パズ ドラ アシスト スキ ブ。 【パズドラ】最強アシストランキング!【6/29更新】|ゲームエイト

【パズドラ】アシストの条件とやり方を解説!|スキル継承|ゲームエイト

パズ ドラ アシスト スキ ブ

次いで光槍型オデドラがおすすめ 次いで覚醒スキルの優秀な光槍型オデドラがおすすめです。 嵐翼型に比べてスキブが1個多いことやコンボ強化、操作時間延長を持っているので、サブとして活躍の幅が広いからです。 嵐翼型オデドラは作らなくてもOK 嵐翼型オデドラの特徴は自動回復を6個持っていることです。 編成することによりドロップを消したターンHPが6000回復しますが、攻撃的な覚醒スキルがないことやそのために採用するほどのキャラではないため使い道はほとんどありません。 オデドラの評価 【転生オデドラの評価】• ただし攻撃倍率上昇の条件として、十字を要求されるリーダースキルのため運用は難しいです。 追加攻撃分の回復ドッロプを用意出来るのは優秀で、便利なスキルですが、転生前のバインド回復がなくなってしまっているのはやや残念です。 超覚醒を考慮すればスキルブースト4個持ちに出来るので、さらに覚醒に磨きをかけることが出来ます。 バインド対策役としてサブで使うのが最適です。 光槍型おでドラはリーダー条件さえ合えば属性を気にせず採用していいほど高性能なキャラです。 さらに、ピンチ時にHP50%回復効果も役立てられるのが強みです。 覚醒スキルの差で、嵐翼型おでドラは光槍型おでドラに劣っていると言わざるを得ません。 オデドラのアシストおすすめ キャラ 性能 【スキル】 葉王の術 ドロップのロック状態を解除。 HPとバインド状態と覚醒無効状態を全回復。 0 580. 0 638. 0 400. 0 440. 0 270. 0 297. 覚醒無効状態を全回復。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 リーダースキル 光槍神龍の魂 転生、超転生進化のみでチームを組むと、HPと攻撃力が2倍。 木か闇の5個十字消し1個につき攻撃力が3. 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある チーム全体のスキルが2ターン溜まった状態で始まる スキル封印攻撃を無効化することがある ドロップ操作時間が延びる(1秒) 回復ドロップを横一列でそろえて消すとバインド状態が3ターン回復する 回復ドロップを縦一列でそろえて消すと1ダメージの追い打ち チームのHPが5%アップする 7コンボ以上で攻撃力がアップする(2倍) 超覚醒スキル 超覚醒 効果 7コンボ以上で攻撃力がアップする(2倍) チームのHPが5%アップする 攻撃タイプの敵に対して攻撃力がアップする(3倍) チーム全体のスキルが2ターン溜まった状態で始まる ドロップ操作時間が延びる(1秒)• 3 460. 0 506. 0 240. 0 264. 0 366. 6 403. 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 リーダースキル 神界の揺籃 神タイプの攻撃力と回復力が3倍。 HP満タン時、受けるダメージを激減(80%)。 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) 超覚醒スキル 超覚醒 効果 自分と同じ属性のドロップをL字型に消すと攻撃力がアップし、ロック状態を解除する(1. 5倍) ドラゴンタイプの敵に対して攻撃力がアップする(3倍) 回復ドロップ5個をL字型に消すと敵から受けるダメージを軽減(5%)し、攻撃力がアップする(1. 5倍)さらにバインド状態が1ターン回復する• 6 540. 0 567. 0 360. 0 378. 0 250. 0 262. 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 リーダースキル 神界の激動 木か光の5個十字消し1個につき攻撃力が3. 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる ドロップ操作時間が少し延びる(0. 5秒) ドロップ操作時間が少し延びる(0. 5秒) スキル封印攻撃を無効化することがある 回復ドロップを横一列でそろえて消すとバインド状態が3ターン回復する 7コンボ以上で攻撃力がアップする(2倍) 超覚醒スキル 超覚醒 効果 自分と同じ属性のドロップを4個消すと攻撃力がアップ(1. 5倍)し、敵2体に攻撃をする 体力タイプの敵に対して攻撃力がアップする(3倍) HP80%以上で攻撃力がアップする(1. 5倍)• 0 400. 0 220. 0 300. 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 リーダースキル 神界の陣風 神タイプの攻撃力と回復力が1. HP満タン時、受けるダメージを激減(80%)。 8 322. 2 196. 0 231. 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。 リーダースキル 神界の陣風 神タイプの攻撃力と回復力が1. HP満タン時、受けるダメージを激減(80%)。 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復) ドロップを消したターン、HPが回復する(1000回復).

