収束の目処が立たない 意味。 【コロナショック】ホテル業界の今後|アフターコロナに向けた動向と課題

「収束」と「終息」の違いと使い分けとは?宣言するのはどっち?

収束の目処が立たない 意味

新型コロナウイルスの世界的な流行は、国内旅行はもちろん海外旅行にも影響を与え、ホテル業界への影響は深刻です。 さらに東京オリンピックに向けホテルは建設ラッシュを迎えていたものの、東京オリンピックの延期が決まり自粛ムードが高まるにつれ、ホテルからは客足が遠のいているのが現状です。 本記事では、新型コロナウィルス流行前後のホテル業界を取り巻く環境を紹介しながら、ホテル業者がこの時期取り組むべきことや、収束後の見通しについて解説します。 新型コロナウイルスでホテル業界に打撃 新型コロナウイルスの流行はホテル業界に大きな打撃を与えています。 最初にコロナ前後で比較し、実際にどれほどの影響が出ているのか解説します。 コロナ以前のホテル業界 新型コロナウィルスが流行する前の数年間、東京オリンピック開催に向けホテル業界は建設ラッシュの真っ只中にありました。 東京だけでなく大阪や京都といった訪日外国人客に人気の都市では続々ホテルがオープンしています。 ホテルのタイプはビジネスホテルのような手軽に泊まれるものだけでなく、ラグジュアリーなホテルも多く建設されました。 新型コロナウイルス流行以前訪日外国人客は年々増え続けており、2018年には3,000万人を超えました。 急激な需要の高まりを受け、 政府が宿泊業に関する規制緩和を進めたことで、民泊やゲストハウスなどの新興宿泊施設が登場し、ホテル業界は競争が激化しました。 コロナショックの今 新型コロナウイルスの流行を受けホテル業界は苦境に立たされています。 4月7日に発令された緊急事態宣言はそれまでの自粛ムードを一層高め、休業や営業規模の縮小を決めるホテルが続出し、中には倒産した旅館やホテルもありました。 全国241のホテルが加盟している全日本シティホテル連盟は、136ホテルの協力のもと調査を実施しました。 この調査によると、 2020年2月の客室利用率の全国平均は69. 6%と前年に比べ13. 1%減となり、 同3月の全国平均客室利用率は32. 3%と、前年に比べ52. 7%も減少しています。 ホテル業者が今できること 新型コロナウィルスの収束の目処が立たない中、引き続き厳しい状況にあるホテル業界ですが、現在の状況だからこそできる対策や活用できる助成金があります。 本記事では3つのポイントに焦点を当て解説します。 営業中のコロナウイルス対策 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会などの業界団体が主体となり「宿泊施設における新型コロナウィルス対応ガイドライン」を発表し、新型コロナウィルス流行下でのホテルの対応について方針を示しています。 ガイドラインでは、基本原則として 対人距離の確保やマスクの着用、施設の消毒や換気、従業員の健康チェックの実施を呼び掛けています。 また、エリアごとにも詳しい対策が掲載されているのが特徴です。 ロビー、エレベーター、客室、食事関連といった顧客が利用するスペースだけでなく、 従業員休憩室といった従業員専用のスペースでの対策についても言及しています。 エリアごとの対策はさらに場面ごとに分けられ、それぞれに対する対策についても細かく掲載されています。 雇用調整助成金の活用 休業や営業規模を縮小しても固定費や人件費は払い続けなければなりません。 人件費が経費を圧迫することを防ぐために活用できるのが 雇用調整助成金です。 雇用調整助成金は、経済上の理由により事業活動を縮小せざるをえない状況に陥った事業主が申請できる助成金です。 