのようなノルマはありませんが、新聞社間での「抜いた」「抜かれた」のスクープ合戦は非常に激しくなっています。 特ダネをスクープした記者は、そのニュース性により、 賞・局長賞・部長賞といった形で、報奨金がもらうこともあります。 しかし、いつも他社に抜かれていたりネタを集められない記者は、勤務評価でマイナス点が重なり、人事異動では配転されてしまうこともあります。 こうした厳しい勤務体制の結果として、年収が一般サラリーマンより高くなっているといえます。 新聞記者の代表的な企業の年収 会社名 平均年収 平均年齢 朝日新聞社 1208万円 45. 0歳 毎日新聞グループHD 878万円 45. 4歳 日本経済新聞社 1263万円 43. 7歳 出典:2019年現在(各社有価証券報告書より) 朝日新聞社の平均年収 株式会社朝日新聞社の平均年収は1208万円となっています。 全国紙『朝日新聞』を発行するほか、新聞以外にも雑誌・書籍の出版や芸術作品の展示・公演など文化・スポーツ分野でも多彩な事業を行っているのが特徴です。 毎日新聞グループHDの平均年収 毎日新聞グループHDの平均年収は878万円となっています。 毎日新聞を発行する株式会社毎日新聞社は現在、持株会社である毎日新聞グループホールディングスの子会社となっています。 日本経済新聞社の平均年収 株式会社日本経済新聞社の平均年収は1263万円となっています。 日本経済新聞社は『日本経済新聞』の発行が有名ですが、そのほかにも出版や放送、文化事業や賞の主催・表彰なども行っています。 新聞記者が収入を上げるためには? 新聞記者として最も収入を得られるのは、大手の新聞社で記者として活躍することです。 しかし、大手新聞社の記者は非常に人気が高く狭き門となっています。 そのため、地方の新聞社や専門紙・業界紙などを発行する新聞社で経験を積み、中途採用として大手新聞社に転職する方法があげられます。 またフリーランスで活躍する方法もあります。 記者として経験を積んで独立し、フリーランスとして実力が認められれば や作家としても活動する道が開けます。 さらにスクープをとったり人気が出たりすればさらなる収入アップも見込めます。 しかし新聞社という後ろ盾がない中で一人で取材をし記事を書くのは非常に難しく、記者として相当の実力がなければ難しいでしょう。

