麒麟がくる キャスト 細川晴元。 国広富之(麒麟がくる大河ドラマ細川晴元)のプロフィールと経歴

麒麟がくる三好長慶は(山路和弘)はなぜ襲撃計画に遭ったのか?その後はどうなるの?v

麒麟がくる キャスト 細川晴元

麒麟がくるのキャスト表です。 2020年の大河ドラマ「 麒麟がくる」は久々の戦国時代。 明智光秀を主人公に英傑達の父親の世代から本能寺までが描かれるとか。 あまり描かれる事のない、畿内のゴタゴタ(細川三好六角の合従連衡とか)も描かれたら嬉しい・・・! 麒麟がくるのキャスト表を随時更新していきます。 年齢は最終回時の「学年」になります。 麒麟がくるのキャスト発表履歴 「麒麟がくる」 キャスト発表が行われる度に更新していきます! 2020年2月20日 越前編のキャスト発表! 朝倉義景をユースケ・サンタマリア。 家康の祖母 源応尼(真野響子)も出演。 これは、朝倉宗滴も出る予感がする! 2020年1月5日 公式HPなどで「 三好長慶(演:山路和弘)」、「 細川晴元(演:国広富之)」などが発表。 三好長慶・・・三好政権の全盛期が描かれるかも?期待大。 この辺りも好きな俳優さんなので期待出来そうですね。 そして藤吉郎!藤吉郎は 佐々木蔵之介さん・・・!来世はシェフ(ひよっこ)ですね・・・。 ちょっとイイ男過ぎな気もしますけど・・・!三好家は出番ないかなぁ。 2019年3月8日 NHK大河「麒麟がくる」に農民役で岡村隆史が出演 — 日刊スポーツ nikkansports 麒麟がくるキャスト発表が2019年3月8日に行われました! キャスト発表第一段では注目の 織田信長の キャストに染谷翔太さん、 斎藤道三 キャストには本木雅弘さん、 織田信秀 キャストに高橋克典さん、 帰蝶に沢尻エリカさん、光秀の母役には石川さゆりさん、光秀の叔父 明智光安に西村まさ彦さん等、記者会見でお披露目されております。 明智家のキャスト表 「 麒麟がくる」 キャスト表明智光秀の家族や関係者。 私が印象に残っている俳優さんや武将についてのコメントも・・・!明智光秀なら村上弘明かな・・・?金髪~野郎も意外に!?好き。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 明智光秀 道三の弟子 長谷川博己 (44) 期待。 来世尚之介。 来々世萬平。 来々々世鈴木行。 ひろ子 光秀の妻 木村文乃 (33) 木村文乃は 明日ママ以来好き。 期待大。 過去は秀吉の 有森也実 が秀逸。 牧 光秀の母 石川さゆり (63) 初大河ドラマ! ではなく 功名が辻 天竺屋の侍女 せつ役以来! 野際陽子より 年上なんだよね。 明智光安 光秀の叔父 西村まさ彦 (60) 黙れ小童! 明智光綱 光秀の父 尾関伸次 (41) 4作目。 官兵衛では信行。 明智光春 (弥平次) 光秀の娘婿 明智秀満 光秀の娘婿 従弟? 間宮祥太朗 (27) 半分、青いに出てた。 涼ちゃん。 初大河。 明智光慶 光秀嫡男 ガラシャ (たま) 光秀の娘 お倫 光秀の娘 荒木村次妻 後に秀満妻 軍師官兵衛の 石橋杏奈 良かった。 藤田伝吾 光秀側近 槍働きに長ける 徳重聡 (42) 21世紀の裕次郎。 八重さん以来。 斎藤利三 光秀の重臣 春日局の父 溝尾茂朝 (庄兵衛) 光秀の介錯人 与八 明智家臣 鈴木信二 (40) 大河4作目。 佐助 明智家臣 植木祥平 (38) 大河2作目。 官兵衛以来。 木助 明智家家人 水野智則 (50) 初大河。 常 明智家侍女 生越千晴 (28) 初大河。 斉藤家のキャスト表 「 麒麟がくる」 キャスト表斉藤家。 斉藤道三のキャストは誰かな?個人的には信長-KingOfZipang-の芦田伸介と松平健なんだよな。 松平健はありそうとも思う。 武田信玄似合っていたからな・・・。 若い頃(翔ぶが如くの頃)から良い女優さんだけど、今も年相応に見えて美しい女優さんだと思う。 今迄の道三とはちょいと違うイメージで描かれそう!斎藤義龍は伊藤英明。 本木雅弘と伊藤英明か・・・。 