メンズ 髪型 ツー ブロック。 メンズのツーブロックおすすめの髪型とセット方法【ビジネスもOK】

自分でできるメンズツーブロックの切り方を詳しく紹介|メンズセルフカット.com

メンズ 髪型 ツー ブロック

出典 個性を出しつつ、いまどきのスタイルを取り入れたい人はソフトなツーブロックスタイルや、刈り上げもおすすめです。 しかし、ツーブロックはカットの仕方によっては、カジュアルすぎにみえてしまったり、個性的になりすぎてしまったりすることがあるので、ある程度万人受けが期待できて異性にも好評なスタイルにすることがポイントです。 パーマを取り入れ、カットの方法を工夫するとよいでしょう。 また、刈り上げもトレンドスタイルではありますが、刈り上げる範囲を少なめにすることで、よりソフトでビジネスマン風にも仕上げることが可能です。 ツーブロックと刈り上げのバランスや、それぞれの顔の形、雰囲気、髪質をみながら似合う髪型を見つけていきましょう。 ベースのツーブロックスタイルが決まったら、あとは少し自己主張するためにワックスなどでアレンジしていくとよいです。 刈り上げとツーブロックにパーマを合わせるジェントルスタイル 出典 メンズの髪型で人気のツーブロックと刈り上げを取り入れたいときは、髪質にあわせてパーマを検討してみるとさまざまな雰囲気にアレンジすることができます。 例えば、顔のサイドのところまで刈り上げ、それ以外の部分はショートレイヤーをいれ動きをつけて、軽めに仕上げます。 前髪あたりを立ち上げるようにすると、横に広がりにくい髪型になります。 さらに、髪質にもよりますがレイヤーをいれても髪に動きが出ないときには毛先にピンパーマをかけるとよいでしょう。 まとまりにくい髪質にはニュアンスパーマなどがおすすめです。 パーマでベースの動きをつけたら、ワックスでスタイリングに個性を出しましょう。 AXE『カジュアルコントロール パティワックス』は、髪の毛の流れを自然に作れるファイバースタイリング成分が配合されたワックスです。 よく伸びてホールド力もありますが、手直しも気軽にすることができます。 最後にハードスプレーでスタイリングします。 出典 少し男性らしい雰囲気を出したいときには、ツーブロックとオールバックの組み合わせがおすすめです。 プライベートではちょい悪風にスタイリングすることもできますし、ビジネスマン風にもアレンジ可能です。 サイドと後ろの部分にツーブロックをいれることですっきりとしたスタイルに仕上がります。 さらに、個性を出したいときにはパーマをかけてもよいでしょう。 さまざまなシチュエーションにあわせてアレンジするには自分にあったワックスを選ぶとよいです。 オールバックのセット方法は、ドライヤーで髪の毛を後ろに流すようにします。 完全に髪が乾燥する前にワックスをつけて、形を整えていきます。 AXE『デフィニティブホールドマッドワックス』は、髪の毛を強力にホールドするクレイワックスです。 髪の毛全体に使うとシルエットを整えてくれ、マットでナチュラルな雰囲気に仕上がります。 ホールド力もあるので、髪の毛の立ち上げもしっかりできます。 細かなニュアンスを出すこともできるでしょう。 出典 爽やかなモテ髪にしたいときには、ツーブロックのショートヘアがおすすめです。 ポイントとしては、前髪を少し長めにすることです。 このようなスタイルは個性的になりすぎず、就活中の人であっても好印象になるでしょう。 ビジネスの場でも自然にマッチする可能性が高いです。 パーマは特にかけずに、髪の毛全体をショートレイヤーでカットしていきます。 