蛇喰 夢子。 【賭ケグルイ考察】桃喰・百喰一族まとめ【画像あり】【ももばみ】

【蛇喰夢子、絶体絶命のピンチに】第4話・ドラマ「賭ケグルイseason2」を見逃し動画無料フル視聴しよう

蛇喰 夢子

Contents• 【第4話】ドラマ「賭ケグルイseason2」を見逃し動画無料フル視聴しよう!   動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 予想外の展開に驚愕する豆生田、観客席の鈴井(高杉真宙)、芽亜里(森川葵)、そして、夢子を生徒会長にするため、夢子VS会長の公式戦を望んでいた皇(松田るか)は激しく動揺する。 公式戦は家畜に与えられた唯一の権利で、挑まれた者に拒否権はない。 こうして、夢子と豆生田のギャンブルバトルが始まった。 公式戦に選ばれたゲームは「選択(チョイス)ポーカー」。 ジョーカーを除いた52枚のカードでおこなうポーカーで5枚の手札を一度きりチェンジし、役の優劣を競う。 ただし、このポーカーにはフォールもコールもなく、ベットとレイズのみ。 より多く金を積んだ者に選択の権利が与えられる。 つまりは大金を持つプレイヤーが圧倒的優位に立つゲームだ。 そして、豆生田が最初に購入したチップはなんと10億円分。 生徒会の会計として、莫大な資金を動かす豆生田に、夢子が勝てる可能性は皆無に思われたが・・・。 浜辺美波• 高杉真宙• 森川葵• 松村沙友理(乃木坂46)• 松田るか• 岡本夏美• 柳美稀• 小野寺晃良• 池田エライザ• 中村ゆりか• 三戸なつめ• 夢子も楓もお金をすごく持っていてビックリしました。 1枚1000万円とかヤバイと思います。 夢子が全部ベットしたのがとてもすごいと思います。 夢子が負けたのがとてもビックリしました。 資産の前には博才に長けた夢子ですら叶わなかった…と思われたが夢子の実力はそこではなかった。 資産を持った元ライバルをも手中にいれてしまう。 とにかく浜辺美波の演技力が光ってました。 敗北をしても先をみている表情。 妖艶さもしっかりでておりとても楽しめました。 そして、まだ賭け勝負の最中でしたが、賭けの試合にもかかわらずいろんな人物が会話に登場していたのも印象的でした。 ドラマ「賭ケグルイseason1」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ•

次の

Kakegurui

蛇喰 夢子

Contents• 【最終話・第5話】ドラマ「賭ケグルイseason2」を見逃し動画無料フル視聴しよう!   動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 国内有数のトイメーカーの社長を父に持つ彼女には潤沢な資金があるが、夢子に加担することは生徒会を完全に敵に回すことを意味する。 しかも、豆生田は皇を生徒会役員に推薦したかつての恩人であり、憧れの存在でもあった。 葛藤する皇に対し、豆生田は生徒会役員復帰を持ちかけ、揺さぶりをかける。 しかし、「己の価値を決めるのは皇さん自身」という夢子の言葉が彼女の背中を押す。 「私はあなたを見返してやる!」豆生田にそう言い放ち、皇は10億円分のチップを購入する。 浜辺美波• 高杉真宙• 森川葵• 松村沙友理(乃木坂46)• 松田るか• 岡本夏美• 柳美稀• 小野寺晃良• 池田エライザ• 中村ゆりか• 三戸なつめ• 見下す豆生田に対し、蛇喰は皇の財力をフル活用し狂気的なプレーを見せる。 しかし、少し無茶とも言えるそのプレーは皇の財力をも尽きさせる。 財力に限界を感じた皇は蛇喰の提案により、蛇喰の最後の一手に人生全てを賭け、自身の野心を奮い立たせ挑む覚悟を決める。 その直後、務めていたディーラーが仮面を破り生徒会長・桃喰綺羅莉が現れる。 蛇喰と皇に狂気を感じ一度は困惑の表情を見せた豆生田も自身の一手に人生を賭け挑む。 勝敗は蛇喰の戦略勝ち。 蛇喰が公式戦をしている中、姿を見せなかった早乙女芽亜里は、歩火樹絵里の元に居た。 早乙女は突如現れた男、村雨天音にある問いかけをされる。 豆生田との公式戦に勝利した蛇喰は、遂に桃喰との公式戦を宣言する。 浜辺美波さん演じる夢子が本当に狂っているというのが分かる話でした。 人に人生をかけさせるなんてすごいことを考えるもんだなと思いながら見ていました。 そのくるっている夢子を完璧に演じていた浜辺さんの演技力にも本当にびっくりすると同時に、波辺さんがまだ若いということがこれからどんな女優さんになるのかと本当に楽しみになりました。 賭ケグルイは出ているキャストの方はみんな若い方がとても多い印象だったのですが実際に見てみるとすごく豪華なキャストの方だったので関心もしました。 中川大志さん演じる楓が自分に絶対の自信を持っていたのに夢子に負けて生徒会長という夢が潰えてしまったのと、すごく尊敬していた楓を皇が陥れ破滅へと向かわせるのは本当に切ないなと思いました。 狂った世界で本当に怖くなりますが、本当に面白いドラマでした。 ドラマ「賭ケグルイseason2」関連作品リンク• ドラマ「賭ケグルイseason1」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ•

