東京オリンピック 違約金。 オリンピック中止で損害額や違約金がヤバい?経済効果も実は驚きの大きさ!

組織委員会およびその他の経費

東京オリンピック 違約金

東京五輪を1年延期する可能性にIOC委員が言及 ロイター通信が報じる — マルコ@話したいこと hanashitai2020 IOCのディック・パウンド氏は、東京オリンピックの年内延期の可能性について否定しています。 その理由は、 欧米のスポーツとシーズンが重なるから。 東京大会を数カ月の延期する案についても、米プロフットボールNFLや米プロバスケットボールNBAのシーズンと重なり、巨額の放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないため「難しい」と否定的な見方を示した。 東京オリンピックの期間は、7月24日~8月9日まで。 2020年のNFL(アメリカンフットボール)の開幕は、9月10日。 NBA(米プロバスケット)の開幕は、10月下旬。 東京オリンピックが9月や10月に延期すると、視聴者が分散してしまい、収益が上がらなくなる。 延期できないのは、お金の都合というわけです。 オリンピックの運営にお金がかかるのはわかりますが、 北米のテレビ局がオリンピックの延期や中止の決定権を持っているという言い方をされると不快ですね。 ただし、1年延期については可能性があるようです。 延期や中止は過去にあったのでしょうか? 国際オリンピック委員会のバッハ会長は4日、2日間の日程で行われた理事会を終え、記者会見を行った。 バッハ氏は東京オリンピックについて、理事会では新型コロナウイルスの世界規模の流行による中止や延期という言葉は出なかったと述べた。 — China Xinhua News XHJapanese 東京オリンピックが延期されれば、日本の経済に影響がでるのか。 中止ということになれば、損失は20兆、30兆規模になるとの試算も出されています。 その内訳は、IOCとの1000億円とも言われている違約金、新国立競技場の年間24億円もの維持費、1兆円以上と予想される広告収入などです。 仮に延期となれば、中止ほどの影響はないと思われますが、大混乱は免れないでしょう。 時期の延期ということであれば、前述のとおり、欧米のスポーツと時期がかぶります。 広告収入に大きな損害が発生することは間違いないです。 さすがにIOC、JOCともに如何ともし難い焦りを見せているのではないでしょうか。

次の

新国立競技場デザイン問題でザハ・ハディド氏への違約金が判明!

東京オリンピック 違約金

経済効果の内訳• 2013年から2020年までに21兆円の経済効果• 2021年から2030年までに約11兆円の経済効果 32兆円のうち約6割が東京都への経済効果と言われています。 このようにオリンピック開催前から開催後まで経済効果が長く続くと言われています 2020年現在ではこの試算によるとすでに21兆円近くの経済効果が出ているとの話になります。 そのため 現在でもオリンピックの経済効果の恩恵を受けているはずなのですが、 なかなかその実感をするのは難しいことだと思います。 というのも、この経済効果の検証が行われているわけでもなく、 さらにこの経済効果を裏付ける論文が発表されているわけではありません。 オリンピック中止でどれだけ機会損失が? 『レガシー効果』と呼ばれオリンピック開催後に生まれる経済効果は約11兆円と言われています。 民放のテレビ局が苦しくなると、その影響として芸能人や制作会社などに及んでくるはずです。 新国立競技場などの施設維持費の損害額が大きい 新国立競技場だけでも年間約24億円もの維持費がかかります。 これをペイする運営をすることは極めて困難です。 なぜなら、すでに多くの有識者が指摘する通り、屋根のないスタジアムでは使用用途が限られるからです。 つまり赤字運営の可能性が高いのに、オリンピック中止でただのお飾りになり、 公共の施設としても、国民・都民へ還元がありません。 東京オリンピック延期の可能性で過去の前例や理由は? 東京オリンピックが中止に決まれば東京は世界で初めてオリンピックが2回中止になった年となります。 実は東京オリンピックは1940年にも開催される予定がありました。 しかし、日中戦争が原因で中止することになりました。 当時は戦争という危機的状況の中でしたので、開催するのは到底できない状況でした。 今回のコロナウイルスの自体は当時の戦争と比べたら大きなものではありません。 オリンピックが中止になる可能性は? フランスのオリンピック委員会の人物が、 5月頃までに事態が収束されなかったら中止も検討する、という発言が話題になりました。 これを受けて東京都の小池知事は真っ向からその話を否定しましたが、実際は中止になる可能性があるのでしょうか? 今のところ 開催か中止かは定かにはなっていませんが、 日本政府も必死に開催をさせために、動いていますのでその頃には事態も収集していると思います。 何としてでも開幕させないと、損害額が莫大になることが予測されるからです。 オリンピックが中止になった過去の前例 1916年夏季 ベルリンオリンピック 第一次世界大戦で中止 1940年夏季 東京オリンピック 日中戦争で中止 1940年冬季 札幌オリンピック 日中戦争で中止 1944年夏季 ロンドンオリンピック 第二次世界大戦で中止 1944年冬季 コルチナ・ダンペッツオオリンピック 第二次世界大戦で中止 東京オリンピック中止で損害額のネットの声 仮にオリンピックが中止になっても、政治家は土地の払い下げや工事の口利きで莫大なおカネを稼いだし、組織委員会もゼネコンもガッポリおカネを貰っているから、これで痛手があるのは宿泊・放映・セキュリティ関連の事業者くらいじゃないのかな。 当然これまで使った3兆円ちかい予算は国民の負担だよ。 — ゆきのちゃん t2PrW6hArJWQR5S このまま中止してIOC に返上しろよ。 平和の祭典、なんかじゃなくて実態は金と欲にまみれた汚いオリンピックなんだから。 新型コロナもそうだが、根本的に東京オリンピックは無謀なので中止すべき。 — 異邦人 Narodovlastiye イベント中止で軽く数百億円の損失。 小売店、飲食店、観光業への大打撃。 学校、職場への影響。 オリンピック中止だと数千億円の損失。 1月から今まで、中国からの観光客を手招きしてきた事が狂気の沙汰なのは明らか。 雪祭りで北海道がどうなったか。 日本は二度とこの壮大な失敗を繰り返すな。 — 木星3 tetsulovebird.

