腹痛 原因。 右側に腹痛が…!原因は盲腸だけじゃない。考えられる病気は?

腹痛を伴う下痢はなぜ起こるの?原因と対処法をご紹介します。

腹痛 原因

排便後の痛みから考えられること 下痢後の腸の激しい動き 原因の多くとして考えられるのが、下痢をした後などに 腸が激しく動くために生じる痛みです。 便秘の痛み 一方、便秘から生じる痛みもあります。 これは便秘のために腸の動きが悪化し、腸内にある便から腐敗ガスが生じたり、 ガスによる膨満感が原因で起こることがあります。 さらに排便自体の量が少ないため、また、水分不足により、便が腸壁を刺激するなどして痛みが起こるケースもあります。 過敏性腸症候群 これは 心因的なことが原因で起こる腹痛です。 下痢や便秘を繰り返したり、ガスがたまりやすくなったりと症状は様々ですが、腸の機能不全が起こります。 精神的なことやストレス、環境など原因は人それぞれによって異なり、特定するのは困難です。 また治療法も、腹痛や便秘、下痢などを抑える対処療法となり、完治までは難しいとされています。 腹膜炎 これは腸が何らかの原因によって塞がってしまい 重い便秘と腹痛をもたらします。 便秘などと診断されやすいのですが、市販薬では治癒しないものなので、便秘薬などで改善されない場合は、この病気を疑いましょう。 子宮内膜症 子宮と腸は近くに位置しており、排便後に痛みを感じるのも子宮内膜症の特徴です。 同時に激しい月経痛も起こることが多いので、両方の症状のある方は、子宮内膜症である可能性も考え、 婦人科に相談してみましょう。 スポンサードリンク 対処法 下痢や便秘が原因として起こる排便後の痛みであれば、普段からの食生活を気をつけましょう。 食物繊維と乳酸菌をきちんと食事からとり、 バランスの良い食事を心がけることが大切です。 量が少なすぎたり、脂や炭水化物ばかりなど、栄養素も偏りがないか、今一度食事を見直してみると良いかもしれません。 また、下痢や便秘ではなく、長く症状が続く、他の部位も痛みを感じるなどの場合は、すぐに 消化器系の診療を行っている内科や婦人科を受診してください。 まとめ 排便後に痛みがあることは、とても苦しいことですよね。 市販薬でも治らない場合は素人判断せずに、他に症状はないか、お腹のどの辺が痛むかなどを正直にお医者さんに伝え、原因の究明と対処法を得てください。

次の

寝起きの腹痛は放っておくと危険!今すぐ原因をチェック!

