かりんとう レシピ。 かりんとうを使ったレシピを教えてください

かりんとうを使ったレシピを教えてください

かりんとう レシピ

中華菓子です。 唐菓子の一つは、今も京都の和菓子屋さんで作られています。 それが亀屋清永さんの「清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)」や「ぶと」です。 実際にかりんとうはいつ頃から食べられていたのでしょうか。 じつは詳細は分かっていません。 本によると、おそらく江戸中期頃には食べていたとか。 その時、かりんとうと呼ばれていたかどうかは不明です。 ちなみに「かりんとう」の名前が出てくるのは江戸後期。 現在のかりんとうの形が出来たのは、明治になってから。 明治8年の浅草・飯田屋さんが棒状のものに黒糖をつけて売り出したのが始まりです かりんとうの作り方 生地を作る 1. ボウルに薄力粉をふるい入れ、砂糖を加えます。 重曹に水を少々(22gで計量した水の中から使う)加えて、重曹を溶かし、ボウルに加えます。 ボウルに残りの水を加え、ヘラで全体を混ぜ合わせます 生地をこねる 4. 続いて生地をこねます。 ボウルの中で生地の表面がやや滑らかになるまで、こねてください 生地をのばす 5. 麺台やシリコンマットを用意します。 打ち粉の薄力粉を振り入れ、打ち粉の上に生地をのせます 6. 麺棒を使い、生地を四角形に伸ばします。 厚さは2~3mmにしてください。 生地を横半分にカットし、スケッパーなどを使い、端から5mm幅でカットします。 油が温まったら、かりんとうを投入します。 かりんとうから気泡が激しく出ますが、しばらくすると静かになり、気泡が出なくなります(かりんとうを入れてから約5分ほどかかります) 気泡がおさまったら、かりんとうを油から取り出します。 かりんとうをキッチンペーパーに並べ、油を切ります 蜜を作る 11. フライパンに黒糖と水を入れ、火にかけ、黒糖を溶かします。 とろみがついたら、かりんとうを投入し、蜜をまんべんなく絡めてください。 蜜がからまり、水っぽさが無くなったら、火を止めます。 冷ます 12. バットにクッキングシートを敷き、かりんとうをのせて、粗熱を取ります。 粗熱が取れたら、完成です。 かりんとうが湿気ないように、タッパーなどに入れて保管してください。

次の

かりんとうの作り方/レシピ

かりんとう レシピ

この記事のもくじ• 黒糖かりんとうの作り方 生地を混ぜて、伸ばして切って、揚げたものに黒糖を絡めていきます。 生地を休ませる時間もあるので、時間にすると完成まで60分ぐらいです。 砂糖のまとわせ方は、芋けんぴと同じですが、黒糖の方が焦げやすく、若干扱いが難しいです。 溶かした黒糖に生地を入れるタイミングをミスると、表面が飴みたいになっちゃうので、そこだけ注意して下さい。 動画観てもらえると分かりやすいかと思います。 切る太さにもよりますが、10分ぐらいが目安です。 黒糖かりんとうの材料• 薄力粉 100g• 砂糖 10g• ベーキングパウダー 1g• 塩 2g• 牛乳 55ml• 黒糖 60g• 水 20ml 動画で観る 画像とテキストで見る 1、ボールに薄力粉と砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れます。 2、牛乳を加えます。 3、ひとまとまりになるまでゴムベラで混ぜます。 4、ある程度混ざったら、粉っぽさがなくなるまで手で捏ねます。 5、ラップに包んで、冷蔵庫で30分ぐらい休ませます。 6、打ち粉をして、休ませた生地を伸ばしていきます。 7、好みの大きさにカットします。 8、手で転がして、円柱型にします。 面倒な場合は、この工程を省いても問題ありません。 9、フライパンに油を入れ、火にかけます。 11、こんがりと、きつね色になるまでじっくり揚げます。 12、フライパンに黒糖と水を入れて、中火にかけます。 13、全体に大きな泡が立ってきたら、揚げた生地を投入します。 14、全体に黒糖シロップを絡めたら、火を止めます。 15、黒糖が再結晶してくるまで混ぜます。 16、クッキングシートの上で、冷ましたら完成です。 実食 市販のよりも中が少し詰まってて、硬めな仕上がりです。 しっかり歯応えのある黒糖かりんとうが好みなので、個人的には満足な食感です。 甘さも甘過ぎず、全体にうまく黒糖を絡めることが出来ました。 甘塩っぱいのが好きな方は、黒糖を絡めるときに、少し醤油をたらしたり、味噌を溶かしたりしても美味しいと思います。 なんにしても、あとを引いて仕方ないですね。 お茶と一緒にいくらでも食べれてしまいます。 今回の分量だと本当に一回分なので、一度試して好みに合うようなら、倍量で作って下さいー.

次の

さつま芋のかりんとう (芋けんぴ) 野永 喜三夫シェフのレシピ

かりんとう レシピ

材料(約25本分)は、ホットケーキミックス(50g)、塩(ひとつまみ)、水(大さじ2杯)、揚げ油(適量)、すり下ろしニンジン(40g)、すりおろしゴボウ(40g)、小松菜(70g)、砂糖(各大さじ3杯)。 1)ホットケーキミックスと塩、水を混ぜ合わせてベースとなる生地を作ります。 まとまったらラップで包み、30分冷蔵庫で寝かせます。 2)ニンジンかりんとう、ゴボウかりんとうの場合は、ベースの生地に砂糖大さじ3杯とそれぞれのすりおろしを加えます。 小松菜かりんとうは、小松菜と水(大さじ3杯)をミキサーにかけたものから、大さじ2杯と砂糖を大さじ3杯加えます。 5cm程度に切り分けます。 4)間隔をあけて耐熱皿に並べ、ラップをせずにレンジで1分30秒〜2分温めます。 5)表面が乾燥したら5分ほどおき、あら熱を取ります。 6)揚げ油を150度〜160度に熱し、生地を入れ1分ほど揚げます。 7)砂糖と水大さじ3杯を合わせ、強火にかけたシロップに絡めれば完成です。 ひとつの袋やビンに一緒に入れてかりんとうミックスにすると見た目もキレイです。 材料(15個分)は、ホットケーキミックス(150g)、黒糖かりんとう(140g)、砂糖(40g)、バター(50g)、牛乳(130cc)、卵(2個)。 1)黒糖かりんとうを細かく砕き、材料を全て混ぜ、7cmサイズのカップに入れ、180度で予熱したオーブンで20分前後焼きます。 2)竹串を刺して何も付いてこなくなったらできあがり! 大きい袋でかりんとうを貰ってしまった時など、味に変化をつけられます。 和風から洋風に変えられるのも、大量消費にはもってこいですよね。 野菜だけでなく、フルーツやハチミツを使って、まだまだアレンジ可能です。 今回は細長いかりんとうを紹介しましたが、丸、三角、四角、ハートなど、形に変化を加えるのもいいかもしれません。 このレシピをもとにオリジナルのかりんとうを作ってみてください。

次の