新居浜 太鼓 祭り 喧嘩 歴史。 新居浜太鼓祭りの喧嘩にチェーンソーが登場?凄まじい戦いを徹底解説

新居浜太鼓祭りの掲示板で喧嘩は是か非か?

新居浜 太鼓 祭り 喧嘩 歴史

当サイトの管理人は責任を負えませんので、お出かけの前には祭りや伝統行事の主催者や公式サイトなどで必ずご確認ください。 新居浜太鼓祭りとは 新居浜太鼓祭りの歴史・由来 四国三大祭りの一つに数えられる新居浜太鼓祭り。 その起源は古く、平安時代あるいは鎌倉時代まで遡り、神輿に供奉する山車の一種で、信仰を対象とした神輿渡御の際、その列に参加して厳かに供奉し、豊年の秋を感謝して氏神に奉納したのが始まりと言われています。 幕末から明治時代初期の太鼓台は、現在の子供太鼓台くらいの大きさしかなく、地域経済の発展とともに大型化してきました。 かつて、昭和30年代あたりまでは、漁場争いであったり、水の権利などを争って喧嘩をしていたようですが、現在では突発的に発生することもあれば、祭りを盛り上げるために談合的に計画されたものや昔からの因縁対決など様々な要因があります。 死傷者が絶えないこの危険な鉢合わせ行為ですが、現在も伝統行事として行われています。 新居浜太鼓祭りの概要・見所 祭りの一番の盛り上がりは「太鼓台」と呼ばれる山車の練り歩きです。 太鼓台は金糸や銀糸で派手に飾られ豪華絢爛。 そのサイズも重さ約3トンと巨大なことでも知られ、総勢150人余りの「かき夫」と呼ばれる担ぎ手たちによって、担ぎ上げられる「男祭り」です。 また、喧嘩祭りと言われるゆえんである「鉢合わせ」では、太鼓台同士が激しくぶつかり合います。 新居浜太鼓祭りの掲示板 新居浜太鼓祭りはネット上の掲示板がたくさんあり豪華絢爛のお神輿の紹介や実際の祭りさながらの熱いバトルが繰り広げられたりしています。

