ピラティス 意味。 【保存版】ヨガとピラティスの違いとは?

今さら聞けない・・・ピラティスって何?

ピラティス 意味

こんにちは。 ピラティスインストラクターのカオリンです。 ピラティスエクササイズを考案したピラティス氏は、著書の中で 人の本当の年齢は、生きている長さや自分がどう感じているかではなく、脊椎の柔軟性の程度で決まるのだ と言っています。 なるほど~!と納得させられる言葉であると思うと同時に、少々残酷な言葉だなぁ、なんて思ったりもします。 「気持ちはまだまだ20代よ!」なんて言ったところで、「いやいや気持ちではなく背骨の柔軟性ですから」とブッタ切られたような感じですからね(笑) ピラティス氏は、自身が喘息やくる病(骨の成長障害で脊柱を変形させたりしてしまう病気)を患っており、それを克服するために体の構造などを勉強しました。 その結果、病気を克服し、さらにはそのメソッドを確立したのです。 ここで最初に戻りましょう! 喘息は気道の病気で、くる病は骨(主に脊柱)の病気・・・・それを克服したということは、ピラティスは「呼吸機能を改善し、骨(背骨)を強くするエクササイズ」と考えられませんか? ピラティスさんの教えを通じ、動きを体感した結果、私が思う「ピラティスって何?」の答えは、「心肺機能向上と、背骨の柔軟性や強化をするためのエクササイズ」となります。 そう考えると、ピラティスは背骨に意識を向けた動きが多いことにも納得がいきますね。 正しい姿勢で動くことは、背筋群の強化につながります。 そして腹圧をかけて動くことは、背骨の柔軟性向上につながります。 「腹筋を鍛えるため」ではなく、「背骨にアプローチするために腹圧でサポートする」と考えてみてはどうでしょう。 強い腹筋をかけて苦しい思いをするのではなく、背骨を機能的に動かす意識をしてみてください。 ヘッドアップするとき、腹筋を使って頑張って上体をあげるのではなく、腹筋のサポートを受け、脊柱を長く伸ばすように上体をあげる、と言うことです。 必然的にお腹の奥の方(インナーマッスル)が使え、その腹部のサポートが背骨を元気にしてくれます! 難しく考えるのではなく、シンプルに考えたら頭も体もシンプルに反応してくれます。 なんでも、基本や原点などの土台は大切です。 ピラティスも、そもそも何なのか?を改めて考えてみると、新しい感覚が生まれてくるかもしれませんね! *** |おうちでピラティスしよう【ライブ参加】 専用予約システム yoggy air への会員登録(無料)と、事前のご予約が必要となります。 5月末まで初回無料! |ひとりひとりにカスタマイズするレッスンを体験 中目黒ヨギー・インスティテュートlab(ラボ)では、プライベートレッスンやセミプライベートレッスンを開催中。 あなたにぴったりのエクササイズを体験しませんか? |随時開催しているトレーニング ピラティスを基礎から学べる |ワークショップ ジョセフ・ピラティス氏の生い立ちなど歴史を振り返りながら、「ピラティス」本来の意味や背景に触れることができます。 |ウェアでモチベーションアップ グリップソールが安定したエクササイズをサポート 高機能かつ、シンプルでコンフォートなフィット感が人気 カオリン ピラティスインストラクター スタジオ・ヨギー プログラム・ディレクター ヨギー・インスティテュート ピラティス・ベーシック・トレーニングコース(PBTC)講師 怪我の治療・リハビリの為、ピラティスと出会い約15年。 自分の身体や日々の生活に「ものすごくいい!! 」と感じ、解剖学等、身体の構造から勉強しました。 学ぶほど、奥が深く、難しいものではありますが、普段の生活に取り入れることでよりパワフルに、そしてより美しく変わっていけるものです。 ピラティスで心も体も美しく・・・なにより、楽しく元気!!これが私のモットーです。 おすすめ記事 ヨガ・ピラティスをライフスタイルに:スタジオ・ヨギー ヨガウェア通販:スタイル・ヨギー インストラクター養成スクール:ヨギー・インスティテュート.

