ファスティング 回復食 1日目 メニュー。 ファスティングの回復食で失敗しない!1日目、2日目にはどんなメニューを食べれば良い?

1日ファスティングの正しい方法を紹介!【断食ダイエット特集】

ファスティング 回復食 1日目 メニュー

ファスティングの回復食とは? ファスティングの準備期間は断食期間に入る前に、胃や腸を少しずつ休む体制へシフトチェンジさせるための準備をする期間です。 その後、酵素ドリンクやスムージーなどの水分だけ摂取する断食期間、そして回復食期間と続きます。 断食期間は固形物を摂取しないことで消化器官を休ませています。 ですので断食期間が終了してから急に普段の生活の食事に戻した場合、胃や腸など身体に負担がかかりすぎるのです。 食事内容・食事量は少しずつ元に戻していく必要があります。 特に回復食1日目のメニューには気を遣いましょう。 その時、意識してほしいのが「まごわやさしい」です。 良質なたんぱく質が含まれていますし、油を使わないので回復食にはぴったりです。 ご:ごま ごまやナッツ類は不足しがちなミネラルが豊富です。 また、血中コレステロールを下げる不飽和脂肪酸も多く含まれています。 わ:わかめなど海藻類 わかめはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く、身体の抵抗力を高めてくれます。 スープに入れれば身体も温まりますね。 や:野菜全般 野菜は緑黄色野菜を意識して摂取しましょう。 食物繊維やビタミンが多く含まれています。 油を使った炒め物は避けて、サラダや温野菜、スープが良いですね。 さ:魚 魚は特にEPAやDHAなどが豊富な青魚がおすすめです。 これらはオメガ3系の高度不飽和脂肪酸として注目されています。 血液がさらさらになったり中性脂肪低下に効果があります。 しかし、動物性のたくぱく質を回復食の1日目から摂取するのは負担が大きいので2日目の夜かそれ以降にしましょう。 魚の出汁は2日目から摂取できます。 し:しいたけなどキノコ類 しいたけなどのキノコ類はビタミンDが豊富です。 スープや煮物がおすすめです。 い:いも類 いも類は食物繊維やビタミンが多く含まれています。 蒸したりスープに入れて、薄味で食べましょう。 このような7種類の食材を意識して回復食は薄味で胃に負担をかけない食事を心がけ、食べすぎには注意しましょう。 逆に回復食で避けたいものは、濃い味のもの・油を含むもの・カフェインを含むもの・甘いお菓子・肉や卵などの動物性たんぱく質です。 ファスティング後1日目の回復食のメニュー例 1日目に気をつけることは「糖質をたくさん摂取しない・胃に負担をかけない」です。 回復食1日目の朝のメニューというと、胃にやさしいおかゆや重湯を想像するかと思います。 しかし、おかゆや重湯には糖質が多く含まれているため、断食後に摂取すると血糖値の急上昇につながる恐れがあります。 そのため、今回は回復食1日目におかゆや重湯のないメニューをご紹介します。 野菜はゆでで柔らかくするか、よく噛んで食べてくださいね。 久しぶりの食事で食欲が止まらなくなるとせっかくの断食期間が台無しになってしまいます。 食事量や食事内容にとっても気を遣う必要があるため、ファスティングは回復食が大切と言われているんですね。 ファスティング後2日目の回復食のメニュー例 2日目からはお米を食べてもよくなります。 量は胃の調子と相談し、食べ過ぎないようにしましょう。 まとめ 「辛い断食期間が終わったから、なんでも好きなもの食べよう!」と思うかもしれませんが、回復食を疎かにするとリバウンドはもちろんのことですか体調も崩してしまいますよ。 ファスティングを成功させるには、回復食が大切です。 覚えておきましょうね!•