次の

【パズドラ】アシスト進化の一覧とおすすめ装備|ゲームエイト

パズ ドラ アシスト スキ ブ

アシスト設定(スキル継承)とは 戦略の幅を広げるシステム! アシスト設定(スキル継承)とは、スキルを持つキャラに対してさらに 新たにスキルを付けることです。 スキルを2個つけることで本来の使用方法とはまた違った使い方ができます。 覚醒アシスト持ちのキャラをアシストするとアシストしたキャラの覚醒を付与することが出来ます。 なお、アシストの元になるキャラをベースといい、アシストに使用するキャラをアシストといいます。 以前はスキル継承と呼ばれていた 今ではアシスト設定と呼ばれいますが、以前は「スキル継承」システムと呼ばれていました。 その名残で、アシストのことを「スキル継承(継承)」と呼ぶ人もいますが、意味は同じです。 アシスト専用の装備が登場! また、新しくアシスト進化と呼ばれるアシストに特化したキャラが登場しました。 詳しくは下記のリンク先で解説しています。 一部降臨キャラがアシスト可能! アシストできるのは基本的にガチャ限のキャラのみですが、一部の降臨キャラなどダンジョンドロップするキャラでもアシスト可能なキャラが存在します。 アシスト可能なキャラの一覧は下記をご覧ください。 アシストに必要な条件 アシストに必要なもの• ランク130以上• 100万コイン• ベースキャラとアシストキャラ ベースキャラの条件• スキルを所持している アシストキャラの条件• 例えば、10ターンのスキルを持つキャラに5ターンのスキルをスキル継承させた場合、アシストスキルが発動できるのは15ターン後になります。 15ターンが経ちアシストスキルが溜まるとベーススキルは使用できなくなるので注意しましょう。 自由にスキルを選べるわけではない アシスト設定(スキル継承)でスキルを2つ持ったキャラは、 2種類のスキルを「自由に」使えるわけではありません。 ちなみに、この仕様を逆手に取った遅延対策もあるので、興味がある人は下記の記事を参考にしてください。 アシストによるステータスボーナス 同属性キャラでステータスボーナス! 属性が同じキャラのスキルをアシストするとアシストボーナスが発生し、ベースキャラのステータスがアップします。 ステータスアップの数値はアシストしたキャラのステータスによって前後します。 アシスト(スキル継承)のまとめ アシストはしっかりと仕様を理解することで、確実にパーティを強化することができます。 反面、決して必須な要素ではないのでアシストにこだわる必要はありません。 余裕があれば試してみる程度で良いでしょう。 以下はいずれもアシストに関する記事なので、よろしければ是非参考にしてください。 アシストの条件とやり方を解説!•

次の

【パズドラ】アシスト進化のやり方とおすすめ装備

パズ ドラ アシスト スキ ブ

この記事では「アシスト」システムについて解説します。 モンスターの持つ本来のスキルとは違うスキルを付与して、ダンジョンの攻略に新たな道筋を作れるスキルアシスト。 うまく活用すれば、より幅広いパーティでダンジョンの攻略ができるように! アシストとは? 「アシスト」は『ランク130』以上で解放される、スキルを持つモンスターに「第2のスキル」を付与するシステムのことです。 「ベース」モンスターにスキルを付与することで、本来のスキル以上に強力な効果や、ダンジョンに合わせた効果を発動することができます。 「スキル2」が溜まりきると、元のスキルである「スキル1」は発動できなくなるので注意。 また、スキルを付与するだけではないのが「アシスト」システム。 ステータスを上昇させたり、一部覚醒スキルを付与することもできますよ。 同属性ならステータスが上昇! 「ベース」モンスターと同じ属性のモンスターを「アシスト」すると、ステータスが上昇する「アシストボーナス」を得ることができます。 アシストボーナスは「アシスト」モンスターのステータスに応じて、上昇するステータス値が変化しますよ。 「アシスト」モンスターのステータスが高ければ高いほど、より多くのアシストボーナスを獲得することができます。 中途半端な「+ プラス 」や他属性へのアシストでは反映されないので要注意。 覚醒スキルの付与も可能! 覚醒スキルに「」を持ったモンスターをアシストする場合、「アシスト」モンスターの覚醒スキルも付与することができます。 アシストボーナス以上にHP・攻撃力・回復力を上昇したり、「属性強化」「ドロップ強化」で火力を上げたり、「毒耐性」「バインド耐性+」などでより簡単にギミックを対策できたり。 いつものプレイ以上にダンジョン攻略を楽にできるので、持っているのであればぜひアシストしたいところ。 ちなみに、アシストで付与した覚醒スキルも、ベースモンスターの覚醒スキルの一部。 そのため、「カラット」や「ファセット」などの持つ、覚醒エンハンスの対象になります。 アシストの仕方、解除の仕方ともに覚えておきましょう! アシストできる条件 アシストできるモンスターには『3つ』の条件があります。 レアガチャから排出されるモンスター• すべての覚醒スキルが発動している また、一部ドロップモンスターもアシストすることが可能です。 かなり多くのコインを消費するので、慎重に! 「アシスト」モンスターはアシスト設定を解除するまでの間、チームに入れたり売却したりすることができなくなります。 ただし、モンスター自体を失うことはありません。 オススメの組み合わせ方 「やり方はわかったけど、何をつけようか迷う・・・」なんて方も多いはず。 そこでオススメのアシスト方法をご紹介! アシストの組み合わせの中でもシンプルなものなので、覚えておくと便利ですよ。 スキルターンの長いスキルをアシスト! スキル遅延の攻撃を受けたとき、アシストで付与した「スキル2」が優先してターンを延長されます。 そのため、スキルターンの長いモンスターをアシストすれば、潜在覚醒に「スキル遅延耐性」をつけなくともスキル遅延対策ができます! 同属性のアシストならステータスも上昇するので、スキル遅延以上に活躍することもあったり。 上位互換をアシスト! ベースモンスターの持つスキルに、追加効果のあるモンスターをアシストもあり。 純粋に上位互換のスキルならば、「スキル2」が溜まった方が嬉しいというもの。 上位互換がない場合には、同じモンスターのアシストも十分あり! 溜まって困ることもないし、スキル遅延対策もできる。 一切のデメリットがないので、困ったら同じモンスターをアシストしてしまいましょう。 ベースはスキルターンの短いモンスター ベースにするモンスターは、スキルが短いモンスターが無難! より短いターン数で付与した強力なスキルを使えるので、エンハンスや操作延長など。 ギミックに合わせたスキルを確実に使うことができますよ。

次の