次の

ピラティスの意味を知り心身ともに美しく変わる

ピラティス 意味

学びから探す• 悩みから探す• ポーズから探す• トレーニングサポートグッズ一覧• パーソナルトレーニングジムを探す• ヨガ・ピラティススタジオを探す• よく使われる用語を知っておこう を始めるにあたり、基礎知識を習得することはとても重要なことです。 しかし、いざレッスンに参加した時に、 知らない ピラティス用語や ポーズの名前、 アライメントの誘導などがたくさん出てきて、どのように身体を動かして良いのか分からなくて困ったという話もよく耳にします。 レッスンだと大人数で行うため、どうしてもお客様のレベルに差が出てきてしまい、上級クラスでは、もある程度の専門用語を使って誘導していくケースもあります。 ピラティスの基本として、いくつかの用語を知り、レッスンで効果的に動けるためにも、ピラティス用語のまとめを参考にしてみてください。 身体をコントロールすることは、心をコントロールすることである。 」ピラティスの創始者、ジェセフ・H・ピラティス氏は当時、自身のエクササイズを「ピラティス」ではなく、「コントロロジー」と名づけていた ・コントロロジーは、(コントロール・統制)+(logy 学 ・哲学)を組み合わせた造語で、コントロール学という意味 ・ピラティスの全ての動きはコントロールされた一定の速度で行われ、動きが遅ければ遅いほど、コントロールは難しく、効果が期待できると言える ・身体の筋肉の動き、全てを意識的にコントロールする ・身体をコントロールすることで精神もコントロールすることが出来ると言われている 8 胸式ラテラル呼吸 ・ピラティスを行う際に使う呼吸法 ・鼻から息を吸い、肋骨を大きく広げ肺いっぱいに空気を吸い込み、ロウソクの火を吹き消すように口から息を吐く方法 ・ジェセフ・H・ピラティス氏は自身が喘息を患っていた為、特に呼吸にフォーカスしたエクササイズを考案したと言われている 9 Cカーブ ・椎骨を尾骨、仙骨の方から一つ一つ屈曲ことで出来る脊柱の自然なカーブのこと ・コアの意識が最もしやすい姿勢 ・動作をキープする時に使用されることが多い 10 スクープ ・腹部が脊柱に向かってすくい取られるような動き ・腹部を引き上げるときにイメージとして使用される言葉 ・スクープする際に使用する主な筋肉は腹横筋 ・背骨の方におへそを引きつけ姿勢を安定させる ・動作の最中に使用されることが多い 11 スパイナル・アーティキュレーション ・椎骨1つ1つを意識して動かす背骨の関節運動 ・マットから背骨を1個1個剥がすように上体を持ち上げ、逆に降ろしていく時は、背骨を1個1個マットにくっつけていく感覚で降ろしていく ・背骨の柔軟性を高め怪我をしにくい身体を作る 12 チントゥーチェスト ・顎の下に拳1個分のスペースを保った状態 ・顎が胸に対し、近すぎず遠すぎない7個の前湾している頚椎が正しく配列している状態 13 テーブルトップ ・仰臥位になり、脊柱をニュートラルにして両脚を股関節と腰の角度が90度になるように持ち上げた姿勢 ・脚をテーブルの様にしたポジションのこと ・この状態から次の動作に入るエクササイズが多い 14 ピラティス・スタンス ・股関節から脚をやや外向きにし、下半身を安定させた状態 ・内腿を閉じつま先を開いて八の字にする足の形のこと 15 プランクポジション ・厚い板のイメージ ・腕立て伏せのような暑い板状の姿勢のこと 16 フレックス ・足首を直角に曲げて、踵を前に突き出した足の形のこと 17 ポイント ・足のつま先を伸ばした足の形のこと わからなければ遠慮せずにピラティスインストラクターに聞いてみましょう ピラティスエクササイズを始めるにあたり、 基礎知識である 基本ポーズの名前や 動きの用語を知っておくことはとても重要なことです。 上記以外にも、たくさんのピラティス用語がありますが、最低限これらの専門用語がわかっていれば問題なくピラティスレッスンが受けられると思います。 ピラティスインストラクターによっては、まったく専門用語を使用しない方もいたりと様々ですが、少しでも覚えておくとよりレッスンが楽しくなるのではないでしょうか。 実際に動いてみて、出来ないポーズやわかりにくい動きがあれば、担当のインストラクターに声をかけ聞いてみるのもよいでしょう。 [ピラティスレッスン0円体験実施中!] [ピラティスをもっと深く学びたい方は] [参考ブログ記事] 監修者 体育短大卒業後、某大手テーマパークにてショーやパレード、ツアーダンサーを勤める。 舞台・CM・TV・チアガール等を経験し、現在は「カラダメンテ養成スクール」にてピラティス、ヨガインストラクター資格スクール講師を務めながら、劇団の振り付け指導や監修なども行うヨガ、ピラティスの専門家。 [保有資格] ・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ヨガマスターインストラクター ・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ピラティスマスターインストラクター ・AEAJ(日本アロマ環境協会)認定アロマテラピーアドバイザー ・内閣府認証NPO法人国際セラピスト協会認定トラディショナルバリニーズセラピスト 監修者 こまり 体育短大卒業後、某大手テーマパークにてショーやパレード、ツアーダンサーを勤める。 舞台・CM・TV・チアガール等を経験し、現在は「カラダメンテ養成スクール」にてピラティス、ヨガインストラクター資格スクール講師を務めながら、劇団の振り付け指導や監修なども行うヨガ、ピラティスの専門家。 [保有資格] ・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ヨガマスターインストラクター ・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ピラティスマスターインストラクター ・AEAJ(日本アロマ環境協会)認定アロマテラピーアドバイザー ・内閣府認証NPO法人国際セラピスト協会認定トラディショナルバリニーズセラピスト•