この親子関係は「深み」ありそうだな・・・! 主要登場人物 キャスト一覧 一言 斎藤道三 商人出身 美濃一国を簒奪 本木雅弘 (55) もっくんと言えば 慶喜! 芦田伸介を 超えるか!? 小見の方 道三の正室 片岡京子 (49) 初大河。 兄に片岡孝太郎。 深芳野 道三の側室 土岐頼芸の妾 南果歩 (57) 大河三作目。 翔ぶが如くの 俊(須賀)役秀逸。 深芳野の侍女 鈴木たまよ (27) 初大河。 13話に登場 わろてんかに出てた。 斎藤義龍 道三の嫡男 後に父と対立 伊藤英明 (45) 義龍は優秀。 早死にだけど。 前世は前田利長! 斎藤龍興 義龍の嫡男 道三の孫 斎藤孫四郎 道三の次男 長谷川純 (35) 初大河。 斎藤喜平次 道三の三男 犬飼直紀 (20) 2作目。 西郷どんでは 子役時代の大山。 日運 常在寺住職 有福正志 (69) 大河3作目。 稲葉良通 (一徹) 美濃三人衆筆頭 村田雄浩 (61) 似合うね。 官兵衛の城井鎮房 も良かった。 過去は 大坂志郎 が想い出深い。 長井秀元 斎藤家臣 春田純一 (66) 大河4作目。 日根野弘就 斎藤家臣 備中守とも 山本浩貴 (43) 初大河。 中々良い男。 氏家直元 美濃三人衆 安藤守就 美濃三人衆 不破光治 斉藤家家臣 美濃四人衆とも 猪子兵助 道三家臣 正徳寺会見に帯同 岡部又右衛門 道三家臣 利政の近習 憐れな若者 近藤フク (38) 第12話に登場。 初大河。 斎藤家近習 湯浅浩史 (39?) 初大河? 土岐頼芸 美濃守護 道三に国を追われる 尾美としのり (55) うさぎ! はもう古いかな? 土岐頼純 頼芸嫡男 矢野聖人 (29) 初大河。 頼芸の家臣 西村正明 (?) 2作目? 直虎に出演以来? 織田家家族・一族のキャスト表 「 麒麟がくる」キャスト表、織田信長と織田家族。 個人的に一番好きな織田信長は石橋信長(武田信玄)なのですが、軍師官兵衛の江口信長も凄い好き。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 織田信長 革命児 天下布武を目指す 染谷将太 (28) 意外や4作目! 帰蝶 信長の正妻 道三の娘 沢尻エリカ (34) 改め 川口春奈 (26) ピンチはチャンス。 応援する。 侍女頭 帰蝶に仕える 岩井堂聖子 旧名 高橋真唯 (37) 初大河。 スマホを・・・。 吉乃 信長の側室 信忠・信雄の実母 お鍋 信長の側室 信孝の実母 織田信秀 信長の父 高橋克典 (56) 意外や初大河! 土田御前 信長の母 檀れい (49) 期待大。 清盛の待賢門院 良かった。 お市 信長の妹 浅井長政妻 織田信勝 信長の弟 信行とも 木村了 (32) 大河2作目。 風林火山で義信。 また悲劇の武将。 織田信広 信長の庶兄 佐野泰臣 (36) 大河2作目。 吉宗以来。 織田信光 信長の叔父 木下ほうか (55) 初大河。 なつぞら出てた。 織田信康 信長の叔父 犬山城主 清家利一 (54) 3作目。 織田信包 信長の弟 織田信忠 信長の嫡男 織田信雄 信長の次男 織田信孝 信長の三男 織田彦五郎 信友とも 梅垣義明 (61) 3作目。 「秀吉」では山中鹿助。 スポンサードリンク 織田家家臣のキャスト 「 麒麟がくる」 キャスト表の織田家家臣。 「秀吉(1996)」と「軍師官兵衛(2014)」の印象が強いかな。 平手政秀 信長の傅役 上杉祥三 (65) 大河ベテラン! 官兵衛も出演! 千秋季光 信秀家臣 紀伊守 熱田神宮の 大宮司 金井良信 (58) 初大河。 加納口で討死。 佐久間信盛 家老 金子ノブアキ (39) 2作目。 軍師官兵衛以来。 佐久間盛重 家老 信勝付き 室山和廣 (58) 初大河? 海外ドラマ出演多い。 佐久間信栄 信盛嫡男 佐久間大学 信行付家老 柴田勝家 後の筆頭家老 安藤政信 (45) 初大河。 イメージは 中尾彬だな。 大地康夫も 良かった。 佐々成政 信長の家臣 勝家付 菅裕輔 (29) 初大河? 