村山 由佳 作品。 楽天ブックス: ありふれた祈り おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 9

おいしいコーヒーのいれ方シリーズ(村山由佳)のあらすじを紹介!切なくピュアなラブ・ストーリー

村山 由佳 作品

村上由佳は1990年代から活躍する日本を代表する恋愛小説家です。 初期の頃は絵本や純愛小説を多く書いていました。 この頃の作品を白村上、2000年代以降の官能小説などの作風を黒村上と呼ぶ人もいます。 2018年で作家デビュー25年を迎えました。 この作風の変化の分岐点となる作品が『ダブル・ファンタジー』です。 村上由佳の自伝的小説は「花酔い」だと言われていますが、この『ダブル・ファンタジー』もある意味村上由佳の人生にリンクしているところがあります。 数々の賞を受賞し、作家としては成功をおさめていた村上由佳。 結婚して千葉県鴨川に夫と暮らしていましたが、愛猫を連れて飛び出してしまいました。 その後も転居と2度目の結婚・離婚をしますが落ち着くことができず、現在は軽井沢で猫たちを暮らしています。 変化し続けながら時相を反映した小説を世に送り続ける村上由佳。 最近は彼女と人生をともにしてきた猫たちに焦点を当てたフォトエッセイが人気です。 1990年代から活躍し続ける彼女の作品を人気順に紹介していきます。 「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズなど純愛小説が得意な印象のある作家ですがW不倫や同性間の恋愛、母との関係に悩む自伝的小説も書いています。 一言では言えない魅力がたくさんある彼女の作品にハマってみませんか? 自身が経験したことでないと書けないと言う村上由佳。 村上由佳が書く登場人物は彼女の一部なのかもしれません。 今回はそんな村山由佳の小説をジャンル、長さ、文学的評価の観点からランキング形式で発表します。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. どの短編も恋愛のタブーに挑んだ画期的な作品です。 欲望に忠実に生きる女たちの性別を超えた性愛を描いた連作小説。 感情、理性、世間体に苦しみもがきながらも自らの幸せを探し求めていきます。 本当に愛してる弟と結ばれないから彼の彼女と寝る姉。 彼女は姉にのめり込み、姉も彼女にのめり込んでいきます。 そんな一見歪んだように見えながらもどこか純粋な愛の形。 絶対に登場する性愛シーンも、美しい描写で一人でじっくりゆっくり読みたくなります。 雑誌に連載中から 同じような悩み、体験をもつ女性から感想や相談 が相次いだというのも頷けます。 男と女の織りなす心と体の綾、禁断の女同士、 一人Hと近親など、バラエティーに富んだお話です。 いろいろあった、いろいろあるけれども、やっぱり女、 結局最後は生き生きとしている余韻を残すのが、 男としてはうらやましい。 恋愛小説家の著者は決して恋愛のエキスパート でなく、恥ずかしい失敗、夢にも出る後悔の宝物蔵 から引きずり出して紡いだ物語だと言う。 それでも 作家だから告白手記であるはずもないとは知りつつも、 著者の実人生を垣間見てしまったと錯覚して得をした 悦びを感じさせてしまうあたりは、さすがです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 中でも複雑な家庭環境をもつ秀俊を主人公に物語は進んでいく。 父を早く亡くし、母に放置され、母の愛人に暴力を振るわれる日々に耐える秀俊。 そんな彼が出会った新たな父親的存在の男はやくざだった。 そんな秀俊に好意を抱く陽奈乃。 陽奈乃が好きな亮介。 そんな3人を見守る美月。 しかし中学2年の夏陽奈乃が暴行・強姦される事件が起きてしまう。 世間体を気にする陽菜乃の親はこの事件を訴えず、彼らは自分たちで復讐を実行してしまった。 それから4人は誰にも言えない秘密を抱えたまま生きていくことになってしまう。 それぞれ別々の人生を歩むことになった彼らが再会したのは20年後だった。 