従業員に対して休業や教育訓練、出向などの方法で従業員の雇用を継続した場合に、休業手当や賃金が助成されます。 現在新型コロナウィルスの影響を受け雇用調整助成金において特例措置が実施されており、 緊急対応期間である4月1日~6月30日は全国すべての業種の事業主に対象が拡大しています。 また、生産指標要件が1か月で5%以上の売上ダウンへと緩和されたり、雇用保険被保険者でない従業員の休業も対象に含めるなど、申請できる基準も緩和されています。 申請手続きも簡素化し、事業主の負担軽減が図られました。 広告費などの経費削減 売上が低迷し今後の先行きも不透明な今、事業を継続させるためにはオンライントラベルエージェント(OTA)などの広告費、販売促進費といった費用の可視化と削減を視野に入れなければなりません。 これまで活用していたさまざまな広告宣伝費の現状確認を行い、本当に必要な出費とそうでない出費を確認すると良いでしょう。 例えば現在は呼び込みが難しいのにも関わらず、インターネット広告などを継続して掲載し続けていないかなどを注目すると良いでしょう。 収束後どうなる? アフターコロナを見据え、今できる対策について紹介しました。 対策と同時に、実際に新型コロナウィルス収束後に旅行業界はどう変わっていくのか見通しを持つことが必要です。 訪日外国人がコロナ収束後に日本旅行を希望 現在大きな落ち込みが続くインバウンド業界ですが、収束後に日本旅行を希望する人は少なくありません。 同調査では、新型コロナウィルス流行中の状況下において「今は何も日本の旅行情報はいらない」と答えたのはタイ人で0. 9%、台湾人で1. 1%という結果になりました。 旅行ができない現状でも 約99%の人が日本の旅行に関する情報を求めており、その中でも観光スポット情報が求められています。 中国で実施された調査では、約79%もの人が収束後の旅行に対して積極であるという結果が出ています。 さらに 「新型コロナウイルス肺炎の終息後に行きたい国」として44%もの人が日本と答え、2位のタイを大きく引き離し1位となりました。 JATAが新型コロナ対策室を設置 日本旅行業協会(JATA)は新型コロナウィルスの流行を受け対策室を設置しました。 対策室では新型コロナウィルスに関する正確な情報の収集や公開、収束後の旅行のリカバリー策についての検討が行われます。 正確な情報を発信することで、真偽不明の情報により市場が過剰反応することを防ぐことが可能です。 今後は収束に向けた各フェーズで適切な対策を講じるほか、対人距離の確保や手洗いうがいといった防止策を通して一日も早い収束を目指しています。 その後は、観光庁や日本政府観光局(JNTO)とも協力し、 東京オリンピックに向け日本の安全性を伝えるプロモーションや大規模なリカバリーキャンペーンに取り組む考えであると発表しています。 万全のコロナ対策・収束後を見据えたプロモーションを 新型コロナウィルス感染拡大の影響によりホテル業界は苦しい状況に立たされていますが、雇用調整助成金の申請、経費の削減といった方法がこの状況を乗り越える契機となるでしょう。 日本旅行協会も対策に乗り出し、正確な情報発信やリカバリー策の検討がおこなわれる予定です。 政府とも協力し、旅行業界復興に向けて動き始めているといえます。 また2021年に東京オリンピックを控えている日本には他国と比べてアドバンテージがあることを強調する意見もあり、収束後のインバウンド回復に期待がされています。 一方で回復した需要に答えるためには、万全の感染予防対策が必要です。 今後の旅行では3密を避け、「安全」で「安心」な旅行が好まれるニーズに変化しています。 万全のコロナ対策や収束後を見据えたプロモーションを実践し、アフターコロナに備えることが重要です。