成政と言えば 山口祐一郎(秀吉) が切ない演技。 佐々隼人正 信長の家臣 成政の兄 内浦純一 (45) 初大河。 前田利家 の家臣 勝家付 入江甚儀 (27) 官兵衛以来2作目。 別所長治良かった。 丹羽長秀 勝家と双璧の家老 滝川一益 信長の重臣 段田さんで! 森可成 信長の家臣 森蘭丸 可成の子 信長小姓 池田恒興 信長の家臣 梁田政綱 信長の家臣 桶狭間で最も評価 内田健司 (33) 初大河。 梁田政綱は 河原崎建三の イメージが強い。 毛利新介 信長の家臣 今井翼 (39) 3作目。 義経以来。 中条家忠 信長の家臣 野添義弘 (62) 3年連続3作目。 毛利長秀 信長の家臣 竹井亮介 (48) 初大河。 斯波義銀 義統の子 松田周 (?) 初大河? 羽柴家のキャスト表 「 麒麟がくる」キャスト表羽柴家。 光秀とは光と影みたいな感じで描かれば登場頻度も高いと思うんですけど・・・。 「信長」ではかなり影が薄かったね。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 羽柴秀吉 信長の家臣 百姓出身 佐々木蔵之介 (53) 個人的には 竹中直人最強。 しかし、別の秀吉像期待。 好きな役者。 シェフ・・・! 羽柴秀長 秀吉の弟 高島も良かった。 おね 秀吉の妻 蜂須賀小六 秀吉配下 秀吉股昿の臣 竹中半兵衛 秀吉の軍師 谷原章介 良かったよね。 古谷一行も 好きだ。 黒田官兵衛 秀吉の軍師 軍師官兵衛は 良かった。 伊武雅刀も 好きだ。 堀尾茂助 秀吉の配下 石田三成 秀吉の配下 徳川家のキャスト表 「 麒麟がくる」 キャスト表徳川家。 光秀と信長の物語だとやや影が薄くなる感は否めないかな?「秀吉(1996)」の家康は少ない出番で存在感があった気がする。 西村雅彦自身はは少々ご不満だったらしいけど・・・。 信康を斬る場面が印象に残っている。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 徳川家康 信長の盟友 風間俊介 (37) 大河2作目! 西郷どん以来。 来世は橋本左内。 歴代は津川さんかな? 西村家康も好き。 松平広忠 家康の父 浅利陽介 (33) 大河9作目。 小早川秀秋以外 は久しぶり。 於大の方 広忠正妻 家康実母 松本若菜 (37) 初大河。 源応尼 (華陽院) 家康祖母 真野響子 (69) 大河5作目。 水野信元 家康叔父 横田栄司 (49) 大河2作目。 真田丸で尾藤道休。 徳川信康 家康の嫡男 築山殿 家康の正妻 信康母 菜々緒だな。 本多忠勝 家康の家臣 藤岡弘、 高嶋政宏。 酒井忠次 家康の家臣 鳥居元忠 家康の家臣 榊原康政 家康の家臣 大久保忠世 家康の家臣 石川数正 家康の家臣 本多正信 家康の友 近藤正臣 か 神山繁 室町幕府・三好・細川のキャスト表 「 麒麟がくる」 キャスト表幕府関連。 英雄たちの「父親時代」も描かれるなら室町幕府の末期も描いて欲しい。 個人的希望も入っているけど三好細川の争いとかは期待してしまう。 三好長慶好きなんだよね・・・。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 足利義輝 第13代将軍 向井理 (39) 是非天下無双の 剣を披露して 欲しい。 足利義昭 第15代将軍 滝藤賢一 (44) ああ、悪くない。 玉置・吹越の 双璧を崩せる? 足利義栄 第14代将軍 出て来たら レア。 三淵晴員 藤孝・藤英父 出るかな? 三淵藤英 藤孝の異母兄 谷原章介 (48) これも似合うね。 半兵衛・・・! 義元! 細川藤孝 光秀と共に 義昭を補佐 眞島秀和 (44) 大河三作目。 官兵衛の 顕如良かった。 細川与一郎 藤孝の嫡男 後光秀娘婿 三上 幕府奉行衆 本田大輔 (42) 大河2作目。 父は本田博太郎。 貞永久四郎 三淵家臣 二橋進一 (52) 大河5作目。 細川晴元 室町幕府管領 細川嫡流京兆家 藤孝は刑部家 国広富之 (67) レアキャラ登場! 