名古屋 コロナウイルス。 新型コロナウイルス感染症に関する国・愛知県・名古屋市等の各種支援策(補助金等)について |名古屋商工会議所

【名古屋市】1事業者10万円!ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金とは?申請受付はいつから?【独自支援策】※5月27日更新!

名古屋 コロナウイルス

これをふまえ、ホテル又は旅館について、集会の用に供する部分を休業した場合だけではなく、4月26日(日曜日)から5月6日(水曜日)まで、ホテル又は旅館を休業した場合にも、協力金の対象とするものです。 これらの施設の休業期間については、4月21日に解釈を統一したことから、期間は弾力的に対応することとします。 少なくとも23日から休業をお願いします。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 ・休業要請等の対象となる施設については、次のとおりです。 ・今回の協力金は、県の要請の対象となる施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 ・緊急事態措置以前に、開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 ・県内の事業所の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。 〇 休業協力要請期間中(2020年4月17日から5月6日までの期間)に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業及び個人事業主が対象となります。 ・飲食店等の食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 ) ・全面的な協力とは、休業協力要請の全期間(4月17日から5月6日までの期間)、要請に応じて休業等を行っていただくことが基本です。 ただし、4月17日は調整等を念頭に置いて弾力的に対応することとし、営業の実績があっても構いません。 お問い合わせ先 愛知県経済産業局新型コロナウイルス感染症対策協力金プロジェクトチーム 開設時間 平日9時~17時 電話番号 052-954-7451.

次の

愛知県内の感染者・検査件数

名古屋 コロナウイルス

ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金(事業継続応援金 /1事業者10万円)の交付を受けるためには、 以下の要件を全て満たす必要があります。 (1)に該当する市内の施設で事業を継続していること。 ただし、市内で自らが所有又は賃借している施設において、個人消費者と対面して商品・サービスを有償で提供している場合に限ります。 (2)令和2年4月10日(金曜日)時点で開業しており、事業実態が確認できること (3)令和2年4月10日(金曜日)から令和2年5月14日(木曜日)までの期間、市内の対象施設で事業を継続していること (注)対象施設が食事提供施設である場合は、もともと営業時間が午前5時から午後8時までの間であった施設に限ります。 ただし、テイクアウトのみの施設は営業時間を問いません。 (4) 、「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「名古屋市理美容事業者休業協力金(県・市で20万円)」及び「名古屋市理美容事業者事業継続応援金(10万円)」のいずれの交付も受けないこと (5)中小企業者、個人事業主及び社会福祉法人等その他法人であること (注1)社会福祉法人等その他法人については、常時使用する従業員の数が300人以下であることが必要です。 (注2)次に該当する法人は対象になりません。 ア 国、法人税法(昭和22年法律第28号)別表第一に定める公共法人、地方自治法(昭和22年法律第67号)第221条第3項に規定する法人及び名古屋市外郭団体指導調整要綱第2条第1項第2号に規定する法人 イ 政治団体 ウ 宗教上の組織もしくは団体(「社会福祉施設等」において事業を継続する事業者を除く) (6)交付申請日及び交付決定日において倒産・廃業していないこと (1)2019年の確定申告書B第一表の控えの写し すべての申請者の方に事業収入を計上した確定申告の写しをご提出いただく予定です。 現在でも、確定申告、修正申告は可能ですので、管轄の税務署にご相談ください。 (注)令和2年1月1日以降に創業された方で確定申告の写しが提出できない場合は、開業届の写しをご提出いただく予定です。 (2)本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード等の公的機関が発行する氏名・住所が確認できるもの) (3)ご本人名義の振込先口座の分かる書類の写し なお、 住所が市外の場合のみ、市内で対象施設を運営していることが確認できる書類の写し(営業許可証の写し、賃貸借契約書の写し等)が必要となります。

次の

新型コロナウイルス感染症に関する国・愛知県・名古屋市等の各種支援策(補助金等)について |名古屋商工会議所

名古屋 コロナウイルス

「申請書作成支援サイト」で申請書・誓約書をご作成いただき、添付書類とともにご郵送いただくことで申請することができます。 支援サイト利用のメリットは以下のとおりです。 申請書を手書きすることなく、項目を入力・選択するだけで申請書を作成できます。 (法人の場合は、「13桁の法人番号」を入力するだけで、「法人名」 「本店所在地の郵便番号」 「本店所在地の住所」が自動表示されます。 支援サイトで申請書を作成する際に登録したメールアドレスあてに、MyページのURLを記載した電子メールが自動配信されます。 このURLにアクセスすると「受付済」「審査中」「振込済」と状況が確認できます。 自動配信された電子メールは、削除せず大切に保存してください。 申請書作成支援サイトはこちらからご利用ください 応援金の交付を受けるためには、以下の要件を全て満たす必要があります。 「対象施設の一覧」に該当する市内の施設で事業を継続している方 ただし、 市内で自らが所有又は賃借している施設(無償で借りている場合も可)において、 個人消費者と対面して商品・サービスを有償で提供している方に限ります。 (注1)対象施設が食事提供施設である場合は、もともと営業時間が午前5時から午後8時までである施設に限ります。 ただし、テイクアウトのみの施設は営業時間を問いません。 (注2)「個人消費者」には個人事業主を含みません。 (注3)訪問サービス、無店舗販売や通信販売等は本制度の対象外です。 (ただし対象施設のうち社会福祉施設等に区分される施設は本制度の対象です。 令和2年4月10日(金曜日)時点で開業しており、事業実態が確認できる方• 令和2年4月10日(金曜日)から令和2年5月14日(木曜日)までの期間、市内の対象施設で事業を継続している方• 「愛知県・名古屋市新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「名古屋市理美容事業者休業協力金(県・市で20万円)」及び「名古屋市理美容事業者事業継続応援金(10万円)」のいずれも受け取らない方• 中小企業者、個人事業主及び社会福祉法人等その他法人であること.

次の