ミニチュアシュナウザー ブログ。 ミニチュアシュナウザー子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

スマイルクラブ 浅野

ミニチュアシュナウザー ブログ

ミニチュアシュナウザーの特徴 ミニチュアシュナウザーの原点は、ドイツ原産のスタンダードシュナウザーからはじまります。 スタンダードシュナウザーの小さな個体を基礎に、アーフェンピンシャーとの交配を重ね、小型化した犬種がミニチュアシュナウザーです。 何世代もの交配を繰り返し、19世紀末のドイツでミニチュアシュナウザーの原型となる個体ができます。 しかし、それでもミニチュアシュナウザーらしからぬ個体が誕生するなど、犬種として安定した個体を誕生させることができませんでした。 犬種として安定するようになったのは、ミニチュアシュナウザーがアメリカに渡ってから。 そのためか、原産国のドイツよりもアメリカのほうが盛んに飼育されています。 仙人を思わせる口ヒゲや眉毛はヨークシャーテリアに似ていますが、テリア系の血はまったく入っていません。 もともとネズミの駆除や牧羊犬として活躍していたスタンダードシュナウザーと同じく、ミニチュアシュナウザーも農場での作業を得意とします。 ミニチュアシュナウザーのもととなったスタンダードシュナウザーは、体高44~50cm、体重23~25kgであるのに対して、ミニチュアシュナウザーは体高30~35cm、体重6~13kgと、比較的コンパクト。 軽くて小さいので、室内での飼育に適しています。 ミニチュアシュナウザーの平均寿命は12~15歳とされています。 ミニチュアシュナウザーは好奇心旺盛で明るく、聡明な性格です。 もともと牧羊犬で活躍していたために、警戒心が強く頑固な一面もありますが、性格は決してきつくありません。 正しくトレーニングをすれば、家族としてよいパートナーになってくれるでしょう。 お子さんの遊び相手としても最適です。 ミニチュアシュナウザーの毛色について ミニチュアシュナウザーは上毛と下毛の二重構造の「ダブルコート」と呼ばれる体毛を持ちます。 上毛と下毛がそれぞれ異なる色を持ち、その色合いによって、ミニチュアシュナウザーのカラーは種類分けされています。 今回の記事で紹介するミニチュアシュナウザーの毛色は、次の5種類です。 ・ソルト&ペッパー ・ブラック&シルバー ・ホワイト ・ブラック ・ウィートン 犬種はジャパンケンネルクラブ(通称JKC)という一般社団法人によって定義付けが行われていますが、今回紹介するミニチュアシュナウザーの毛色のうち、公認されているのは「ウィートン」を除く4種類だけです。 なお、ミニチュアシュナウザーの毛色は、人間と同じように加齢や日光などの影響により、黒い毛色が白っぽくなるなど、毛色が変化していくことがあります。 退色のしやすさは、毛色や個体によって異なります。 ミニチュアシュナウザーの人気毛色No. 1 ソルト&ペッパー ミニチュアシュナウザーで一番人気の毛色は、ソルト&ペッパーです。 白と黒が混ざり合い、まさに塩と黒コショウを振りかけたような毛色をしています。 表面にある上毛が白と黒、両方の色素を持っており、ソルト&ペッパーの特徴の白と黒を混合した色を表現しています。 JKCによると、ソルト&ペッパーの定義として、内側の下毛はグレーの毛色をしていなければなりません。 しかしグレーの色合いについては、黒に近いグレーから、白に近いグレーまで幅広い色調が認められています。 そんなミニチュアシュナウザーのソルト&ペッパーの価格相場は、オスが約21万円、メスが約23万円(平均約22万円)で取引されています。 ミニチュアシュナウザーの人気毛色No. 2 ブラック&シルバー ミニチュアシュナウザーで2番人気の毛色が、ブラック&シルバーです。 ソルト&ペッパーは白と黒が混ざりあったようになっているのに対して、ブラック&シルバーは白と黒の毛色の部分がはっきりと分かれているのが特徴です。 眉毛、口の周り、ヒゲの部分がホワイトになっている場合が多く、ほかにも胸の部分や前足と後足の一部に白が出やすい傾向にあります。 また、ブラック&シルバーはミニチュアシュナウザーの毛色全体のなかでも、色あせにくいといった特徴もあります。 なお、ミニチュアシュナウザーのブラック&シルバーの価格相場は、オスが約21万円、メスが約22万円(平均約22万円)で取引されています。 ミニチュアシュナウザーの人気毛色No. 3 ブラック ミニチュアシュナウザーの毛色で3番目に人気なのは、ブラックです。 ミニチュアシュナウザーの真っ黒な目と同じく、全身あますことなく真っ黒な毛で覆われています。 色彩心理によると、黒い色には高貴さや気品といったイメージを与えるといわれています。 ミニチュアシュナウザーの特徴である長い眉毛やヒゲと相まって、エレガントなカラーと評されることが多いようです。 そんなミニチュアシュナウザーのブラックの価格相場は、オスが約19万円、メスが約21万円(平均約20万円)で取引されています。 ミニチュアシュナウザーの人気毛色No. 4 ホワイト ミニチュアシュナウザーのなかで4番目に人気があるのは、全身が綿菓子のように真っ白な毛色のホワイトです。 上毛と下毛ともに真っ白な色をしています。 白一色の体毛は美しく見える反面、汚れが目立ちやすいという注意点もあります。 食後や水を飲んだ後は、小まめに口の周りを乾いた布でぬぐってあげましょう。 また、加齢にとともに毛色が黄色っぽくなっていくのも、ホワイトの特徴です。 なお、ミニチュアシュナウザーのホワイトは、オスが約18万円、メスが約19万円(平均約19万円)程度で取引されています。 ミニチュアシュナウザーの人気毛色No. 5 ウィートン 最後に紹介する毛色は、ミニチュアシュナウザーのウィートンです。 これまでに紹介した公認カラーである4種類は、日本のペットショップでよく見ることができます。 しかしウィートンはいわゆるレアカラー呼ばれる毛色で、なかなかお目にかかることはできません。 非公認カラーではあるものの、ミルクティーのような美しい毛色に魅了される人は多いです。 さらにほかの毛色と違って安定して繁殖することができないため、ウィートンはオスが約25万円、メスが約26万円(平均約26万円)と、ミニチュアシュナウザーのなかではかなり高い価格で取引されています。 まとめ ミニチュアシュナウザーの特徴や歴史、そして人気の毛色をランキング形式で紹介しました。 ミニチュアシュナウザーは、使役犬として人間とともに暮らしてきた歴史ある犬種です。 非常に聡明な犬種なので、訓練をすれば家族の一員としてはもちろん、わたしたちの生活にうるおいを与えてくれるでしょう。 毛色によって性格の違いはないので、ピンとくるカラーの子にめぐりあえたら、家族として暖かく迎え入れてあげてくださいね。

