イナゴ フライヤー。 いなごフライヤーやBitMEXチャートなどトレード画面を分割表示する方法!

いなごFlyer(いなごフライヤー)とは?暗号資産(仮想通貨)のイナゴトレードをサポートするツールの特徴・使い方を徹底解説!

イナゴ フライヤー

株の用語でよく使われる「 イナゴ」とは、 高騰(急騰)した株価に群がる 投資家のことをいいます。 ですが 株取引の初心者には「イナゴ」のせいで大きな 損(損失)をする可能性もあり危ないため、ここでよくその特徴を知っておく必要があります。 「イナゴ」の投資家は、群れをなすことで 価格を釣り上げ、短期的に大きな利益を得ようとします。 この特性を利用して儲けようとする人もいますし、逆にイナゴの群れを避ける投資家もいます。 株の「イナゴ」って何? *画像をクリックすると拡大します。 「イナゴ」については、上のチャートのように特定の銘柄について、投資家が「買い」を入れ短期的に相場を高騰させ、その後利益確定から売り抜ける人たちのことを言います。 このような「イナゴ」の人たちを「イナゴトレーダー」「イナゴ投資家」とも言います。 特に初心者の投資家の方は、このイナゴ投資家が群がって価格がつり上がった「イナゴタワー」にのって、その後の急落で損をする人も少なくなく注意が必要です。 初心者の方は不自然な高騰は避けたほうがいいわ。 いい株はしっかりと調べて高騰前に仕込んでおく必要があるわね。 どいういう時に「イナゴ」は発生するのか? アイフリークモバイル。 事業内容に仮想通貨交換業追加で高騰中。 具体的な内容が気になります。 モバイル会社だけにブロックチェーンのアプリではないかと。 — ヨリコ 専業主婦兼投資家 yorikokabu 株の掲示板や上のようなツイッターなどのSNSでは日夜株の情報が飛び交っています。 特に影響のあるインフルエンサー(大口投資家)の情報については、たくさんの投資家がどんな情報を配信するのかを常に監視をしており、そういった要因もあり、「買い」が「買い」を呼び短期的に価格が急騰する状況が発生します。 なので特に初心者の投資家については、まだ経験が少なくチャートが見慣れていないこともあり 、チャートのパターンなどが頭に入っていないため、感覚的に急騰するイナゴタワーなどの相場にのる傾向があります。 👉イナゴ投資家は常に有力な情報を探している。 👉イナゴ投資家の買いで急騰しか株価は「イナゴタワー」と言われ、その短期売買により急落するため注意が必要。 「イナゴ」に便乗して儲ける方法はあるのか? この「イナゴ」の群れ に便乗して儲ける方法については「 初動」にのると言われています。 なので「 初動」にのるためには、高騰したというので飛びつくのではなく、「 高騰する前」 に株の掲示板やSNS上で期待されている、また多くの話題に上がっている株でまだ高騰していなものに目をつけておく必要があります。 そういった点からするとこのイナゴタワーで利益をあげようとすると 「 取引のスピード」だけでなく、「 早期に情報を掴む」ということもスキルとして必要になります。