サイドは少し深めにすっきりと刈り上げますが、襟足にむかっては浅めにツーブロックをいれていくスタイルです。 より爽やかな雰囲気にしたいときは、サイドを長めにして耳にかけるようにするとよいでしょう。 セットの方法は、前髪に自然な動きが出るようにドライヤーをかけます。 ワックスは前髪の毛先よりも根元に多くつけるようにします。 AXE『ナチュラルポリッシュ アクアジェリー』は、髪の毛をホールドする力が強いだけでなく、自然な仕上がりが魅力です。 ノンオイルアクアベースで、トリートメント成分が配合されているので、べたつかず髪の毛に自然になじみます。 出典 サイド、バックを刈り上げて、トップを片方に全部流すヘアスタイルです。 ニューヨークなど海外で流行しているメンズヘアなので、この髪型にスーツを合わせれば、外国人相手に仕事をこなすビジネスマンような「デキる男性」の雰囲気を作ることができます。 髪を横に流すことによって躍動感のある印象を与えるのが特徴です。 刈り上げが目立つのに抵抗がある場合は、トップからサイド、バックにおろす髪を長めにすることで刈り上げを隠すことができます。 整髪料でツヤを与え髪の流れをしっかりとタイトに仕上げることによって、クラシカルで大人な空気感を出すことが可能です。 刈り上げているため髪の重さを感じさせないのもポイントといえます。 クラシックな髪型は、サイドやバックを短め、または刈り上げにすることよって、今風の雰囲気を出すことができるでしょう。 スーツが似合うクラシックな髪型にはツヤ感のあるスタイリングがおすすめ! 出典 ゆるっとした服装に合わせるならマッシュヘアがおすすめです。 都会的なイメージのマッシュヘアはゆるいシルエットの洋服と相性抜群の個性的なヘアスタイル。 黒髪からハイトーンカラーまで、髪色ごとに異なった印象を楽しめます。 また、パーマヘアと合わせるとかわいい印象になり、こちらもおすすめです。 マッシュスタイルには強力なスタイリング剤は必要ないため、ソフトワックスなどを手に取り毛流れを整えるイメージで軽く髪を整えます。 まるいシルエットに仕上げて完成です。 こなれ感のあるウルフカット ウルフカットは20代の男性におすすめのヘアスタイルです。 活発なエネルギーを感じるこちらのヘアスタイルは、茶髪に合わせるとこなれ感がでておすすめです。 男らしさもありつつ優しい印象もあるこちらのヘアスタイルは、カジュアルな服装と合わせるのがおすすめです。 トップはふんわりと、サイドはボリュームを抑えるようにブローをかけたら、ハードワックスを手に伸ばして髪を握るように掴んで毛束を作っていきます。 トップの立ち上がりは部分的にヘアスプレーを使うとしっかりと髪を立ちあげられます。 ダンディなイメージのソフトモヒカン 出典 ソフトモヒカンは男の色気があふれるダンディなヘアスタイルです。 前髪を上に吹き上がらせるようにセットすることで、ワイルドさを演出できます。 ストレートヘアだと男らしさ満点に、パーマヘアに合わせると若々しい印象に仕上がります。 また、ソフトモヒカンはトップとサイドの毛の長さの差で印象が大きく異なります。 トップの毛を長くすればするほどムードのあるヘアスタイルになりますよ。 ドライヤーの段階で前髪とトップの毛をできるだけ真上に立ち上げます。 このときサイドの毛はボリュームを抑えるようにしておきます。 8割ほど乾いたらジェルワックスを手に取り、トップを立ちあげ、サイドは毛束を作るようにまとめて完成です。 大人っぽい髪型が女子ウケ抜群.