次の

記者の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

記者 年収

2018年 NHK職員平均年収 1077万25円 35歳年収: 666万円 30歳年収: 528万円 NHKの受信料収入について NHKの原資は国民からの受信料収入。 徴収した受信料総額は例年6000億円~6500億円程度でNHKの堅調な根幹収入となっています。 テレビなど受信設備を所持している世帯は受信料を支払う必要があります。 都道府県別受信料支払い率 北海道 66. これは都市部ほどオートロックマンションが多かったり、不在の多い単身世帯が多かったりと訪問・面会が難しいことが原因としてあげられています。 NHKの事業支出は7000億円弱ですが、その内の 約10% 700億円程度 は受信料の徴収業務の費用として計上されています。 その費用は地域スタッフの人件費などにあてられていますが、事業支出の10%を占めるいびつな構成に疑問を唱える声も少なくありません。 尚、地域スタッフはNHKの職員ではなく、受信契約の手続きやデジタル放送の説明などを担当する専門のスタッフです。 月収はおおむね25万円から40万円とされ、NHK職員とは待遇に雲泥の差があります。 職員の状況について NHKは採用数200人程度の募集に例年2万人以上が応募する大人気企業です。 2018年 職員数 平均年齢 平均勤続年 男性 8523人 41. 3歳 18. 7年 女性 1795人 37. 1歳 12. 5年 合計 10318人 40. 6歳 17. 6年 【採用の応募資格】 1 当年4月から翌年3月の間に大学等を卒業・修了見込みの方。 大学等とは、大学院・4年制大学・短期大学(修業年限2年以上)・高等専門学校(専攻科含む)および専修学校専門課程(修業年限2年以上)です。 2 1 以外の方で、当年4月1日の時点で30才未満の方。 学歴は問いません。 NHK職員の年収・初任給(一般職) NHKは放送法に基づく特殊法人として設立され、その放送網は全国各地に張り巡らされています。 また、NHKの経営資源は国民からの受信料がメイン。 そのため、実体としては日本の国営企業とも言えます。 【初任給】 初任給は一般企業と大きな差はありません。 (2015年) 大学卒:月給21万3360円 大学院(修士)卒:月給22万6360円 【モデル給与】 35歳年収:666万円 30歳年収:528万円 特殊法人であるNHKですが、給与体系はほとんど一般企業と同様のシステムを採用しています。 35歳で700万円弱ということは、一般企業と比べるとちょうどと同程度の年収水準です。 【給与】 以下の1・2・3を合計した数字が給与となります。 1.基準賃金 基本給、世帯給 A1・B1など処遇区分によって決定される。 2.各種手当て・基準外賃金など 地域手当・住宅補助手当など 3.ボーナス(賞与) 年間2回(6月・12月) 【全国職員の基本給】 下限額 上限額 A1 164950円 240000円 A2 243360円 271360円 B1 278360円 320080円 B2 310360円 354540円 C1 340360円 410000円 C2 377200円 432400円 【地域職員の基本給】 下限額 上限額 A1 143960円 204000円 A2 200690円 223090円 B1 222690円 245090円 B2 248290円 270690円 C1 272290円 294690円 C2 295200円 324000円 NHK職員の平均年収 職員数 平均年齢 平均勤続年 平均年収 2018年 10318人 男:82. 6歳 17. 6年 1077万25円 2017年 10303人 男:83. 7歳 17. 7年 1067万3180円 2016年 10273人 男:83. 1歳 17. 8年 1076万1848円 2015年 10242人 男:84. 1歳 17. 8年 1104万4353円 2014年 10292人 男:84. 1歳 17. 8年 1122万7368円 2013年 10392人 男:85. 1歳 17. 7年 1136万5127円 2012年 10482人 男:85. 9歳 17. 5年 1160万3570円 2011年 10482人 男:85. 7歳 17. 3年 1163万9075円 2018年の平均年収は1077万25円でした。 例年1000万円を超えており、NHKは間違いなく高収入が得られる企業といえます。 