阪神 井上。 “履正社初優勝の立役者”阪神・井上 後輩にエール「先の目標に向かって突き進んで」― スポニチ Sponichi Annex 野球

阪神期待のスラッガー・井上広大(履正社出身)はドラフト制以後球団初の高卒生え抜き右打者の30本塁打超を目指す(高校野球ドットコム)

阪神 井上

こんにちは、今回は阪神タイガース2019ドラフト評価をしていきたいと思います。 ドラフト1位は甲子園を沸かせた星稜・奥川恭伸投手を指名するもハズレ。 ハズレ1位で単独で西純矢投手を指名しました。 ハズレ1位はソフトバンクが佐藤直樹外野手に行ったり、東北楽天が小深田選手に行くなど野手の評価が高騰していました。 それが故にハズレでも単独になりましたが、西投手は2018年の吉田輝星投手よりも素材としては上でしょう。 佐々木と奥川が凄すぎましたね。 また、2位で獲るはずだった小深田選手を楽天に獲られた結果、その場で矢野監督が編成を説得します。 そして、実現したのが阪神にとっては珍しい高卒ドラフト。 2軍でずっと監督をしていて若い選手がいない惨状を知っている矢野監督だからこそできた提言でしょう。 それでドラフト会議の会場で舵を切ったフロントも凄いです。 しかし、場当たり的な印象は否めない(事前の指名シミュレーションができない)ので、そのあたりはマイナス。 それでも、長年の方針を変更したのは素晴らしいことだと思います。 ロマンある履正社井上広大選手、佐々木、奥川、西と並んで「高卒BIG4」と呼ばれた横浜高校及川雅貴といった「当たればエースや4番クラス」を獲得しました。 4位の東海大相模遠藤選手や、5位の中京大中京藤田選手も有名だった選手。 2018年の日本ハムドラフトのようなミーハードラフトですね。 6位の小川一平投手は唯一の大学生。 しかし、12球団から調査書が提出されたように非常に将来性が高いと見られていた投手です。 4位ぐらいで消えると思っていたので美味しいでしょう。 詳しいレビューをしていこうと思います。 Table of Contents• 1位の創志学園・西純矢投手は西勇輝投手の遠縁。 環境的にも阪神は良い。 打撃も期待。 同じく高卒ドラフト1位右腕として入団した藤浪晋太郎投手。 2019にはとうとう移籍する噂が。 本人がトレード志願している? オリックスから阪神へ移籍し2019は獅子奮迅の活躍をした西勇輝投手は、ドラフト1位西純矢投手の遠いいとこだとか。 西投手からサポートをしてもらえる環境ですし、間違いなくプラスでしょう。 ただし、少し精神面のもろさがあるので阪神のマスコミやファンの温かくも厳しい声援(ヤジ)に耐えられるか。 藤浪投手のようにならないことを祈ります。 ただし、素質は親戚の現阪神のエース格である西投手以上。 似ているタイプで言えば、元広島カープ現ドジャースのマエケンこと前田健太投手でしょう。 野手としても打力が高いところも似ていますね。 U18日本代表でも打ちまくっていました。 身体能力抜群で、あらゆる野球の才能に恵まれています。 2位の履正社井上広大選手は阪神待望のスラッガー候補。 4位東海大相模遠藤選手もスラッガー候補で競争か?5位藤田選手は堅実な捕手。 夏の甲子園を制した履正社の主砲・地元の井上広大選手をドラフト2位で指名したのは阪神にとってはかなり大きな変化でしょう。 何故か甲子園のスター野手をあまり獲ることが無かった阪神。 上位は大学生や社会人のコネクションがある選手を選ぶことが多く、しかも1位で指名した選手と同じ所属チームからの指名することも多く合理的とは言いにくい指名でした。 方針転換したことは素晴らしいです。 ただし、活躍するとは限らないですが。 活躍しなくても、継続して同じスケールの大きい野手を指名すればリスクは均されて結果が出るようになるでしょう。 そこまでマスコミやファンの意見を退けて我慢ができるかです。 井上のような打つしか長所のない外野手が2位で指名されるのは今までの常識を考えれば異例です。 巨人の岡本和真選手の成功が後押ししているでしょう。 甲子園では奥川や津田学園・前(オリックスドラフト4位)など好投手を打ち砕き、主人公のような活躍を見せた井上ですが、やはりリスクはあります。 走塁と守備に関しては期待できないだけに、打力が無いと一軍にいられません。 大山に右打ちを指示していたような首脳陣のままでは絶対育たなかったでしょう。 井上は同じ右の大砲である中日ドラフト1位で3球団競合の石川昂弥と比べると、ミート力や選球眼には圧倒的な差があります。 飛距離だけは勝るとも劣らないですが。 オリックス2位の紅林と比べると打撃に安定性はありますが、守備と守備位置に差があるので比べられないでしょう。 正直、プロで活躍するのはなかなかハードルが高い選手ではあります。 前評判を覆してほしいですね。 似たタイプで言えば、阪神ならば中谷選手でしょうか。 もう少し井上の方が打率は稼げると思います。 2019のような目玉以外は不作の年はこんな当たれば大きい博打を打つのは戦略としては好ましいです。 4位の遠藤選手はショートを守り、高校通算40ホームランを超える大砲候補。 しかし、左打者に地獄の甲子園本拠では才能を発揮するのは難しいか。 また、実際はサードかセカンドを守ることになるでしょう。 この手の選手を育てられれば阪神はだいぶ強くなりますが、難しそうです。 左打者地獄の甲子園でなくても、育成は難しいタイプです。 5位の藤田選手は高校レベルならキャッチング、肩ともに抜けていますが、プロだとあまり特徴のない捕手になりそうです。 ドラフト3位横浜高校及川雅貴は左腕育成得意の阪神にぴったり。 6位の小川一平も良い指名。 逆に投手の指名はロマンに偏っていても、野手と違って面白い。 投手の育成は定評がある阪神ですし、甲子園という投手有利球場が守ってくれますからね。 及川は素晴らしい才能を持ちながらも横浜高校の指導が合わなかったのかフォームが崩壊して平凡な投手になっていました。 しかし、素質で言えば佐々木や奥川と並ぶような選手なんですね。 左で150キロを超える球を連発できるような素材です。 現マリナーズの菊池雄星投手になれる逸材でしょう。 亜細亜大学から2017ドラフト2位で阪神に入団した高橋遥人のようなノーコン投手も戦力にしていますし、中継ぎでは島本や岩崎といった投手を育成しています。 及川にとってもいい球団ではないでしょうか。 楽天の松井のようなクローザーとして育てるのも面白いと思います。 直球とスライダーのキレは似ています。 チェンジアップを覚えれば鬼に金棒でしょう。 ただし、フォームを一から作り直す必要があるので時間はかかるでしょう。 リスクがあるのは間違いないので、絶対活躍とは言えません。 しかし、素材で言えばドラフト1位の西投手を上回っていると個人的には思っています。 6位の小川一平投手は将来性の高い投手です。 カットボール、チェンジアップというプロでも通用しそうな変化球を持っています。 球種が少ないので中継ぎ向きそうですが、じっくりと先発としてスケールの大きな投手になるように育成するのがいいかもしれません。 化ければエース格になれるような素材ですが、故障や大舞台で投げていない経験不足が足を引っ張らないといいですね。 6位で獲得できたのであれば、かなり良いでしょう。 唯一の大学生投手ですが、高卒選手と変わらずロマン選手ですね。

