ツイッター 誤フォロー。 Twitterの誤フォロー

「誤フォロー」に関するQ&A

ツイッター 誤フォロー

関連記事 相手にブロ解されたため 相手のプロフィールページを開いてもブロックされている表示がない場合はブロ解された可能性が考えられます。 一度ブロックしてフォローを外した後にブロックを解除すると、あたかも勝手にフォローが外れたような現象が発生します。 相手がブロ解したのかどうかの見極め方ですが、 これまで相互フォローであったにも関わらず、お互いのフォローが解消されている場合は間違いなくブロ解だと断定できます。 もし自分が相手を一方的にフォローしていてフォロバされていなかった場合はブロ解だと断定することはできないので、他の可能性も視野に入れてみましょう。 相手がアカウントを削除したため フォロー中の相手がアカウントを削除すると当然ながら自分のフォロー欄からも消えてしまいます。 アプリから相手のプロフィールページを開いた時にプロフィール画像がグレーになっていてツイート欄に「読み込みエラー」と記載されていたら、アカウントが削除されたことを意味しています。 PC版Twitterの場合は「このページは存在しません」と表示されていたらアカウントが削除されています。 ただTwitterはアカウントを削除しても30日以内であれば復活することができるので、いつの間にか減ったフォロー数が元に戻っている可能性も十分ありえます。 ご本人がアカウントを削除したわけではなく、Twitter側のシステムによってアカウントの一斉削除が行われる場合もあり、その際はフォロー数やフォロワー数が一気に減少することもあります。 相手のアカウントが凍結やロックされたため 相手のアカウントがTwitterの利用規約に抵触して凍結またはロックされた場合もフォローが外れた状態になります。 アプリから相手のプロフィール画面を開いて「アカウントが凍結されています」「注意:このアカウントは一時的に制限されています」と表示されていたら、凍結やアカウントロックが原因です。 ですが、アカウントロックは電話番号による認証とロボットによる操作でないことの確認で比較的簡単に解除されます。 凍結は異議申し立てに正当性がないといけませんし、Twitter側とのやり取りに時間がかる場合もあるのですぐにとは言いませんが、解除される可能性はあります。 相手の凍結やロックが解除されたら、これまでのようにフォロー欄に表示されて人数も元通りになります。 Twitter側のバグ Twitterには以前からカウンターリセットと呼ばれるバグがあり、フォローしている人数が勝手に増減するだけでなく、これまでのツイート数が変動したりすることがあります。 アプリのアップデート前後に起きやすい傾向にあると言われていますが、こちらはしばらく時間を置いてから確認すると元に戻るのでご安心ください。 誤操作によるフォロー解除 可能性は低いのですが、ご自身が誤ってフォローを解除していたケースも考えられます。 アプリをお使いの場合は相手のプロフィールページとツイートからフォローを解除することができるのですが、いずれも2回タップする必要があるので誤操作は起きにくいです。 一方、PC版Twitterはワンクリックでフォロー解除できてしまうので、うっかりミスが起きやすいです。 アカウントの乗っ取り こちらも可能性は低いですが、第三者に不正にログインされて勝手にフォローを解除されるとフォロー欄の人数は減ってしまいます。 フォロー欄の人数が減った以外にも身に覚えがないツイートを投稿していたり、いいねを付けている場合は一時的にアカウントを乗っ取られていた可能性が高いです。 して不正ログインの証拠が見つかったら、速やかにを行いましょう。