大河5作目。 三好長慶 晴元配下 摂津守護代 室町幕府相伴衆 山路和弘 (66) 大河3作目。 2年連続。 恵瓊役好き。 三好実休 長慶弟 安宅冬康 長慶弟 十河一存 長慶弟 松永久秀 長慶家臣 吉田鋼太郎 (62) ああ、これも良い。 謀将系 も 狂気系 もいける。 三好長逸 三好三人衆 三好政康 三好三人衆 岩成友通 三好三人衆 スポンサードリンク 浅井朝倉のキャスト表 「 麒麟がくる」 キャスト表浅井朝倉。 やられ役感がどうしても強いのですけど朝倉は「古豪」と言えるかな。 孝景(宗滴)存命中に全盛期。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 武田信玄 戦国最強武田家当主 武田勝頼 信玄の子 山県政景 武田家臣 山本勘助 武田家臣 梁田正綱と接点有 穴山梅雪 武田家臣 今川義元 海道一の弓取り 片岡愛之助 (49) これは似合う・・・ 月照さんも 良かった。 寿桂尼 義元母 岸田今日子 浅丘ルリ子ね 太原雪斎 今川家重臣 伊吹吾郎 (75) 大河10作目! ちな氏政2回。 今川氏真 義元の子 朝比奈親徳今川家臣 山口馬木也 (48) 3作目。 鵜殿長照 今川家臣一門衆 佐藤誓 (58) インパクト大。 元康詰めるの 良かった。 朝廷関連のキャスト表 「 麒麟がくる」 キャスト表朝廷関連。 光秀と朝廷は切っても切れない関係・・・! 主要登場人物 キャスト一覧 一言 今井宗久 堺の商人 千利休 茶人 仲代達矢か伊武雅刀か 長谷川宗仁 堺の商人 望月東庵 京の医師 堺正章 (74) 来世は新門辰五郎! 慶喜ね。 駒 光秀が京で出会う 門脇麦 (28) 幼少時 田中乃愛 (7) 初大河。 八重さん以来2回目! 芳仁 駒の師匠 鍼灸師 ベンガル (69) 大河5作目。 2年連続。 官兵衛の 別所賀相。 菊丸 三河の農民 岡村隆史 (50) 秀吉かと・・・! 伊平次 刀鍛冶 玉置玲央 (36) 大河2作目。 真田丸で信忠。 タケ 伊平次の女 町田マリー (40) 初大河。 鶴平 国友村鍛冶師 三上市朗 (55) 大河3作目。 若い鍛冶師 花戸祐介 (35) 初大河。 伊平次の居場所を教える。 祐筆 ミョンジュ (48) 初大河? 官兵衛にいた? 辻屋宗次郎 大塚明夫 (61) 初大河。 約400年後 スネークに、 そしてバトーさん。 牛蔵 京都の質屋 綾田俊樹 (70) 大河2作目。 真田丸で矢沢頼綱。 竹造 堺の酒屋 やべきょうすけ (47) 大河3作目。 龍馬伝では久坂玄瑞。 ミキ 竹三の妻 安藤聖 (37) 初大河。 ウメ 竹三とミキ の娘 苑美 (10) 2年連続。 いだてんで スヤ幼少期。 夜盗の頭領 本宮泰風 (49) 迫力満点。 初大河。 僧侶 一本気伸吾 (64) 第1話に登場。 職人風の男 針原 (?) 第1話に登場。 初老の男 細井学 (63) 第1話に登場。 頭目 天乃大介 (58) 第1話に登場。 大河4作目? 武士 白畑真逸 (55) 第1話に登場。 3作目? 光秀の父か? 茶の振売 名はトメ吉 濱津隆之 (39) 初大河。 太助 尾張の農民 久保田武人 (34) 初大河。 第9話に登場。 平三、平五、源助 を思い出す。 平太 尾張の農民 きづき (30) 初大河。 第9話に登場。 平三、平五、源助 を思い出す。 末吉 尾張の農民 松川大祐 (23) 初大河。 第9話に登場。 平三、平五、源助 を思い出す。 商人 椎名泰三 (71) 第10話に登場。 初大河?かな? 宿の主 川守田政人 (48) 第11話に登場。 直虎にも出演。 薬売り 松澤仁晶 (56) 第11話に登場。 初大河。 山伏 野村たかし (46) 第11話に登場。 初大河。 若い医師 鳥谷宏之 (41) 第12話に登場。 初大河。 鷹匠 やべけんじ (47) 第12話に登場。 初大河。 セカンドバージンで 弁護士役。 鷹匠 見寺剛 (29) 初大河? 第13話に登場。 12話の鷹匠とは別人。 