腹痛 原因

腹痛とは文字通りお腹が痛くなることですが、一口に腹痛と言ってもいろいろなパターンや原因があります。 心当たりもないのにお腹が痛む日が続いている• お腹が痛いうえにまで出た。 なんの病気…?• 急に下腹が痛んで身動きが取れないほど痛い このような症状があるとき、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 腹痛で注意すべき病気や症状 腹痛の原因となる病気には腹部にあるすべての臓器が関係しているため、非常に幅が広いことが特徴です。 ここではその中でも比較的よくある病気や、注意が必要な病気のみを取り上げます。 しかし、症状が典型的ではなく、違う場所が痛むように感じることもあります。 また、まれに・などでも感じることがあります。 強い痛みがある場合には早期の受診を心がけましょう。 腹痛の原因となる病気 腹痛と関係のある病気はさまざまありますが、痛くなる場所によっても病気の種類は異なります。 上腹部、下腹部に分けて腹痛と関係のある病気をみていきましょう。 上腹部が痛む事が多い病気 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 は胃の壁が、は十二指腸の壁に潰瘍という傷ができる病気です。 ヘリコバクター・ピロリ菌や非ステロイド系の鎮痛剤が主な原因と言われています。 主な症状には、上腹部の痛み、背中の痛み、、胃もたれ、吐血、黒色便、胸やけなどがあります。 その他の腸の病気 下腹部が痛くなるその他の腸の病気には、、、虚血性、などがあります。 とは、大腸にできた憩室という袋が細菌に感染することで炎症を起こす病気です。 主な症状は腹痛や発熱です。 とは、腸がふさがってしまい消化された食べ物などが肛門へと移動できない状態です。 主な症状は、腹痛、お腹の張り、便通がない、嘔吐などですが、嘔吐以外の症状は出ないこともあります。 以前おなかの手術をうけたことのある人はリスクが高く、他にはなどがしばしば原因となります。 虚血性は、大腸の粘膜に炎症や潰瘍ができる病気です。 主な症状は、左下腹部の痛み、下痢、ですが、嘔吐や発熱が出ることもあります。 しばしば便秘が原因となります。 血管系の病気 まれにお腹が痛くなる原因として、破裂や腹部大動脈解離、上腸間膜動脈血栓症など命にかかわる病気があります。 突然にお腹の強い痛みがおこり、破裂や腹部大動脈解離では背中や腰が痛んだり、ショック状態になることもあります。 上腸間膜動脈血栓症ではがみられることもあります。 いずれにせよ突然の激しい痛みは速やかに受診しましょう。 受診の目安とポイント 強い痛みは体からのサインです。 我慢せず、速やかに受診しましょう。 鈍い痛みや違和感でも、長引くようであれば早めの受診が安心です。 受診科目は原因によって異なりますが、自分で原因を判断することは難しいことも多いため、まずはかかりやすい内科などを受診するとよいでしょう。 医師に伝えるとよいポイントとしては、痛くなった時期、場所、痛みの度合い、痛み以外の症状の有無などです。 日常生活上の原因と対処法 刺激物の摂りすぎ、食べ過ぎ・飲みすぎ、便秘、ストレスなど、日常生活の中にも腹痛の原因は潜んでいます。 それぞれの原因と対処法について確認しておきましょう。 刺激物の摂りすぎ にんにくや唐辛子、カフェインなどの刺激物は胃酸の分泌を促すため、摂りすぎると胃が痛くなると言われています。 刺激物を摂りすぎたときは 胃をいたわるために、胃に負担のかかるもの(アルコール、冷たいもの、脂っこいものなど)を避けることも大切です。 の習慣がある場合には、たばこを控えるのも効果的です。 食べ過ぎ・飲みすぎ 食べ過ぎたり飲みすぎたりすると胃や膵臓に負担がかかり、痛みを感じることがあります。 食べ過ぎ・飲みすぎのときは 胃を休めるために、胃にやさしい食べ物・飲み物をとるように心がけ、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。 便秘 食物繊維が不足している、ダイエットのために食事量が少ないなどの原因で便秘になると痛みを感じることがあります。 便秘がちだなと思ったら 食物繊維が豊富な食事を心がけ、水分も適度にとりましょう。 また、運動をすることで腸が刺激されるため、適度な運動も便通に効果的とされています。 ストレス ストレスがたまると自律神経が乱れ、胃酸が出すぎたり、胃のはたらきがわるくなって胃が痛んだり、もたれたりと、胃の不調につながりやすくなります。 また、腸のはたらきもわるくなり下痢になったり便秘になったりします。 ストレスを感じたら ストレスを感じたら、積極的にリラクゼーションタイムを設けましょう。 また、運動もストレス解消に効果的といわれています。 余裕があればジムなどに通うのも良いですが、いつもと違う場所を散歩するだけでも気分転換になるでしょう。 よくならないときには いつまでも腹痛がよくならない場合には、別の原因が潜んでいるかもしれません。 一度病院で相談しましょう。

