テテ vs カシメロ。 井上尚弥 対 ジョンリル・カシメロ戦

カシメロが負けた試合の相手は誰?井上尚弥戦の勝敗予想と試合展開

テテ vs カシメロ

11月30日のゾラニ・テテVSジョンリエル・カシメロ、テテが勝ってバンタム級統一バトルに参戦するのが本来の筋のような気がしますが、ノニト・ドネアという同胞、先輩に感化されたのはカシメロの方じゃないか、スパーリングなどをしたことはあるのだろうか。 でも今は脇役のカシメロの言葉は見当たりません。 ずっと前に、ゾラニ・テテを破って本当の王者になりたい。 それからバンタム級のその他のビッグネームに絡んでいきたいというような記事をみかけた気がするくらい・・・ 個人的にカシメロに一票いれたのは万馬券狙いだ。 天然の素質、パッキャオっぽさが少しある。 パンチ山下だかが日本人で初めてカシメロに挑みましたがやはり圧倒されました。 テテとやってもあそこまで一方的かというほど・・・カシメロは面白い選手です。 3階級王者でもあります。 ドネア、カシメロ、ガバリョ・・・フィリピンは凄い、団体戦なら勝てないな。 テテ 「カシメロの試合をたくさんみたけど最近の3試合で改善している。 でも昔の悪いクセも残っているからその傾向に対処したい。 カシメロは攻撃的で決して楽な戦いをさせてくれない。 十分危険なファイターだ。 怪我でWBSSを辞退した時は失望なんて言葉では言い尽くせないくらい悲しくて、悔しくてヒステリックに泣いた。 決勝にいきたかったことは言うまでもなく、自分のキャリアのためにも是非ドネアと戦いたかった。 怪我は肩の使い過ぎによるものでした。 医者の言うことを聞いて今は練習時から注意している。 紹介された理学療法士による治療で手術は回避できました。 13か月のブランクは長すぎましたが完全に治りました。 井上VSドネアは何年もボクシングをみてきた中でも最高の戦いでした。 ドネアは勇猛果敢に立ち向かい、リングで将軍になりました。 井上は勇気を出して全力で対処せねばなりませんでした。 井上は決して無敵ではない。 勝てない相手ではない。 カシメロに勝ったら、できればアメリカで、いや、井上が戦いたいというところならどこでもいいから戦いたいです。 」 フランク・ウォーレン 「ゾラニに最大の戦いを与えてやりたい。 彼にベルトを統一してもらいたい。 井上はとても激しい戦いでドネアという伝説に素晴らしい勝利をした。 準決勝でテテとドネアを戦わせたかった。 テテも同様にドネアを破っただろう。 来年にはベストの2人が出会うことになるだろう。 残った勝者には必然の戦いが待っている。 」 チャンス少なく、その少ないチャンスも自ら逃し、不憫で遠回りな道を歩んでいるとおもいますが、真っ当に全てに対処して、誰からも相応しいといわれる立場になってバンタム級の頂上を目指したいというテテ、その決意、態度は間違ってはいないとおもう。 しかし取りこぼしを恐れて、かなり慎重なファイトをしそうだな。 カリメロ on ロドリゲスに関してのコメントが伸びてロドファンの僕としてはうれしい!それほど多くない試合観戦数だけで選手の本当の分析をするのは難しいと思います。 その分選手は与えられた試合でいいパフォーマンスを見せない…• ダイスケ on これはたまらないマッチメイク!! 強い選手同士が鎬を削ってこそ見ていて面白いのに最近はビジネス優先過ぎる…。 それにしてもエルガシェフすごい身体。 マイティ on プログレvフッカーは、さながら敗者復活戦の様相を呈してましたが、決裂してたんですね。 カノ相手でも筋の通ったマッチメイクですが、まさかここでエルガショフが登場するとは思わなかったです。 テイラーに敗け…• 匿名 on 試合1週間前に尿検査やるべき。 薬物やっている可能性高い。 不正のないボクシングの試合が見たい。

次の

カシメロ(ボクシング)は強いのか?動画まとめ!井上尚弥戦を検証!