彼らの昔の想いと今の想いが交錯する。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 王道純愛ストーリーです。 父の転勤のためにいとこ姉弟と暮らすことになった高校3年生の勝利。 久しぶり会う5歳年上のいとこのかれんは美しく成長していた。 すぐに彼女に惹かれる勝利。 しかし彼女は彼が通う高校にその春新任で赴任してきた美術教師だった。 しかし彼女には秘密がありました。 そんな彼女の秘密を知ってしまった勝利は彼女を守ってあげたいと願います。 勝利のまっすぐで純粋な想いにキュンときます。 純粋とか一途とか。 今どきそんなの……と思われそうな言葉ですが、 同時に今となっては失われてしまった思いでもあると思います。 この作品における人物たちは、 みんな素直で、真っ直ぐな心を持つ人ばかりだと思います。 それぞれが事情を抱えて。 悩み、苦しむけれども、徐々にそれも思い通じるときがくる。 「ひたすらにピュア」なこの作品は、読み終わったときに、 爽快感、というか晴れ晴れとした気持ちにさせてくれるはずです。 そして切なくてもどかしい、そんな恋愛も楽しむことが出来る筈! 個人的にも、これからの続編がとても楽しみな作品です。 数年経っても色褪せることがない、一途な思いという気持ち。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. そんな時ふた回りも年上の尊敬する演出家と関係を持ってしまった奈津。 短い間の関係だったがこのことが彼女の心と身体が性への欲求を目覚めさせてしまいました。 演出家と別れた奈津は出張先の香港で大学時代の先輩と再会。 ほのかな想いを寄せながらも卒業後は会うこともなかった彼は青春を思い出させてくれる存在だった。 そんな彼との性的関係は奈津をさらに官能の果てに導きます。 兄のような家族のような彼との関係の先にもいろいろな男と関係をもつ奈津。 それでもずっと一緒にいたいという男になかなか巡り会えません。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 娘なら誰しも通るかもしれない道。 小説家の夏帆は、母親への恐れと尊敬があった。 しかし年頃になり母との接し方がわからなくなった夏帆はとあるきっかけで母に反発するようになる。 村山由佳の自伝的小説。 いつも厳しい母を尊敬していたつもりだった小説家の主人公。 母から逃れるように放蕩、結婚、離婚を経て母娘関係を見直すようになります。 母と娘一番近い女通士だからこそ分かり合えないところもあります。 大人になって、娘を持って初めてわかる母の気持ち。 だから今母との関係を見直したくなる一冊です。 村上由佳自身の母が認知症になり、彼女の小説を読めなくなったことをきっかけに書かれた小説です。 ひりひりと突き刺さるような思いで、一言も読み飛ばせずにこの本を読んで、最後には夫に心配されるくらい号泣してしまった自分の読み方のほうがおかしかったのか? と不安になり、ネットを検索してみましたが、読書メーターなどではすごく高評価で、安心しました。 もちろん万人受けする小説だとは思いませんが、作者もそんなことは覚悟の上で書いていると思います。 私も、母を愛せなくて、そのことを誰にも言えませんでした。 言えば、それこそここに書かれているような意見によって、自分を否定されたり攻撃されたりすることがわかりきっていたからです。 いい年をして、大人になりきれていない。 母親から傷つけられたことくらい誰だってあるんだから、いいかげんに自分で折り合いをつけるべき。 どれだけ自分が大事なんだ、と。 経験のない人からそういうふうに言われる (だろうと予想が付く) ことこそが、世の中の、母親との関係に苦しむ娘たちを、なおさら痛めつけてきたように思います。 主人公は、作中で何度も冷静に自分を省みては、この年齢になってもこんなことにこだわってしまう自分のほうがおかしいとわかっている、でもどうしようもない……と堂々巡りします。 でも、その姿がリアルであるからこそ、現実にどこまでも弱かったために母親を許せずにきた私のような読者は救われるのだと思います。 