白井 家 トラブル。 白井家トーマスに殺処分の危機?近隣トラブルと収入や場所を調査

志村どうぶつ園の白井家が放送中止になった?打ち切りの可能性やトラブル内容をざっくりまとめ!

白井 家 トラブル

自宅の広大な土地に、動物20匹以上を飼育するエサ代、家族の食費・水道光熱費、子供の学費など、出費をあげたらきりがない。 広い土地と薪ストーブのある大きな家は、母親・由紀子が祖父から譲り受けた土地に建てた家です。 固定資産税も高そう。 いろいろと想像以上にお金かかりそうな白井家。 なぜなら現在明かされてる収入源は、母親・由紀子さんの英会話教室で働く収入、長男で大学生の鴻明さんがトンカツ屋でアルバイト代、モデルでの収入です。 あとは志村動物園に出演するギャラが収入源です。 だから白井家は、収入源を別に持ってると思われます。 母親・由紀子さんは祖父(由紀子さんの父親)から土地を譲り受けたことから、実家はかなり土地を持ってる金持ちの資産家だといわれてます。 金持ちの祖父祖母からしたら、可愛い娘と孫たちのためなら喜んで収入源になると思います。 志村動物園の放送で、近所に住む親戚が映っていたことも、白井家の実家が金持ちの資産家という噂に拍車がかかりました。 いったい父親は誰でどこにいるんでしょう? 10年前まで、白井家は愛知県豊橋市の街のマンションで暮らしていました。 そんななか殺処分寸前の捨て犬や、盲導犬になれなかったラブラドールなど、飼えなくなった身寄りのない動物が殺されるのは可愛そうだと鴻明くん・迅くんの兄弟が親に頼んで、母親が祖父から譲り受けた畑を壊して家を建てて、動物たちを飼い始めて現在に至ります。 10年前当時の子供たちは ・長女の悠流 ・鴻明(10才) ・迅(8才) ・妹の凛 予想ですが、動物を引き取って郊外に引っ越すことがきっかけで、父親と離婚もしくは別居したのではないでしょうか? 母親・由紀子さんが2019年2月1日インスタで『シングルマザーしていきます』とつづってるので、父親と離婚もしくは別居中だと思われます。 イケメンですからモデルの仕事もやってます。 動物の世話のときは、元野球部なのでユニフォームを作業着にして、薪割りや砂利の敷き詰めなど行っています。 アニメの世界から抜け出してきたかのような姿にネットでは『あんなの2次元だけかと思った』と話題のイケメンです。 白井家のフォトを撮ってくださるYさんが撮ってくださったオフショ 顔までオフでなんか…その…神に怒られて拗ねたデニ君みたいな顔になっとる。 アーノルド・シュワルツェネッガーの腹筋目指してるみたいです。 今日も頑張った! (露出狂みたいになってしまった…。 ごめんなさい。 2019年3月m、浜松学院高校を卒業しました。 全国放送で堂々の彼女募集中です。 3月に免許合格しました。 だいぶ前にRustyと一緒に家族で撮影した時のオフショット。 姉と同じく彼氏募集中です。 白井家の父親は離婚したか別居中ですが、名古屋にいて娘たちとは食事する仲みたいだし、テレビやSNSに映らないところで家族の交流があるかもしれないですね。

次の

【白井家】フルハート(馬)のモザイク無し解体画像は?不適切飼育と文春砲

白井 家 トラブル

白井家で元競走馬フルハートを違法解体?不適切飼育に続き文春砲 今回の件について、週刊文春は以下のように報じています。 フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。 そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。 「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。 ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。 そこで彼らは 衝撃の現場を目の当たりにしました」 ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。 傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。 「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。 そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、 頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」 出典: 非常にショッキングな報道に、TwitterなどのSNSでも大きな反響が出ています。 今回の フルハートの解体疑惑について、週刊文春は白井家に直撃取材をするなど積極的に報じていますが、一家の大黒柱でもある由紀子氏はこの疑惑を 否定しています。 四肢が切り落とされた状態であるとされる写真が 計3枚掲載されています。 確かに、写真を見ると馬体のようなものが横たわっているようで、一部には血のような赤色も見ることができます。 ただ、全体的にモザイクが掛かっており、本当に馬体なのかどうかは不明です。 このモザイク無し写真は、週刊文春が運営している有料サービスのなかで公開されています。 しかし、肝心の解体面などにはモザイクが掛かっており、完全なモザイク無し写真というのは現在ネット上には存在していません。 ちなみに、今回馬の解体で問題になっている白井家は、冒頭にも掲載したとおり、 過去にも不適切な飼育問題が取り沙汰されていました。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 志村どうぶつ園の番組自体、動物に対する扱いが愛情を感じないことが多いので あんまり好きではない 何故あんなに続いているのか不思議なのは自分だけか ボランティアで手を貸した人たちって 何かこの家族にボランティア以上の強要的な事をされてるのか? そうでなかったら、1月に馬がそんな風に処理されてた時に通報できてたんじゃないだろうか? やっぱりさ! 保護してる家族とかをテレビで放送するべきじゃないと思う! 放送することによって保護の数が増えて世話が無理になってくるのは当たり前! これは志村動物園にも責任がある!.

次の

白井家の不適切飼育と近隣トラブルがヤバい!!

白井 家 トラブル

白井家が起こしたトラブルとは? 白井家のトラブルは、次のとおりです。 白井家宅の裏に大量の動物の糞尿が山積みされており、その悪臭が外部にも漏れている• 2018年、家から500m離れたところにある白井家所有の農地に大量の糞尿が運び込まれた• 番組密着中だけではなく、普段から動物が脱走している• 馬が脱走し、パトカーが出動したことがある• 2017年12月11日、白井家のヤギに野菜を食い荒らされ、苦情を言いに行くと、大型犬のトーマスに右腕を噛みつかれ、数針縫った。 事件から4ヶ月後、治療費2万円とお詫びの手紙が同封された封筒が届いた• 以前にもトーマスは噛みつき事件を起こしており、浜松市と処分について話し合われたことがある• バレンタインデーに、長男の鴻明さんが、白ヤギの体にスプレーでハートマークの落書きをした• 亡くなった愛馬・フルハートを自宅で解体した疑惑• 愛犬・トーマスが、グレーのモルモット(おもち)を咬傷し、次男・迅さんが裏庭に埋葬。 しかし、『志村どうぶつ園』に、よく似たモルモットが何事もなかったように登場した。 一連の出来事に疑問を抱いたボランティアに、すべてを公表される 流石に、トラブルとしては多過ぎます。  『志村どうぶつ園』で白井家が放送中止になる? 長男の鴻明さんは、記者に対して、「迷惑をかけた方たちには今すぐに謝りたい」と反省の弁を述べ、白井家の非を認めています。 また、母・由紀子さんは、鴻明さんによるヤギの落書きについては否定したものの、他のトラブルは概ね認めました。 日本テレビも、「事実でないことを放送していない」とのことなので、当面は、白井家の放送は続くでしょう。 しかし、今後もトラブルが続くようだと、『志村どうぶつ園』から白井家の放送が消えてもおかしくありません。 番組を観ていても、次から次へと動物を飼い、確実に個人で飼えるキャパシティを超えているので、余裕を持って飼える数に留めていただきたいものです。 今後も『志村どうぶつ園』で白井家と動物たちの姿が見られるように、改善を望みます。

次の