平均勤続年数や平均年齢は一般企業と変わらない平均的な水準。 現在の所は男性が80%を超えてほとんどを占める状態になっていますが、将来的には女性を30%の割合まで高めるように採用が計画されています。 NHKアナウンサーや記者の年収は? NHKアナウンサーの平均年収 アナウンサーとして採用された新人の正社員でおおむね初任給が500万円程度。 そこから、一般職員同様に年収は上昇していきます。 看板アナウンサーだった有働由美子さん 40歳時 の年収は1500万円程度、杉浦友紀さん 30歳時 で約800万円程度。 契約アナウンサーの場合は月に40万円程度の給与が支給されています。 ただ、記者という職業柄、一般職員よりも長時間労働になることが多く、残業代が多く支給されています。 そのため、結果として記者職の職員は一般職員よりも若干多い年収になります。 nenshuu. php 管理職の場合 一般職員は普通のサラリーマンと同様に給料制になっていますが、管理職の場合は一般職とは異なり年俸制に切り替わります。 これらの年俸とは別に一般職員同様の各種手当ても支給され、その合計額が給与(年収)となります。 4万円~1202万円(全国職員) 746. 72万円~961. 6万円(地域職員) D1の課長クラスで基本年俸は933万円。 D5の部長クラスで基本年俸は1202万円。 それに各種の手当てが加算され年収では1000万円を超えます。 会長・副会長などトップの年収 全国職員の場合 一般職(A1、A2、B1、B2、C1)の退職手当算定基礎額は、退職時または死亡時の基本給から3,500円を控除した額に、退職手当算定基礎率 (平成29年度は1. 000)を乗じて算出した額となっています。 管理職、一般職(C2、S1、S2)の退職手当算定基礎額は、390,000円を基本とし、各処遇区分ごとに加算した額となっています。 地域職員 一般職(A1、A2、B1、B2、C1)の退職手当算定基礎額は、退職時または死亡時の基本給からA1は12,000円、A2は6,000円を控除した額に、退職手当算定基礎率(平成30年度は1. 000)を乗じて算出した額とする。 管理職、一般職(C2、S1、S2)の退職手当算定基礎額は、312,000円を基本とし、各処遇区分ごとに加算した額とする。 加算の上限は、256,000円とする。 勤続年数や地域職員と全国職員、一般職と管理職など処遇に応じた違いはありますが、上記の公開データで計算すると 定年退職金のおおむねの金額は2000万円から4000万円程度となります。 一般的な企業の退職金水準と比較すると高く思われますが、NHKのような一流企業であれば平均的な水準といえます。 nenshuu. php NHK職員の年収について 管理職や理事で軒並み年収1000万円以上、管理職になっていない35歳のモデル年収ですら666万円、NHK職員全体でも平均年収は1000万円を超えています。 「国民から受信料を万遍なく徴収して経営しているのに、この数字は高すぎないか?」 という意見を持つ人も多いかと思います。 民間会社と公共放送事業者との違いはありますが、ライバルのテレビ局が高収入を約束している以上、NHKとしても同程度の年収を担保しておかないと有能な人材が確保できないという事情があります。 ・国会中継や政見放送など国政に関する放送を行う。 ・災害が起きれば全国各地にある支局が詳細を放送し、被害を伝える。 ・W杯など国際的なイベントではNHKが先頭に立って海外メディアとの交渉を行う。 ・幼児教育や青少年育成に特化した教育番組の放送。 NHKの番組はどの番組も制作に高度な知識が求められるものばかりです。 放送を通じて社会の根幹を担うNHKの職員が残念な人材で構成されることは日本のためにも避けなければなりません。 日本の平均年収が400万円台の時代に1000万円を超える収入は多すぎではないかと怒りを覚える人も少なくないと思いますが、そういった事情があることにも一定の理解を示すべきなのかもしれません。 NHKの原資は国民からの受信料であるうえに、高収入かつ絶対に倒産する事のない超優良企業であるわけですから、国民の誰もが納得するような優良番組を製作し続けて欲しいものです。 NHKのような一流企業に就職・転職するには NHKに新卒で入社したい場はNHKの採用より応募すれば採用試験を受けることができます。 また、NHKのような超一流企業に転職を希望するならば、まずはを活用してください。