次の

ピラティス・メソッド

ピラティス 意味

「ピラティスのことが詳しくわからない」 「ピラティスって体を鍛えるエクササイズなの?」 「体幹トレーニングとは違うの?」 と思っているあなたに向けて、今回はピラティスの理論と、なぜ私がピラティスを選んだのかお伝えしていこうと思います。 あいさつが遅くなり申し訳ありません。 私は、美腸ピラティス主催のイズミといいます。 日々、多くの方の身体をみていくなかで、姿勢がとても大事なのではないか?と疑問を持ち取り組みはじめました。 すいません、姿勢が大事なことくらい誰でもわかっていますよね。 もっと詳しくお伝えすると、姿勢が気分に影響しているのではないか。 もっと言うと、性格にも影響しているのではないかと興味を持ち始めたのがきっかけです。 トレーニングの種類っていっぱいありますよね?と思われたあなた、なぜ私がピラティスを選んだのかもお伝えします。 自分に目を向けるため、自分の身体に対して気づきを得やすくなります。 ピラティスはコントロール学に基づいて行われる ピラティスは 『体と心、精神の完全な調和を目指す』と言われています。 ピラティスでは、呼吸を意識して、正しい姿勢で動きます。 コントロール学は、 コントロロジー(contrology)といい、こう言われています。 同じであり、まったく同じではなく、説明が難しかったりします。 ピラティスは体幹を安定させた状態で手足を動かしていくので、体幹も鍛えられます。 しかし、肉体的な部分だけでなく、もっと深く追求できるのがピラティスです。 そのため、あなたがイメージしている体幹トレーニングとは少し違うと思います。 体だけでなく、心と精神にも目を向けたピラティス氏は 『私のメソッドは50年早かった』という言葉も残しています。 なぜ体と心、精神に目を向けることが大事なのか、ピラティス氏の言葉を記します。 体と心の両方を正常に発達させることが可能であると認識することが、現在の健康上の問題を解決するためのたった一つの最良の策である。 体と心のどちらかだけを重要視し、結果としてそれら二つを対立させるのではなく、むしろ心の働きと肉体的限界をよく知ることで、心と体を完全に調和させることができる。 体だけ、心だけ、では健康とは言えない。 両方に目を向けていくことで、健康になれます。 だからピラティスでは、『体・心・精神の調和』を目指します。 幼い頃は、体も心も一緒に発達していきます。 成長期が終わると、体に目を向ける機会が少なくなり、心の変化に目がいきます。 就職したあとは、心に目を向けることなく、体を酷使し、体ばかりに目がいってませんか? 体ばかりに目を向けた結果、先に心が疲れてしまう。 そんな方が多いような気がします。 体と心のどちらかを大切にするのではなく、両方に目を向けることが大事です。 私が、ピラティスを選んだのは、心に目を向けるからです。 体を鍛えて、心は置いてけぼり…以前、私がトレーニングでしていたことです。 筋肉の動きはわかるけど、それ以外はわからない。 ましてや心の状態なんてお構いなしでした。 鍛えて筋肉は大きくなるけど、姿勢は悪いまま。 その状態で心が安定するわけありません。 小さいことにイライラしたり、心は常に不安定。 そんな状態では、いくらトレーニングしても心の疲れは残ったままです。 心以外にも感じていない体の部位がたくさんある 心以外にも、体にはたくさんの部位があります。 『骨』『筋肉』『関節』… 上記以外にも『心臓』『胃』『腸』『肺』などもあります。 