弥平 美濃の農民 ウダタカキ (42) 初大河? 五十次 駿河の商人 鈴木一功 (68) 2作目。 伊呂波大夫の一座キャスト 伊呂波大夫の一座のキャスト。 第10話で登場した方々です。 主要登場人物 キャスト一覧 一言 伊呂波太夫 旅芸人の座長 尾野真千子 (39) 意外や、 大河2作目。 一座の男 ねんど大介 (47) 第10話に登場。 お手玉指導もする。 初大河。 一座の女 紙吹雪隊 藤蔭里燕 (?) 伊呂波大夫の一座。 花夜叉一座を 彷彿させる。 一座の女 紙吹雪隊 泉 秀彩霞 (?) 伊呂波大夫の一座。 花夜叉一座を 彷彿させる。 一座の女 紙吹雪隊 花柳優舞音 (?) 伊呂波大夫の一座。 花夜叉一座を 彷彿させる。 一座の女 紙吹雪隊 藤間眞白 (?) 伊呂波大夫の一座。 花夜叉一座を 彷彿させる。 一座の男 紙吹雪隊 望月左喜十郎 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 紙吹雪隊 望月武遊 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 紙吹雪隊 望月左太助 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 福原遊馬 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 石森裕也 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 望月左太晃郎 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 福原大介 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の女 福原千鶴 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の女 水島結子 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 川原拓也 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 一座の男 望月左太寿郎 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 第13話から登場。 一座の女 吾妻君彌 (33?) 伊呂波大夫の一座の人? 第13話から登場。 一座の女 若柳杏子 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 第13話から登場。 一座の男? 原謙司 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 第13話から登場。 一座の男? 中野大貴 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 第13話から登場。 一座の男? 大宮司恭平 (?) 伊呂波大夫の一座の人? 第13話から登場。 外国人キャスト表 外国人、キリシタンなどのキャスト表。

次の

国広富之(麒麟がくる大河ドラマ細川晴元)のプロフィールと経歴

麒麟がくる キャスト 細川晴元

talent-databank. そんな国広富之さんのイメージですが、『 噂の刑事トミーとマツ』のトミー役の印象が強いと言う方も未だに多いです。 演技力はもちろんですが、若きし頃の国広富之さんは、甘〜いマスクにキラリと光る白い八重歯に魅了された女性ファンも多くいました。 今でもハンサムでいらっしゃいますが、少し貫禄もでてきてさらに素敵さに磨きをかけておられますね。 過去の大河ドラマにも多数出演されていて、どの役も好演されています。 どの役を演じても新鮮で、新しい感じがする俳優さんだなぁ〜。 と、素人なのでうまく表現できませんが、とにかく演技は抜群です! 