スキー おすすめ。 スキー板のおすすめ20選。初心者や中級者の参考となる選び方についても解説

【2019−2020年版】札幌のおすすめスキー場:初心者も上級者も楽しめるランキング上位を紹介!

スキー おすすめ

1位 星野リゾート アルツ磐梯 福島県耶麻郡の「星野リゾート アルツ磐梯」は 福島県内でも最大級の広大な敷地面積を誇るスノーリゾートです。 全部で22本の多彩なコースをそろえており、中級をメインにバランスよく構成されているため訪れるひとを選びません。 初級者からでも楽しめるロングコースが複数あり、組み合わせれば約3,000mのロングランを楽しむことができます。 ゲレンデ近くの駐車場を子連れ専用としており(土休日のみ)、 ファミリーに過ごしやすい配慮がなされているのはさすが星野リゾートといえますね。 キッズゲレンデにはスノーエスカレーターも完備され、リフトに乗れないお子様もラクラク移動できます。 ゲレンデ食ではカレーが人気。 アルツ磐梯名物と言われるその味、ぜひ確かめておきたいところですね! 2位 猪苗代リゾートスキー場 福島県耶麻郡猪苗代町の「猪苗代スキー場」は、猪苗代湖を眼下に望む、 非常にロケーションの良いスキー場です。 幅広のコースでゆったりと滑りながら、爽快で開放感あふれる眺望が満喫できるのがなによりの特徴となっています。 全部で9本のコースは 初級向けが半分を占めており、ファミリーやビギナーでも安心して過ごせます。 中・上級者向けにはスリル感が楽しいダウンヒルやコブ斜面が用意されており、なかでもランダムなコブが続く「赤埴大回転コース」が名物となっています。 縦長のゲレンデで、1,000m超えのロングコースが豊富なので効率よく滑りたい方にもピッタリです。 ゲレ食も美味しくてラインナップも多彩だと好評。 3位 グランデコスノーリゾート 福島県耶麻郡の「グランデコスノーリゾート」は、裏磐梯エリアで最も高標高に位置するスキー場です。 1,580mのトップから針葉樹林の中にゲレンデが広がり、 積雪量・雪質共に評価されています。 全部で13本のコースは初中級向けが85%を占めており、ゆったりと広いコース取りでのんびりと滑ることができます。 さわがしくなく、林間コースの静かな雰囲気は カップルのスキーデートーに最適です。 高速リフトとゴンドラはすべてフード付きタイプで、移動中の寒さを防いでくれます。 最長滑走距離は4,500mとしっかりしたロングコースで、効率よく滑ることができます。 レンタルやゲレ食が充実しているという面も魅力ですね。 インターからはすこし奥まったところにあります。 約35分ほどの雪道を走るのが不安な方は、郡山や猪苗代のお迎えパーキングから有料で出ているシャトルバス(要予約)などを利用するといいでしょう。 4位 星野リゾート 猫魔スキー場 福島県耶麻郡の「星野リゾート 猫魔スキー場」は北斜面に位置するゲレンデ。 ふわふわで水分のごく少ない、軽い極上パウダースノーが堪能できる、雪質の良い環境です。 ま た、しっかりと冷えて締まっているバーンでカービングの練習などにも最適。 全部で11本のコースは初級30%、中級30%、上級40%と 珍しく上級者向けが充実しています。 山頂付近の圧雪・コブ・ポールなど変化を楽しめるコースが待っており、さらに最大斜度28度の壁のようなハードバーンも。 エキスパートがテクニックを見せつけたり、更にレベルアップを目指す 中級者にオススメのスキー場です。 もちろん、初心者やファミリーにも安心な平均斜度7度のフレンドリーゲレンデもあります。 スノーパークも本格的で、大会仕様にチェンジされている時期も。 ビギナー用のアイテムもありますが、ほぼ中級以上のしっかりした内容となっています。 4位 裏磐梯スキー場 福島県耶麻郡の「裏磐梯スキー場」は、裏磐梯高原の雄大な大自然のなかにあるスキー場です。 ファミリーにやさしく、 キッズコーナーは6歳まで無料で利用可。 ファミリーゲレンデはビギナーの練習やお子様のゲレンデデビューにもぴったりな、ゆるやかな斜面です。 更にソリ専用コースは東北最大級。 全部で4本のコースがあり、見通しの良いシンプルな構成なので迷子になりにくいのも特徴です。 初級者は桧原湖を眼下にした林間コースも。 中級者なら、全長1,200mのロングコースも楽しめます。 上級者には最大斜度35度のコブや急斜面のコースが待っています。 また、 磐梯山の厳寒期にのみ現れる黄金の氷の滝、イエローフォールが観察できるスノーシュートレッキングも。 これを目当てに裏磐梯スキー場へと訪れる方も珍しくありません。 6位 グランディ羽鳥湖スキーリゾート 福島県岩瀬郡の「グランディ羽鳥湖スキーリゾート」。 山頂から山麓へと末広がりなゲレンデに、全部で11本のコースが並びます。 福島県内唯一の高速クワッドリフトがあり、山頂パノラマまで約5分で到達することができます。 そこから複数のコースへと接続でき、1,000m~2,000mの斜面変化に富んだ滑走が楽しめます。 初級が50%、中級が40%を占めており、 やさしい設計でファミリーやビギナーにぴったり。 雪質は良くパウダースノーが堪能できます。 眼前には鎌房山がそびえる、 眺望の良さも魅力となっています。 7位 リステルスキーファンタジア 福島県耶麻郡の「リステルスキーファンタジア」は、磐梯山と猪苗代湖の大パノラマが楽しめる、 ダイナミックなロケーションが魅力のスキー場です。 全部で6本のコースをもつコンパクトなゲレンデで、 初級者の練習やお子様のゲレンデデビューにも最適。 初級40%、中級20%、上級40%のレイアウトになっています。 またアフタースキーにはゲレンデ併設の で、日帰り入浴できる天然温泉やクアハウスなどを利用するのがオススメ。 温泉は自家源泉を利用した本格的なもので、展望露天風呂からは猪苗代湖が望めますよ。

