岡本社長 会見。 岡本社長(吉本)会見の日時と場所は?内容とYoutubeの配信チャンネルは?

上沼恵美子 吉本興業・岡本社長会見に触れ松ちゃん褒める「ホンマにあなたはすごい」

岡本社長 会見

7月22日には 岡本昭彦社長が会見を開き、一連の騒動について謝罪、2人への処分撤回などを発表するに至った。 当記事では、スーツ着こなし指南本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 』(CCCメディアハウス)の著者という立場から、この2つの謝罪会見を読み解いていきたい。 岡本社長が連発した「えっと~」に要注意 宮迫と亮の会見も、それを受けたかたちの岡本社長の会見も、おおむね服装に目立つ問題はなかった。 そして、どちらの会見も椅子での着席スタイルであり、これもいい選択だ。 過去にもさまざまな謝罪会見に触れてきたが、立ったままで体がふらふらと揺れているケースもあり、ユーチューバーの謝罪動画では普段の配信スタイルを適用してしまい「スーツ姿で絨毯の上にちょこんと正座している」というケースすらあった。 謝罪時に余計なノイズは不要であり、長机を用意し、椅子に着席するスタイルが無難だろう。 次に身のこなしの所作を見てみると、やはり舞台でもまれた宮迫と亮はうまい。 しっかり前を見据えるなど、簡単そうに見えて一般人がいきなりやろうとしても難しいことが自然にできていた。 2人にとっては皮肉だろうが、その落ち着いた様子に吉本の伝統の力を感じてしまったほどだ。 プロの芸人と比較するのは分が悪いが、岡本社長はどうだったか。 冒頭はずっと目を伏せ気味で原稿を読んでいたが、この「読む」は謝罪会見ではやってはいけない。 読むくらいなら、報道各社にファックスで送ったほうがいいだろう。 ただし、個別応答になると岡本社長も顔を上げていた。 また、岡本社長は「えっと~」が口癖のようで、会見でもちょくちょく出ていた。 謝罪会見に限らずプレゼンなどでもそうだが、特に言葉を発するときの癖は、本人はまったく気にならないが周りは気になってしまうものだ。 岡本社長に限らず、「えっと~」や「え~」が出てしまう人はとても多いので気をつけたい。 また、「要するに」と言いながら、その後がまったく要点になっていないビジネスパーソンを一度は見たことがあるだろう。 さらに、岡本社長は会見上で、吉本の所属タレントに対し「引退はさせないよ」「また報告するね」という言い方で伝えていたと説明したが、実際はこういう口調ではなかったはずだ。 本来の関西弁ではキツく聞こえてしまうため、全国に放送されることを考慮して標準語に変換したのだと推測するが、なぜか関西の人が語尾を標準語に変えようとすると、「よ」や「ね」を必要以上につけてしまい、気取っていたり子どもに話すような口調になったりしてしまうことがある。 しかし、これも失点というほどではないだろう(無理せず関西弁で話したほうがよかったと思うが)。 なお、岡本社長の会見では、前提となる進捗状況は弁護士に説明させたり、時系列を説明する資料は事前に配布したり、質疑応答にはほかの役員も同席させたりしており、これらの対応は良かったと思う。