次の

Kakegurui

蛇喰 夢子

この記事の目次• 「賭ケグルイ」蛇喰夢子 姉について 主人公・蛇喰夢子の姉について、現時点でわかっていることを調べました。 蛇喰夢子と姉の両親は物語に登場することなく既に他界をしている設定であり、姉妹2人で生活をしています。 しかし、蛇喰夢子の姉は作中では入院をしており、医療費は全額、夢子が負担して支払いをしています。 アニメでは入院しているシーンもカラーで表示されており、蛇喰夢子と同じストレートの黒髪、顔は写りませんでしたが、ベッドの上で寂しそうな背中を見せていました。 蛇喰夢子をはじめとした蛇喰家は、作中では大きな財閥の扱いで社会的地位が高い「百喰一族」の分家であり、非常にお金を持っているのでしょう。 (苗字に「喰」という文字があれば、百喰一族という設定です) 作中では明らかになっていませんが、蛇喰夢子がお金に苦労をしている様子はありません。 しかしながら、夢子は学校に通い、姉は病院で1人用の病棟で安静にしているため姉妹での会話は限られているものだと推測されます。 余談ですが、蛇喰夢子が最初に百花王学園に持ち込んだお金は、一千万円と作中では決して高額ではありませんでした。 この辺りは姉の医療費や入院費と関係しているのか否か、気になる部分でありますね。 蛇喰夢子の過去についてはこれから明らかになっていくと思われます。 「賭ケグルイ」蛇喰夢子 姉の正体 あと蛇喰夢子の姉も気になる…まだ1度も出てきてないけどもし登場することがあるなら衝撃的な展開が待ってると思う — ありりんご ar1isaku 蛇喰夢子の姉の正体は誰なのか。 名前などの詳細は明らかにされていないですが、ヒントになる要素はあります。 その一つが、 物語の2年前までは百花王学園に在籍をしていたということです。 「2年前」というのは、ちょうど現在の生徒会長・桃喰綺羅莉が、前生徒会長をギャンブルで打ち負かし、その座を手にした時期です。 桃喰綺羅莉は入学時から生徒会長の座を狙っており、ギャンブルという手法を学園に植え付けた張本人でもあります。 作中では3年性ですが、生徒会長になった当時は1年生でした。 物語が始まる2年前に、蛇喰夢子の姉が学園を去り、桃喰綺羅莉が生徒会長へ。 因果関係こそ明らかにされていませんが、 桃喰綺羅莉が打ち負かした前生徒会長が、蛇喰夢子の姉という可能性は考えられます。 蛇喰夢子の姉って二年前生徒会長だったのでは… — 響豆乳 アウラです。 時系列を整理すると、作中で蛇喰夢子が転校してきたのが2年生になった時です。 学年を表記すると、 ・蛇喰夢子の姉(退学?) ・桃喰綺羅莉(3年生) ・蛇喰夢子(2年生) ですね。 また、2年前は、 ・蛇喰夢子の姉(3年生?) ・桃喰綺羅莉(1年生) ・蛇喰夢子(中学3年生) と、なります。 ここから先は考察になりますが、蛇喰夢子が百花王学園に転入してきたのは、姉の仇を討ち、階級制度を解消して再び姉のいた頃の平和な学園の雰囲気に戻すためなのではないでしょうか。 すぐに転入しなかったのは、自らの姉を負かした相手にすぐに挑戦をしても負けてしまうから。 じっくりとギャンブルの腕を上げ、その上で桃喰綺羅莉が在籍している最後の年に転入をして、直接対決を狙ったのでは?と考えます。 「賭ケグルイ」蛇喰夢子 親指の指輪 直接的には関係ないですが、蛇喰夢子は左手の親指に指輪をしています。 なかなか高校生で左手の親指に指輪をするのは珍しいですね。 実は、指輪をする箇所にも心理的な要素が隠されており、左手の親指は2つのの意味があるようです。 ・信念を貫く ・目標を実現させる つまり、ギャンブルが好きで遊びに行っているように見せかけて、蛇喰夢子は何かしらの「目標」や「信念」があり、転入してきたと考えられます。 前述した「姉の仇打ち」というのは、「目標」や「信念」には十分なテーマですし、他にも何か学園に来た大きな理由があるかもしれません。 あえて左手の親指にはめているあたり、何かしらの意図が隠されているのでしょう。 今後の物語の展開に大きく注目していきたいですね。 まとめ 今回は賭ケグルイの蛇喰夢子の姉について調べてみました。 ・作中では蛇喰夢子の姉はきちんと登場していない ・2年前に桃喰綺羅莉に敗れた前生徒会長の可能性がある ・蛇喰夢子の左手親指の意図は姉に関する可能性がある 以上となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の