次の

スキーヘルメットおすすめブランド(2019)の選び方やスキー用の違いに注意!

スキー おすすめ

志賀高原スキー場(長野県) 「志賀高原スキー場」は、長野県志賀高原エリアにある全18か所のスキー場の総称です。 「奥志賀・焼額山エリア」「一の瀬・高天ヶ原・東館山・西館山・発哺ブナ平・タンネの森・寺子屋エリア」「ジャイアント・丸池・サンバレー・木戸池エリア」「熊の湯・横手山・渋峠エリア」の全4エリアに分かれ、エリアごとに大小さまざまなスキー場から成る日本最大級規模のスキーエリアです。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 ニセコユナイテッド(北海道) 「ニセコユナイテッド」は、北海道の札幌から南へ約100km、ニセコアンヌプリ山(1,308m)の麓に広がる、4カ所のスキー場の総称です。 「ニセコHANAZOスキー場」「ニセコグラン・ヒラフスキー場」「ニセコビレッジスキー場」「ニセコアンヌプリ国際スキー場」の4つで構成されている、広大なスキーエリアです。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 蔵王温泉スキー場 (山形県) 山形県にある「蔵王温泉スキー場」は、白銀の樹氷が見られ、単独のスキー場としては日本最大規模を誇るスキー場です。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 苗場スキー場(新潟県) 新潟県苗場エリアに位置する「苗場スキー場」は、長い歴史と知名度を誇り、子どもから大人までスキーやスノボはもちろん!それ以外にも楽しめる充実したスノーリゾートです。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 今シーズンは全34回開催。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 竜王スキーパーク(長野県) 志賀・北志賀エリアに位置する「竜王スキーパーク」は、幻想的な雲海やサンセットの超絶景が見られるパウダースノーエリアです。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 サラサラ雪質の パウダーランを体感できる。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 舞子スノーリゾート(新潟県) 苗場・上越エリアに位置する「舞子スノーリゾート」は、エキスパート~ファミリーまで!みんなが楽しめるスキー場です。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。 ダイナランド(岐阜県) 岐阜県にある「ダイナランド」は、西日本最大級のBIGスケールと、長い営業時間が魅力的なスキー場です。 人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。

