ささげ 炒め。 ササゲ(十六ささげ・三尺ささげ)の育て方☆伝統野菜

野菜炒め

ささげ 炒め

レシピ・ささげ ・バター 作り方1. ささげのスジを取る 2. フライパンに水をいれて沸騰させる 3. 沸騰したら、ささげをいれて、3分程度下ゆでする 4. フライパンで、バター炒めにする 下ゆでした時点で、少し味を見て、ささげの味がおいしくない感じだったらバター炒めなどの炒め物に、おいしければ、おひたしや胡麻和えなどに・・・。 ささげのスジは、新鮮?な場合は取りにくいので、取れない場合はそのままでOK(ヘタだけ取る)。 昔からお盆には必ず仏前に供えたという記録もあり,明治維新以降も多く栽培されていましたが,短系のささげが広く栽培されるようになったことから,激減しました。 ささげのごま和え 1. ささげのスジを取り,束ねて手早く湯がき,ザルにとって冷まします。 2㎝位の長さに切ってだし汁に薄口しょうゆで味付けしたものでさっと煮ます。 すりごまをに,だし汁と薄口しょうゆで味付けしたものであえます。

次の

ささげのおいしい食べ方10選!なんにでも使える夏の万能野菜!

ささげ 炒め

今年7月の頃、いつものようにスーパーで買い物していたとき、突然、目が丸くなった。 中国で「長豆角」と言われる私の好きな野菜が並んでいたからだ。 ただし、その売場で書かれている名称は「ささげ」であった。 懐かしい長豆角が日本のスーパーに スーパーで見つけた長豆角には「ささげ」と書かれていた。 細長いインゲンのような莢豆(さやまめ)で、「ささげ」と書かれたそれは、間違いないかよく見て確かめてみても、やはり「長豆角」だ。 日本に来てから長く経つが、今年初めて見つけた。 早速3束を購入した。 その日は、いつもと違って、うれしい買い物ができた。 スーパーから家に帰って、さっそくインターネットで「ささげ」を調べてみた。 「ササゲ」は、日本ではお盆のお供物にも利用されているという。 ネーミングの由来にとても興味を持った。 地域によって、「十六ささげ」「長ささげ」「三尺ささげ」「ふろう豆」とも呼ばれているようだ。 お盆のお供物についてはいくつかの説があるようで、お土産の包みを結わえる紐になぞらえてという説や、薬用に用いられ、依り代(神霊が憑依する媒体)ともされたキササゲという木の実に似ているからという説などを見つけた。 数日後、同じスーパーに行ったとき、真っ先に野菜コーナーへ向かった。 しかし、その日はささげの姿がなかった。 店員にちょっと聞いてみたところ、先日ささげを売ったのはこの店では初めてのことだったとのこと。 店長は試しに仕入れていたようだ。 私はもちろん、「これからも仕入れていただきたい」と、お願いした。 それからしばらくの間、そのスーパーに行くたびに野菜コーナーを見に行って、ささげがあれば必ず買った。 だから、一時は家にささげがたまって毎日食卓に上ることとなり、家内からは「もう厭きた」と言われてしまった(笑)。 やはり、お盆の時期に出荷が多いのか、8月も半ばを過ぎるとすっかり見かけなくなってしまった。 秋になって、そのスーパーに行くたびに寂しさを感じている。 ご飯とビールに合う炒め物 中国で「長豆角」は普通の野菜の一つとしてよく店頭に並ぶ。 料理の種類も多い。 その中で最もポピュラーなのは、やはり長豆角と豚肉の炒め物だ。 ご飯とビールに合う。 ささげと豚肉の炒め物 ささげと豚肉の炒め物(撮影:ちえ) 材料:ささげ(1束)、豚肉(薄切り、50g)、ニンニク、ショウガ、白ネギ、醤油、サラダ油(各少々) 作り方: (1)ささげは両端を切り捨て、2cmぐらいの長さに刻む。 豚肉の薄切りは食べやすい大きさに切っておく。 (2)フライパンを中火にかけ、サラダ油を少し入れてささげを炒める。 ちょっと時間をかけて炒め、ささげに少し黄色みが付いて少し焦げたようになったら、いったん取り出す。 (3)再びフライパンにサラダ油を少し入れ、薄切りのにんにく、ショウガ、白ネギを入れて少し炒め、香りが出たら豚肉を入れて強火で炒める。 肉に火が通ってきたら、ささげを戻し、塩と醤油を加えて混ぜながら炒める。 【編集部・齋藤訓之より】 徐さんから「ささげについて書きます」と連絡をもらったとき、私はてっきり豆料理のお話かと思っていましたが、意外や莢豆のお話でした。 ささげと聞いて私がまず思い浮かべたのは、赤飯に使う小さな豆です。 赤飯には小豆も使いますが、ささげ豆のほうが煮崩れしにくいのでよいそうです。 それで、読者から笑われてしまうと思うのですが、ささげの莢豆のことを私は知りませんでした。 調べてみると、十六ささげは中部地域でよく作られ、食べられているらしいとわかりましたが、さらに調べてみると私の故郷の北海道でも生産されていました。 まだまだ知らないことがたくさんあります。 サヤインゲンやスナップエンドウなど、日本ではいろいろな莢豆を料理に使いますが、きっと中国でもさらにたくさんの莢豆があるでしょう。 莢豆で私が懐かしく思い出すのは若いハナマメです。 春になると父が庭に小さな畑を作って植え、細い竹でやぐらを組んでそれに蔓がからむようにしました。 やがてそれは緑のトンネルとなって、私はよくそこをくぐったり、獲ってきた虫やカエルを葉陰に隠したりしたものです。 夏に大振りの薄い莢豆となったものを父と穫ってきて母がゆで、マヨネーズをつけて食べたり、刻んでサラダに加えたりしました。 秋には丸々と太った豆を含んだ莢がカラカラに乾きます。 父と新聞紙の上で莢を開き、赤い豆と白い豆を集めました。 甘く煮て食べたり、来年の種に取っておいたり。 今は家族の誰が誰ともわからなくなってしまった年老いた父との、大切な思い出です。