いろんな意見があるとは思いますが、レビューを見て読もうかどうしようか迷っている人は、ここの星の数だけで単純に判断しないほうがいいかもしれません。 少なくとも私は、心の底から救われて、少し楽になれました。 この本を書いてくれた作者の勇気に、感謝します。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 結婚して10年、夫は勤めていたドラマ制作会社をやめて、マネージャーとして主夫として奈津の仕事や生活に干渉、束縛するようになってきた。 支配的な夫の態度に萎縮し、精神的に追い詰められる奈津。 さらにもともと性欲の強い奈津は心も身体も満たされない日々に限界だった。 そんなときに奈津は尊敬するふた回りも年上の演出家とメールで連絡を取り始めた。 彼との出会いが奈津の抑え込んでいた性欲を爆発させてしまう。 彼との逢瀬にのめり込み、夫との生活を捨てて、東京で一人暮らしを始めた奈津は何人もの男と逢瀬を重ね、自分を満足させてくれる人を探し続ける。 何人もの男と身体を重ねる奈津に嫌悪感を抱かせないどころか、次の男は合うといいねと読者が思ってしまう作者の描写がうまい。 夫と子供の世話だけで毎日の8割が終わってしまうような生活です。 自分の身体を磨きあげるような贅沢な時間は取れません。 化粧もたまに。 マニキュアなど、とんと塗ってません。 そんな他者優先の生活を続けるなかで、偶然この本に出会いました。 当時話題だったので存在は知ってはいましたが、その時は興味が涌きませんでした。 美容ケアはする時間が無くても、この本はむさぼるように読んでしまいました。 あさましいでしょうか。 既婚女性の欲求不満と片付ければ、なるほど何とも下世話な本ですね。 低レベルに思えるのかもしれません。 しかしある一定の年代の既婚女性の言葉にできない停滞感に、この本は上手に寄り添っていると思います。 エッチな部分もたしかに愉しいですが それよりは夫というものに対する諦念、女として老いて変化を遂げていくことへの恐怖のようなこと。 そういうありがちだけどあまり話題に出しにくい感情を上手に掬いとっていると思うのです。 だからエンターテイメントとして非常に面白かったです。 子供の寝た側で不倫の話を読むなんてふしだらでしょうか。 夫のいる身でこんな小説を読むなんてけしからんでしょうか。 私はそうは思いません。 母であり、妻である前に、ありのままの自分自身を大切にしたい。 そう思うのはごく自然なことです。 主人公の奈津も性を通してそういう自分というものを探す漂流をしたのだと思います。 おいそれと他人にすすめられません。 読者を選ぶでしょう。 崇高な作品なわけではありませんが、エンターテイメントとしては面白かったです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. しかし妻が選んだのは夫が選んだ女の夫だった。 W不倫の相手はお互いの相手。 性欲を満たすだけの身体だけの繋がりだったはずなのに。 秘密の関係に堕ちていく2組の男女を描いた小説です。 実家が老舗呉服屋である結城麻子は東京の大学を卒業後ブライダル関係の会社に就職。 同僚の小野寺誠司と結婚した。 就職して10年あまり実家の父が倒れたことをきっかけに老舗呉服屋を継ぐことになった麻子。 そんな時祖父が麻子のために集めていた明治から昭和初期に作られたアンティーク着物の存在を祖母が教えてくれ、麻子はこれらの着物を扱う店を新たにオープンしました。 一方早くに母を亡くし京都鞍馬の老舗料理店を営む母の兄である伯父の元に小学校を卒業するまで預けられていた桐谷千桜(ちさ)の父は葬儀屋チェーンを営んでいた。 短大を卒業して父の秘書をしていた千桜(ちさ)は9年前に婿養子を取り正隆という男性と結婚しました。 ある日千桜(ちさ)と正隆の夫婦は80歳を目前に亡くなった伯父の料亭の離れで代々料亭の女将が着ていた着物を大量に見つける。 その離れは千桜(ちさ)が伯父と秘密の関係を持った思い出の場所だった。 