次の

スキー板のおすすめ10選!初心者向けも【2020年版】

スキー おすすめ

スキー板のおすすめ!最新のモデルから目的別のラインナップまで ブランド情報 2018. 26 スキー板のおすすめ!最新のモデルから目的別のラインナップまで 今年の冬からスキーデビューをする方、昔のスキー板を新調したい方、いざ購入しようとすると迷ってしまうのがスキー板です。 そんなスキー板の代表的なモデルや2018-2019年モデルの新作を紹介します。 自分にぴったりのモデルを見つけましょう。 スキー板にはどんなラインナップがある? まずはスキー板のラインナップを紹介します。 スキー板には、どのような種類があるのでしょうか。 スキー板の代表的なモデルを3種類紹介します。 モデルによってスキー板の形状が異なっていたり、長さが違うものもあるので、しっかり把握した上で板を選びましょう。 デモ・基礎系モデル 「デモ・基礎系モデル」は、ゲレンデでスキー技術の向上を目指す人にぴったりのスキー板です。 デモ系・基礎モデル系の他にも技術系という呼び名もあります。 デモスキーは、スキル向上以外にもオールラウンドでも使うことができます。 オールラウンドに使用したい場合は、板のサイドカーブが15m~19m、小回りの場合は13m~15m、大回りの場合は17m~27mがおすすめです。 オールラウンド・マウンテンモデル 『オールラウンドモデル・マウンテンモデル』のスキー板は、初級者から中級者におすすめのスキー板です。 2つのモデルの詳細をまとめました。 <オールラウンドモデル>• 圧雪されたゲレンデを楽しむためのスキー板です。 板のセンター幅が約70~90mmで、ターンの切り替え時の操作性を重視したスキー板のため扱いやすく、一般的なスキーヤーに選ばれています。 <マウンテンモデル>• ゲレンデ外 圧雪されていない 、深雪の上を滑るためのスキー板です。 板のセンター幅が90~130mmで、深い雪でも板が沈まず浮いてくるように設計されています。 柔軟性のある板なので、扱いやすい板だといえます。 フリースタイルモデルとレーシングモデル 「フリースタイル・レーシングモデル」のスキー板は、一定以上の技術を持った人が専門的な滑りをすることを目的に作られているスキー板です。 2つのモデルの詳細をまとめました。 <フリースタイルモデル>• エアーやトリックなど、フリースタイルの滑走を楽しむためのスキー板です。 トップ 板の先端 とテールが両方とも反り上がっているツインチップになっているのが特徴です。 <レーシングモデル>• レーシングモデルはその名の通り、滑走のタイムを競う競技用のスキー板です。 板のセンター幅が約65~70mmで、素早いターンの切り替えに対応するためセンター幅が狭く設計しています。 エッジが雪面から外れないよう、ネジレ強度が高く作られているので、上級者向けのスキー板だといえます。 2018-2019年モデル、メーカー別おすすめは スキー板の代表的なモデルを紹介したところで、2018-2019年モデルのメーカー別のおすすめスキー板を紹介します。 メーカーごとにこだわりも違い、板の特徴が異なってくるので、自分にぴったりのスキー板を探してみましょう。 ターン間の精度と流れに合わせた形状で、硬い雪の中でも正確に滑ることができます。 国内最高峰 オガサカ CF 初心者から上級者まで、幅広い人に愛されているのが「オガサカ CF」です。 オガサカCFは、軽い操作性と板の回しやすさが特徴的で、非常にコントロールがしやすいモデルといわれています。 ゲレンデのコブなど、整地されていない場所でも軽くコントロールできるため、ゲレンデを楽しく安全に滑走することができます。 万能スキー HEAD SUPERSHAPE i. MAGNUM 圧倒的な操作性と同時にスピードも出すことができる万能モデルが『HEAD SUPERSHAPE i. MAGNUM』です。 大回りのターンを素早くこなすこともできる上に、コブがあっても乗りこなすことができるため、ある程度のスキー技術を持った中級者から上級者が使用すると、万能で力を発揮してくれます。 