テテ vs カシメロ

ゾラニ・テテ(南アフリカ)VSジョンリール・カシメロ(フィリピン) (出典:WOWOW) WBO世界バンタム級王座統一戦(2019年11月30日) テテは、32戦28勝21KO3敗、31歳のサウスポー。 173㎝。 長いリーチを生かしたアウトボクシングが中心ですが、チャンスでは一発で相手を倒すパンチ力を持っています。 井上の最大のライバルと言われています。 カシメロは、32戦28勝19KO4敗、30歳。 163㎝。 WBO暫定王者。 2019年4月にリカルド・エスピノサとWBO世界バンタム級暫定王座決定戦を行い、12RKO勝ちで王座を獲得しています。 パンチ力だけなら、テテより上かもしれません。 テテもネリも脱落 ルイス・ネリの体重超過にはがっかりしましたが、まさかテテがここで負けるとは、考えもしませんでした。 試合経過) 序盤の1~2ラウンドは、いつものテテのペースだったようです。 おそらくここまでの経過を見て、大方のファンはこのままテテが長いリーチを生かして、大差の判定勝ち、思ったでしょうね。 ところが、テテにとって悪夢の3ランドが待っていました。 1分過ぎに、カシメロが右フックのボディブローを放ち、テテの腰が引け頭が下がったところへ、さらに右フックがテンプルにヒットすると、テテが膝をついてダウンしました。 立ってきたテテですが、かなりダメージがあるようで、足取りが怪しくふらふらしています。 カシメロが猛然と襲い掛かると、テテは前のめりに2度目のダウンを喫します。 そして、コーナーに詰めて、カシメロがパンチを叩き込むとレフリーが試合をストップしました。 テテはやはり、打たれるともろい面がありますね。 それにして、カシメロのパンチは予想以上に強烈でした。 バンタム級に上げてから、すべてKOで勝っています。 バンタム級戦線にカシメロが急浮上 井上尚弥にとって強敵と目されていたネリとテテが脱落し、バンタム級戦線が大きく変わりました。 ここでもう一度、バンタム級のトップボクサーをおさらいしておきましょう。 ギジェルモ・リゴンドーは、12月21日に、 リボリオ・ソリスとWBAバンタム級王座決定戦を行う予定です。 おそらく、リゴンドーが圧勝すると思いますよ。 テテみたいな番狂わせはないでしょう。 ルイス・ネリとエマヌエル・ロドリゲスの勝者と、防衛戦を行う予定だった、 ノルディーヌ・ウバーリは、指名試合がなくなり、自由に相手を選ぶことが出来るようなったようです。 井上尚弥(大橋)19戦全勝16KO、26歳。 165㎝ WBAスーパー・IBF王者 ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)21戦19勝13KO1敗1NC、39歳。 162㎝ WBA2位 ジョンリール・カシメロ(フィリピン)33戦29勝20KO4敗、30歳。 163㎝ WBO王者 ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)17戦全勝12KO、33歳。 163㎝ WBC王者 ノニト・ドネア(フィリピン)46戦40勝26KO6敗、36歳。 171㎝ WBC4位 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)20戦19勝12KO1敗、27歳。 168㎝ WBC3位 リボリオ・ソリス(ベネズエラ)32戦25勝11KO5敗1分け1NC、37歳。 163㎝ WBA1位 井上拓真(大橋)14戦13勝3KO、23歳。 164㎝ WBC5位 比嘉大吾(白井・具志堅)16戦15勝15KO1敗、24歳。 161㎝ WBC7位 栗原慶太(一力)19戦14勝12KO5敗、26歳。 172㎝ IBF9位.