次の

ファスティング後の回復食メニュー【ダイエット検定1級監修】

ファスティング 回復食 1日目 メニュー

ファスティングの回復食とは? ファスティングの準備期間は断食期間に入る前に、胃や腸を少しずつ休む体制へシフトチェンジさせるための準備をする期間です。 その後、酵素ドリンクやスムージーなどの水分だけ摂取する断食期間、そして回復食期間と続きます。 断食期間は固形物を摂取しないことで消化器官を休ませています。 ですので断食期間が終了してから急に普段の生活の食事に戻した場合、胃や腸など身体に負担がかかりすぎるのです。 食事内容・食事量は少しずつ元に戻していく必要があります。 特に回復食1日目のメニューには気を遣いましょう。 その時、意識してほしいのが「まごわやさしい」です。 良質なたんぱく質が含まれていますし、油を使わないので回復食にはぴったりです。 ご:ごま ごまやナッツ類は不足しがちなミネラルが豊富です。 また、血中コレステロールを下げる不飽和脂肪酸も多く含まれています。 わ:わかめなど海藻類 わかめはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く、身体の抵抗力を高めてくれます。 スープに入れれば身体も温まりますね。 や:野菜全般 野菜は緑黄色野菜を意識して摂取しましょう。 食物繊維やビタミンが多く含まれています。 油を使った炒め物は避けて、サラダや温野菜、スープが良いですね。 さ:魚 魚は特にEPAやDHAなどが豊富な青魚がおすすめです。 これらはオメガ3系の高度不飽和脂肪酸として注目されています。 血液がさらさらになったり中性脂肪低下に効果があります。 しかし、動物性のたくぱく質を回復食の1日目から摂取するのは負担が大きいので2日目の夜かそれ以降にしましょう。 魚の出汁は2日目から摂取できます。 し:しいたけなどキノコ類 しいたけなどのキノコ類はビタミンDが豊富です。 スープや煮物がおすすめです。 い:いも類 いも類は食物繊維やビタミンが多く含まれています。 蒸したりスープに入れて、薄味で食べましょう。 このような7種類の食材を意識して回復食は薄味で胃に負担をかけない食事を心がけ、食べすぎには注意しましょう。 逆に回復食で避けたいものは、濃い味のもの・油を含むもの・カフェインを含むもの・甘いお菓子・肉や卵などの動物性たんぱく質です。 ファスティング後1日目の回復食のメニュー例 1日目に気をつけることは「糖質をたくさん摂取しない・胃に負担をかけない」です。 回復食1日目の朝のメニューというと、胃にやさしいおかゆや重湯を想像するかと思います。 しかし、おかゆや重湯には糖質が多く含まれているため、断食後に摂取すると血糖値の急上昇につながる恐れがあります。 そのため、今回は回復食1日目におかゆや重湯のないメニューをご紹介します。 野菜はゆでで柔らかくするか、よく噛んで食べてくださいね。 久しぶりの食事で食欲が止まらなくなるとせっかくの断食期間が台無しになってしまいます。 食事量や食事内容にとっても気を遣う必要があるため、ファスティングは回復食が大切と言われているんですね。 ファスティング後2日目の回復食のメニュー例 2日目からはお米を食べてもよくなります。 量は胃の調子と相談し、食べ過ぎないようにしましょう。 まとめ 「辛い断食期間が終わったから、なんでも好きなもの食べよう!」と思うかもしれませんが、回復食を疎かにするとリバウンドはもちろんのことですか体調も崩してしまいますよ。 ファスティングを成功させるには、回復食が大切です。 覚えておきましょうね!•