次の

(一社)新居浜市観光協会

新居浜 太鼓 祭り 喧嘩 歴史

新居浜太鼓祭りは日本三大喧嘩祭りといわれるように、豪華絢爛で迫力のある祭りの反面で喧嘩祭りの一面もあります。 もちろん喧嘩は良いことではなく、他の喧嘩祭りと違うのは 喧嘩が認められていない行為であると言うことです。 これは非合法の行為であり、毎年逮捕者が出たり、愛媛県警が大規模な機動隊を配備し厳戒態勢のもと警戒にあたっています。 しかし、喧嘩(鉢合わせ)は新居浜太鼓祭りの華でもあり、祭りという面では無益とは言い切れない部分もあります。 他の都市では神輿などの鉢合わせを伝統行事として行っている所もあり、太鼓台の喧嘩は賛否両論が存在します。 この記事では新居浜太鼓祭りの喧嘩について紹介します。 新居浜の人なら知っていることも多いと思いますが、より詳しい部分まで紹介しますので、ぜひご覧ください。 またこの記事は新居浜市川東地区を対象としています。 その点もご注意ください。 鉢合せはタイヤをつけた太鼓台どうしをぶつけ合う喧嘩で、中々観れるものではなく喧嘩の最高峰です。 タイヤをつけた喧嘩であることから地元の人は「2輪の喧嘩」や「2輪」と呼ぶことが多いです。 この行為は太鼓台をぶつけ合う非常に危険な行為で怪我人が多く出ます。 鉢合せはイザリを積み重ねて稀に起こる行為で、鉢合せを行うと太鼓台の破損は免れないので両者ともにかなり覚悟が必要です。 互いに余程の鬱憤が無ければ鉢合わせに発展することはなく、これが喧嘩祭りと云われる所以です。 鉢合せを行って近隣に被害が出た場合は両太鼓台の折半により賠償金を支払い、また太鼓台の修繕費も必要な為多額の資金が必要となる場合があります。 また、重さ2t以上の太鼓台をぶつけ合う行為は非常に危険で、怪我をすると一生治らない可能性があり、過去には死者が出たこともあるほど危険な行為です。 互いの誇りをかけた命掛けの戦いと言っても大げさではありません。 鉢合わせの勝敗 鉢合わせの勝敗は基本的にどちらかの太鼓が割れれば決まります。 先に太鼓を割られた方が負けとなります。 しかし、太鼓台の太鼓は数百万円もするほど高価な物な為、近年は鎧を装着することがほとんどです。 また鉢合せは誇りを掛けた戦いでもある為絶対に負けるわけにはいきません。 太鼓が割れてしまうとハッキリとした勝敗がつく為、鎧を取り付けるということもあります。 鎧をつけた場合の勝敗 どちらか一方のみが鎧をつけているという状態はほとんどなく、仮にそのような場合でも両者取り付けるか、両者とも外すというのが一般的です。 そして鎧をつけた場合、太鼓が割れることがないので長期戦となることになります。 喧嘩が長引くと怪我人がでる可能性も高くなり、近年は怪我人が出たことにより勝敗がつかないまま喧嘩が終了するということが多いです。 また、鎧をつけた場合の鉢合わせの一般的な勝敗 は先に『かき棒』を折られた方が負けというのが一般的です。 しかし『かき棒』の折り合いは人同士の喧嘩になることが多く、人同士の喧嘩を避ける為に2輪の喧嘩を仕掛けたという場合には本末転倒の結末とも言えます。 百聞は一見にしかず!鉢合わせの動画 過去の事例 2008年(平成20年)10月18日 八幡神社前で田之上太鼓台が裸太鼓にし運行コースを逸脱。 2008年(平成20年)10月18日 阿島太鼓台が午前中より裸太鼓で進行。 両方とも鉢合わせには発展しませんでしたが、解体命令によりその後のイベントは不参加。 翌年は通常通り出場 イザリの喧嘩をした場合 イザリの喧嘩の場合はその後の反省会で厳重注意を受けるのみで、翌年も問題なく出場できます。 また17日の場合に解体命令が出た場合はその時点で祭りが終了になりますが、過去に祭り最終日以外にイザリで解体命令が出たのは私が知る限りではありません。 イザリはオッケーという暗黙の了解です。 まとめ 喧嘩はいけない行為ではありますが、間違いなく新居浜太鼓祭りの華です。 喧嘩太鼓の迫力と活気は他に類がなく、市民を熱くさせます。 ただし喧嘩は危険行為であり一般観客も巻き添えになる可能性があるので、喧嘩太鼓には近づかないようにしましょう! 特に2輪の喧嘩は動きが遅く見えても、人の流れなどで思うように動けません。 喧嘩の見物は自己責任です。 その辺りに十分注意するようにしましょう。

次の

太鼓台の歴史概説

新居浜 太鼓 祭り 喧嘩 歴史

当サイトの管理人は責任を負えませんので、お出かけの前には祭りや伝統行事の主催者や公式サイトなどで必ずご確認ください。 新居浜太鼓祭りとは 新居浜太鼓祭りの歴史・由来 四国三大祭りの一つに数えられる新居浜太鼓祭り。 その起源は古く、平安時代あるいは鎌倉時代まで遡り、神輿に供奉する山車の一種で、信仰を対象とした神輿渡御の際、その列に参加して厳かに供奉し、豊年の秋を感謝して氏神に奉納したのが始まりと言われています。 幕末から明治時代初期の太鼓台は、現在の子供太鼓台くらいの大きさしかなく、地域経済の発展とともに大型化してきました。 かつて、昭和30年代あたりまでは、漁場争いであったり、水の権利などを争って喧嘩をしていたようですが、現在では突発的に発生することもあれば、祭りを盛り上げるために談合的に計画されたものや昔からの因縁対決など様々な要因があります。 死傷者が絶えないこの危険な鉢合わせ行為ですが、現在も伝統行事として行われています。 新居浜太鼓祭りの概要・見所 祭りの一番の盛り上がりは「太鼓台」と呼ばれる山車の練り歩きです。 太鼓台は金糸や銀糸で派手に飾られ豪華絢爛。 そのサイズも重さ約3トンと巨大なことでも知られ、総勢150人余りの「かき夫」と呼ばれる担ぎ手たちによって、担ぎ上げられる「男祭り」です。 また、喧嘩祭りと言われるゆえんである「鉢合わせ」では、太鼓台同士が激しくぶつかり合います。 新居浜太鼓祭りの掲示板 新居浜太鼓祭りはネット上の掲示板がたくさんあり豪華絢爛のお神輿の紹介や実際の祭りさながらの熱いバトルが繰り広げられたりしています。

次の