グーグル クラスルーム 限定 コメント。 Google+の限定公開について気をつけるべきこと。:見て歩く者 by 鷹野凌

学習管理サービス「Google Classroom」で先生と生徒のやり取りが簡単になる

グーグル クラスルーム 限定 コメント

Googleフォームによるオンラインテストに記述式問題を加える事ができるようなりましたので、さっそくやってみました。 問題作成画面。 解答集を作成をクリックすると生徒へのフィードバックの文面と得点を設定できる。 配点も調整できる。 記述式の問題は、後から個別の生徒ごとにフィードバックができるようになってます。 ここでは配点だけをセットしておきます。 記述式のテストは後から先生が手動で得点とコメントを付けられるようになりました。 1発勝負のテストにするか、合格するまで何度もやって良いテストにするかも選択できます。 メールで結果を返信する場合GAFEアカウント(自校のドメイン)にログインする必要がある。 また、テストタブでは、「テストにする」をオンにし、「確認後に手動で表示する」を選びます。 テストを回収後、採点結果を送信するオプションを選べる。 クラスの生徒をGoogleグループでまとめて配信もできます。 メールでテストフォームを生徒に送信 生徒は届いたメールの「フォームに記入」からテストフォームへ進みます。 「フォームに記入」をクリックし、テストへ。 必須にすると、答え漏れがあると、送信されずに赤枠表示で教えてくれます。 テストフォーム 問題に答えたら送信。 一人ひとりの回答結果が表示されます。 選択問題は正答に照らし合わせ自動的に正誤が判定されています。 赤色が間違い。 緑色が正解。 記述式の問題は、先生が得点を記入し(部分点あり)、フィードバックを編集します。 「保存」ボタンを押すのを忘れずに。 個別の生徒への記述式の得点およびフィードバックを記入した後、概要タブをクリック、スコア獲得のブロックのスコアの通知リンクをクリックします。 回答者のメールアドレスが一覧となり、チェックをつけた生徒にメールで結果を通知することができます。 メッセージを書き(任意)、生徒に結果を通知します。 結果の詳細は、「表示」ボタンを押す 回答結果の詳細を見ることができる。 以前はGoogleシートのアドオンであるを使って、自動採点、集計、結果通知をやっていましたが、Googleフォームだけでも十分に利用できるオンラインミニテストになったと思います。 記述式に対応できるようになったことで、利用できる教科が随分と広がるような気がします。

次の

グーグルクラスルームでN1を目指す!N1 Project 始めました。

グーグル クラスルーム 限定 コメント

Googleフォームによるオンラインテストに記述式問題を加える事ができるようなりましたので、さっそくやってみました。 問題作成画面。 解答集を作成をクリックすると生徒へのフィードバックの文面と得点を設定できる。 配点も調整できる。 記述式の問題は、後から個別の生徒ごとにフィードバックができるようになってます。 ここでは配点だけをセットしておきます。 記述式のテストは後から先生が手動で得点とコメントを付けられるようになりました。 1発勝負のテストにするか、合格するまで何度もやって良いテストにするかも選択できます。 メールで結果を返信する場合GAFEアカウント(自校のドメイン)にログインする必要がある。 また、テストタブでは、「テストにする」をオンにし、「確認後に手動で表示する」を選びます。 テストを回収後、採点結果を送信するオプションを選べる。 クラスの生徒をGoogleグループでまとめて配信もできます。 メールでテストフォームを生徒に送信 生徒は届いたメールの「フォームに記入」からテストフォームへ進みます。 「フォームに記入」をクリックし、テストへ。 必須にすると、答え漏れがあると、送信されずに赤枠表示で教えてくれます。 テストフォーム 問題に答えたら送信。 一人ひとりの回答結果が表示されます。 選択問題は正答に照らし合わせ自動的に正誤が判定されています。 赤色が間違い。 緑色が正解。 記述式の問題は、先生が得点を記入し(部分点あり)、フィードバックを編集します。 「保存」ボタンを押すのを忘れずに。 個別の生徒への記述式の得点およびフィードバックを記入した後、概要タブをクリック、スコア獲得のブロックのスコアの通知リンクをクリックします。 回答者のメールアドレスが一覧となり、チェックをつけた生徒にメールで結果を通知することができます。 メッセージを書き(任意)、生徒に結果を通知します。 結果の詳細は、「表示」ボタンを押す 回答結果の詳細を見ることができる。 以前はGoogleシートのアドオンであるを使って、自動採点、集計、結果通知をやっていましたが、Googleフォームだけでも十分に利用できるオンラインミニテストになったと思います。 記述式に対応できるようになったことで、利用できる教科が随分と広がるような気がします。