次の

お見事!安倍総理、五輪の延期に大成功!「東京2020」の名称もそのまま、春開催の可能性も!違約金もなし!!景気対策の観点からも五輪投資が1年長引く結果有益なことも!

東京オリンピック 違約金

賛成する都民は多い 就任から3ヵ月あまり、これまで小池氏はずっと、自民党が作り上げた既存の秩序をぶち壊す姿勢を見せ、喝采を浴びてきた。 だがそれだけでは、早晩行き詰まってしまうことは明らかだ。 とはいえ、弱気になっては、「小池旋風」を維持することができない。 これまで高々と持ち上げられてきた以上、落とされたときの衝撃もまた大きい——だからこそ、ここで小池氏は、日本中が驚愕する「ウルトラC」を、先手を打って繰り出すほかないのである。 「『東京オリンピック返上』を国民に提案する。 いわば、『ちゃぶ台返し』戦法ということです。 オリンピックをやるかどうかの決定権は都知事にあります。 もちろん政府・自民党から猛烈な反発を浴びることは確実ですが、国民の中には『こんなに費用がかさむなら、返上してもいい』という声は意外に多い。 トランプ 次期アメリカ大統領 支持者のように、森さんや石原 慎太郎元東京都知事 さんのような既得権益者が、吠え面をかく様子を見たい、という国民もいるでしょう」 都庁幹部 総理大臣が衆議院解散で信を問うのと同じく、小池氏が自らの首を懸けて五輪返上を国民に問えば、国を二分する激論になることは間違いない。 小池氏は、この「ウルトラC」を本当に実行する権限を持っている。 そして、「オリンピック返上など、聞いたこともない」、「世界に対して恥をかくだけではないか」と思う向きもあるだろうが、実は前例がある。 〈決断のときです。 国民に、いや、世界中に『すみませんでした。 間違いでした。 オリンピックは他のところでやってください』と言うべきです〉 これは「チーム小池」のメンバーが、オフレコの場で小池氏に詰め寄った時の言葉——ではない。 かつてアメリカ・コロラド州の州都デンバー市が、'76年に開催予定だった冬季オリンピックを返上したときの、地元下院議員の発言だ。 違約金は意外に安い 当時のデンバー市が置かれた状況は、背筋が寒くなるほど、今の東京とよく似ている。 同市が冬季オリンピックの開催地に当選したのは'70年のこと。 '76年がコロラド州の創立からちょうど100周年にあたるということで、記念事業的な意味合いの強い立候補だったという。 招致のため、市当局が国際オリンピック委員会 IOC に提出した計画には「自然環境に配慮したオリンピックにします」「予算は最小限に抑えます」といった、まるでどこかで聞いたことのあるような文言が躍った。 だが'72年には、当初の予算見積もりが小さすぎ、債券を発行して市民から追加資金を募らないと開催できないこと、競技場を作るために、山肌を削るといった大規模な工事が必要になることなど、招致のために市当局が並べた売り文句が、どれも完全に「絵に描いたモチ」だったことが判明する。 そして同年秋、州民投票が実施され、開催反対派が勝利。 「オリンピック返上」が決まったのだ。 東京も、'13年のプレゼンで「コンパクトな会場配置」、「強固な財政基盤」といった公約を掲げて招致を勝ち取った。 だが、新国立競技場の白紙撤回、大会エンブレム盗作問題、そして予算の際限なき膨張を目の当たりにして、メッキがすっかり剥がれ落ちた今となっては、「幻のデンバー大会」が他人事とは思えない。 「小池さんからすれば、いざとなったら、『オリンピックの予算がここまで膨れ上がったのは、森さんや石原さんをはじめとする招致委員会・組織委員会の責任だ』『彼らの私利私欲のために、都民が大金を負担するのはおかしい』という理屈が立つ。 安倍政権は猛反対するでしょうが、IOCが『この状態では、もう東京には任せられない』と判断した場合には、返上が認められる可能性が高い」 前出・都庁幹部.

次の