次の

井上尚弥 対 ジョンリル・カシメロ戦

テテ vs カシメロ

カシメロの過去の対戦相手 カシメロの過去の対戦相手を確認してみましょう。 カシメロは 過去に4敗していますが、その敗戦は現在の バンタム級に転向する前の敗戦です。 生涯戦績としては、 33戦29勝 20KO 4敗 1TKO というのが過去の戦績です。 以下は対戦相手の抜粋です。 前半には過去の敗戦4試合を列挙し、 後半はバンタム級転向後のKO勝利5試合を列挙しています。 2010年7月24日 敗北 12R 判定1-2 ラモン・ガルシア 2011年3月26日 敗北 5R 1:50 TKO モルティ・ムザラネ 2015年6月27日 敗北 12R 判定0-3 アムナット・ルエンロン 2017年9月16日 敗北 12R 判定0-3 ジョナス・スルタン 2018年7月21日 勝利 2R 1:41 TKO ホセ・ペチ 2019年2月16日 勝利 6R 0:47 TKO 山下賢哉 2019年4月20日 勝利 12R 0:44 KO リカルド・エスピノサ 2019年8月24日 勝利 10R 2:23 KO セサール・ラミレス 2019年11月30日 勝利 3R 2:14 TKO ゾラニ・テテ 2020年4月25日 ー ー ー 井上尚弥 日本人ボクサーは過去に唯一、山下賢哉選手と対戦しておりカシメロのTKO勝利です。 カシメロの過去の対戦相手の中でひときわ目立つのはやはり「 ゾラニ・テテ」でしょうか? テテが崩れ落ちるシーンはあまりにも印象的で、カシメロの良さや特徴が一番出ていた試合でしょう。 一方、先日八重樫東をTKOで下した モルティ・ムザラネ や井岡一翔に完封勝利した アムナット・ルエンロン などにはいいところなく敗れています。 アムナット・ルエンロン ボクシング好きの人には釈迦に説法かも知れませんが、カシメロの過去の対戦相手で最強はテテではなく、実は モルティ・ムザラネだということに異論をはさむ人はいないでしょう。 下の動画は約9年前のカシメロvsムザラネ戦です。 5ラウンド目にカシメロが心折れて、レフェリーストップによるTKO負け。 パンチによるダメージというよりは、ムザラネとの相性の悪さに嫌気がさして試合放棄したくなったようです。 軽くバッティングをアピールしていますが、当たっているようにも見えませんね。 若干20歳の若き頃のカシメロが、老獪なムザラネに翻弄され「もう、やってらんねーよ!」という感じ。 まぁ、カシメロも嫌になるくらいのムザラネと正々堂々と打ち合った八重樫東は本当に凄い選手だと思います! カシメロのボクシングの特徴とファイティングスタイル カシメロの特徴は、右利きと思いきや左のパンチも得意としており、試合中の身体の重心は 「かなり後ろ寄り」にあります。 カシメロ(左) ガードはメイウェザーJr風のやや浅めのL字ガードで、あまりガードをガチガチに固めることはない印象ですね。 カシメロがガードを固めて守りに入る時は、大体が負け試合のときです 笑 カシメロ(左) メイウェザーJr 身体の重心は後ろに保ちつつ相手のジャブやストレートは上体をのけ反らせてかわし、その直後に右フックか右ストレートを打ち込む というのがカシメロの特徴です。 先日のゾラニ・テテ戦でもほぼ同じ戦い方をしていましたよね。 テテがダッキングで顔を下にさげたときに、カシメロの右フックがテテのこめかみにクリーンヒット! この時点ですでに勝負はついていました。 カシメロの特徴のまとめ 1.試合中の重心は常に後方寄りにキープ。 2.ガードは浅めのL字ガードで、守りより攻撃重視のスタイル。 3.左腕を伸ばす、もしくは左ジャブを打ちながら右ストレート・右フックを打ち込む。 4.相手のストレートやジャブは、上体をのけ反らせて避ける。 5.攻撃は一気に踏み込んで、ロングレンジからの右ストレートを顔面かボディへ。 6.スタミナに難あり。 試合後半になると手数が極端に減る。 7.全体的に変則的なスタイル。 【関連記事】 ズバリ!カシメロは強いのか? ズバリ言うと、 カシメロはかなり強いです。 というか、ムザラネやアムナットに翻弄されていた頃と比べると かなり強くなった印象ですね。 カシメロが急激に強くなった要因 1.小柄ながらも バンタム級に転向して5試合すべてKO勝利している。 2.バンタム級最強の呼び声の高かった ゾラニ・テテにKO勝利している。 3.ボクシングの本場・ 米国ラスベガスで、井上尚弥との統一戦が確定した。 上記3つは強くなった要因というよりは、カシメロのモチベーションがかなり上昇したことと「俺は井上尚弥より強い」と自信を持てたきっかけになっていると思います。 カシメロの最近の堂々とした試合運びからもそれが感じられます。 井上尚弥戦は楽観視できないと思いますね。 【関連記事】 まとめ.

次の