『脳』『目』なども体の部位です。 たくさんあるけど、案外答えられない。 それは、体として感じていないからではないでしょうか。 自分の意思で普段動かしている部位は体と認識でき、動かしていない部位は体と認識できていないのではないかと、私は思っています。 「心」は、どこにありますか? あなたの心はどこにありますか? もちろん『胸の位置』を指すと思います。 『心の声を聴く』という言葉があります。 心に目を向けて、心の反応をみるということです。 しかし、心の変化を感じている人は少なく、多くの人は頭で考えているのではないでしょうか。 心に聴くとは、体に聴くことです。 『心』は 『こころ』とも 『しん』とも読みます。 まさに、自分の 『芯』となる部分に声を聴くことになります。 精神を高める 心に続いて目に見えないもの、それが 『精神』です。 では、精神はどこにあると思いますか?頭?心? 私は、 精神は『姿勢』の状態にあると思っています。 『姿勢』といったり、『軸』というものです。 精神面が安定している人のことを 『軸が通っている』『姿勢がいい』『軸がブレない』といったりしませんか? 反対に、精神面が不安定な人のことを 『軸がブレる』『姿勢が崩れている』といったりします。 精神的に落ち込んだ人は『頭を抱え』ます。 これは猫背気味の姿勢ですね。 このように、精神面は姿勢に合わせてでてくるものではないかと思っています。 心に目を向ける 私は、自分を知ることが大事ではないかと思っています。 ピラティス氏が言っているように、体と心の両方の発達が必要だと感じているのです。 そこで、『体・心・精神の調和』を目指すのがピラティスになります。 心とは、 心(こころ)は非常に多義的・抽象的な概念であり文脈に応じて多様な意味をもつ言葉であり、人間(や生き物)の精神的な作用や、それのもとになるものなどを指し、感情、意志、知識、思いやり、情などを含みつつ指している。 心ー とあります。 『感情』『意志』『知識』『思いやり』『情』など、目に見えないものが多く記載されています。 目に見える『心臓』を含む場合もあります。 また、体の『中心』を意味する場合もあるみたいですね。 『心』が表すものは、ほとんどが目に見えないものです。 普段これらに目を向けることはありますか? ほとんどないと思います。 私も以前は目を向けていませんでした。 心の声に目を背けると、自律神経が乱れる あなたは、自分の心が何を感じ、何を思っているのか理解していますか? 時間に追われる日常に疲れ、自分の心に目を向けていないのではないでしょうか。 人の体は正直で、 「いやだ!」とストレスを感じた時、体は反応します。 ストレスを受けると自律神経が乱れる ストレスを受けると、自律神経が乱されてしまいます。 『自律神経が乱れてる』というとき、ストレスを感じて、体が反応していることが多いです。 ストレスは自分の心に反した時に感じます。 自分の意志とは違った言葉や行動をとるのも、そのひとつです。 心とは、『感情』『意志』『知識』『思いやり』『情』などでした。 あなたは、ストレスを感じた時、どうしていますか? どんな考えをしますか? どんな行動をとりますか? ストレスを受けたとき、自分の言葉を無視している方が多くいます。 『しょうがない』の一言で終わらせてしまい、自分の体の声が聴こえていない。 それでは、あなたの体はストレスを感じ、自律神経に影響を与えてしまいます。

次の