次の

「目処が立つ」と英語で言いたいときに使える4つのフレーズ

収束の目処が立たない 意味

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

「収束」と「終息」の違いと使い分けとは?宣言するのはどっち?

収束の目処が立たない 意味

「目処」の意味と使い方 「目処」の意味は「 目指すべきところ、おおよその見当、標的」です。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 「処」は音読みで「ショ」、訓読みで「おる・おく・ところ」と読みます。 「処」は「おる、場所」を意味します。 「目処」は何か物事を進めている上で向かおうとしている事柄、目標としている場所を表す場合に使います。 例えば、「10分を目処に小テストを行う」だったら「10分を目標にして、問題を解く」、「事件を片付ける目処が付く」だったら「事件を片付ける見当が付く」という意味になります。 言い回しとしては、 ・目処が立つ ・目処が付く ・目処を付ける などとなります。 「目処」は植物「メドハギ」からきていると言われています。 易占いで用いる竹棒にメドハギが使われていて、通称メドと呼ばれていました。 易占いが将来向かうべきところを表すことから、「メド」は「目標、見通し」を意味するようになりました。 例文 ・課題は今週中に提出しなければいけないが、未だに終わる目処が立たない。 ・イベントの開催は来年2月の実行を目処にして、計画を練ることにしよう。 ・夏休みが終わる直前になってやっと宿題が仕上がる目処が立って、安心した。 ・その問題については一向に収束の目処が立たず、関係者が困り果てている。 ・証言やアリバイから犯人の目処が付いたが、決定的な証拠がまだ見つかっていない。 ・長い間その事件について調査しているが、なかなか解決の目処が立たない。 「目途」の意味と使い方 「目途」の意味は「 目指すべきところ、おおよその見当、目標」です。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 「途」は音読みで「ト・ズ」、訓読みで「みち」と読みます。 「途」は「みち、いきさつ」を意味します。 「目途」は元々「 もくと」と読まれていましたが、今現在は「めど」という読みで、「目処」と同じように使われています。 「目途」は日常会話では「めど」と読むことが多いですが、政治家などが挨拶や演説をするときは「もくと」という読みで使うことが多いです。 「目途」は、お役所言葉として用いられています。 「目途」は達成するべき目的、物事を進める上で目指すべきところを表す場合に使います。 例えば、「準備が遅れていて、イベント開催の目途が立たない」といった場合は「準備が遅れていることが原因で、イベント開催の予定が分からないまま」という意味になります。 例文 ・11月の開店を目途に、それまでに完璧になるように作業を進めていく。 ・居残りで宿題を終わらせてもらうことにしたが、誰一人終了する目途が立たない。 ・1時間を目途に準備を進めるはずだったが、思っていたよりも結構時間がかかってしまった。 ・頼まれた資料は今週を目途に仕上げる予定だったが、一日かからず完成させることができた。 ・その俳優はスキャンダルが発覚したため自宅謹慎中で、未だに復帰の目途は立っていない。 ・先日お話しした件につきましては、25日ごろを目途に私の方までご回答ください。 「目処/目途」の類語 目当て (意味:目的としているもの、目指しているもの) 「私の目当ては半額になっている洋服だ」 目標 (意味:実現することを目指している基準) 「目標を達成できるように努力する」 目的 (意味:達成させようと目指しているもの) 「この計画の目的としては、みんなの仲を深めることだ」 見通し (意味:物事の結果や成果を予想すること) 「復帰の見通しはまだ立っていない」 見込み (意味:将来の予想) 「もうすぐ復旧する見込みです」 当て所 (意味:目指しているところ) 「旅行の当て所としては、その国の文化を知ることだ」 意図 (意味:何かをしようと目指しているところ) 「早めに行うことを意図しているが、なかなか難しい」 作意 (意味:何か良くないことを計画していること) 「彼の行動には特に作意はないだろう」 意趣 (意味:心が目指しているところ) 「意趣としては、必ず成功させることだ」 狙い (意味:目指しているところ) 「彼女の狙いを読み取るのは難しい」 展望 (意味:将来を見渡すこと) 「未来の対しての展望は今のところない」 「目処」と「目安」の違い 「目安」の意味は「 だいたいの見当、目印、目当て」です。 「目」は音読みで「モク・ボク」、訓読みで「め・ま・さかん」と読みます。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 「安」は音読みで「アン」、訓読みで「やすい・いずくに」と読みます。 「安」は「たやすいこと」を意味します。 言い回しとしては、 ・目安とする ・目安を立てる ・目安を置く などとなります。 「目安」の類語には、「準則」「試金石」「規格」「規準」「準拠」「物差」「標準尺度」「引き合い」「原点」「参考」「指標」「基点」などがあります。 「目処」は「 物事を進める上で目指しているもの」、「目安」は「 物事を判断するときの基準となるもの」を意味します。 「目処」と「目安」は似ていますが、それぞれ意味が異なります。 例文 ・今回の試験の合格は80点を目安としたものの、達成している人は少なかった。 ・遠足の時期が近づいてきたので、そろそろ費用の目安を立てなければいけない。 ・相談時間については一人につき30分を目安にしているが、場合によっては長引くことがある。

次の