次の

いなごFlyer(いなごフライヤー)とは?設定方法、使い方など。ビットコインFXを行う際に必須のツールをご紹介。

イナゴ フライヤー

仮想通貨のトレードをしていると 「いなごトレード」というワードを耳にすることがあるかもしれません。 いなごトレードとは、 大量注文に便乗して注文を出し、相場の動きについていくことによって利益を上げるタイプのトレードです。 いなごトレードで利益を出すには、大量注文が発生した際にすぐに察知する必要があり、常に市場を監視しなければなりません。 そこで役立つのが 「いなごFlyer いなごフライヤー 」と呼ばれるツールです。 appspot. いなごFlyer いなごフライヤー とは? まずはいなごFlyerとは一体どんなものなのかを見ていきましょう。 利用しようと考えている人は、ぜひしっかりチェックしておいてください。 トレード状況の常時監視ツール 基本的に、いなごFlyerは 「有名取引所におけるビットコインの取引状況を監視するツール」です。 また、イーサリアム ETH のトレード状況を監視できる取引所もあるので、うまく活用してみましょう。 大量注文発生時のアラート機能つき いなごFlyerは前述の通りトレード状況の監視ツールですが、いずれかの取引所で 大量の買い注文または売り注文が入った時に知らせてくれる アラート機能を搭載しています。 そのため、いなごFlyerのページを常時見ていなくても大量注文に気づくことができ、いなごトレードに大いに役立つでしょう。 各取引所の出来高を追うことで、トレードを有利にできる いなごフライヤーは、直近の取引高を可視化してくれるため、トレードを有利に進める手助けとなります。 刻一刻と状況が変わる仮想通貨のいなごトレードは、時間との勝負なので、 すぐに注文を出せる取引所を準備しておくことがとても重要です。 のように販売所形式でトレードできる取引所は、注文と同時に約定するのでスピード重視のトレードに最適です。 手数料を節約できる取引所形式の取引所 Zaifなど と合わせて準備しておくようにしてください。 いなごFlyer いなごフライヤー はどんなときに使えるの? 次に、いなごFlyerの利用シーンについてチェックしていきましょう。 主に次のような状況で活用すれば利益を上げられるかもしれません。 いなごトレードを行いたい時 いなごトレード 大量注文に便乗してトレードし、相場の動きに乗って利益を上げるトレード方法 で利益を出したい場合、大量注文が入ったらすぐにトレードする必要があります。 そのためには取引所に 大量注文が入ったらすぐに気づかなければならないので、いなごFlyerのアラート機能がとても便利です。 あらかじめ利用している取引所のトレード画面を開いておき、通知されたらすぐに状況をチェックしてトレードするようにしましょう。 いなごトレードは 早くトレードすればするほど有利になるということを覚えておいてください。 ビットコインFXのスキャルピングにも役立つ! いなごFlyerは大量注文に伴う相場の動きをいち早く検出するツールなので、ビットコインFXやスキャルピングを行うときにも役立ちます。 相場が大きく動く時はエントリータイミングとして最適なので、ビットコインFXがメインだと言う人もぜひ使ってみてください。 いなごFlyer: いなごFlyer いなごフライヤー の対応取引所 いなごFlyerが対応している取引所と通貨ペアは以下の表の通りです。 いずれも仮想通貨市場において重要な取引所なので、いなごトレードや仮想通貨FXをする時はトレード状況をチェックするようにしてください。 いなごFlyer いなごフライヤー の使い方・設定方法 次に、いなごFlyerの使い方や設定方法をチェックしていきます。 初めて使う人はあらかじめチェックしておくのがオススメです。 使い方 まずはいなごFlyerの使い方 見方 をチェックします。 初めて使う人は、あらかじめしっかり覚えておきましょう! チャート いなごFlyerに表示されるチャートは 各取引所での取引状況を示しています。 チャート左側に表示されている数字をチェックし、 プラス側にチャートが伸びていたら買い注文、マイナス側に伸びていたら売り注文が入っていることを示しています。 取引所一覧 チャートの下には取引所一覧が表示されており、それぞれ色分けされています。 この色は チャートの色に対応しているため、どの色がどの取引所なのかを覚えておいてください。 なお、 表示されている数字は当該取引所における当該通貨ペアのレートです。 設定方法 次に設定方法をチェックしていきましょう。 特に重要な設定は次の通りなので、見やすいように設定を変更することをオススメします。 チャートの設定 Chart Column Setting まずはいなごFlyerに表示されるチャートの設定をしましょう。 チャートの設定は Chart Column Settingから行います。 Seconds Per Columnにはチャートの生成間隔 単位: 秒 を入力し、Column Countには画面に表示するチャートの本数を入力してください。 アラートの設定 いなごトレードをするためにはアラートの設定も重要です。 まずはAlert Settingでトレード状況をチェックする間隔 単位: 秒 を設定してください。 短めに設定すると大量注文に気づきやすくなるかもしれません。 続いてAlert Sound Settingで音量を設定します。 テスト再生も可能なので、 きちんと聞こえるかどうかを忘れずにチェックしてください。 うっかりオフにしてしまうと音がならないので注意しましょう。 表示設定 View Setting 見やすく表示されるように設定を変更するのも大切です。 View Settingでは、チャートの向きや高さ、軸の向きなどを変更できます。 設定を変更するとチャートウィンドウが変わるので、見やすくなるようにいじってみてください。 送信設定 いなごFlyerには、アラートを外部に送信する機能がついています。 この設定はSend Alert JSON Message POST から行うことができ、 BOTを利用してトレードする時に役立つでしょう。 アラートを受けたら注文を出すBOTを準備しておけば、トレードを自動化できるのでより効率的にトレードできます。 取引所リスト 取引所のリストからは、 チャートの表示設定を行ったり、売り注文アラートや買い注文アラート発生時の通知音を変更したりできます。 重要な取引所のアラート音を目立つ音に変更したり、ボリュームを変更したりして見逃さないようにしてください。 セーブを忘れると設定が初期化された際にロードできず、再設定しなければならないので注意しましょう。 まとめ 今回はいなごトレードや仮想通貨FX、スキャルピングなどに役立つ便利ツール「いなごFlyer」について紹介しました。 これを利用すれば大量注文に気づきやすくなるので、スピードが求められるこれらのトレードに大いに役立つことでしょう。 2019年3月時点で スマホアプリはリリースされていませんが、ブラウザ上で動作するのでスマホで利用することも可能です。 ただし画面が小さいと見にくいので 、モバイル環境での利用はiPadを始めとする大画面タブレット端末がオススメといえるでしょう。 いなごFlyerをうまく活用して仮想通貨FXやいなごトレードなどを有利に進めていきましょう!.