正隆がその着物を引き取ってもらう相談をしたのが麻子の店でした。 麻子と正隆はそうして出会ってしまいます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 第129回(平成15年度上半期) 直木賞受賞作品。 とある家族をそれぞれの章の主人公にした短編集です。 それぞれが重い秘密や悩みを抱えていながら物語にどこか救いがあり、暗くならないのは村山由佳だからかもしれません。 彼らは特別な人たちではなく、どこにでもいる普通の人たちです。 また彼らの抱える秘密ももしかしたら私たちが抱えてしまうものだったのかもしれません。 とある事情で15年も家に帰らなかった次男。 相手のいる男性しか愛せなくなってしまった末娘。 決して愛せない相手を愛してしまった長女。 妻子がいるのに若い部下との浮気に走り野菜作りに没頭している長男。 戦争の混乱の最中に犯してしまった罪を抱え続ける父。 それぞれの物語が短編として収録されています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 性に奔放な脚本家の女性奈津が夫との穏やかな生活を捨て、いろいろな男との逢瀬を重ねながら心と躯を満たしてくれるものを探し求めます。 一人の男大林を選び落ち着いたように見えた奈津でしたが、彼もまた彼女を満たす存在にはなり得ませんでした。 恋愛と性愛を外に求める彼女と彼女の行動で狂っていく大林。 しかしそんな二人はなぜか再婚してしまうのです。 でもやっぱり合わなくて幾度か思いとどまるものの結局離婚。 でもそんな奈津を救ってくれた人がいました。 昔から彼女を知っている人です。 どことなく今の作者本人の境遇に似ていますね。 恋愛小説の名手村上由佳の最新作にして最高傑作とも言われる小説です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. しかし彼女の生活は順風満帆とはいかないものでした。 作家デビューから23年2度の離婚と度重なる転居を繰り返してきた彼女。 彼女といつもともにいたのは愛猫のもみじ(17歳)。 どんな時もいつも一緒にいた 「戦友」と村上由佳はと呼んでいました。 しかしある日もみじがある病に侵されていることがわかります。 最愛の「戦友」との思い出と別れを綴った猫好きもそうでなくても涙なしには読めない一冊です。 2018年に放送されたNHKの猫と著名人との生活をテーマにしたドキュメンタリー番組「ネコメンタリー 猫も、杓子も。 村上由佳と猫たちが出演した回は大きな話題になりました。 その撮影秘話も盛り込まれています。 ベストセラー作家としての地位を築きあげながらも私生活は波乱に満ちたものでした。 会社員や塾講師などを経験し、26歳で「いのちのうた」という童話でデビュー、純愛シリーズ小説の「おいしいコーヒーの入れ方」は大ヒットしました。 結婚後は夫と千葉県鴨川で暮らしていましたが家を飛び出してしまった村上由佳とともにいたのは2匹の猫でした。 波乱の人生を歩む村上由佳。 2匹だった猫も5匹に増えました。 しかし一番彼女に寄り添ってきた最年長の猫もみじでした。 もみじをはじめとする本当に話し出しそうな個性豊かな5匹の猫たち。 村上由佳による彼らの言葉が面白くて、人情があって、暖かくてほっこりします。 彼らとの出会いと暮らしと別れの物語はとても感動します。 猫好きでなくても楽しめる猫エッセイです。 逆に猫好きにさせられてしまうかもしれません。 また今まで村上由佳作品に接点がなかった人も猫とのエッセイは読みやすいと評判です。 愛くるしく、表情豊かな猫たち。 作者か人生の危機に直面した際も常に一緒にいてくれました。 そしてWEB連載から話題となって書籍化された『猫がいなけりゃ息もできない』はランキング1位になっています。 自分の選択に悩み、それでも世に素晴らしい小説を送り続ける一人の女性としての作者に家族として寄り添ってきた猫たち。 もの言わぬ彼らの言葉を気っ風のいい江戸っ子訛りで代弁する村上由佳の言葉にほっこりします。 2000年代に入り村上由佳は官能小説も得意とするようになりました。 