次の

【メンズ髪型】ツーブロック×ベリーショート特集!短髪好き集まれ

メンズ 髪型 ツー ブロック

出典 個性を出しつつ、いまどきのスタイルを取り入れたい人はソフトなツーブロックスタイルや、刈り上げもおすすめです。 しかし、ツーブロックはカットの仕方によっては、カジュアルすぎにみえてしまったり、個性的になりすぎてしまったりすることがあるので、ある程度万人受けが期待できて異性にも好評なスタイルにすることがポイントです。 パーマを取り入れ、カットの方法を工夫するとよいでしょう。 また、刈り上げもトレンドスタイルではありますが、刈り上げる範囲を少なめにすることで、よりソフトでビジネスマン風にも仕上げることが可能です。 ツーブロックと刈り上げのバランスや、それぞれの顔の形、雰囲気、髪質をみながら似合う髪型を見つけていきましょう。 ベースのツーブロックスタイルが決まったら、あとは少し自己主張するためにワックスなどでアレンジしていくとよいです。 刈り上げとツーブロックにパーマを合わせるジェントルスタイル 出典 メンズの髪型で人気のツーブロックと刈り上げを取り入れたいときは、髪質にあわせてパーマを検討してみるとさまざまな雰囲気にアレンジすることができます。 例えば、顔のサイドのところまで刈り上げ、それ以外の部分はショートレイヤーをいれ動きをつけて、軽めに仕上げます。 前髪あたりを立ち上げるようにすると、横に広がりにくい髪型になります。 さらに、髪質にもよりますがレイヤーをいれても髪に動きが出ないときには毛先にピンパーマをかけるとよいでしょう。 まとまりにくい髪質にはニュアンスパーマなどがおすすめです。 パーマでベースの動きをつけたら、ワックスでスタイリングに個性を出しましょう。 AXE『カジュアルコントロール パティワックス』は、髪の毛の流れを自然に作れるファイバースタイリング成分が配合されたワックスです。 よく伸びてホールド力もありますが、手直しも気軽にすることができます。 最後にハードスプレーでスタイリングします。 出典 少し男性らしい雰囲気を出したいときには、ツーブロックとオールバックの組み合わせがおすすめです。 プライベートではちょい悪風にスタイリングすることもできますし、ビジネスマン風にもアレンジ可能です。 サイドと後ろの部分にツーブロックをいれることですっきりとしたスタイルに仕上がります。 さらに、個性を出したいときにはパーマをかけてもよいでしょう。 さまざまなシチュエーションにあわせてアレンジするには自分にあったワックスを選ぶとよいです。 オールバックのセット方法は、ドライヤーで髪の毛を後ろに流すようにします。 完全に髪が乾燥する前にワックスをつけて、形を整えていきます。 AXE『デフィニティブホールドマッドワックス』は、髪の毛を強力にホールドするクレイワックスです。 髪の毛全体に使うとシルエットを整えてくれ、マットでナチュラルな雰囲気に仕上がります。 ホールド力もあるので、髪の毛の立ち上げもしっかりできます。 細かなニュアンスを出すこともできるでしょう。 出典 爽やかなモテ髪にしたいときには、ツーブロックのショートヘアがおすすめです。 ポイントとしては、前髪を少し長めにすることです。 このようなスタイルは個性的になりすぎず、就活中の人であっても好印象になるでしょう。 ビジネスの場でも自然にマッチする可能性が高いです。 パーマは特にかけずに、髪の毛全体をショートレイヤーでカットしていきます。 