東方ロストワード ダメージ計算。 東方ロストワード 期待威力 (CP) 計算 0.5版

#東方ロストワード 【調査】戦闘中のCPとステータスの関係

東方ロストワード ダメージ計算

extend:checked:vvvvvv! extend:checked:vvvvvv! extend:checked:vvvvvv 東方LostWord(東方ロストワード) スレッドを立てる際に本文1行目に 『! extend:checked:vvvvvv』 を3行になるように入れてください 先頭の! 48 一致 実際ダメージ CRI除く 12,886 50発平均 12. 59 ほぼ一致 L1-2-1妖精Lv70 陰防524 戦闘中表示CP 141 12. 96 一致 戦闘中の表示CPの計算は切り捨て 実際ダメージ CRI除く 592 50発平均 12. 102. 106. 0474? 0649? 68~2. 68~2.

次の

#東方ロストワード 戦闘中のCP計算式を調べてた者です

東方ロストワード ダメージ計算

東方ロストワードの期待威力 CP を、攻撃の威力・命中率・CRI・段数から求めます 0. 5版現在、仲間画面で表示される初期値の式(味方の攻撃系・相手の防御系の値を反映しない)のみ対応しています 因みに仲間画面で表示されるCPは、1〜6の弾幕を全て合計して小数を切り上げたものです 威力は攻撃1発当たりの強さを表す値で、0以上の小数とします(初期値:0) 命中率は攻撃の各段が当たる確率を表す値で、0〜1の小数とします(初期値:0. 75) CRI は攻撃の各段が激発する確率を表す値で、0〜1の小数とします(初期値:0. 05) 段数は攻撃を構成している段の数を表す値で、0以上の小数とします(初期値:0) 威力1• 命中1• CRI1• 段数1• 威力2• 命中2• CRI2• 段数2• 威力3• 命中3• CRI3• 段数3• 威力4• 命中4• CRI4• 段数4• 威力5• 命中5• CRI5• 段数5• 威力6• 命中6• CRI6• 段数6• 期待威力 CP•