次の

ササゲ(十六ささげ・三尺ささげ)の育て方☆伝統野菜

ささげ 炒め

が描いたジュウロクササゲ : 階級なし : 階級なし : : : : : : V. unguiculata : ジュウロクササゲ V. var. sesquipedalis Vigna unguiculata var. sesquipedalis Dolichos sesquipedalis L. Blanco. Vigna sesquipedalis L. 英名 yardlong bean ジュウロクササゲ(十六大角豆、学名: Vigna unguiculata ver. sesquipedalis)はの一亜種(とする説もある)。 原産のササゲには(つる)が長い蔓性と、蔓なしの矮性の2種類があるが、 十六ささげは蔓性である。 地域によっては「長ささげ」、「十八ささげ」、「十八豆」、「三尺ささげ」、「ふろう豆」、「ほろ豆」などとも呼ばれ、主に若い莢を食用にする。 ヤードロングビーン、日本の農業百科事典のイラスト(1804) 野生種が見られるの他、、、南部など、各地で栽培されている。 ではの『図経本草』に「 豇豆()」の記載がある。 のが著した『』の「穀三」にも「 豇豆」として記載があり、「各所で三、四月に植え、一種は蔓が長く、1丈余り、一種は蔓が短い」などと記されている。 では、古くは1823年(文政6年)に乙木村(現乙木町)の大百姓山本喜三郎が記した古文書『山本家百姓一切有近道』に「一八ささげ」の記述があり、この頃にはで広く栽培され、生活に根付いていたことが分かる。 (23年)に沖縄県農事試験場編が編纂した『花草類真写図』 に記載があり、沖縄ではすでに知られた存在であった。 で栽培を始めた時期は不明であるが、以前といわれている。 本格的に栽培され始めたのは(昭和20年)以降であるが、かつては広く栽培されていた。 現在では、主にと、及びのやからを中心とした地域で生産されている。 食されるのもこの地方が中心である。 、である。 主な栽培地域は、愛知県西部(、など)、岐阜県南西部(、)など 、、、、 、、、、など。 愛知県、岐阜県では5月に播種。 7月後半から8月に収穫する。 沖縄県や奄美群島は発生地域のため、『』によって植物などとともに本土への移入が禁止されている ため、現地で消費されている。 利用 [ ] ジュウロクササゲの莢の束 主に若い莢を食用にする。 食べ方としては、さやがまだ柔らかい状態で、さやごと食べるのが一般的である。 日本では、茹でておひたし、和えにするほか、油炒め、煮物が多い。 茹でた場合、醤油との相性が良い。 では「」「十八ささげ」と呼び、「七色のお和え」にして食べられるほか、のとして欠かせない物である。 では「ほろまめぃ」、「ふろー」などと呼び、煮物の他、炒めにもされる。 では「ふろまみ」「ふーろー豆」と呼び、炒め物、などにされる。 では「豆角(ドウジアオ)」または「 長豇豆(チャンジアンドウ)」と呼び、が一般的である。 では牛肉と炒めにしたり、刻んでに入れたりされる。 でも炒め物にし、ではで炒めることが多い。 では(カリ)の具としてなどと煮たり、風味の料理にされたりする。 やでは、刻んで生のままに加える。 血中を下げる効果があるという。 は乾燥させて保存し、にして食べる場合もある。 脚注 [ ]• 民俗資料解説図録『食をめぐる民俗 アイ(間)とトッキョリ(時折)』 、2005年9月17日、3頁。 木脇啓四郎 画、『花草類真写図』、1890年、沖縄県農事試験場• 国土交通省「平成17年度奄美群島生物資源等の産業化・ネットワーク化調査」. 奄美群島広域事務組合. 2015年1月22日閲覧。 国立環境研究所. 2015年10月22日閲覧。 Natural Resources Conservation Service, Plant Guide - YARDLONG BEAN, The U. Department of Agriculture 参考文献 [ ] 関連項目 [ ]• (ヤッコササゲ)- 学名 Vigna unguiculata var. catjang。 熱帯で食用とされ、でとされる品種。 - 学名 Vigna riukiuensis。 沖縄県、に自生する、に近い同属植物。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の