次の

記者の仕事について知ろう!激務って本当?高年収?

記者 年収

nhk 日本放送協会 の平均年収は1115万円でした。 (平成27年度) nhk 日本放送協会 の平均年収は 1160万円(平成27年度) 給料:基本給26万円 各種手当8万円 合計34万円 賞与140万円(年2回) 正社員で働く20代の男性 平成27年度版の最新で、 大学卒業モデルが、 30歳で年収が約590万円 35歳で733万円 課長や、部長などの管理職の年収は年俸制となり 課長で年収が1015万円 部長で1314万円 局長で1586万円となります。 国営放送ということもあり、どの業界と比べても業界の中では高年収をもらっている企業となります。 特にテレビ業界は各社とも平均年収が高く、フジが約1400万、朝日が1300万後半、TBSが1300万前半、となっています。 年齢 年収 月額給与 ボーナス 20~24歳 585. 6万円~635. 6万円 39. 7万円 158. 9万円 25~29歳 741. 7万円~791. 7万円 49. 5万円 197. 9万円 30~34歳 769. 7万円~869. 7万円 54. 4万円 217. 4万円 35~39歳 888. 4万円~992. 4万円 62. 0万円 248. 1万円 40~44歳 994. 0万円~1,115. 0万円 69. 7万円 278. 8万円 45~49歳 1,126. 8万円~1,248. 8万円 78. 1万円 312. 2万円 50~54歳 1,228. 0万円~1,338. 0万円 83. 6万円 334. 5万円 55~59歳 1,216. 9万円~1,326. 9万円 82. 9万円 331. 7万円 60~65歳 803. 2万円~903. 2万円 56. 4万円 225. 年収は50代がピークになります。 nhk 日本放送協会 の主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス nhkの年代別年収・課長部長の年収(平成27年度) nhkの年代別、役職者の年収を上記の大学モデルから換算してみると 30代:904. 8万円~ 40代:1,160. 0万円~ 50代:1,392. 0万円~ 課長:1,637. 0~ 部長:1,809. 6万円~ と推測されます。 nhkの記者・アナウンサー・技術職の年収 nhkの記者の年収:975万円~1258万円 アナウンサーの年収:975万円~1258万円 技術職の年収:975万円~1258万円 nhkの年収は給与の基本給に地域手当や住宅補助手当などの各種手当てや基準外賃金などが毎月支払われ、それに6月と12月に支給されるボーナスを合計した金額が年収となります。 nhkの一般職員は企業のサラリーマンと同じように給料制になっていて、基本給は全国職員の基本給と地域職員の基本給がそれぞれA1・A2・B1・B2・C1・C2に区分されています。 さらに全国職員の基本給のA1であれば16万4950円~25万3130円で、 地域職員の基本給がA1であれば14万3960円~20万4000円で、 A2の全国職員の基本給は24万3360円~29万5130円で、地域職員の基本給は20万0690円~22万3090円。 B1の全国職員の基本給は27万8360円~34万7500円で、地域職員の基本給は22万2690円~24万5090円。 B2の全国職員の基本給は31万0360円~37万0720円で、地域職員の基本給は24万8290円~27万0690円。 C1の全国職員の基本給は34万0360円~44万0000円で、地域職員の基本給は27万2290円~29万4690円。 C2の全国職員の基本給は39万3600円~47万0400円で、地域職員の基本給は29万5200円~32万4000円。 これは年齢や昇格で基本給が決まり、それによってボーナスの金額も違ってきます。 そのためnhkの記者・アナウンサー・技術職の年収も職種によってではなく、一般職員は場合はこの処遇区分によって決定されます。 ただnhkでの仕事は民間の放送局と同様に残業がとても多いので、記者でも残業代が50時間ほど換算。 さらに深夜早朝手当で26~28万円。 30代の記者でも年収で 900万円に届きます。 これはアナウンサーも技術職も同じですが管理職になると同じ記者・アナウンサー・技術職でも、一般職とは異なり年俸制になり例えばD1~D5の全国職員の年収は975万円~1258万円で、地域職員の場合の年収は780万円~1006万円です。 nhk 日本放送協会 の給料体系について nhkの給与は、放送法第61条の規定に基づいて支給基準を定めています。 給与を定める基本的な考え方は、能力、職責、業績、勤務条件を考慮。 その他、公共放送のため受信料の総額から適正かつ効率的な給与を分配するということを基準としております。 一般職の給与については、基準賃金、基準外賃金、日当、諸手当がふくまれます。 諸手当には、住宅補助、単身赴任手当て、育児休職手当て、介護休職手当て、北海道のなどの寒冷地での仕事については寒冷地手当、職員の自己啓発にはクリエイティブ手当て、特定日当、奄美大島などで働く場合は特地手当てがあり、国営放送とのこともあり手当てはかなり充足しています。 各手当については、月によって配当される時期も変わります。 nhkの平均年収は一般サラリーマンの平均年収の約4倍 衆院総務委員会で、自民党の片山さつき議員は、nhk職員の平均年収は、サラリーマンの4倍をもらっているということを発表しました。 22年度で1150万程度、今年度(23年度)は1209万円、来年度の予算案では1250万円となっていることを問題としています。 実際に平均年収は1700万台後半となり、今後はどのような予算体制にすべきなのかは国民が注目すべきところではないでしょうか。 東北大震災の際は、各テレビ局の中でも郡を抜いて最新情報を伝えていたのはnhkではありますが、それと年収と予算がどう関係するのか。 今後の動向も見守っていくべきだと思います。 年収の高いnhk職員になるには? 採用は毎年約200人となっています。 志望者の数は毎年約2万人となっています。 内定がもらえるのは約4月~5月辺りになるそうです。 既卒ももちろん募集は行っておりますが、大学院・4年制大学・短期大学(修業年限2年以上)・高等専門学校 専攻科含む および専修学校専門課程(修業年限2年以上)卒業者も募集しているようです。 年齢は30歳未満が採用となります。 就職の申込書を郵送で送り、書類選考が通れば面接、3次面接となり3次を通過すれば晴れて採用となります。 内定時期は4月~5月といわれています。 大学は、一流大学と呼ばれているところから採用することが多く、東大、京大、早慶、一橋辺りを採用していますが、それ以外の大学ももちろん採用を行っています。 特に大学時代に目立った活動をするとそれも目に触れるようです。 アナウンサー職であれば、ミスキャンパスに選ばれたことがあるなど、そういうのも重視するような噂もあるようです。 どうしてもnhkという名前で働きたい場合は、nhk職員はテレビ以外にも、製作会社のnhkエンタープライズ、nhk出版、NHKメディアテクノロジー、文化センターその他多数のグループ団体があるため、それぞれの募集採用要項を常にチェックしていくのもいいかもしれません。 関連コンテンツ nhkの強み nhkの強みはやはり放送法に基づく特殊法人として設立されていて、民間の放送局とは違って全国各地に放送網を持っていることです。 民間の放送局はnhkとは違って一部の地域でしか放送ができませんが、nhkは全国向けの番組だけでなく地域に向けた番組も再作することが放送法で義務づけられているので、nhkの全国にある放送局が地域に密着したニュースや生活情報や地域文化などの番組を制作しています。 さらにnhkの強みは国営企業の一種なので民間の放送局とは違って、潰れることがないことです。 nhkの売上はどこからきているの? nhkの売上のメインは私たち国民からの受信料で、放送法第83条によって民間の放送局とは違ってコマーシャル放送が禁止されています。 実はアメリカやフランスやドイツやお隣の韓国などの公共放送ではコマーシャル放送が認められていますがnhkの場合はだめで、特定の商品の放送や商標などを連呼しないようにnhk放送ガイドラインにも厳しく明記されています。 nhkの財務内容ですが現預金は約1000億円もあり、キャッシュフローは営業キャッシュフローが約600億円で投資は国債などの有価証券を約3500億円も保有していて、資産は簿価で約9000億円です。 さらに本社がある約10万平方メートルの不動産の含み益だけでも約5000億円で、nhkの自己資本は1兆円を超えるとも言われている超優良企業です。 出版社・メディアの年収一覧•

次の