中でも昨年ドラマ化された『ダブル・ファンタジー』は仕事も家庭も充実しているはずだった女性が支配的な夫との関係に悩み、自分の心と体に忠実に性愛を求めていく官能小説です。 作者が女性なので性描写が嫌らしくないと女性からも人気です。 現実には絶対にできないけれど小説を通して密かな願望を叶える女性も多いのかもしれません。 他にもランキングで紹介している『花酔ひ』、『アダルト・エデュケーション』など『ダブル・ファンタジー』以外にも女性が主人公の官能小説をたくさん書いています。 口コミに多い全然いやらしくないという大人の恋愛小説をたまにはゆっくり読んでみたいですね。 村山由佳はいろいろな作風を持つ作家です。 村山由佳の小説が好きな人は初期の純愛小説が好きだという人が多いです。 しかし最近は心と身体を満足を求める女性が主人公の官能小説も人気があります。 既婚者の女性が夫との関係に悩み、全てを捨てて女としての幸せを追い求める。 とても共感という感情だけでは言い表せないけれど、世の女性たちの支持を受けています。 自分の心と身体の自由を追い求めるなら、家族を作ることはできません。 「自由と寂しさ」というニュアンスのキーワードが作品のいたるところに出てきます。 幻冬舎• 商品名• 猫がいなけりゃ息もできない• ミルク・アンド・ハニー• 星々の舟• 花酔ひ• ダブル・ファンタジー 上• 放蕩記• ダブル・ファンタジー 下• キスまでの距離• 嘘 Love Lies• アダルト・エデュケーション• WEB連載から書籍化された大人気フォトエッセイ。 心も躯もあなたじゃ満たされない• Voyage Through Stars• 2組の夫婦と衝動と背徳に満ちた物語• ドラマ化もされた愛と官能の衝撃作。 愛したいのに、愛せない。 心と身体を満たして…• 守ってやりたい。 誰にも渡したくない。 どんな地獄だろうと構わない。 でも、この秘密だけは、絶対に守り通す。 渇いた体と心に染みいる長編連作小説。 1512円 税込• 1944円 税込• 745円 税込• 1500円 税込• 562円 税込• 810円 税込• 626円 税込• 432円 税込• 1944円 税込• 648円 税込• ジャンル• 青春小説• 恋愛小説• 青春小説• 官能小説• 恋愛小説• 青春小説• 恋愛小説• 恋愛小説• 青春小説• 官能小説• ページ数• 228ページ• 553ページ• 432ページ• 395ページ• 305ページ• 528ページ• 294ぺージ• 205ページ• 535ページ• 305ページ• 出版日• 商品リンク•

次の

【小説好き必見】村上由佳が贈るおすすめ小説ランキング10選

村山 由佳 作品

1.直木賞作家の村山由佳さんの結婚は?夫やパートナーは?【ネコメンタリー猫もしゃくしも】 村山由佳さんは 結婚しているのでしょうか? 夫や子供についてはどうでしょう? 実は 村山由佳さんは、2度の 結婚を していますが2度とも 離婚されています。 そして、現在は軽井沢で新たに パートナーと暮らしているそうです。 村山由佳さんは小さい頃から 母親の教育が厳しく 恋愛によってでしか自分を満たす ことができない 恋愛依存体質でした。 村山由佳さんは 直木賞を受賞して 満たされても、すぐにまた不安な 気持ちになってしまうそうです。 そんな 村山由佳さんが一緒に暮らす パートナーは小さい頃から 村山由佳さんも母親のことも知ってる いとこだというので驚きですね。 子供の頃はヒョロヒョロだったのに 25年ぶりにあったらたくましく なっていて、母親との関係に苦しむ 村山由佳さんを救ってくれたり 最愛の父親や愛猫の死のときも 一緒にいてくれて 余計に好きな気持ちが 燃え上がってしまったようです。 とはいえ、身内はまずいと ブレーキを踏んだそうですが 間に合わなかったんですね -. -; そんな今のパートナーと一緒にいることで 人生で初めて満たされた生活を送れてる といいます。 今までの 村山由佳さんは 飢えをパワーにして執筆してきたので 満たされた気持ちになったことが はじめは怖かったそうですが 今では肩の力が抜けて、新たな気持ちで 執筆ができそうだということです。 