次の

いなごフライヤーとは?特徴・使い方・設定方法まで画像を使ってやさしく解説

イナゴ フライヤー

今回はBitMEXのリアルタイムデータ Websocket の仕組みを利用してBTCFXで簡単にイナゴスキャルピングbotを作成するためのプログラムを作成します。 使用する言語はpythonとなり、BitMEX公式が提供しているライブラリを使用します。 前回の記事「」では売買処理までは記載していませんが、今回の記事では手順通り進めることで 実際に売買を行うことができるbotが作成できます。 また今回は 簡単に様々なカスタマイズができるようにアカウントのbalance、ポジションの利益表示、ポジションの数量の取得や表示、イナゴの売買判定の調整を用意して導入後に簡単に調整できるように作成し、完成したファイルは 初心者でも理解しやすいようにできるだけコードの総量を少なくし、コメントをたくさん入れています。 testnetでの試験運用も可能です。 では実際に作成について記載していきます。 ライブラリのダウンロード まず、公式のWebsocketとRest-APIのクライアントをダウンロードし、使用できる状態にするため、 pipで2つのライブラリをダウンロードしましょう BitMEX公式が提供しているRest-APIクライアントのダウンロード pip install bitmex BitMEX公式が提供しているWebsocketクライアントのダウンロード pip install bitmex-ws この2つをダウンロードしておくことでRest API, Webscketでのリアルタイム通信が簡単に実施できるようになります。 実装 ライブラリのインポートとAPIキーの設定 ライブラリのダウンロードが終わったら任意のpythonファイル. py を作成し、以下のコードを記載してください。 bitmex. bitmex. そのあとにBitMEXが用意している本番とtestnetそれぞれで使用するAPI KEYとSECRETを設定します。 URLについては固定なので変更はしないでください。 また、後述にてコードを作成していきますが、TESTフラグとORDERフラグを用意してTESTフラグがTrueならtestnetを利用、ORDERフラグがTrueならシグナルに合わせて実際に売買を行う という風にしていきます。 実装 シグナル判定用の設定値及び注文処理の各種設定 先ほどのコードの下に以下のコードを追加してください。 毎回ポジションをチェックするAPIを発行していますが、1秒以下にしてこれを実行すると、API実行可能回数が減っていく可能性があります。 実装 メイン処理関数及び各種インスタンス化処理 起動時に1回だけ呼び出すメイン処理と各種インポートしたライブラリのインスタンス化を行います。 先ほどのコードの下に以下のコードを追加してください。 websocketのループ処理等メインで使用する処理は全てこの関数の中に作成していきます、「def run」でまず一番最初にTESTフラグを見て環境の判定を実施し、url. API KEY, API SECRETの設定を行います。 初めまして。 今回購入させていただき、. pyファイルを作成、pythonにて実行したところ、下記の表示が出ました。 py on line 16, but no encoding declared; see for details こちらはどのようなエラーなのでしょうか? 初心者なため、とりあえずテストネットで実行してNOTEを見ながら意味を考えていきたいと思っています。 ご回答宜しくお願い致します。 bravado. exception. テストネットで上記のようなメッセが出るのですが、どのように対処すればいいのでしょうか?ご教授ください.

次の