フリースタイルスキーで雪を翔ける ここまで、あらゆる斜面に順応できるタイプのスキー板を紹介してきましたが、ここでは、トリッキーな滑りを可能にするフリースタイルタイプのスキー板を紹介します。 ユニークな板で自分独自の滑りを楽しんでみてはいかがでしょうか。 Phil Casabonの愛称 ARMADA BDOG フリースタイルスキーのプロ選手 Phil Casabon フィル・カサボン の愛称である Armada B-Dog と命名されているスキー板です。 板にソフトフレックスを用いており、非常に軽量な作りに仕上がっています。 フィル・カサボンの機敏な動きに合わせて小回りが利くように設計されているため、フリースタイルスキーをする人にぴったりのスキー板といえます。 ユニークな形 Line Sakana 板のテール部分が特徴的な形をしており、その名の通り魚のようになっている板が『Line Sakana』です。 板のウエスト幅が105mmに設計されており、快適な操作性を実現します。 重量も非常に軽く、ターンもしやすい構造になっているため、見た目だけでなく特徴的な滑りをサポートしてくれる優秀な板に仕上がっています。 バックカントリースキーでパウダーを楽しむ 万能タイプ、フリースタイルタイプのスキー板の次は、バックカントリーを楽しむタイプのスキー板を紹介します。 バックカントリーとは、スキー場のような圧雪されたゲレンデではなく、整備されていないエリアのことをいいます。 手付かずの圧雪されていないパウダースノーを体感しながら、自然の中を豪快に滑ることができる板を紹介します。 究極の遊び心 ATOMIC BENT CHETLER 120 パウダースキーのさらなる可能性を追求するために開発されたのが『ATOMIC BENT CHETLER 120』です。 板の幅が広めの120mmと高い剛性を兼ね備えており、スティープな斜面やディープパウダーをとことん楽しむことを目的に設計されています。 深いパウダースノーでも安定感のある滑りをサポートしてくれるため、まさにバックカントリースキーのために作られた一本に仕上がっています。 山頂から麓まで 4FRNT HOJI プロスキーヤー、エリック・ホレイフソンのシグネーチャーモデル『4FRNT HOJI』は、リバースキャンバーとサイドカット形状を一致させたリフレクトテック技術により、パウダーでの浮力を向上させ、締まった斜面でもグリップ力を発揮してくれるスキー板に仕上がっています。 リフレクトテック技術を採用していることにより、未開拓のバックマウンテンから整備済みのゲレンデまで幅広い状況に対応することができるスキー板です。 商品名:4FRNT HOJI ショートスキーなら家族と一緒に滑ろう 家族と一緒に滑って楽しいのがショートスキーです。 ショートスキーの魅力は何といっても『小回りの利きやすさ』です。 小さな子どもを連れている場合、小回りが利く方がサポートがしやすかったりします。 そんな便利なショートスキーを紹介します。 スキーの楽しさを オガサカ YOIDON1 スキーの楽しさを知ってもらうことを目標に作られたのが『オガサカ YOIDON1』です。 軽量かつしなやかで合理的なフレックスは、優れた操作性を生み出しています。 老舗の挑戦 ROSSIGNOL MINI PURSUIT 123 老舗ブランド「ROSSIGNOL」がショートスキーの限界に挑戦したのが「ROSSIGNOL MINI PURSUIT 123」です。 抜群の操作性とトリッキーな技術に対応するスキー板を体感してみてはいかがでしょうか。 ジュニアからのスキーで思い出を作ろう ジュニアからゲレンデで遊ぶことで冬の思い出は彩られます。 そんな冬の思い出をより良いものにするためのジュニア用スキー板を紹介します。 ELAN SKY QUICKSHIFT U-FLEX 「ELAN SKY QUICKSHIFT U-FLEX」は、スキーを始めたばかりの若い女性のために作られたスキー板です。 板の柔性が非常に優れているため、力をそんなに入れることなく雪の上を滑走できます。 ある程度の身長があるジュニアにもおすすめのスキー板です。

次の