次の

東方ロストワード 期待威力 (CP) 計算 0.5版

東方ロストワード ダメージ計算

戦闘システムについて• 拡散ショット:霊力(P)の回収に長けている。 その分集中ショットより火力は控えめ• 集中ショット:拡散ショットに比べてダメージは高めだが霊力の回収はあまりできない。 拡散・集中共に霊力が高まるほどショットレベルも上がっていく• スペルカード(スペカ):1回の戦闘で1回ずつ発動可能な必殺技。 キャラを限界突破することによって使用できるスペカは増えていく• ブースト:霊力が溜まっているだけで消費せずともショット威力上昇。 溜まった霊力を1・2・3と任意の段階で消費(ブースト)することで、ショット・スペルカードの威力上昇&弾の種類が追加される• 結界:全て破壊すると1ターン無防備になり大ダメージを与えられるようになる。 結界を壊すには弱点属性で攻撃すること。 プレイヤー側結界数は5• スキル:1度使用すると再使用するまで指定ターン数分待つ必要がある。 限界突破ではなく「昇格」で使用できるスキルが増えていく• チェンジ:後列にいるキャラと入れ替えられる。 キャラによってチェンジ時に発動する効果が違うので事前に確認しておくのが大事• グレイズ:ある意味攻略において1番大事な要素。 結界を消費するごとに「そのターンで受けるダメージを0にできる(回避)」1ターンでグレイズ可能な回数は最大3回。 結界が最後の1つになるとグレイズ不可能になる こう並べてみると凄く複雑に見えるかもしれませんが…… 慣れてしまえば結構簡単! 正直、 戦闘システムよりもこの気質(属性)や弾の種類の方が複雑。 キャラのステータス画面で見ると、 各キャラこういった「黄色で上方向」・「水色で下方向」に属性耐性を表していますが……これは 「受けるダメージ量」なので、見方を間違えないようにしましょう。 上の画像で言えば 「月・金属性の耐性が低いからダメージを多く受けてしまう」・ 「水・星属性の耐性は高いからダメージをあまり受けない」ということになるんです。 戦闘画面で相手の属性を見る時は 「与えるダメージ量」になります。 この画像で言えば 「月・木属性が弱点なのでダメージ量が増える」・ 「火・星属性は耐性があるのでダメージ量が減る」ということですね。 弾の種類・ブーストによる弾数・属性追加あたりは、使っている全キャラ分把握するのも大変。 なので、基本的には ショット・スペカが 「何属性なのか」・「弾幕構成(陰・陽)はどちら寄りか」あたりを意識しておくだけでいいと思います。 ある程度慣れてきたら、 絵札をスペカに装備する時に 弾の種類(通常弾・レーザー弾等)に合わせた絵札を装備するよう意識していくといいですよ。 難関ステージがクリアできなくて行き詰まったら、 ブーストによる属性追加などを意識。 こうやって段階的に理解していくようにすれば、そこまで難しくはありません。 ますますわかんなくなった。 ゆ、ゆっくり慣れていきましょう。 育成も大事!序盤は育成するキャラを絞った方が楽!? システムの理解が1番大事とは言いましたが、 キャラが育っていなければ攻略していけないのも事実。 というわけで、育成もしっかりしていきましょう。 育成項目についての基本的な部分については省略します。 今回は (個人的に)育成優先度の高いキャラや育成の仕方についてのポイントをいくつかご紹介。 装備(絵札)についてはちょっと補足。 先ほども話したように、 スペカの弾属性や弾の種類に合わせた絵札を装備するよう意識していくのが大事なんです。 適当に高レアを装備しても大して役に立たないことが多いですから。 効果的にあまり合う絵札がなければ、 キャラのステータスに合わせた絵札を装備しましょう。 霊夢のような防御タイプ(式)キャラには体力・各種防御が伸びる絵札を装備。 攻撃タイプキャラには、スペカの弾幕構成に使われている方・ステータスがより伸びている方の攻撃が伸びる絵札を装備、といった感じ! さて、最優先で育成するべきキャラは 「ガチャなどで被って突破可能になったキャラ」。 1段階突破するだけでも、 スペカ1枚増加&各ステータスがかなり上昇と育成効果が高めですからね。 次に優先すべきなのは 「全体ショット持ち」・「全体スペカ持ち」あたりでしょう。 どちらも 雑魚戦の周回効率などに関わりますし、 対複数ボス戦などでも活躍できると思います。 そして、 序盤は育成するキャラをなるべく絞った方がいいかもしれません。 レベル上げは一緒に戦闘するか寺子屋(1章4節1話クリアで開放)で勉強すれば上がっていくので、平均的に上げていくのもアリ。 できれば、 既に限界突破しているメインキャラに育成素材をつぎ込みたいところですね。 中盤以降のことも考えれば、スキルや能力が強いキャラを優先するのもアリだと思うけれど、まぁいいんじゃないかしら。 各施設・おつかい・デイリー探索をしっかりチェックしよう! レベル・信頼度・やる気上げができる寺子屋・スキル上げができる道場・霊P(スタミナ)が回収できるおやしろ・賽銭(お金)を回収できる賽銭箱がある「施設」は序盤からしっかり利用しましょう! 道場や寺子屋はある程度ゲームを進めると開放されます。 プレイヤーレベルによっておやしろや賽銭箱自体のレベルアップができるのも忘れずに。 物語第1章2節3話クリア後に開放される「おつかい」は特に大事。 各育成素材や経験値だけでなく、 ガチャに使う通貨(封結晶)も獲得できますからね。 おつかいに出しているキャラも普通に戦闘に使えるので安心! デイリー探索はいわゆる 曜日クエスト。 育成に使う様々な素材を獲得できるので、毎日の上限回数分ちゃんとこなしましょう。 やる気や信頼度はまだよくわかっていないから、あまり意識しなくてもいいと思うわ。 第1章5節2話ボス「八雲紫」攻略について リセマラの有無・所持しているキャラによってはかなり難しいと噂の八雲様戦。 その攻略法とは……!? ここまで話してきた内容を意識するだけ、としか言えません。 まず、 月・木属性の弾が入ったスペカ・ショット持ちキャラがいるとかなり有利。 弱点属性持ちのキャラが1人もいない場合は、耐性がある火・星属性以外の属性で攻めていくしかありません。 その上で、 八雲紫のスペルゲージ(左上)が満タンになったら各キャラグレイズする・通常攻撃もかなり痛いので結果がある限りグレイズ・チェンジやスキルを活用する・ブーストが溜まるまで拡散ショットを使う・ブーストをしっかり使ってスペカで攻めるなども意識。 そういうことを全部やっても勝てない!という場合は、 絵札装備を見直して全体的にキャラを育成し直すしかありません。 この時点での「強化」に使う素材集めオススメ周回ポイントは、第1章3節「こごえるしま」の3話。 華扇1人の単体ボス戦なので、周回にかかる時間も短くて済みます。 昇格に使う一部の素材はドロップ場所が結構バラけているので、必要な素材のドロップ場所をチェックして集めましょう。 ゲストの霊夢もそこそこ強いので、手持ちキャラによってはこんな感じでも初見クリア可能ですよ。 手持ちキャラが軒並み不利だって人も、頑張ってください!.

次の