次の

ファスティングの《回復食》を間違えると効果なし!正しい回復食を詳しく解説

ファスティング 回復食 1日目 メニュー

見出し• ファスティングの回復食期間に気を付けるべきこと ファスティングの成功は回復食にあり。 これよく言われてますよね。 どういうか簡単に言うとファスティングした後は腸がキレイになっているんだけど、そこに添加物、小麦、乳たんぱく、カフェイン、精製糖などを摂ってしまうと無駄な食欲を引き起こすことになり、それがリバウンドを引き起こす原因となってしまうんですって。 だから回復食で何を食べるかがとっても大事なんだけど、色んな情報があって何を食べたら良いのか素人の私達にはよくわからないんですよね。 でも田中式ファスティングは回復食についてもマニュアルに詳しく書いてあるし、ホームページにも様々な情報が載っているので 食べるものに迷うことはなかったので安心でした。 そこでマニュアルやホームページで紹介されていた 回復食での気を付けたいポイントと、実際に私が食べた5日間の回復食メニューをまとめてみました。 田中式が推奨する失敗しない回復食のポイント 基本的には田中さんから送られてきたマニュアルに書いてある通りの食事を摂ればOKなんだけど、 こんなことに気を付けるといいんです。 1:回復食期間は 3日以上 2:3日間は 野菜・海藻・発酵食品を中心に腹八分で過ごす 3: よく噛んで食べる 4: 添加物、グルテン 小麦 、カゼイン 乳たんぱく 、カフェイン、精製糖を避ける (乳製品、揚げ物、油っこいもの、小麦、ラーメン、スイーツなどはNG) 5:肉や魚などの 動物性たんぱくは3日間は避ける(4日目以降はOK) 6:ダイエットが目的なら ご飯は2日目以降から 基本的には準備食と似てるので、ポイントさえ抑えておけばそんなに神経質にならなくても大丈夫な内容です。 参考>>> それでは回復食のポイントに注意しながら私が食べた回復食メニューを紹介します。 田中式ファスティングの回復食で食べたメニュー ではファスティング後、5日間の献立を紹介します。 ・温めたミネラルウォーター: 300ml ・たたき梅を入れたお湯: 300m ・たたき梅を入れた大根の茹で汁: 300ml さらに食べ終わったあとには酵素ドリンクを薄めた水が 180ml~210mlなので、 合計すると約1. 1リットルも飲まなきゃいけないんです。 回復食1日目の昼食 サバの水煮の味噌汁 タラのムニエル風 アボガドとトマトのサラダ めかぶ 味噌汁は今巷で噂の 「サバの水煮の缶詰」を使った味噌汁。 サバの水煮ときのこ、白菜を入れて煮て最後に味噌を加えただけ。 添加物は一切入ってません。 魚はタラのムニエルだけど、普段はムニエルにする時は小麦粉を振って焼くんだけど、グルテンフリーってことで タラには片栗粉をまぶしてオリーブオイルで焼いてみました。 もしかしたらいきなりの魚に体が驚く?と思ったけど、特に体調に異変はナシ。 久しぶりのお魚はとっても美味しかった~。 でもこの田中式ファスティングでは 「おかゆ」はおすすめしてないんです。 というのも、もし水だけしか飲まないで断食をした場合。 体が低血糖状態になっているので、重湯で少しづつ血糖をあげていくのが一般的なんですね。 でも今は水だけじゃなく酵素ドリンクとかも飲みながら断食するので、ある程度の糖質やビタミン、ミネラルを補ってるので重湯とかからはじめる必要がないんです。 逆に 重湯やおかゆは栄養価も高くて糖質も多いので、内臓がまだ十分に働いてない回復食1日目とかから食べてしまうとインスリンの分泌が増えて脂肪の合成を手助けするので リバウンドの原因となることもあるんですって。 だからまずは野菜などの食物繊維や、納豆やぬか漬けなどの発酵食品から食べることをすすめてます。 POINT回復食3日目くらいまではご飯はナシにしておかずだけで乗り切った方が効果はありそうです。 ファスティング開始前から回復食5日目までの体重と体脂肪率を公開 食べることが好きな私にとって5日間のファスティング、そして5日間の回復食までかなり頑張ったと思います。 ファスティング開始前日 ファスティング5日目 回復食5日目 体重(㎏) 46. 8kg 45. 0㎏ 45. 6㎏ 体脂肪率(%) 26. 2㎏ 体脂肪率:-2. 9% ホームページに書いてあった減り幅と比べるとちょっと少なめ。 脂肪の減量には個人差がありますが、3日~5日のファスティングで男性なら3kg~5kg、 女性で2~3. 5kgほどが平均的です。 人によっては5kg~7kgは減量できます。 結局ファスティング後に0. 6㎏も増えたし、胸を張って「痩せました!」とは言えないようなビミョーな数字なんだけど、私的にはお腹や太ももにタプタプ余ってたお肉がなくなったのでまぁまぁ満足です。 一気に痩せるとリバウンドも怖いしね。 でもやっぱり 回復食初日からご飯を食べなかったらもっと結果が出てたのかもと思うとめちゃくちゃ悔やまれます。 …しつこい 笑 POINTより効果を出すためにも回復食が始まってから2-3日はご飯を食べないようにするといいでしょう。 ファスティングの回復食で失敗しないための注意点~まとめ~ 田中式ファスティングの回復食のポイントはこの6つ。 1:回復食期間は 3日以上続ける 2:はじめの3日間は 野菜・海藻・発酵食品を中心に腹八分で過ごす 3: よく噛んで食べる 4:添加物、グルテン 小麦 、カゼイン 乳たんぱく 、カフェイン、精製糖を避ける(乳製品、揚げ物、油っこいもの、小麦、ラーメン、スイーツなどはNG) 5:肉や魚などの 動物性たんぱくは4日目以降から摂る 6:ダイエットが目的なら ご飯は3日目以降から 実際この他にはマニュアルで推奨してるようなウォーキングもしてないし、回復食初日からご飯も食べちゃったけどそれなりの結果が出ました。 とにかく 準備食と回復食に気を付ければ成功するんです! 確かにまったく食べられないのは辛いけど、それも5日間だけ。

次の