次の

Twitter(ツイッター)のフォロー解除を一括操作する方法!一括操作のリスクとツール

ツイッター 誤フォロー

フォローリクエストの送り方 非公開アカウント(鍵垢)のツイートを見るためには、そのアカウントからの許可を受けてフォローを認めてもらわなければなりません。 フォローの許可を得るためには、フォローを希望するアカウントから相手に申請を行う必要があり、これを「フォローリクエスト」と呼んでいます。 フォローリクエストの送信がしたい場合は、まずフォローを希望している非公開アカウントのトップページをスマホやパソコンから開きましょう。 画面の右上部に【フォローする】と記載された項目があるので、そこをクリックするだけで送信が完了します。 フォローリクエストを受信したアカウントが、そのフォローを認めれば、その瞬間からツイートを見られるようになります。 反対にフォローを認めてもらえなかったら、「フォロー許可待ち」という表示が元の「フォロー」に戻り、そのまま相手のツイートを見ることはできません。 フォローリクエストを誤送信したら取り消しも可能 何らかの理由でフォローリクエストを誤送信してしまった場合には、【フォロー許可待ち】と記載された箇所をタップ、またはクリックしましょう。 その後に【フォローリクエストを取り消す】という項目が出てくるので、この表示をタップすれば、誤送信を取り消すことが可能です。 もう一度トップページを見て、【フォロー許可待ち】が【フォローする】に戻っていれば、正常にキャンセルができています。 フォローリクエストを誤送信すると誰が送ったかバレる? 間違ってフォローリクエストを送り、すぐに取り消した場合、それがバレるか否かは、相手のアカウントの設定状況によって異なります。 相手が通知設定で【新しいフォロワー】をオンにしていた場合、フォロワーリクエストが到着したことが通知されるので、バレる確率が非常に高くなります。 反対に通知をオフにしていた場合は、相手が気付く前に送信を取り消せば、アカウントがバレる心配はありません。 フォローリクエストを送った際、相手に伝わる情報 フォローリクエストを受け取ったアカウントは、送信者の一覧からフォローを希望しているアカウントのユーザー名とID、自己紹介欄を一目で確認できます。 ここからプロフィールページにジャンプすることが可能なので、送信者の情報は基本的にすべて筒抜けになってしまいます。 間違って送信した後、ツイートの内容を見られたくないという場合には、プロフィールを一時的に削除したり、ツイートを非公開に設定したりすると良いでしょう。 バレるかどうかは運次第になりますが、発覚する確率を少しでも下げるためには、なるべく早くフォローをキャンセルすることをおすすめします。

次の

集客に使えるTwitter(ツイッター)自動化&管理に便利な無料ツール15選|経営者の集客術

ツイッター 誤フォロー

ブロックとブロック解除の方法 相手のプロフィール画面を開いて、右上の メニューから [ブロック] を選択すればブロック状態になります。 ブロック後は同じ手順でメニューを開くと [ ブロック解除] の項目に変わっているので、そこから解除できます。 解除したことは相手にバレないのか? ブロックしたことは相手に伝わりません。 もしブロックしている最中に相手があなたのプロフィールを表示してしまうと、ブロックしたことがバレてしまいますが、すぐにブロック解除すれば通常は見つかることはありません。 またフォローが外れたことも、相手はすぐに分かりません。 ただフォロー数が少ない場合は、すぐに見つかってしまう可能性は高いです。 人間関係って難しい そもそもブロックしてしまえば済むものを、ブロックせずに解除状態にする方法を求めてしまうのは、よくわからない人にも気遣ってしまう日本人の性 さが かもしれません。 SNS は情報共有ツールとしては便利な一方、人と人のつながりである以上、厄介な事柄も降りかかってきます。 周りなんて気にしない!と平然と構えられれば、もっと気楽に過ごせるのにと、いつも思ってしまいます。 Twitter の機能としては、フォローとしてつながっているけど、相手の リツイートを表示させない機能があります。 また検索結果の表示を含め、フォロー状況に関係なく相手のつぶやきを自分のタイムラインに表示させない ミュート機能もあります。 リツイート非表示やミュート機能は、そのような難しい人間関係を保つために用意された機能とも言えます。 なんとも複雑な気持ちになる機能ですが、これらを上手く駆使することで、少しでも SNS ライフが快適になるならば、それはそれで正解かもしれません。 なお Instagram でブロックした場合は、相手から自分のページが完全に閲覧できない状態になるので、Twitter よりはブロックしたことが分かりづらい仕組みになっています。 詳細は次のページを参照ください。

次の