最近の大河ドラマ出演の印象は『 西郷どん』の近衛忠煕役を演じられた事でしょうか。 京のイメージというか、京都弁が印象的で、何となく女性っぽい雰囲気でしたね。 さすがトミーとマツの、トミコを演じた国広富之さんだなぁ。。 という感じ。 楽しみですね。 父と争った細川高国を排除する事に成功 細川晴元は、1514年(永正11年)、父・澄元と、母・清泰院の間に誕生しました。 名門・ 細川京兆家の血筋です。 当時、細川政権は混乱期。 管領・ 細川政元の死を機に、政元の養子らの権力争いが起こっていました。 父・澄元は養子の一人で、当主の座を巡り 細川高国と争い、1520年(永正17年)敗死。 細川晴元はこの時7歳。 父の死によって、幼いながらも家督を継ぐこととなるのです。 その頃高国は、室町幕府10代将軍・ 足利義稙を追放します。 義稙は再起を図り戦いますが、復権には至らず1523年(大永3年)、助力を求め晴元の下を訪れた矢先に亡くなりました。 そして高国は、さらに12代将軍に 足利義晴を擁立します。 そうして勢力を高めていったのです。 さて、高国の独走に思えた細川家争いでしたが、1526年(大永6年)、家臣の讒言を信じ配下の 香西元盛を高国が殺害した事で風向きが変わります。 波多野稙通(元盛の兄)や 柳本賢治がこれに激怒。 すると細川晴元が、家臣の 三好元長に擁立され挙兵。 畿内へと進出し、波多野軍と合流します。 高国軍との戦いに臨む上で、賊軍扱いにならない為に 足利義維(12代将軍義晴の弟)を擁立。 (賊軍=朝廷&幕府に対し反乱する軍) もし、賊軍扱いになると、味方も謀反を起こす危険があるからです。 1527年(大永7年)「 桂川原の戦い」で細川晴元が勝利。 高国&義晴を近江国へ追放し、入京します。 ついに晴元は、父と争った細川高国を排除する事に成功したのです。 そして晴元は、 ・細川宗家当主の座を獲得。 ・足利義維を事実上の将軍とした政権を樹立。 以後、5年間義維は「 堺公方」と呼ばれ幕政の中心にいたようですが、将軍にはなっていない様です。 そして1531年(享禄4年)、高国は「 打倒!晴元」ということで、備前守護代・浦上村宗と摂津国に進軍し、 三好元長軍(晴元方)と激突します。 両軍は膠着状態に陥り、赤松政祐(高国の援軍)が参戦しますが、実は、内部は晴元と内通していて、寝返り、高国軍は総崩れに…。 その後、高国を自害に追い込み、父の仇を完全に討ったのでした。 そして三好長慶の下剋上に遭う 細川高国を滅ぼした細川晴元は、目標を堺公方府として政権奪取にシフトチェンジ。 将軍・義晴と和睦し、管領に就こうとします。 1532年(享禄5年)、晴元に仕えていた 三好元長(高国討伐の際の功労者)と対立。 「 一向一揆」の手を借りて三好元長を葬ってしまうのです。 一見、それで内部反対派を排除でき成功したかにも思えましたが、勢力を強める「 一向一揆」に手を焼くこととになります。 (一向一揆・・・浄土真宗本願寺教団の信徒たちが起こした、権力に対する抵抗運動の一揆) で、「 一向一揆」鎮静に力となったのは、 三好長慶(謀略によって晴元が葬った元長の子ども)です。 鎮静する為に長慶は奔走し、和睦を図りました。 この時12歳でしたが、優秀な手腕を見せ、細川晴元は長慶を家臣に組み込みました。 長慶はこの後も、優秀な家臣として力を発揮していきます。 そんな1539年(天文8年)、三好長慶は上洛。 河内十七箇所を巡り、三好政長(同族)と争が始まります。 しかし晴元は政長を援護します。 それが原因で長慶と対立関係になりましたが、将軍・義晴&六角定頼が間に入り和睦。 1541年(天文10年)、 木沢長政が政長の排除を訴え始めます。 しかし、長慶はスルー。 1542年(翌天文11年)「 太平寺の戦い」では、長慶&政長軍が木沢長政を討ち取りました。 そして1543年(天文12年)、 細川氏綱(高国の養子)が、「 打倒!晴元」(?!どこかで聞いたような…。 )を掲げ、和泉国で挙兵。 