次の

阪神D2・井上、臨時コーチの和田TAから絶賛「力のある新井さん」 (1/2ページ)

阪神 井上

経歴 [ ] 2年で「ANTブルージェイズ」に入団しを始め 、時代から野球に転向し「東大阪シニア」でプレー。 主に捕手を務めていた。 に進学後、外野手として1年夏からベンチ入り。 「6番・右翼手」として先発出場した2年夏の準決勝では 、、らを擁するに対して1点リードで9回を迎えるも2死走者なしから逆転負けを喫し出場を逃した。 新チームとなった2年秋から4番に座り 、3年春のに出場。 しかし、初戦の戦でに4打数0安打2三振と抑え込まれ、チームも奥川に計17三振を奪われて完封負けを喫した。 その後、不振から下位打線への降格なども経験したが 、再び4番として迎えた3年夏の大阪大会では7試合で打率. 407、4本塁打の活躍でチームを初の甲子園春夏連続出場へ導くと 、でも26打数10安打の打率・385、3本塁打、14打点を記録。 星稜との決勝戦では奥川から3ラン本塁打を放つなどの活躍で、選抜の雪辱を果たすとともに履正社初の甲子園優勝に貢献した。 高校通算49本塁打。 2学年上にがいる。 にて、から2巡目指名を受けた。 契約金6000万円、年俸720万円で仮契約(金額は推定)。 背番号は 32。 選手としての特徴 [ ] 身長187cm、体重97kgと恵まれた体格に 、高校通算49本塁打を誇るパワーが持ち味の右打の長距離打者。 遠投115m、50m走は6秒3。 詳細情報 [ ] 背番号 [ ]• 32 (2020年 - ) 脚注 [ ]• Sponichi Annex 2019年12月3日• Full-count 2018年8月30日• COM 2019年10月22日• web Sportiva 2019年8月21日• デイリースポーツonline 2019年11月5日• デイリースポーツonline 2019年12月2日• 日刊スポーツ 2019年10月21日• デイリースポーツonline 2019年10月21日• デイリースポーツonline 2019年10月21日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

井上一樹一軍打撃コーチ就任会見|球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト

阪神 井上

プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、阪神が2位で履正社の井上広大外野手(18)を指名。 交渉権を獲得した。 初の全国制覇を成し遂げたチームの4番として、星稜・奥川から本塁打を放ったスラッガー。 母・貴美さん(51)と岡田龍生監督(58)にプロ入りの希望を伝えたのは、夏の大阪大会開幕前だった。 岡田監督の「行くなら甲子園に出て、ホームランを打って結果を出すしかない」との高い注文に、大阪大会4本塁打でチームを初の春夏連続出場へ導き、甲子園でも26打数10安打の打率・385、3本塁打、14打点で応えた。 決勝で奥川からバックスクリーン左に放った3ランはプロのスカウト陣にも衝撃を与えた。 1回戦でも今秋ドラフト候補の霞ケ浦・鈴木寛のスライダーを左翼ポール際に運び、3回戦・高岡商戦では技巧派右腕の荒井から左中間席にたたきこんだ。 夏の甲子園で最もブレークした打者に井上は挙げられる。 南郷小2年からソフトボールを始める。 南郷中では東大阪シニアに所属し捕手。 履正社では外野手として1年夏からベンチ入りし2年秋から主に4番。 遠投115メートル、50メートル走6秒3。 1メートル87、94キロ。 右投げ右打ち。

次の