次の

下痢・腹痛の原因と対処法!専門家に聞いた日常生活の注意点とは|うんとすっきり!腸活ジャーナル「ウントピ!」

腹痛 原因

寝起きに腹痛を感じ、その痛みが止まらない場合は注意が必要です。 命の危険というのは決して言い過ぎではないでしょう。 今日は寝起きに感じる、腹痛のメカニズムを紹介します。 目次はこちら• 腹痛とは 腹部に感じる痛みとして自覚される症状で、体内で発生した何らかの異常を知らせる情報が、まず痛みとして自覚します。 またこれらの痛みは、異常に対する一種の防御反応とも言えます。 腹痛の随伴症状として、悪心、嘔吐、下痢、便秘、発熱、吐下血、血尿、体重減少、黄疸、 ショック症状、生理異常などがあります。 寝起きに起きる腹痛の原因 寝起きに感じる腹痛の原因は大きく分けると• 内臓痛• 体性痛• 関連痛 に分けることができます。 一般的に、緊急手術が必要になる腹痛は「体性痛」で、痛みの程度や強弱よりもその原因が大切になります。 夜中や寝起きに突然腹痛に見舞われた時, 体性痛だと注意が必要です。 今から詳しく解説します。 内臓痛 胃や腸などの内臓が痙攣したり、収縮したりした際に感じる痛みで,上腹部や臍周囲、下腹部といった 漠然とした範囲での痛み として感じる場合が多く、嘔吐・下痢などの症状も見受けられます。 腸管の収縮により痛みは周期的に強くなり、腹部をおさえて転げ回ったりと動き回る場合が多く、お腹を押すと痛みを感じます。 胃腸炎や食中毒の場合がこの内臓痛で、一般的には内科的治療で軽快し、緊急手術の適応になることはありません。 体性痛 腹膜に炎症が加わると、限局した部位( 狭い範囲)に強い痛みが生じてきます。 症状が進んでくると、歩行時に響く痛みや打診で痛みが増強してきます。 炎症がさらに進むと、腹壁が反射的に緊張して硬くなり、お腹を触られるのを避けてじっと丸まった姿勢で、うづくまるようになります。 虫垂炎が進行して、右下腹部の痛みが強くなってきた場合などは緊急手術を考慮しなければなりません。 関連痛 内臓からの痛みの刺激が皮膚へと伝わり、皮膚の痛みや知覚過敏として感じます。 痛みとなる原因があるところから 離れた場所に感じる痛みです。 このような初期症状には注意 寝起きに感じる腹痛の程度には個人差があり、痛みの程度だけで原因疾患の重症度を判断することは困難ですが、以下の項目が当てはまる場合には重症である可能性が高く救急車を呼ぶなど、出来るだけ早めに受診しましょう。 (当てはまる項目が増すほど重症である可能性が高くなります)• 腹痛が出現して短時間で激痛となる• 吐血・下血や黄疸、発熱などの随伴症状を認める3.• 腹痛が出現してから便や放屁がでない• 歩くと患部に響く• 体重減少を認める• 痛みのため睡眠から覚醒する 寝起きの腹痛に限りませんが、一般的な腹痛の診療は原因がなにであるかに関わらず、緊急的に外科的処置をしなければならない急性腹症を見逃さないように診察します。 自分で体性痛かなと思った場合には、迷わずに痛みが体性痛であることを正しく伝えることがポイントです。 寝起きに腹痛を感じたら考えられる病気 腹痛の原因となる病気には、腹部にあるすべての臓器が関係しているため、非常に幅が広いことが特徴です。 ここではその中でも比較的よくある病気や、注意が必要な病気のみを取り上げます。 痛くなる場所によっても病気の種類は異なります。 上腹部、下腹部に分けて腹痛と関係のある病気をみていきましょう。 