3年後の、1546年(天文15年)、細川氏綱は三好長慶の動きを封じ、摂津国の殆どを晴元から奪い取ります。 すると晴元は、丹波国へ一旦、逃亡。 1547年(天文16年)、晴元は越水城で待機中の三好長慶と協議し反撃。 細川氏綱を打ち破り、摂津を平定しましたが、1548年(天文17年)に 摂津国人(細川氏綱に寝返った)、 池田信正を切腹させると、長慶&摂津国人衆の離反を招いてしまいます。 そして三好長慶は氏綱側へ転属し、挙兵と繋がります。 そうして摂津榎並城を攻囲される事態に発展したのです。 晴元軍の兵力は長慶軍より劣るとはいえ、榎並城で籠っていた三好政勝(政長の子)を見捨てると、畿内の国衆から見限られるかも…。 そう感じ、戦うしかない…。 という思いもあったでしょうが、晴元は主力決戦を回避し、六角軍の到来を待つことにしました。 しかしその間に先制されてしまい、細川晴元は戦わないままに敗北してしまいます。 (「 江口の戦い」) 晴元は三好政長、高畠長直ら多くの配下を失い、将軍・義輝らと近江国坂本まで逃れます。 彼らが不在の京都では、三好長慶が幕府及び京都の実権を握るようになります。 晴元が父の仇敵、高国を討ったように、三好長慶の下剋上に晴元も遭うとは、何とも皮肉ですね。 1550年(天文19年)、 足利義晴が死去。 晴元は近江国(逃亡先)で義輝を擁立。 ・香西元成 ・三好政勝 などを率いて京都奪回を試みますが、失敗。 1553年(天文22年)、義輝と晴元は長慶と交戦しますが、結果は敗北。 霊山城(義輝側)が三好軍に落とされ、近江国朽木へ逃亡。 そして1555年(弘治元年)に再戦。 しかし、勢力を拡大した三好長慶に晴元は手も足も出せず…。 1558年(永禄元年)、晴元&義輝は上洛を図り、将軍山城で三好軍と交戦。 「 北白川の戦い」 そして、六角義賢の仲立ちで義輝と三好長慶が再度和睦を結びます。 しかし晴元、恐るべき執念。。。 49歳でした。 スポンサーリンク•

次の

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第6話キャスト&あらすじ紹介 漫画のような駒と光秀の胸キュンシーンが登場(2020年2月26日)|BIGLOBEニュース

麒麟がくる キャスト 細川晴元

2020年大河ドラマ【 麒麟がくる】のあらすじ(ネタバレ)です! 望月東庵が京へ帰る前に尾張の織田信秀の病状を診に行きました。 信秀の館で十兵衛が出会ったのは竹千代という少年。 後の徳川家康です。 十兵衛は利政から命じられ、東庵の後を追い、信秀の病状を利政に伝えたのでした。 では、第5話のあらすじ(ネタバレ)いってみよ~! スポンサーリンク 【麒麟がくる】5話あらすじ(ネタバレ)十兵衛、伊平次に出会う 十兵衛は、鉄砲を撃つ腕が日々上がっていた。 そんな十兵衛に、利政も鉄砲の撃ち方を教わった。 初めて大きな水瓶を撃ち抜いた利政は、鉄砲の威力に驚いた。 最近、将軍家が本能寺で鉄砲を作らせ、入手している件について、利政は十兵衛に意見を聞いた。 鉄砲は、撃つまでにわずらわしさがあります。 それを考えると、戦道具に将軍家が使うとは考えられないと思います。 と十兵衛は言った。 利政が言う『 将軍家が鉄砲に関心を持っている』という話を十兵衛は、館に戻ってから考えていた。 十兵衛は、家臣の藤田伝吾を呼び、伝吾の知り合いで刀鍛冶屋のよし三に、鉄砲を分解してもらいたいと頼んだ。 鉄砲のしくみを知る為に、鉄砲の中を見てみたいと思ったのだ。 しかし伝吾は、よし三に頼むのは無理かもしれないが、他に鉄砲を修理したり作っている伊平次という男がいるという。 伊平次は近江の国友村にいると聞いた十兵衛は、さっそく国友村へ急いだ。 その頃駒は、京に帰る事になり、十兵衛に別れの挨拶をしに行った。 東庵から駒を頼むと言われていた菊丸が、駒を一人にしない為に、一緒について行った。 しかし十兵衛は、すでに旅立っていて、別れを告げる事が出来なかった。 駒は十兵衛への想いが募っていたが、仕方なく菊丸と共に京へ向かった。 