サイドは少し深めにすっきりと刈り上げますが、襟足にむかっては浅めにツーブロックをいれていくスタイルです。 より爽やかな雰囲気にしたいときは、サイドを長めにして耳にかけるようにするとよいでしょう。 セットの方法は、前髪に自然な動きが出るようにドライヤーをかけます。 ワックスは前髪の毛先よりも根元に多くつけるようにします。 AXE『ナチュラルポリッシュ アクアジェリー』は、髪の毛をホールドする力が強いだけでなく、自然な仕上がりが魅力です。 ノンオイルアクアベースで、トリートメント成分が配合されているので、べたつかず髪の毛に自然になじみます。 出典 サイド、バックを刈り上げて、トップを片方に全部流すヘアスタイルです。 ニューヨークなど海外で流行しているメンズヘアなので、この髪型にスーツを合わせれば、外国人相手に仕事をこなすビジネスマンような「デキる男性」の雰囲気を作ることができます。 髪を横に流すことによって躍動感のある印象を与えるのが特徴です。 刈り上げが目立つのに抵抗がある場合は、トップからサイド、バックにおろす髪を長めにすることで刈り上げを隠すことができます。 整髪料でツヤを与え髪の流れをしっかりとタイトに仕上げることによって、クラシカルで大人な空気感を出すことが可能です。 刈り上げているため髪の重さを感じさせないのもポイントといえます。 クラシックな髪型は、サイドやバックを短め、または刈り上げにすることよって、今風の雰囲気を出すことができるでしょう。 スーツが似合うクラシックな髪型にはツヤ感のあるスタイリングがおすすめ! 出典 ゆるっとした服装に合わせるならマッシュヘアがおすすめです。 都会的なイメージのマッシュヘアはゆるいシルエットの洋服と相性抜群の個性的なヘアスタイル。 黒髪からハイトーンカラーまで、髪色ごとに異なった印象を楽しめます。 また、パーマヘアと合わせるとかわいい印象になり、こちらもおすすめです。 マッシュスタイルには強力なスタイリング剤は必要ないため、ソフトワックスなどを手に取り毛流れを整えるイメージで軽く髪を整えます。 まるいシルエットに仕上げて完成です。 こなれ感のあるウルフカット ウルフカットは20代の男性におすすめのヘアスタイルです。 活発なエネルギーを感じるこちらのヘアスタイルは、茶髪に合わせるとこなれ感がでておすすめです。 男らしさもありつつ優しい印象もあるこちらのヘアスタイルは、カジュアルな服装と合わせるのがおすすめです。 トップはふんわりと、サイドはボリュームを抑えるようにブローをかけたら、ハードワックスを手に伸ばして髪を握るように掴んで毛束を作っていきます。 トップの立ち上がりは部分的にヘアスプレーを使うとしっかりと髪を立ちあげられます。 ダンディなイメージのソフトモヒカン 出典 ソフトモヒカンは男の色気があふれるダンディなヘアスタイルです。 前髪を上に吹き上がらせるようにセットすることで、ワイルドさを演出できます。 ストレートヘアだと男らしさ満点に、パーマヘアに合わせると若々しい印象に仕上がります。 また、ソフトモヒカンはトップとサイドの毛の長さの差で印象が大きく異なります。 トップの毛を長くすればするほどムードのあるヘアスタイルになりますよ。 ドライヤーの段階で前髪とトップの毛をできるだけ真上に立ち上げます。 このときサイドの毛はボリュームを抑えるようにしておきます。 8割ほど乾いたらジェルワックスを手に取り、トップを立ちあげ、サイドは毛束を作るようにまとめて完成です。 大人っぽい髪型が女子ウケ抜群.