上腹部が痛む事が多い病気• 胃潰瘍・十二指腸潰瘍• 胆石症・胆管炎・胆のう炎• 急性膵炎 下腹部が痛む事が多い病気• 急性胃腸炎• 急性虫垂炎(盲腸)・腹膜炎• 憩室炎・腸閉塞・虚血性腸炎・過敏性腸症候群• 大腸がん 泌尿器系の病気• 尿管結石• 腎盂腎炎• 腎盂腎炎 婦人科の病気• 卵巣炎• 卵管炎• 卵巣嚢腫茎捻転• 子宮外妊娠• 子宮筋腫• 子宮頸がん• 腟炎(萎縮性腟炎、細菌性腟炎)• 生理痛 血管系の病気• 腹部大動脈瘤破裂• 腹部大動脈解離• 上腸間膜動脈血栓症 腹痛なのか胃痛なのかわからない場合 みぞおちが痛くて胃の検査を受けたが異常はない、胃薬を飲んでもよくならない、病院を移して病が判明する、など胃カメラでたとえ異常が見つからなくても、腹部のエコー検査やCT検査を行うと、膵炎、胆のう炎、胆管炎といった病気だけでなく、膵臓がん、胆のうがん、胆管がん、肝臓がんなど命に関わる病気が判明するケースも少なくありません。 みぞおちの痛みは、多くの場合、本人は胃の痛みとして認識するでしょう。 しかし、そう思い込んでいると重大病を見逃すことにもなりかねません。 セカンドオピニオンは勿論ですが、受診の際は、必ず胃カメラ検査と一緒に腹部エコー検査やCT検査を行ってもらうようにしましょう。 ストレスによる腹痛 ストレスによって寝起きに起きる腹痛は、過敏性腸症候群(IBS)と呼ばれ、明らかな器質的異常はありませんが、寝起きに便通異常 下痢、便秘 と腹痛、腹満感などの症状を慢性的に繰り返すものです。 大腸や小腸の運動や分泌が過剰になったもので、原因としては暴飲・暴食や刺激性の食事でおこることもありますが、大部分は心理社会的ストレスが強く関係しています。 女性に多い腹痛の原因まとめ• 過敏性腸症候群(IBS)• 炎症性腸疾患• 大腸憩室炎• 腸内ガス(オナラの元)• 下半身の冷え• 筋肉痛など 受診の際に症状の他に伝えた方が良いこと 寝起きの腹痛に限りませんが、腹痛で病院を受診する場合、以下の点は診断や治療を行う上で重要なポイントです。 (分かる範囲で診察医に伝えるようにしましょう)• 腹部手術の既往;これまでお腹の手術を受けたことがあるか• 持病;定期的に治療を受けている疾患や健康診断で異常を言われたことがあるか• 常用薬;サプリメントも含めて、常用している薬があるか• 腹痛の誘因;飲酒、食事、薬など腹痛が出現したきっかけがあるか• 食事内容;腹痛が出現した数日前までに生ものなどの摂取があるか• 集団発生;家族や同僚などに同様の症状の者はいないか 寝起きに感じる腹痛の対策まとめ 寝起きの腹痛は原因によって、対策が異なる場合が多いので、どの腹痛にも共通する一般的な対策を紹介します。 胃に負担のかかるもの(アルコール、冷たいもの、香辛料、脂っこいものなど)を避ける• 口にするなら冷たいものを避け、お腹を温める• 喫煙の習慣がある場合には、たばこを控える• 胃にやさしい食べ物・飲み物をとるように心がけ、よく噛んでゆっくり食べる• 食物繊維が豊富な食事を心がけ、水分も適度にとりましょう• 運動をすることで腸が刺激され、ストレス解消にもなります• 自律神経を整えるため腹式呼吸でリラックスする 寝起きに腹痛を感じた時の応急処置 腹痛時の一般的応急処置として、バイタルサイン(意識、血圧、呼吸、脈拍)のチェックは欠かせません。 その他は以下の応急処置が効果的です。 衣服をゆるめ、静かに寝かせ、腹痛の状態を観察• 嘔吐物のあるときは誤嚥をさせないよう注意すると同時に吐物は残しておき、医師に見せる• 飲水は与えない• 痛み止めはなるべく飲ませない ただ、 最も注意を要する事柄は急性腹症で、症状は主に以下の通りです。 冷汗、脂汗• 七転八倒のごとき激痛• 意識の低下• 腹部の板状硬• 反復する嘔吐、時に吐血、下血 急性腹症であれば躊躇することなく、ただちに設備の整った医療施設へ(救急車にて)搬送しましょう。 寝起きの腹痛時、絶対にしてはならないこと• 飲水、食物を与えること• 痛み止め、浣腸、下剤の投与、施行• 腹部のマッサージ、腹部を温めたり、冷やしたりを医師の指示なしで行うこと• 患児の安静を妨げること まとめ.

次の