国友村についた十兵衛だったが、鉄砲については口外してはいけないと将軍家から言われていると言われ、詳細については教えてもらえなかった。 それに伊平次もここにはおらず、今は、京の本能寺にいるという事が解った。 そこで十兵衛は、京に行く旅費を利政に頼みに行った。 今度は全額お願いしますと言う十兵衛に、利政はしぶしぶ承諾した。 京では大名・細川晴元が、内部抗争により、その地位が危うくなっていた。 それは三好長慶と、それを支える松永久秀の存在が大きかった。 京の本能寺に着いた十兵衛だったが、京がそんなありさまの為、本能寺も立ち入り禁止となっていた。 どうしたものかと考えている十兵衛に声をかけた男がいた。 細川藤孝だ。 藤孝は十兵衛が背負っている鉄砲に不信感を抱き、鉄砲を取り上げようとした。 十兵衛がそれを断ると、お互いが刀を抜き、一触即発の事態に発展してしまった。 そこへ将軍一同がやってきた。 将軍・足利義輝は十兵衛たちを見て、同じ流派の仲間同士の斬り合いはやめておけと言い、その場を去った。 するとその場に現れた侍がいた。 以前、堺の宗次郎の店で会った侍だ。 その侍は、三淵藤英と名乗り、十兵衛と斬り合おうとしていた男が、自分の弟の細川藤孝だという。 そして十兵衛は、自分の持っている鉄砲は、松永久秀からもらったものだと説明し、伊平次を探している事も話した。 しかし三淵藤英が言うには、伊平次は先月まではいたが、今は行方知れずとなっていて、本能寺でも探している最中だと言う。 伊平次を見つける事が出来なくなり、結局、十兵衛は三淵らと松永久秀の元へ向かう事になった。 松永に会った三淵は、伊平次や鉄砲について話し、お互いの主君が鉄砲を集めているのではないか?と探り合った。 探り合いの決着がつかないまま、三淵は十兵衛を置いて去って行った。 残された十兵衛と松永も、鉄砲の話を始めた。 松永は刀より鉄砲の方が相手の動きを封じ込める事が出来る。 と言った。 鉄砲の弾は避けられないからだ。 それゆえ鉄砲の数を多く持っていれば、相手の動きを封じ、逆に戦を避ける事が出来る。 とも松永は言った。 それに松永は、伊平次の居所を知っているという。 そして十兵衛を連れ、早速伊平次の元へ向かった。 伊平次は遊女屋にいた。 松永は3割増しで払うから鉄砲が欲しい。 と言っても伊平次はそれを断る。 それは、鉄砲の数で競い合う争いにも巻き込まれたくないという考えからだった。 すると十兵衛が、伊平次に思わず声をかけた。 昔、伊平次が井戸に落ち、それを助けた事を覚えているか?と十兵衛が言うと、伊平次もそれを思い出した。 そして、2人は懐かしく昔話を始めた。 鉄砲のしくみを知り、鉄砲の使い方も深く理解したいという十兵衛に、その頃のお礼も含め、伊平次は鉄砲の分解を快く引き受けた。 そんな2人を見た松永は、十兵衛から伊平次に鉄砲作りを頼んで欲しいと言い、遊女屋を出て行った。 そして十兵衛は、伊平次と一緒に、人混みの中に入って行った。 そこへ偶然に駒とが通りかかった。 立ち止まって人混みの先を見つめた駒だったが、まさか十兵衛がここにいる訳はないか・・・と東庵と共に歩き出したのだった。 将軍家が鉄砲に興味を持っていると聞かされた十兵衛は、鉄砲のしくみを知る為に、鉄砲を作った事のある人物を訪ねる事にしました。 鉄砲を作ったり修理したりする人物はいるかと家臣の藤田伝吾に聞くと、伊平次という男の名が出ます。 伊平次は京の本能寺にいる。 という話を聞き、利政に旅費をお願いして、十兵衛は早速本能寺へ向かいます。 本能寺に着いた十兵衛は、三淵藤秀と弟の細川藤孝に出会い、伊平次は行方知れずとなっていて、本能寺でも探していると聞かされたのです。 どうしようもなくなった十兵衛は、三淵らと鉄砲をもらった松永久秀の元へ向かう事となりました。 伊平次に会った十兵衛は昔、伊平次を助けた事があり、2人は昔話に花が咲きます。 そして伊平次は十兵衛の頼みを聞き入れてくれました。 その帰り、京の人混みの中で駒が十兵衛の姿を見た気がしたのでした。。。 に続く スポンサーリンク•

次の