次の

Googleフォームの使用方法を徹底解説|ferret

グーグル クラスルーム 限定 コメント

この設定のままになっていれば、あとはサークル関係に準拠します。 ボクがサークルに入れている人のうち誰かが1人でも(2)をサークルに入れ、それをプロフィールで公開していれば、(2)に通知が届きます。 もちろん(2)の設定が [全ユーザー] になっていれば、(2)にはどんな通知も届きます。 逆に、(2)の設定が [あなたのサークル] になっていれば、(2)はボクをサークルに入れていないので、ボクから(2)への通知は届かなくなります。 ただし、もし(2)の [あなたの一般公開の投稿にコメントできるユーザー] が、初期設定の [全ユーザー] のままになっている場合、ボクは(2)の一般公開投稿へコメントできますし、(2)にそのコメントの通知も届きます。 通知に関しては、無視すればいいので大きな問題ではないかもしれません。 でも、 ロックしていない投稿の場合、勝手に公開範囲を変えられてしまう危険性があります。 これはでも書いていることですね。 例えばさきほどボクが「テスト」サークルに送った投稿で、(1)が、ボクとは全く関わりの無い(3)へ@付きでコメントを送ったとします。 すると、(1)と(2)だけに限定公開したはずの投稿が、(3)にも公開されてしまいます。 これは再共有も同じことです。 ポイントは、 防ぐ手段があるのに使っていない以上、勝手に再共有されるたり公開範囲を変えられたとしても、泣き寝入りになってしまうのです。 要するに嫌な話ですが、「予防できるのに、しない奴が悪い」ということなのです。 さて、限定公開の仕様の話に戻ります。 この「テスト」サークルに、ボク自身が後から、今まで関わりの無かった(3)を入れたらどうなるでしょう? (3)のストリームには、過去に「テスト」サークル限定で公開した投稿は流れません(遡っても出て来ません)。 でも、(3)がボクの プロフィールページを見ると、過去 の投稿を見ることができます。 だから、もし仮にボクが過去に(3)の悪口を「テスト」サークル限定で言ったことがあったとして、それをすっかり忘れて(3)を「テスト」サークルに入れてしまったら、そして(3)がボクの過去発言を遡って確認したら、ボクが(3)の悪口を言ったことがバレます。 では、ボクが「テスト」サークルから(1)を外したらどうなるでしょう? (1)のストリームには、過去に「テスト」サークル限定で公開した投稿はそのまま残ります。 (1)をサークルから外しても、ボクの 過去発言は見られる状態のままなのです。 だから、もし仮にボクが、(1)にはもうボクの投稿を過去も未来も一切見せたくないということであれば、ブロックするしかありません。 世の中には、マナーとかモラルという言葉をよく知らない人がたくさんいます。 例えば「マルチポストは Google の規約で禁止されていないからスパム行為ではない」という強弁をするような人もいるのです。 ここまで述べてきたような限定公開の機能をしっかり理解していたとしても、人間だからうっかりミスというのもあり得ます。 ネット上でないしょ話は、極力避けた方が無難ですよ。 フリーライター/ブロガー。 寄稿先の詳細は当ブログの「」をご参照ください。 NPO法人日本独立作家同盟の理事長で、デジタル・ネットワーク技術による出版の革新活動をしています。 実践女子短期大学の非常勤講師として、デジタル出版論とデジタル出版演習を担当。 明星大学でデジタル編集論を担当。 小説・漫画・アニメ・ゲームなどの創作物、ボカロ・東方、政治・経済・国際関係などの時事問題、電子出版・SNSなどのIT関連、著作権、表現規制問題、天文・地球物理などの分野に興味があります。 プロフィール画像は樫津りんごさんに描いて頂いた架空のキャラクターです。 アイコン詐欺ですいません。 Twitter や Facebook などでも情報発信しているので、よかったらフォローしてください。 もっと見る 一部のみ表示.

次の