次の

【メンズ髪型】ツーブロック×ベリーショート特集!短髪好き集まれ

メンズ 髪型 ツー ブロック

お店に来る学生さんたちで、「刈り上げやツーブロックはしないで、短くしてください。 」という注文が非常に多いです。 スタイル写真を見せてくれる学生さんもいます。 しかし、明らかに刈り上げているスタイルもありましたね。 その画像を見たときはなんでだろう?と思いました。 詳しく聞いてみると、 「校則で刈り上げやツーブロックはダメ」だということでした。 でも、坊主やソフトモヒカンはオッケーという場合があります。 ボウズもソフトモヒカンも立派な刈り上げですよ。 現にしている学生もいますしね。 何が良くて、何が悪いのかよく分かりませんよね。 まぁ、校則なので仕方がありません。 しか~し、 長い髪も印象が悪い為ダメ。 爽やかに短く刈り上げやツーブロックもダメ! いったいどうすればいいのでしょうか? 僕は刈り上げやツーブロックのほうが爽やかで印象が良いと思いますね。 そこで今回、校則で刈り上げとツーブロックが禁止について考えてみました。 ついでに、これなら大丈夫というスタイルも提案したいと思います。 コンテンツ• 中高生の髪型で刈り上げとツーブロックがなぜダメなのか? 校則で刈り上げやツーブロックがダメな理由は、一つだと思いますね。 それは、 流行りの髪型だから。 僕が学生の頃は長いスタイルの髪型が流行っていました。 特に襟足が長いウルフカットが流行っていましたね。 分かりやすく言うと、「ベッカムヘア」です。 なので、当時襟足が長いと「短くしてきなさい。 」といわれた方が多いと思います。 今は、海外でBARBERスタイルが定番スタイルとして定着し、ここ日本にも広がりつつあります。 前回のWカップでもBARBERスタイルの選手が多かったと思いますね。 流行りに敏感な学生ならやってみたいと思うでしょう。 短くて爽やか、手入れも簡単でだらしなく見えない。 なのに、流行りだからダメでは、納得いかないですよね。 では、なぜ校則でダメなのか?さらに詳しく見ていきますね。 刈り上げやツーブロックがダメなのは、 見え方に問題があります。 刈り上げがダメな理由は? BARBERスタイルは極端に短く、地肌が見える長さから段々に長くしていく刈り上げの方法になります。 よって、色味が白から黒と差が激しいグラデーションになります。 こんな感じに なので、学校側はこれをすべて刈り上げと見てしまうのです。 確かにここまで短いと差が激しいため、奇抜に見えてしまいますよね。 ツーブロックはどうでしょう。 ツーブロックがダメな理由は? まずツーブロックとは、髪を2つに分け下半分を短くして、上半分は長めに残した髪型になりますね。 基本、下半分はバリカンを入れて短くしていきます。 ということは上の髪と下の髪の長さに差があるんですね。 さらに、昔は、耳上だけにツーブロックを入れるスタイルが多かったですが、今では後ろもツーブロック入れるスタイルがあります。 こんなスタイルになりますね。 ツーブロックでは、刈り上げる幅の広さで奇抜に見えてしまうことがあります。 こちらを見てください。 左は狭くツーブロックをした髪型で、右は広くツーブロックをした髪型になります。 どうでしょう?右のほうが奇抜に見えませんか? (カラーで奇抜に見えるかもしれませんね。 ) よってツーブロックは、広い幅で刈り上げてしまうと差が激しくなり、奇抜に見えてしまいます。 と言う事は、刈り上げもツーブロックも差が激しいと、校則でダメになっているのだと思いますね。 それと、刈り上げの長さですね。 3ミリ以下のクリッパーで刈り上げてしまうと、地肌が見え色の差が大きくなってしまいます。 刈り上げが黒く見えるくらいの長さ(厚さ)に設定すると、激しく見えませんね。 よって、ツーブロックは、刈り上げの幅と刈り上げの長さ(厚さ)で奇抜かナチュラルに見られるのです。 しかし、刈り上げにもツーブロックにも良い点があります。 剛毛・直毛・くせ毛・多毛の方には、刈り上げやツーブロックをする事で、収まりが良くなり爽やかに見えるんですよ。 人によって髪質が違いますので、刈り上げなくても収まりが良い髪質には無理に刈り上げやツーブロックは提案しませんね。 私たちもプロなので、スタイルによって刈り上げやツーブロックをしたほうが、見た目が良くなるので提案させていただくこともあります。 そこで校則違反にならないような髪型を教えていきますね。 刈り上げとツーブロックにしたい学生のためのスタイルは? 髪の長さに差があると奇抜になるということは、その逆にすればいいのですよ。 刈り上げなら6ミリ以上で差が激しくないグラデーション。 こんな感じや こんな感じ 人によっては、6ミリでも差が激しく見えてしまう方もいるので、そこは、理容師や美容師に相談してくださいね。 自分で判断すると失敗しますのでね。 ツーブロックなら6ミリ以上で幅を広くとりすぎない。 これでもダメと言われてしまう学生さんには、こちらはどうでしょう。 こんな感じですね。 こちらの髪型は、刈り上げ部分を見せないようなスタイルですね。 このツーブロックに関しては、あまり幅を広くしないほうがいいと思います。 もし、校則が厳しく直しなさいと言われてしまった場合、幅が広いと直しにくい為、全体に短くするしかなくなっしまうからです。 あとは、逆に全体に短くして、少しだけツーブロックにする方法もあります。 こちらは、ほとんど刈り上げで、サイドの前の部分だけに少しツーブロックされているスタイルになりますね。 トップも短めにすることで、ツーブロックというよりただのショートスタイルに見えます。 参考にしてくださいね。 では、最後にまとめていきます。 まとめ 今回は、中高生の髪型で刈り上げやツーブロックが、なぜダメなのかについて書いてきました。 刈り上げやツーブロックが校則でダメな理由として、• 刈り上げは、BARBERスタイル拡がりつつあり、海外での刈り上げのようなスタイルをすべて刈り上げと見てしまっている。 ツーブロックは、刈り上げる幅が広いスタイルをツーブロックとして見てしまっている。 そこで、• 髪の毛の長さの差をあまり激しくないように刈り上げやツーブロックをする。 ツーブロックの部分を見せない髪型や、全体に短くしてただのショートスタイルに見えるようにツーブロックをする。 刈り上げやツーブロックをしたからと言って、すべての刈り上げ、ツーブロックをダメというわけではないと思いますよ。 頑固な先生もいて、なかなかできない学校もあると思います。 そのときは、こちらが大人になってあきらめましょう(笑) それか、意地を張ってやり続けるかの2択です。 見た目で印象が良いか悪いかで判断してもらえると助かりますね。 なので、理容師や美容師に相談しながら、髪型を決めるのが一番ですよ。 奇抜に見えないような髪型にしてみましょうね。 では、また。

次の