次の

定番&レアカラーまで! ミニチュアシュナウザーの人気毛色TOP5 | みんなのブリーダー

ミニチュアシュナウザー ブログ

15 Recent Entries 遺伝子検査の結果が分かったw Y染色体ハプログループ(父方)もミトコンドリアDNA(母方)どちらもD系統(厳密には後ろに数字が付きます)でした。 たまたま同じD系統ですが、内容は全然異なります。 Y染色体のD系統は初期に近い人類で、日本には40%前後いる縄文人から続く系統です。 日本全体の平均は40%前後ですがアイヌは85%以上、沖縄は50%以上存在する系統です。 特徴は別人類のネアンデータル人の遺伝子が組み込まれ、Yap遺伝子(中近東やイタリア南部、地中海に多い遺伝子)と言う変異した遺伝子が組み込まれています。 このYap遺伝子は戦いを好まない傾向があるとも言われ縄文時代に大きな争いの痕跡がないのはこの遺伝子のためではないかと言う人がいます。 あと、古代イスラエル人もyap遺伝子があるとのことです。 キルギス人のマナス叙情詩はマナセ族からきたのかもしれないとw日本へはエフライム族が来たと言われています。 日本人の50%くらいは2種類のO系統です。 O系統の方々は古代イスラエル人や縄文人やネアンデルタール人とは関係ないので、毛沢東や習近平や金ジョンウンや文ジェインと同じ系統かどうかなのかも、笑 中国や韓国に比べてノーベル賞受賞者が多いのはyap遺伝子があるためだとの説もあるそうです。 (yap遺伝子を持った人がいるユダヤ人も受賞者が多い) Y染色体D系統の分布図 中国辺りにDが存在しないのは残忍な漢民族(O系統)が駆逐したためと言われています。 今現在もウィグル人を殺してますが自分に不要な人間は古代から皆殺しするのが漢民族です。 漢民族の凶悪性は世界TOPレベルw 母系のミトコンドリアハプログループはD4でした。 東アジアから中央アジアに多く分布します。 日本へは弥生人として入って来た人が多いのかもしれません。 以前にNHKの捏造番組の話題を扱いましたが、目が一重で顔が細い人が弥生人ということが嘘ということがハッキリしましたw 生母は小学校1年の時に亡くなり、その後の継母の事もあり写真が残されていないのですが、イメージ的には佐久間良子さんを見た時にあんな感じだったかも?!と思ったので、弥生人が薄い顔という昔の学説やNHKの報道は嘘だと思います。 ミトコンドリア系統の移動と分布図 今回の件で分かったのは父方の遺伝子は3万年以上前には中央アジアに到着しその後経路は不明ですが長崎へやって来た、母方も1万年以上前に中央アジアへやってきて、その後シナ大陸へ移動し3000〜2000年前に日本列島へやって来てその後、鹿児島へ到着したのだろうことがわかりました。 日本人のY染色体遺伝子D系統に一番近いチベット人の踊り(日本人はD2、チベット人はD3 日本の昔の音楽のようにも聞こえますw チベットは中国に占領されてますが、キルギスは元ソ連連邦なので衣装が少しロシア風w.