1番の理解者は意外と近くにいて ひょっとしたら今までも 村山由佳さんを見守ってくれてた のかもしれませんね。 com 名前:村山 由佳(むらやま ゆか) 生年月日:1964年7月10日 出身地:東京都 学歴:立教大学文学部 卒業 村山由佳さんは小学校、中学校、高校を 立教女学院で過ごして、そのまま 立教大学にはいられているので お嬢様として育ったんですね。 とはいえ、母親は厳しかったようで いつもいい子にしていることが 村山由佳さんの性格になって しまっていたそうです。 自分お気持ちを抑えて生きるのは 辛いことですね。 そんな、 村山由佳さんには10歳以上 年上の2人のお兄さんがいらっしゃいます。 2人の兄に可愛がられて育った 村山由佳さんですが 1番上の兄とは20代の頃の衝突が原因で 現在は音信不通になってしまってます。 もう1人の兄とは仲の良い関係が 続いていて、ブラコン、シスコンと 呼び合うほど仲良しで、現在も家を 行き来するほど仲が良いそうです。 homesha. jp そして、 村山由佳さんといえば性を作品に 取り入れる 作家としても有名ですが 性の目覚めは早く、幼稚園のときに 御座布団を足の間に挟んでいたら 気持ち良かったといったのが最初の 記憶だそうです。 そしてそれを見た母親が逆上して、 黒電話を握って主治医の先生に 電話するふりをして 「足切ってもらおうな」と言った ことで恐怖のあまり失禁したという 母親とのエピソードも語られていました。 homesha. jp 村山由佳さんは自分の 女性としての自由と 母親の存在の葛藤にずっと 悩まれてきたそうです。 そんな 村山由佳さんですが 大学卒業後すぐに 作家になった わけではなく、不動産会社、塾講師 などの職業を経験したあとに 1990年から 作家としてのキャリアを スタートされています。 そして、1993年に発表の 「天使の卵ーエンジェルス・エッグ」で 小説すばる新人賞を受賞してデビューされ 2003年に「星々の舟」で 直木賞を受賞して 名実ともに有名作家としての 仲間入りをしています。 ちなみに 「天使の卵ーエンジェルス・エッグ」は 2006年に映画化もされています。 そして 村山由佳さんは 母親が認知症になったのをきっかけに 厳しかった母親と自分の気持ちの葛藤を 描いた自叙伝「放蕩記」を発表され、 話題になりました。 村山由佳さんの人生はお母さんとの 戦いの人生でもあったのかもしれません。 そして、 村山由佳さんの人生で 斬っても切り離せないのが猫です。 村山由佳さんは幼い頃から そばには猫がいる環境で育ったそうで 現在は、17歳の高齢猫 「もみじ」 と暮らしています。 homesha. jp 実は、もみじは2018年5月26日に 亡くなっってしまいました。 もみじは2000年から 村山由佳さんの 波乱万丈な人生を見守ってきた 一番身近にいた パートナーで 特別な存在だったため それは大きなショック だったでしょう。 そして、その時期に一緒に いてくれたのが 現在のパートナーで、 2人はもみじの死の1年後 2019年5月26日に入籍された ということです。 村山由佳さんは2009年頃に タトゥを入れられたそうです。 今まで厳しい母親の顔色をうかがい いい子でいることが習慣になっていた 村山由佳さんは小説家として 生きる覚悟のために タトゥを 体の3箇所に入れたそうです。 タトゥの場所は 胸に「フェニックス」 左足首に「巻き付くドラゴン」 そして3つ目は「ヒミツ」 ごく限られたしか見ることが できない場所だそうです。 おそらく大切な人だけに見せたい 村山由佳さんらしい官能的な 考え方なのでしょう。 naver. jp そして、 タトゥを入れても日常生活は 特に大きくは変わらないそうですが 作家で生きるしかないと 腹がすわったとおっしゃってます。 タトゥを入れはじめると だんだん増えていく人もいるそうです。 ひょっとしたら 村山由佳さんのタトゥは さらに増えているかもしれませんね。 以上、 村山由佳さんの プロフィールや経歴 3つのタトゥ についてのお話でした。 」 に出演されます。 村山由佳さんともみじ「ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。 com 番組では 「村山由佳ともみじ」と題して 17歳の高齢な愛猫 「もみじ」との 生活が放送されます。 村山由佳さんは今までたくさんの 猫と暮らしてきたそうですが 「もみじ」は 村山由佳さんの 波乱万丈な生活を一緒に生きてきた 特別な存在だそうです。