次の

「社長自ら危機拡大」吉本社長会見、専門家はどう見た?:日経ビジネス電子版

岡本社長 会見

岡本昭彦社長の言い訳コメント まず驚いたのが、 パワハラ発言は冗談といったもの。 こちらです。 宮迫博之さん方と話されいた時は。 静観というと、全く動かない感じになると思うので、静観という言葉は使っていないと思います。 ただ、確認作業をしっかりしないととは思いました」 都合が悪い時に使う政治家のようなセリフですよね。 記憶にないという言い方は、都合が悪い時に使う と感じている人も多いようです。 言ったけど、認められないというような心理が あるのでは?と疑いたくなってしまいますね。 『全員連帯責任でクビにする。 身内感覚から言った 言ったか言ってないかで言えば YES言ったということですよね? YESという前に話された言葉が長かったですね・・・ 言ったのには理由があるということなのでしょうが、 見ている方からしたらYES or NO で答えていただき、 その理由、経緯をサクッと要点をまとめて話していただきたかったですね。。 それが事実です」 これも本当にこの意味なのか? と世間は思っているようです。 無理やり意味をつけたように感じますよね。 岡本昭彦社長が会見をした本当の理由とは? 今回行われた岡本昭彦社長の会見は残念という結果がネット上で漂っています。 そして、 岡本昭彦社長が会見を開いた理由は何なのか? 岡本昭彦社長が涙した時の言葉が さんまさんや松本さんから言われた時のことを 話している時でした。 それを見ると、 そんなことを言われた自分が情けなく涙したのか、 またはさんまさんや松本さんが言ってくれたことに 思うことがあり涙したように感じました。 今後の吉本興業のための会見なのか。。 今後の吉本興業に注目ですね。 また、2019年7月22日のスッキリで MCであり吉本興業所属の加藤浩次さんが 熱く語り、このまま何も変わらないようであれば 吉本興業をやめるまで言い切りました。 今回の吉本興業の会見を受け、 加藤浩次さんがどのような発言をするのか注目です。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

岡本社長(吉本)会見の日時と場所は?内容とYoutubeの配信チャンネルは?

岡本社長 会見

詰めかけた報道陣を前に黒のスーツで登場した岡本社長は宮迫さん、田村さんについて「同じテーブルで向き合い、彼らの思いに耳を傾け、解決策を考えたい」などと語った。 一方、詐欺グループと芸人を仲介したカラテカの入江慎也さん(42)については「処分を変えるつもりはない」と答えた。 辞任は否定し、自身と吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)については、それぞれ1年間減俸50%にすると語った。 さらに、反社会的勢力の介入を防ぐため、タレントが依頼された仕事をすべて会社に報告することなどを定めた「共同確認書」を作成すると説明した。 宮迫さん、田村さんらが、当初、「闇営業」での金銭受け取りを否定するウソをついたことが問題を大きくした。 一方で、2人が会見で明らかにしたパワーハラスメントとも受け取れる発言への岡本社長の釈明も注目された。 岡本社長は、謝罪会見を希望する田村さんらに「全員連帯責任、クビにする」などと言ったとされる点について、「僕としては身内感覚なことだが、相手には伝わらなかった、まったくもって僕の反省しなければならないことだ。 父親が息子に言う『勘当や』『ええかげんにせえ』という意味合いだった」などと説明。 また、「お前らテープ回してないやろうな」と言ったとされる点については「冗談だった」と述べた。 こうした点が企業のトップによるパワハラではないかとの質問には「家の中で怒っている感覚だったが、相手にそう感じさせたなら申し訳なかった」と語った。 また、金銭授受の発覚直後に吉本側が芸人らに「静観する」と発言した点については、同席した藤原寛副社長が「記憶が定かではない」としつつ、当時は、金銭授受があったかどうかの確認作業をしっかりやらなければいけなかった、という趣旨の発言をしたなどと説明した。 会見での説明には、岡本社長と宮迫さんや田村さんらの言い分とが食い違う点もあり、意思疎通、信頼関係を築けていないのではないかとの指摘も上がった。 岡本社長は「不徳の致すところ」と語る一方、辞任の考えはない点も強調した。 また、宮迫さんが会見で指摘した、芸人らが宴会に参加した振り込め詐欺グループの関連企業が関わるイベントに吉本興業も関わっていたのではないか、という疑いも釈明。 関連企業はイベントのスポンサーで、イベント主催者は反社会的勢力でないと確認したものの、スポンサーまではチェックしていなかったと説明。 岡本社長は「判断が甘かった面は否めない」と述べた。 会見は5時間を超え、質問と回….

次の