次の

奈良県のペットショップ・ミニチュアシュナウザーの家「シュナッチ」

ミニチュアシュナウザー ブログ

15 Recent Entries 遺伝子検査の結果が分かったw Y染色体ハプログループ(父方)もミトコンドリアDNA(母方)どちらもD系統(厳密には後ろに数字が付きます)でした。 たまたま同じD系統ですが、内容は全然異なります。 Y染色体のD系統は初期に近い人類で、日本には40%前後いる縄文人から続く系統です。 日本全体の平均は40%前後ですがアイヌは85%以上、沖縄は50%以上存在する系統です。 特徴は別人類のネアンデータル人の遺伝子が組み込まれ、Yap遺伝子(中近東やイタリア南部、地中海に多い遺伝子)と言う変異した遺伝子が組み込まれています。 このYap遺伝子は戦いを好まない傾向があるとも言われ縄文時代に大きな争いの痕跡がないのはこの遺伝子のためではないかと言う人がいます。 あと、古代イスラエル人もyap遺伝子があるとのことです。 キルギス人のマナス叙情詩はマナセ族からきたのかもしれないとw日本へはエフライム族が来たと言われています。 日本人の50%くらいは2種類のO系統です。 O系統の方々は古代イスラエル人や縄文人やネアンデルタール人とは関係ないので、毛沢東や習近平や金ジョンウンや文ジェインと同じ系統かどうかなのかも、笑 中国や韓国に比べてノーベル賞受賞者が多いのはyap遺伝子があるためだとの説もあるそうです。 (yap遺伝子を持った人がいるユダヤ人も受賞者が多い) Y染色体D系統の分布図 中国辺りにDが存在しないのは残忍な漢民族(O系統)が駆逐したためと言われています。 今現在もウィグル人を殺してますが自分に不要な人間は古代から皆殺しするのが漢民族です。 漢民族の凶悪性は世界TOPレベルw 母系のミトコンドリアハプログループはD4でした。 東アジアから中央アジアに多く分布します。 日本へは弥生人として入って来た人が多いのかもしれません。 以前にNHKの捏造番組の話題を扱いましたが、目が一重で顔が細い人が弥生人ということが嘘ということがハッキリしましたw 生母は小学校1年の時に亡くなり、その後の継母の事もあり写真が残されていないのですが、イメージ的には佐久間良子さんを見た時にあんな感じだったかも?!と思ったので、弥生人が薄い顔という昔の学説やNHKの報道は嘘だと思います。 ミトコンドリア系統の移動と分布図 今回の件で分かったのは父方の遺伝子は3万年以上前には中央アジアに到着しその後経路は不明ですが長崎へやって来た、母方も1万年以上前に中央アジアへやってきて、その後シナ大陸へ移動し3000〜2000年前に日本列島へやって来てその後、鹿児島へ到着したのだろうことがわかりました。 日本人のY染色体遺伝子D系統に一番近いチベット人の踊り(日本人はD2、チベット人はD3 日本の昔の音楽のようにも聞こえますw チベットは中国に占領されてますが、キルギスは元ソ連連邦なので衣装が少しロシア風w.

次の