次の

村山由佳 文庫本一覧 (63作品)

村山 由佳 作品

村山由佳「天使の卵」がおすすめの理由 この作者の出世作だと思います。 内容は完全に浮気。 恋人がいるのにどんどんと年上のヒロインに惹かれていき、恋人との関係がどうなるのかドキドキしながら先を読んでいくのが楽しかったです。 恋人の女の子もはっきりしていて、ものをはっきり言うところに好感が持てました。 その点ヒロインの少しおとなしい感じや、頭の良さが際立って感じられてすごく素敵な女性だということが頭に浮かびました。 主人公も二人のことを好ましく思っていて、深く悩み、迷うところが読んでいて一緒に悩んだりしているように感じられておもしろかったです。 最後までどんな展開になるのかわからないところも面白いです。 主人公の優柔不断さに好き嫌いが分かれる作品かもしれませんが、私はヒロインと恋人の二人が好ましく思えたので楽しく読めました。 主人公が沢山ヒロインの絵を描くので、その繊細な描写にヒロインへの愛が伝わってきてよかったです。 第6位. 村山由佳「おいしいコーヒーのいれ方シリーズ」 村山由佳「おいしいコーヒーのいれ方シリーズ」がおすすめの理由 とても長いお話しで、途中はちょっともどかしくじれったく飽きてしまうところもありました。 主人公の男の子がやさしくて、ちょっと気弱で、「今いっちゃえ!」って読んでいて応援しちゃう時にもいかなくて、自分が思い描く展開にうまく進まないのでどんどんと先が気になってしまいました。 喫茶店のマスターの存在が静かに、素敵です。 コーヒーを入れる描写が出てくるのですが、目の前でコーヒーを淹れているような、良い香りが漂ってきそうな感じがしました。 実際コーヒーを飲みながら読んでいると、ちょっと楽しいです。 コーヒーに興味を持ってみたりもしました。 主人公は「勝利」ですがそれをヒロインが「ショーリ」と呼ぶのがかわいかったです。 年下の主人公と、年上のヒロインということでお互いに悩んだり、遠慮しあったありというのが多くてやきもきさせます。 早くくっついてーと思ってしまうことも多かったです。 主人公が学生なのでまだ感性というか、考え方が若く、ゆっくりとですが成長を感じられるところも面白いところだと思います。 第5位. 村山由佳「すべての雲は銀の...」 村山由佳「すべての雲は銀の...」がおすすめの理由 様々な人が出てくるのが印象的でした。 登場人物の誰もが何かに悩んだり、迷ったり、傷を負ったりしている人々でそれぞれに人生があり、皆自分なりのその人生を懸命に生きているのだと静かに感じられるお話でした。 主人公が知り合いの結婚式のために沢山の花を用意して喜んでもらうのだ頑張っていたけれど、それは良くないと諭される場面は自分も似たような経験があり、心に響きました。 登場人物の誰もに、自分に似た部分または共感できる部分があって、長編小説ですが飽きることなく読めました。 ぼろぼろになった主人公が信州に来てゆっくりと癒されていくので、読んでいると「自然っていいな」「人とのつながりっていいな」と思えてきます。 恋愛、兄弟愛、そんな感情のすべては人と人とのかかわりによって生まれてくるもので、それは時には人を裏切り、人を信頼できなくなり、人をぼろぼろに傷つけます。 それでもそれを癒してくれるのもまた人と人との関わりなんだろうとそっと信じさせてくれる希望を感じました。 また信州の自然描写も美しく、木々や緑が浮かびます。 第4位. 村山由佳「ダンスウィズドラゴン」 村山由佳「ダンスウィズドラゴン」がおすすめの理由 とても不思議なお話しでした。 今までの村山由佳作品とはだいぶ雰囲気が違うという印象でした。 井の頭公園という実際にある場所が舞台かと思いきや、その中にある夜だけしか開かない図書館がメインの舞台になるところが、まるで童話の世界に足を突っ込んでいるような不思議な感覚がしました。 ドラゴンという空想上の生き物が物語の軸になっているところも、ファンタジー小説のようで楽しんで読むことが出来ました。 兄妹という禁断の関係は今までに読んだことがなかったような気がします。 そこに、前世という過去も絡めてきてロマンティックな部分もあり、ホラーのような部分もあり今までの恋愛小説とは一味違った面白さが味わえました。 図書館の仕事ということで、本を修理するための方法や道具、作業をする様子が描写されており、よく図書館を利用する身としては「へぇ」と思いながら読むことができました。 第3位. 村山由佳「青のフェルマータ」 村山由佳「青のフェルマータ」がおすすめの理由 まず文庫本の表紙のイルカが印象的でした。 イルカに惹かれて購入してしまいました。 言葉を話せないヒロインとそれを見守るJB。 とても若いヒロインなのに、60代というかなり年上のJBに惹かれていくのが今までになく良かったです。 JBもヒロインのことを好きだったと思います。 大人の魅力にある人物でとてもよかったです。 叶う事のない恋愛のような情愛のような、そんな情景が胸を締め付け切なかったです。 チェロを弾くシーンでは、周囲の静けさに交じる波の音、そこに響くチェロの音が聴こえてくるような気がして映画のワンシーンのような美しい光景が自然と脳裏に浮かびます。 ともにイルカと泳いだり、かわいらしいイルカの姿が随所に出てくるところもイルカ好きの自分としては楽しく読めました。 ヒロインに意地悪をする男だけがどうしても好きにはなれませんでしたし、その男に少しずつ惹かれていくような描写があるところも私は少し納得できませんでしたが、JBの方との切ない関係に心惹かれました。 第2位. 村山由佳「天翔る」 村山由佳「天翔る」がおすすめの理由 小学生の女の子が主人公なことに初めは驚きました。 でも彼女の大人にはない素直な感情表現や感じ方が新鮮で、大人の恋愛模様もありながらもそれ以外の面白さも感じました。 そして牧場の主の男性と、看護師の女性の縮まりそうで縮まらない距離感がもどかしく、でもそれがまた熱い恋愛よりも好きでした。 一見傲慢で自分の為にいろいろなことをやっているように見える漆原という人物も実は大切な友人の為、ひいては自分の会社の為というさっぱりとした人物なのがとても印象的でした。 ひたすらに馬のことを中心に描いてあるのがとても印象的でした。 エンデュランスという馬術競技はこの作品で初めて知りましたが、とても良い競技だと思い実際に見てみたいと思いました。 ラストに初めに出会った黒い馬が再び出てきたことに驚きました。 その馬の様子で終わり、とてもすがすがしさが残り読後感がとてもよかったです。 第1位. 村山由佳「野生の風」 村山由佳「野生の風」がおすすめの理由 ヒロインが幸せにならないお話しでした。 でもそれでも頑張っている、強くやさしい主人公が私は大好きです。 単行本の夕焼けの写真が美しく、とても印象的でした。 ヒロインが布のデザインを作るという今迄にない職業なのも印象に残っています。 ベルリンの壁崩壊という歴史上に実際にあった出来事で出会うというのがとても運命的で面白かったです。 ですが正直、相手の男にはもやっとします。 あんなにヒロインのことを思っているのに最後は別の女の人とくっついてしまうなんて、と。 しかも子供まで。 考えると腹立たしいのですが、ヒロインが恨んでいないところがさみしさを感じさせます。 異国での出来事の話しが多いので、日本とは違う不思議な空気や、乾いたサバンナの風を感じられるようでした。 性的な描写もありますが、エロティックながらもその想いやしぐさがよく伝わってきて下品ではなく、さらっと読めました。 最後ヒロインにはもっともっと幸せになってほしかったなと思います。 やはり子供が産める女の方が勝ちなのかと悔しくも感じました。

次の